ゲッツェが前腕の亀裂骨折と手首のじん帯を損傷…プレーに支障なしか

2019.10.30 16:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは29日、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの負傷状況を報告した。ゲッツェは26日に行われたブンデスリーガ第9節のシャルケ戦に先発。だが、58分にMFトルガン・アザールとの交代でピッチを後にしていた。

クラブの発表によれば、ゲッツェは前腕の亀裂骨折に加え、手首のじん帯を損傷していたようだ。ただ、プレー自体には支障がない模様で、30日に行われるDFBポカール2回戦のボルシアMG戦に出場する可能性もあるとのことだ。

昨シーズンの公式戦34試合で7ゴール7アシストを記録したゲッツェ。今シーズンはここまで公式戦7試合で1ゴールとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ハーランド弾など後半の3発でシャルケを退けたドルトムントがダービー快勝で3連勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが24日に行われ、3-0でドルトムントが快勝した。 前節ホッフェンハイム戦を途中出場のロイス弾で1-0と辛勝したドルトムント。しかし、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではラツィオに1-3で敗れてしまった。そのラツィオ戦のスタメンから5選手を変更。ロイスやベリンガム、ヴィツェルら主力に代えてレイナやブラント、ダフードらを起用した。 前節ウニオン・ベルリン相手に引き分けて開幕からの連敗を3で止めたシャルケに対し、これまでの[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に変更して臨んだドルトムントは最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、ブラント、レイナを起用した。 そのドルトムントが立ち上がりから押し込むと、16分に決定機。分厚い攻めを見せた流れからボックス左にいたムニエがGK強襲のシュートを浴びせた。 その後も攻め込むドルトムントは31分にCKのルーズボールを拾ったダフードが強烈なミドルシュート。しかし、ボールはバーを直撃した。 さらに37分にはムニエの右クロスからレイナのヘディングシュートでゴールに迫ったドルトムントだったが、守備に徹したシャルケから前半のうちにゴールを奪うことはできなかった。 それでも迎えた後半、55分に先制する。右CKのショートコーナーからボックス右のラファエウ・ゲレイロがGK強襲のシュートを浴びせると、ルーズボールをアカンジが押し込んだ。 さらに61分、ドルトムントが突き放す。サンチョのスルーパスをボックス右で受けたハーランドが右足のチップキックシュートでゴールへ流し込んだ。 その後もハーランドがゴールに迫ったドルトムントは78分に3点目。右CKからフンメルスがヘッドで押し込んだ。 後半に生まれた3ゴールでシャルケを退けたドルトムントがCLラツィオ戦の敗戦を払拭し、リーグ戦3連勝としている。 2020.10.25 03:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、CBで活躍するジャンのコロナ陽性を発表

ドルトムントは23日、ドイツ代表MFエムレ・ジャンが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことを発表した。 本職中盤のジャンは、今季ここまで3バックの一角として公式戦5試合にフル出場。しかし、1-3で敗れた3日前のチャンピオンズリーグ開幕節ラツィオ戦(1-3で敗戦)には帯同していなかった。 ドルトムントは24日にブンデスリーガ第5節でシャルケとのレヴィア・ダービーを控えるが、ジャンの欠場が決まった。 2020.10.24 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【桑乔】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「杰登·桑乔」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:幼少期の頃はチェルシーサポーターだったと明かしています。 ヒント②:「桑」は「山田桑」や「田中桑」のように、敬称「さん」を表現します。中国では名前には特に敬称をつけませんが、日本語も使う中国人が使うことがあります。 ヒント③:2000年生まれの20歳で、その世代の中では図抜けた存在です。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwdWV6QjlVVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「桑乔」の読み方は…「サンチョ」でした。そう、ドルトムントに所属するイングランド代表MFのジェイドン・サンチョです。 文字数が少なかったのでかなり難しかったのではないでしょうか。弱冠20歳にしてブンデスリーガ屈指のタレントになっているサンチョのこれからの活躍にも期待です。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.10.21 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

12季ぶり出場のラツィオ、インモービレ1G1Aの活躍でドルトムント撃破!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループF開幕節、ラツィオvsドルトムントが20日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。 12季ぶりのCL出場となるラツィオは3日前に行われたサンプドリア戦では0-3の完敗を喫した。セリエAで早くも2敗目を喫した中、サンプドリア戦のスタメンから3選手を変更。出場停止で欠場したインモービレがスタメンに戻った。 一方、昨季はパリ・サンジェルマンの前にベスト16敗退となったドルトムントは、直近のホッフェンハイム戦を代表帰りのハーランドを途中出場させた中、1-0の勝利を飾った。そのホッフェンハイム戦のスタメンから5選手を変更。ハーランド、ロイス、ベリンガムが先発に戻った。 インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオが、ハーランドを最前線に2シャドーにロイスとサンチョを据える[3-4-2-1]で臨んだドルトムントに対し、開始6分に先制する。 コレアのパスをボックス中央で受けたインモービレがチップキックシュートでゴールに流し込んだ。 幸先よく先制したラツィオがカウンターで主導権を握る中、23分に加点する。左CKからルイス・フェリペが頭で合わせたシュートがゴールに吸い込まれた。 効率よく2点をリードしたラツィオはハーフタイムにかけても堅守速攻で主導権を握り、前半を2-0で終えた。 後半からベリンガムに代えてレイナを投入したドルトムントに対し、ラツィオはルイス・フェリペが負傷し、51分にホードとの交代を強いられる。 ドルトムントが前がかる展開が続くも、自陣に構えていなすラツィオを崩しきることができない。そこで60分にはDFのピシュチェクを削ってブラントを投入する。 すると71分、ドルトムントが1点差に詰め寄る。レイナの右クロスをボックス中央のハーランドが豪快にダイレクトで合わせてネットを揺らした。 しかし5分後、ラツィオが突き放す。ボックス左に抜け出したインモービレの折り返しを途中出場のアキャプロが蹴り込んだ。 アキャプロの移籍後初ゴールで勝負を決定付けたラツィオはインモービレとルイス・アルベルトをお役御免とし、試合をクローズ。ラツィオがグループ突破候補の本命であるドルトムントを撃破している。 また、グループF開幕節もう一試合のゼニトvsクラブ・ブルージュは互角の攻防で推移した中、後半追加タイムにクラブ・ブルージュに決勝点が生まれ、1-2としたクラブ・ブルージュが白星スタートを切っている。 ラツィオ 3-1 ドルトムント 【ラツィオ】 インモービレ(前6) OG(前23) アキャプロ(後31) 【ドルトムント】 ハーランド(後26) ゼニト 1-2 クラブ・ブルージュ 【ゼニト】 OG(後29) 【クラブ・ブルージュ】 デニス(後18) デ・ケテラエル(後48) 2020.10.21 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループF展望】ドルトムント本命、1枠を懸けラツィオとゼニトが激突

◆編集部予想 ◎本命:ドルトムント ○対抗:ラツィオ △連下:ゼニト ☆大穴:クラブ・ブルージュ グループFは昨季ベスト16でCL常連のドルトムントが本命、実に12シーズンぶりの本戦出場となるラツィオと2季連続のCL出場となるロシア王者ゼニトがもう1枠を懸けて争うことになりそうだ。3季連続出場のベルギー王者クラブ・ブルージュではあるが、戦力的に厳しい戦いが待っているだろう。 ◆若手スターが牽引~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FWハーランド、MFサンチョらを筆頭に若手スター選手がチームを牽引するドルトムントが突破の本命だ。昨季はファイナリストとなったパリ・サンジェルマンの前に逆転でのベスト16敗退となった中、新たに逸材MFベリンガムが加入。伸び盛りの若手たちが躍動して勢いに乗れば、グループを突破するのは容易いはずだ。3季目を迎えたファブレ監督の下、成熟さも増したドルトムントがグループFを牽引する。 ◆12季ぶり出場で実力発揮なるか~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げた後、コロナ明けの失速で4位に終わったものの、12シーズンぶりとなるCL本戦への出場を決めた。そのラツィオは6季目を迎えたS・インザーギ監督の下、主力の流出なく新シーズンに臨めている。堅守速攻に磨きをかけるチームは、CLでのプレー経験が少ない主力選手が多い点が気がかりだが、欧州最高峰の舞台で本来の実力を発揮しきれれば、グループステージを突破できるチーム力は有しているはずだ。 ◆経験値で上回れるか~ゼニト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシアリーグ2連覇を果たしたゼニトは、昨季のCLでは実力伯仲と思われたグループに組み込まれた中、ベスト4と躍進したライプツィヒとリヨンが同居したグループでベンフィカと共に敗退に終わった。新戦力ではリバプールからDFロブレンを獲得。守備力の向上を図った中、チームのストロングポイントであるFWアズムンとFWジューバの走力に長けた両アタッカーが躍動すれば、5季ぶりのグループステージ突破が見えてくる。 ◆3季連続出場のベルギー王者~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はコロナによりシーズン途中で中止となったベルギーリーグで2季ぶりに優勝を果たしたクラブ・ブルージュ。元リバプールGKミニョレが守護神を務めるチームは昨季、パリ・サンジェルマンとレアル・マドリーが同居したグループでガラタサライと共に未勝利に終わり、3位で終えた。まずは2シーズンぶりの勝利を目指し、3季連続出場の経験値の差を見せたい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook