黄金期を回顧、名門・ミランの復権は“計画”と“設計”にあり

2019.10.04 16:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつては、世界屈指のビッグクラブとして数えられ、インテルやユベントスらとイタリアサッカー界を牽引する存在であったミラン。しかし、ここ数年でその立ち位置は大きく変化した。

イタリアの首相も務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏がクラブを買収し会長に就任した1986年から、実力も知名度もある選手を獲得し、黄金期を築いたミランだったが、90年代後半に低迷。2010年代に入ってからは凋落の一途を辿ると、タイや中国の実業家がオーナーとなっても復権の兆しは見えてこない。

常に優勝を争っていた80年代後半から90年代前半と、現在のミランの間には大きな隔たりがある。それは、長期的な“計画”と明確な“設計”と言って良いだろう。

◆世界最高峰の守備陣+オランダ三銃士の登場

Getty Images

黄金期のミランを支えたもの。その1つが、世界最高峰の守備陣だ。

ミランというクラブを思い浮かべた時、多くの人が名前を挙げるのがDFフランコ・バレージとDFパオロ・マルディーニではないだろうか。それぞれが背負った「6」と「3」の背番号は、クラブの永久欠番となっている。(ちなみに、マルディーニの「3」は息子のクリスティアンのみ着用可能)

共にミラン下部組織出身のバレージとマルディーニは、長年にわたってチームのディフェンスラインを支えた。バレージは、1977年から1997年、マルディーニは1985年から2009年。ともに20年以上のプロキャリアをミランのみに捧げ、名実ともにチームの“象徴”としてプレーを続けた。

マルディーニがトップチームに加わったのと時を同じくして、前述の通りベルルスコーニ氏がクラブを買収。ここから、チームの黄金期が築かれていく。

大きな変化の1つは、豊富な資金を手にしたことだ。ベルルスコーニ会長就任から2シーズン目の1987-88シーズンには、後にサッカー界に革命を起こすアリゴ・サッキ氏を監督に招へい。さらに、PSVからルート・フリット、アヤックスからマルコ・ファン・バステンとオランダ代表を支えていた2人を獲得。また、後により強固な守備陣を形成するアレッサンドロ・コスタクルタや後に監督に就任するカルロ・アンチェロッティも獲得し、チームの戦力アップを図った。

サッキ監督が掲げた“プレッシングサッカー”は、欧州のサッカー界を席巻する。高い位置から相手にプレスをかけ、ボールを奪い切ったらショートカウンターで一気にゴールを目指すスタイルは、バレージ、マルディーニを中心とした強固な守備陣と、ファン・バステン、フリットらの攻撃陣が共鳴し、わずか2敗で9シーズンぶりのスクデットを獲得したのだ。

◆長期の計画で構築された黄金期

Getty Images

選手たちの能力が高いことも去ることながら、ここで注目すべきなのはベルルスコーニ氏が掲げた計画がチームに変革をもたらせたと言って良いだろう。

資金を投じて、チームを2つ編成できるほどの戦力を整えていくミランは、セリエAを制した翌シーズンにレアル・サラゴサからオランダ代表MFフランク・ライカールトを獲得。これにより、ファン・バステン、フリット、ライカールトの“オランダトリオ”が形成された。

セリエAでは3位に終わったものの、UEFAチャンピオンズカップ(後のチャンピオンズリーグ)では20シーズンぶりに優勝を成し遂げていた。

チーム作りの変革として招へいしたサッキ監督の下、ミランの強さは増大していく。戦力バランスがより整ったことはヨーロッパで戦う力をも与え、1988-89シーズンのチャンピオンズカップでは準決勝でレアル・マドリーを5-0、決勝でステアウア・ブカレストを4-0と粉砕。当時のステアウア・ブカレストは、ルーマニアの英雄でもあるゲオルゲ・ハジを擁するチームであったが、ミランの前には為す術がなかった。

1989-90もチャンピオンズカップを制し、連覇を達成。大きな戦力変更は行わずに、継続したチーム作りを行えたことも大きいだろう。サッキ監督の下で積み上げたプレッシング戦術の浸透、そして旬な選手を適材適所で確保したことが、黄金期形成に繋がったと言える。

◆計画性と継続性の欠如が招いた低迷

Getty Images

一方で、現在のミランはどうだろうか。サッキ監督以降も、セリエAやチャンピオンズリーグのタイトルを獲得しているチームは、継続性があった。ファビオ・カペッロ監督時代(1991-1996)にはセリエA3連覇を含む4度の優勝とチャンピオンズリーグ制覇、カルロ・アンチェロッティ監督時代(2001-2009)にはセリエAで1度、コッパ・イタリアで1度、チャンピオンズリーグで2度タイトルを獲得している。

最後にタイトルを獲得した2010-11シーズンは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督時代(2010-2014)であり、退任後はチャンピオンズリーグにも出場しておらず、セリエAでも上位争いができていない状況だ。

近年は長期政権を築ける監督がおらず、アッレグリ監督が退任して以降は6シーズンで、現在のマルコ・ジャンパオロ監督が7人目。また、シニシャ・ミハイロビッチ監督(現ボローニャ)、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督(現フィオレンティーナ)ら、現在は他クラブで指揮を執る監督も1シーズンでチームを去っており、チーム作りが迷走したと言ってもいいだろう。

加えて、今シーズンのスカッドを見ても、最も長く在籍しているのは2014-15シーズンに加入したジャコモ・ボナヴェントゥーラで、今シーズンが6年目。5年以上在籍している選手もボナヴェントゥーラを含めて5名しかおらず、ここでも継続したチーム作りができているとは言えない。20年以上にわたって在籍した選手の例は、他クラブでもあまりないが、長期にわたってチームの屋台骨になっている選手はいない。

莫大な資金を投じて選手補強を行っても、効果的に使えたとは言えず、ベルルスコーニ氏が掲げたチーム作りのような“計画”と、チームを育てる上での“設計”がなされなければ、黄金期を再び築き上げることは難しくなるだろう。名門復権には、目先の結果以上に、長期的なビジョンが必要だ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》


ミランの黄金期を支え、クラブの象徴としても名を馳せたフランコ・バレージとパオロ・マルディーニが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!

さらに、ハードワークをする“ファンタジスタ”として中盤を支えたズボニミール・ボバン、類まれな身体能力で攻撃だけでなく、守備でも貢献し、大事な試合でのゴールが印象的なダニエレ・マッサーロも投入されている。『サカつくRTW』をプレーしている人も、これからプレーする人も是非一度チェックしてみよう。




関連ニュース
thumb

「力強すぎ」アドレナリン出まくりのイブラが手のひらで窓ガラス粉砕…「ほんまにヒビ入ってる」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、少々やり過ぎてしまったようだ。 11年ぶりのスクデットまであと一歩に迫っているミラン。15日に行われたセリエA第37節ではアタランタと対戦し、2-0で勝利した。 最終節で勝ち点「1」を積めば、2位インテルの試合結果にかかわらずスクデット獲得というところまできたミランだが、それに呼応するように選手やサポーターの気持ちも高ぶっている。 アタランタ戦の直前、本拠地サン・シーロへと向かうチームバスをサポーターたちは熱烈に歓迎。バスを囲み大きな声で選手たちを後押しした。 すると、バスに乗っていたイブラヒモビッチも反応。運転席の方まで出てくると、右の手のひらで窓ガラスを叩いてサポーターたちの声援に応えた。 しかし、気持ちが入り過ぎてしまったのか、窓ガラスはイブラヒモビッチのパワーに耐えられず亀裂が。手のひらで窓ガラスを割るという怪力ぶりを見せたイブラヒモビッチにはファンも驚き。「力強すぎ」、「ほんまにヒビ入ってるやん」、「やってる」、「ガッツリ壊してる」といった反応が寄せられている。 なお、イブラヒモビッチはアタランタ戦で出番はなかった。 ミランは悲願のスクデットをかけ、最終節で11位サッスオーロとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチが手のひらで窓ガラスを粉砕してしまう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Deportes?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Deportes</a> ¡Fuerza sueca! <br><br>En la llegada del bus del Milan a San Siro, Zlatan Ibrahimovic rompió el parabrisas en medio de los cánticos de su afición. <a href="https://twitter.com/hashtag/NuestroDiario?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NuestroDiario</a><br> RRSS <a href="https://t.co/rzMJ3f4igL">pic.twitter.com/rzMJ3f4igL</a></p>&mdash; Nuestro Diario (@NuestroDiario) <a href="https://twitter.com/NuestroDiario/status/1526023644278730752?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 21:31 Tue
twitterfacebook
thumb

選手層拡大に余念がないミラン、テオのバックアップに若手屈指の実力者獲得を目指す

2010-11シーズン以来11年ぶりのスクデット獲得まであと一歩に迫るミラン。来シーズンへ向けた選手層の拡大にも余念がないようだ。イタリア『SempreMilan』が報じている。 ミランはすでに、リバプールからベルギー代表FWディヴォク・オリジ(27)やリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の獲得が濃厚とされるなど、来シーズンへ向けたスカッドの構築が進行しつつあり、2選手を既存の戦力と照らし合わせてみても、センターフォワード、センターバックと、それぞれのポジションに厚みを持たせる的確な補強であることが伺える。 そんな中、現在のミランにおいて最も替えが効かない選手の1人が、フランス代表DFテオ・エルナンデス(24)だ。 ミランで不動の左サイドバックを務め、今シーズンのリーグ戦で30試合5ゴール6アシストをマークするテオ・エルナンデスだが、『SempreMilan』によると、ミランは彼の競争相手となれる人材を確保したい考えのようだ。 現状では、セネガル代表DFフォデ・バロ=トゥーレ(25)がテオ・エルナンデスのバックアッパーとして控えているものの、ミランの首脳陣はバロ=トゥーレのプレーぶりに納得しておらず、同ポジションでプレーが可能なセリエAでプレーする若手選手たちに興味を抱いているようだ。 『SempreMilan』は、ミランがリストアップする選手として、ジェノアでプレーするU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)や、ボローニャのスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(19)、エンポリのU-21イタリア代表DFファビアーノ・パリージ(21)を挙げている。 中でも、カンビアソについては、所属するジェノアが来シーズンのセリエB降格がすでに決定していることや、現行の契約が2023年6月までとなっていることから今夏の売却が既定路線とされており、ミラン以外にもインテル、ユベントス、ナポリ、アタランタなど上位陣のほぼ全てのクラブが関心を寄せているとのことだ。 カンビアソ獲得のポールポジションに立つのはインテルとも言われているが、果たして、セリエA若手屈指の実力を有するカンビアソを、もしくは、ヒッキーやパリージを、ミランは手中に収めることができるのだろうか。 2022.05.17 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

11年ぶりのスクデットまであと一歩のミラン、ピオリ監督は自信「我々は前回の試合で大きな自信を得た」

とうとう名門の完全復活か。11年ぶりのスクデットまで、ついにあと一歩となったミランのステファノ・ピオリ監督がアタランタ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 15日にセリエA・第37節が行われ、首位ミランはホームでアタランタと対戦した。前半を0-0で折り返したが、56分にFWラファエル・レオンが先制点を挙げると、75分にはDFテオ・エルナンデスが自陣から約80mを単独で相手ゴール前まで持ち運び、自らネットを揺らす衝撃弾が炸裂。2-0で勝利し、サン・シーロは歓喜の渦に包まれた。 勝ち点差「2」でミランを追走する2位のインテルも勝利したために今節での優勝決定とはならなかったが、リーグ戦の当該成績でインテルを上回っているため、最終節で勝ち点「1」を積めば、インテルの試合結果にかかわらずスクデット獲得となる。 試合後、ピオリ監督はジョークを交えつつ、スクデットを心待ちにするファンへ感謝の意を示した。 「今日はシーズン最後のホームゲームだった。今季も多くのファンがサン・シーロへ来て、我々を常に後押ししてくれた。彼らには本当に感謝している」 「今日もスタジアムに到着した時、我々を出迎えてくれたファンはおそらく1000万人はいただろう(笑) 彼らの存在が我々の心を奮い立たせてくれるんだ」 また、試合内容について問われると、手放しで選手たちを称賛した。 「今日もミランの選手たちは、強力な相手のアタッキングに対してディフェンス面で一切譲歩しなかった。ミランの選手たちは常に正しいプレー選択で優位に立ち、冷静さも失わなかった」 「前回の試合で我々は、多様なアイデア、強い意志をもってプレーすることが勝利へつながるということを学んだ。ヴェローナ戦で我々は大きな自信を得た」 スクデット獲得へ向け前進したことは間違いないが、一方でピオリ監督はチームに緩みを生まないための取り組みも明かした。 「選手たちにコービー・ブライアントのインタビュー映像を見せた。まだ我々の仕事は終わっていないということを伝えるためにだ。1週間集中を続け、決意を持って最後の試合に臨む」 ミランファンとしても知られたNBAのスーパースターの名言を用いて、慢心することがないよう、選手たちにクギを刺した形だ。 第23節から今節に至るまで15戦無敗で駆け抜け、11年ぶりとなるスクデット獲得がとうとう現実味を帯びて来たミラン。最終節では、悲願のスクデット獲得をかけ、11位サッスオーロとアウェイで対戦する。 2022.05.16 15:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベイルかよ」ミランDFテオ・エルナンデスの“80m独走ドリブル弾”に反響 「ジョージ・ウェアを思い出した」

ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデスがサイドバックとは思えぬ攻撃力を発揮している。 2019年夏にレアル・マドリーから2100万ユーロ(約28億円)の移籍金で加入したテオ・エルナンデス。1年目から期待以上の活躍を披露すると、ここまで公式戦121試合に出場し20ゴール23アシストを記録。今シーズンも公式戦40試合で5ゴール10アシストを記録した。 15日に行われたセリエA第37節のアタランタ戦でも左サイドバックで先発すると、直接FKなどで見せ場を作った後、1-0とリードで迎えた75分に個人技で追加点を奪う。 自陣ボックス付近で相手の攻撃を止めたミラン。テオ・エルナンデスがボールを拾うと、そこからドリブルを開始する。推進力溢れる運びだしでグングンと加速していくと、瞬く間に相手陣内に侵入。左右の振りで上手く相手のプレッシャーをかわすと、最後はボックス内まで入って左足シュートを決めきった。 およそ80mの距離を1人で運びきってゴールを奪ったセンセーショナルな一撃には「(ガレス・)ベイルかよ」、「ジョージ・ウェアを思い出した」、「プスカシュ賞に選ばれたソン・フンミンのよう」と歴代のスーパーゴールと重ねる声が多く上がった。 テオ・エルナンデスの活躍もあり2-0で勝利を飾ったミラン。インテルとの勝ち点差2をキープしており、最終節のサッスオーロ戦を引き分け以上で終えれば11年ぶりスクデットが決まる状況となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】テオ・エルナンデスの“80m独走ドリブル弾”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IJOe1S6t_zk";var video_start = 75;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

辛うじてスクデット戦線に生き残ったインテル、インザーギ監督はチームを称賛「自分たちのゲームに対して真摯に取り組んだ」

インテルのシモーネ・インザーギ監督がシーズン最後のアウェイゲームを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 15日にセリエAは第37節が行われ、2位のインテルはアウェイでカリアリに3-1で勝利。最終節を残して首位ミランとの勝ち点差「2」をキープし、辛うじてスクデット獲得へ望みをつなげることに成功した。 直前に行われた試合でミランがアタランタに勝利したことで、インテルが引き分け以下の結果に終わるとミランの優勝が決まる状況となった一戦。 インテルは、前半25分にミランの下部組織出身であるDFマッテオ・ダルミアンが先制点をマーク。後半立ち上がりに、エースFWラウタロ・マルティネスが今季リーグ戦20点目となる追加点を決めると、直後にカリアリに1点を返されるも、終盤に再びFWラウタロがネットを揺らし、 1-3で勝利した。 試合後、インテルのS・インザーギ監督がシーズン最後のアウェイゲームを振り返り、しっかりと勝利したことを喜んだ。 「我々は水曜日に重要なトロフィーを獲得した。今日はミランも勝利したが、我々も自分たちのゲームに対して真摯に取り組んだ」 「このスタジアムでプレーするのはいつも容易ではないが、インテルの選手たちは最高のパフォーマンスを発揮したと思う。これらは、ユベントスとの120分の勝負の直後に保証できるものではなかった」 また、チームを最前線で牽引し、この日も2得点を挙げたエース・ラウタロについても評価している。 「彼は今シーズン全体で25得点を挙げており、ここ最近は特にネットを揺らしている。並外れた選手だ。チームに多くを与え、いつも懸命にプレーする。彼は過去2年間で自らの価値を証明してきているので、驚くべきことではない」 「彼は今シーズン、キャリアの中で最も多くのゴールを挙げたが、きっとそうなるだろうとシーズンが始まる前から予想していた」 エースの活躍もあり、辛うじてスクデット戦線に生き残った王者インテル。果たして、最後の最後に宿敵ミランを上回り、逆転で2年連続のスクデット獲得となるだろうか。 インテルは、最終節で日本代表DF吉田麻也が所属する16位サンプドリアとホームで対戦。インテルは今季のリーグ戦でミランに対して1分け1敗と負け越しており、セリエAでは勝ち点が並んだ場合に当該成績が優先されるため、最終節でミランが勝ち点「1」を積めば、インテルの試合結果にかかわらず、ミランが2010-11シーズン以来11年ぶりのスクデットを獲得となる。 2022.05.16 11:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly