伊東が3アシスト! 長友10年振り弾、遠藤&鎌田が代表初ゴールの日本がモンゴルに大勝《カタールW杯アジア2次予選》

2019.10.10 21:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けたアジア2次予選の日本代表vsモンゴル代表の一戦が行われ、6-0で日本が勝利した。

初戦のミャンマー代表戦で0-2と勝利した日本。そのミャンマー戦からは、3名を変更。MF橋本拳人、MF堂安律、ケガで未招集のFW大迫勇也に代えて、MF遠藤航、MF伊東純也、FW永井謙佑が先発。日本は[4-2-3-1]のシステムで、1トップに永井を配置した。なお、長友佑都は日本代表歴代3位となる120試合出場を達成した。

対するモンゴルは初戦でミャンマーに1-0で勝利するも、第2戦でタジキスタン代表に1-0で敗戦。これが予選3試合目となる。システムは攻撃時は[4-4-2]、守備時は状況に応じて[5-4-1]と[6-3-1]を併用し、守備に重点を置いて臨んだ。
試合序盤からボールを保持し、攻撃に出る日本。3分、伊東がボックス右からクロス。ニアサイドで永井がヘディングを狙うもわずかに触れるにとどまり、飛び込んだ南野には合わない。

4分にも右サイドからチャンス。中島のサイドチェンジを受けた酒井がボックス右からクロス。南野が左足ボレーで狙うも、シュートは枠を大きく外れる。

両サイドを上手く使って攻める日本は8分、右CKを獲得すると中島のクロスからサインプレーで南野がボレーを狙いに行くが、わずかに届かない。

12分にも右CKから日本が決定機。中島のクロスを遠藤がボックス中央でヘッドも、わずかに枠を外れる。

日本の攻撃は止まらない。14分には右サイドでスルーパスに抜け出した南野がクロスを上げるも、合わない。

16分には左サイドから中島が絶妙クロス。中央に飛び込んだ永井を超えると、フリーの伊東がわずかに間に合わない。17分には、南野の左からのグラウンダーのクロスに永井が合わせるが、GKにセーブされてしまう。

18分には左サイドから中島がクロス。ボックス中央で南野がヘディングで合わせるも、力なくGKがセーブする。

21分には左サイドを長友が仕掛けると、ファーサイドへクロス。伊東がヘディングで落とすと、ボックス内で受けた遠藤が左足でシュートもGKがしっかりキャッチする。

攻め込むものの決め切れない時間が続いていた日本だったが、22分にスコアを動かす。右サイドを仕掛けた伊東がボックス右からクロス。これを飛び込んだ南野がヘディングで合わせ、日本が先制に成功。南野は3試合連続ゴールとなった。

先制後も攻撃の手を緩めない日本は29分、左サイドで相手DF2人を相手に仕掛けた中島がCKを獲得。このCKからのクロスを遠藤がニアで合わせるもGKがセーブ。こぼれ球を酒井が押し込むと、浮き球となり、最後は吉田が頭で押し込んで、日本が追加点を奪う。

リードを2点に広げた日本は、31分にボックス手前でFKを獲得。これを中島が直接狙うも、シュートは枠に飛ばない。

勢いに乗る日本は33分、右サイドでボールを持った伊東が南野とのワンツーで抜け出すと、グラウンダーのクロス。これをボックス内で待ち構えた長友が流し込み、日本がリードを3点とする。長友は2009年10月8日の香港戦以来10年ぶりの代表弾となった。

さらに、40分にも酒井のパスを受けた伊東が右サイドからクロス。これをボックス中央で永井がヘッド。右隅に決まり、日本が前半で大量リードを奪うことに成功する。

日本が4点リードで迎えた後半、互いに交代選手はなし。日本は46分に決定機。右サイドからの永井のグラウンダーのクロスがボックス中央で待っていた南野へ。しかし、南野はミートできず、追加点とはならない。

それでも56分、相手選手との接触で傷んだ酒井が交代の準備をするも、日本は左CKを獲得。中島のクロスをニアサイドで遠藤がヘッド。その後ろに飛び込んだ酒井が顔面で押し込み、日本が5点目を奪う。なお、後に遠藤のゴールに変更となり、これが代表初ゴールとなった。

違和感のあった酒井は、57分にそのまま安西と交代。さらに61分には鎌田が南野に代わって投入。安西はそのまま右サイドバックに、鎌田は南野と同じトップ下に入った。

やや停滞した展開となった65分、クロスのこぼれ球を伊東が遠目からミドルシュート。しかし、これはGKがセーブ。これで得たCKから冨安がヘッドで合わせるも、GKが横っ飛びで何とかセーブ。こぼれ球を鎌田がボレーも、枠を捉えられない。

日本は70分に永井に代えて原口を起用。交代枠3枚を先に使い切り、さらに押し込む展開を目指す。原口が2列目の左、中島が中央に入り、トップに鎌田が配置される。

すると82分、左サイドから崩すと、中島の横パスを遠藤がボックス手前からミドルシュート。強烈なシュートがゴールを襲うもGKがセーブ。しかし、これに反応した鎌田がヘディングで押し込み、代表初ゴールで追加点を奪った。

その後も攻撃の手を緩めない日本だったが、7点目は奪えず。さらに、後半アディショナルには冨安が競り合った着地の時に左大腿部を痛めてピッチを後にするアクシデントに見舞われた。

なお、モンゴルに大勝した日本は、15日に敵地で同じく連勝スタートのタジキスタン代表と対戦する。

日本代表 6-0 モンゴル代表
【日本】
南野拓実(前22)
吉田麻也(前29)
長友佑都(前33)
永井謙佑(前40)
遠藤航(後11)
鎌田大地(後37)

関連ニュース
thumb

「みんなブラボー!」長友佑都がスペイン撃破に「ブラボー!」連発、新しい景色に向け3度目の正直へ「最高のチームで絶対次も勝ちたい」

日本代表DF長友佑都(FC東京)が、スペイン代表戦の勝利を喜んだ。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本はスペインと対戦した。 グループ首位のスペインに対し、2位の日本は負ければ敗退が決定。引き分けでも厳しい状況となっており、勝利が必要な状況だった。 長友は3試合連続でスタメン出場。スペイン戦は[3-4-2-1]でスタートしたため、ウイングバックに入ってプレーした。 ニコ・ウィリアムズがサイドに張り付いていたこともあり、長友はなかなか前に出られず、ケアをすることに。それでも、時間の経過と共に、アグレッシブさを出していく。 試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し0-1で後半へ。長友はハーフタイムに三笘薫と交代してベンチに下がったが、チームは48分に左サイドで三笘薫、前田大然がプレスをかけると、こぼれ球を拾った堂安律がボックス手前から左足一閃。GKウナイ・シモンの手を弾きながら豪快にネットを揺らし、同点に追いついた。 その5分後に三笘がラインギリギリのところで折り返し、田中碧がゴールを決めて逆転。VARのチェックが入る中、非常に微妙な判定ながらわずかにラインを割っておらず、アシストとなった。 日本はスペインの攻撃に耐え続け、2-1で勝利。首位でのグループステージ突破を果たすこととなった。 試合後のインタビューに応じた長友は「ブラボー!」と第一声。「まじみんなブラボー。ほんとありがとう。まじでブラボー!」と勝利を喜び、チームメイトを称えた。 試合の2日前、トレーニング後の取材では「スペイン戦に勝利してブラボー!って言っている夢を見た」とコメントしていたが、それが現実のものに。「この光景そのままです。そのまま見ました」と正夢になったが、「チームメイトも監督もスタッフもみんなブラボーだし、スタジアムで応援してくれたサポーターの皆さんもブラボーやし、日本でテレビの前で応援してくれた皆さんもブラボーやし、みんなブラボー!凄すぎる。感謝したいです。ありがとうございます」と、日本代表に関わる全ての人に感謝の気持ちを伝えた。 4度目のW杯。その中でもドイツ代表、スペイン代表と世界の強豪に2勝したのは初めてだ。長友は「手応えはもちろんありますし、コスタリカ戦で負けてから、凄く厳しい3日間を過ごしました」と批判も多く集まった廃線からの立ち直りが大変だったとコメント。「それでもみんなこの壁を乗り越えて、リバウンドメンタリティを発揮して、強い気持ちで今日臨めた結果が、この結果に繋がったと思います」と、選手たちの奮起を喜んだ。 そして次は、新しい景色であるベスト8を見るためにクロアチア代表と対戦する。過去2度たった舞台で、2度敗れた舞台でもあるラウンド16。「2回本当に悔しい思いをしているので、絶対にこのみんなで、この最高のチームで新しい景色を見るために、絶対次も勝ちたいと思います」とコメント。クロアチア戦の必勝を誓った。 <span class="paragraph-title">【動画】正夢となった長友佑都のブラボー!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E5%8F%8B%E4%BD%91%E9%83%BD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長友佑都</a> のブラーボ! <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d7KSlW">https://t.co/Ufw1d7KSlW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/H4YpZtMOwb">pic.twitter.com/H4YpZtMOwb</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598425801375903745?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「後半勝負だと」流れを変え決勝弾をアシストした三笘薫、クロアチア撃破に意気込む「また全員で1つになって勝ちたい」

スペイン代表戦で逆転ゴールを呼び込むアシストを決めた日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)が、喜びを語った。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本はスペインと対戦した。 グループ首位のスペインに対し、2位の日本は負ければ敗退が決定。引き分けでも厳しい状況となっており、勝利が必要な状況だった。 試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し0-1で後半へ。三笘はハーフタイムに交代して出場すると48分には左サイドで前田大然とともにプレスをかけると、こぼれ球を拾った堂安律がボックス手前から左足一閃。GKウナイ・シモンの手を弾きながら豪快にネットを揺らし、同点に追いついた。 試合はその5分後に三笘がラインギリギリのところで折り返し、田中碧がゴールを決めて逆転。VARのチェックが入る中、非常に微妙な判定ながらわずかにラインを割っておらず、アシストとなった。 2-1で勝利した日本。試合後のインタビューに応じた三笘は「1点欲しい状況だったので、行くところは前から行って、1点目は特に良い形でスイッチが入ったので良かったと思います」と、ピッチに入った際の気持ちを語った。 前半は押し込まれ耐える展開となるところをベンチから見守ったが、「予想通りの展開でしたし、自分たちのプラン内で進んでいて、0-1は全然OKだと思って、後半勝負だと思って準備していました」と行く準備はできていたという。 これで、ドイツ代表に続きスペインとW杯優勝国を下しての2勝。史上初の1位でのグループステージ突破となったことについては「これまでのW杯においても、大きな2勝だと思います。次の勝負でベスト8に行ければ、歴史が作れるので、もう1度みんなで集中し直していければと思います」と、改めて気を引き締めた。 日本はラウンド16で目標であるベスト8を懸けて、前回大会優勝国のクロアチア代表と対戦する。 クロアチアについては「個々のクオリティが高いですし、世界的にも有名な選手もいます。カウンターも持っていると思います」とコメント。「我慢する展開になると思いますが、今日のような試合をして勝ちたいと思います」と再び勝利することを誓い、「もう1つ勝つか勝たないかで、今後のサッカーも変わってくると思います。今日はチーム全員で勝利したので、また全員で1つになって勝ちたいと思います」と、チーム一丸で望むとした。 世界の注目も高まる中、魅せたいプレーについては「スペースがあるときは自分で運んでアシストだったり、チャンスメイクができると思うので、そういうところを見て欲しいと思います」とコメント。スペイン相手に見せた素晴らしい守備からの攻撃参加を見せたいとした。 ラウンド16に進出した日本は、グループFで2位となったクロアチア代表と対戦。前回大会の準優勝チーム相手にどんな試合を見せるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の圧巻の折り返しから、田中碧が詰める!VARチェック後の歓喜も</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>改めて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> の折り返しから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> の逆転ゴール <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/uTRD8oSSRy">pic.twitter.com/uTRD8oSSRy</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598430430151462915?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>VARチェックの結果 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> が逆転!!<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/UdEhLoynsu">pic.twitter.com/UdEhLoynsu</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598409122722242560?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 07:10 Fri
twitterfacebook
thumb

見事な采配で首位通過に導いた森保一監督、「チーム一丸となって最後まで戦ってくれた」

日本代表を率いる森保一監督が歴史的勝利を飾ったスペイン代表戦を振り返った。 日本は1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペインと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ここまで1勝1敗の2位でグループ首位のスペインとの最終節を迎えた日本は、立ち上がりから5バックに近い形で慎重な入りを見せる。だが、前半の12分には右サイドのDFセサール・アスピリクエタからのクロスをゴール前のFWアルバロ・モラタに頭で決められて先手を許す。 それでも、粘り強い守備で2失点目を凌ぎつつ、要所でカウンターからチャンスを創出した日本は、MF三笘薫、MF堂安律を投入した後半序盤に鮮やかな逆転劇を演じた。 まずは48分にカウンターから堂安のゴールで同点に追いつくと、その5分後の53分にはボックス右で縦に仕掛けた堂安が右足でクロス。ファーサイドに流れたボールをゴールラインぎりぎりの位置で三苫が折り返し、最後はMF田中碧が押し込んだ。 以降はスペインの猛攻に晒されたが、ディフェンスラインを中心とした粘り強い守備に加え、途中投入の選手のハードワークでこのリードを守り切り、初戦のドイツ代表戦に続く見事な逆転勝利でグループリーグ突破と共に望外の首位通過を達成した。 同試合後、ピッチサイドでフラッシュインタビューに応じた森保監督は会心の一戦を興奮気味に振り返った。 「選手たちが粘り強く自信を持って戦ってくれました。前半、試合を通して苦しい戦いでしたが、自分たちができるということを信じ続けてチーム一丸となって最後まで戦ってくれたことが良かったと思います」 「何よりもこうやって現地まで来てくれたサポーターの皆さんが応援してくださったこと。日本は朝早いですが、日本からエールを送ってくださった皆さんの気持ちが伝わって勝てたと思っています」 また、ドイツ戦に続く交代選手の活躍で試合を引っくり返した自身の采配に関しては、「できるだけ失点を抑えながら我々が得点を狙っていこうということ。前半から出た選手たちが非常に繋いでくれて、後半のこの勝利に繋がったと思います。みんなの勝利だと思っています」と、前半から我慢強くプレーした選手を含めチーム一丸の戦いを強調した。 さらに、ラウンド16ではグループFを2位通過した前大会準優勝のクロアチア代表との対戦が決定した中、さらなる躍進を日本のサポーターに誓った。 「順位的な新たな景色はもちろんベスト8ですが、世界という舞台で戦っていけることを、選手たちが違った新しい景色を見せてくれていると思います。最後ベスト8以上の新しい記録をしっかりと掴み取りたいと思います」 「我々のサポーターの皆さん、国民の皆さん、本当に応援をありがとうございます。皆さんの応援のおかげでこうやって苦しい試合をものにできました。皆さんに勝利を届けられ、一緒に喜び合える結果を出せて嬉しいです。ありがとうございました!」 2022.12.02 07:09 Fri
twitterfacebook
thumb

逆転弾の田中碧「自分たちを信じていた」

日本代表は1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペイン代表と対戦し、2-1で逆転勝利した。 この試合で逆転弾を決めたデュッセルドルフの日本代表MF田中碧が試合直後、インタビューに答えた。 「コスタリカ戦に負けて決勝トーナメントに行けないんじゃないかっていう雰囲気が漂っていたんですけど、自分たちは自分たちを信じていましたし、今日スタジアムに来てくれた人たち、日本で朝早くから起きていたたくさんの人たちの応援があったので。しっかり勝って決められて良かったです」 また、試合のプランについて聞かれると「ドイツ戦をイメージして前半はゼロで進めるのが理想でしたけど、失点してしまったのは仕方ないかなと。ただ後半に律のシュートから始まってしっかりと逆転できたのは力があったからできたのだと思います」と失点に動揺せず後半の逆転劇へ繋げたことに胸を張った。 そして逆転弾については「自分は自分を信じてましたし、ずっと前からW杯で点を取ることをイメージしててそれを実行できて良かったです」と喜んだ。 そして強豪のドイツとスペインを抑えての首位通過、チームとしての手応えを聞かれると、「素晴らしい選手がたくさん居るので全員の力で勝ち取った決勝トーナメントです。ただ、まだ何も成し遂げてないし、ここからが歴史の始まりだと思うのでそこに向かってしっかりと準備したいです」と気を引き締めた。 最後にラウンド16で対戦するクロアチア戦について「ここからはどのチームも強い相手。まずは自分たちができることをしっかりやって切り替えて準備したいです」と快挙に浮かれることなく前を見据えた。 2022.12.02 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯敗退のベルギー、マルティネス監督が退任発表…「最後の試合だった…」

ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督(49)がワールドカップ(W杯)敗退後に退任を発表した。 2020年に兼任するテクニカル・ディレクター職を含め、ベルギーサッカー協会(KBVB)との2年半の契約延長にサインしていたマルティネス監督。同契約では、W杯決勝トーナメント進出の場合、契約を1年延長するオプションが盛り込まれていたが、2022年12月31日までの現行契約をもって退任することになった。 ベルギーは1日に行われたカタールW杯グループF最終節のクロアチア代表戦を0-0のドローで終え、3位でのグループリーグ敗退が決定。 大会前には優勝候補の一角に挙げられながらも屈辱の早期敗退となった中、マルティネス監督は試合後の公式会見の場で退任を明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 「これが私の最後の試合だった。代表チームに別れを告げる」 「私は6年間監督を務めてきた。我々はワールドカップでプレーすることを夢見ていた。それを実現し、前回大会では3位で終わった」 「その後、私は冒険を続けることを選択し、我々は大きなものを構築しようとした。そのためにはタイトルを獲得しなければならないと考える人もいるが、それに同意はしない」 「現在、8人のプレーヤーが100キャップ以上を刻み、何人かの若者はまったく新しいレベルにあることを示している。この世代のおかげでティーレマンスやドクのような多くの若者が育っている。このチームで成し遂げたことすべてをとても誇りに思っている」 「ただ、私の最後の試合だったことを受け入れるときが来た。このワールドカップで優勝していたとしても、大会が終わったらこのポジションを離れていただろう。私は大会が始まる前にこの決定を下していた」 「私は常に長期的に見て、プロジェクトを信じており、2018年以降はクラブから幾つかオファーを受けたが、契約を守ることに忠実であり続けた。この主要なトーナメントの後、出発するときが来た」 スペイン人指揮官のマルティネス監督はスウォンジー・シティ、ウィガン、エバートンとプレミアリーグでの監督経験を経て2016年にベルギー代表監督に就任。 世界屈指のタレント力を誇るチームに、後方から丁寧にボールを繋いでいく能動的なスタイルを植え付け、ここまで指揮した79試合の戦績は56勝13分け10敗。一時はFIFAランキングで1位に上り詰め、自身初の大舞台となった2018年ロシアW杯ではベルギー史上最高位となる3位に躍進させた。 ただ、近年は世代交代の遅れ、黄金世代の加齢によるパフォーマンスの低下、エースでキャプテンを務めるFWエデン・アザールの不振などの影響もあり、苦戦が続いていた。 2022.12.02 07:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly