アウグスブルク、ユーティリティ性の高いクロアチア代表DFイェドバイをレバークーゼンからレンタル

2019.08.21 11:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクは20日、レバークーゼンからクロアチア代表DFティン・イェドバイ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年6月までで、背番号は「18」。ただ、契約の詳細については、両クラブの間で合意した上、非公開となっている。

2013年に母国の名門ディナモ・ザグレブでプロキャリアをスタートしたイェドバイは、ローマを経て、2014年6月にレバークーゼンへ加入。両サイドバック、センターバックをこなすことができ、そのユーティリティ性を重宝されている。しかし、主力に定着することはできず、2018-19シーズンのリーグ戦出場は16試合に留まっていた。

また、2014年9月にデビューしたクロアチア代表ではこれまで20試合に出場。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では1試合に出場していた。

アウグスブルクへのレンタル移籍が決定したイェドバイは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「アウグスブルクは近年、多くの選手の育成に成功しているクラブだという印象を持っている。彼ら僕に誠意を見せてくれた。ここに来ることができて本当に嬉しいし、アウグスブルクのユニフォームを着るのが待ち遠しいよ。このクラブが目標を達成するために自分の全てを出したいね」

ちなみにアウグスブルクは19日、昨シーズン限りでアーセナルを退団していたスイス代表DFステファン・リヒトシュタイナー(35)を獲得。同選手に続く実力者の獲得に成功した。

関連ニュース
thumb

原口が前半に緊急出場のウニオン、アウグスブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは11日、ブンデスリーガ第4節でアウグスブルクをホームに迎え、0-0で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は22分から出場し、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前の前節ボルシアMG戦で先制点をアシストして今季初勝利に貢献した原口がベンチスタートとなり、遠藤が今季初めてベンチ入りした一戦。 1分け2敗スタートのアウグスブルクに対し、ウニオンが押し込む流れで立ち上がった中、アクシデント。メーヴァルトの負傷を受けて22分、原口が[3-5-2]の右インサイドの位置に入った。 前半唯一の決定機はアウグスブルク。33分、CKの流れからオックスフォードのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルセが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 後半は一進一退の攻防が続いた中、ウニオンは56分にジーベルマンのボレーシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに阻まれた。 さらに74分、原口のパスを受けたアウォニー、ボグルサマーが立て続けにGK強襲のシュートを浴びせれば、続く79分にはボグルサマーのコントロールシュートでゴールに迫ったが、ウニオンはゴールをこじ開けられずに0-0で決着。勝ち点1を分け合っている。 2021.09.12 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

クリアのつもりが絶妙の“チップ”オウンゴールに…珍妙失点に海外注目「恥ずかしい」

週末に行われたブンデスリーガ第3節のアウグスブルクvsレバークーゼンの一戦は10分間に2つのオウンゴールが生まれる珍しい展開となった。 最初のオウンゴールは試合開始早々の4分、アウグスブルク陣内でボールを奪ったレバークーゼンがショートカウンターを発動し、前線へ送るも、FWパトリック・シックのトラップが伸びてしまう。 ボックス内に転がったボールに対し、寄せてきたアウグスブルクのDFイアゴは左足でクリアを狙ったが、少し中途半端になったキックは絶妙なチップキックに。GKラファウ・ギキェヴィツの頭上を越え、絶妙すぎるオウンゴールになってしまった。 さらにその10分後にはレバークーゼンの右CKの流れから上がったクロスをゴール前のFWフロリアン・ニーダーレヒナーが頭でクリアしようとするも、鋭いボールに反応しきれず、ヘディングは自陣のゴールネットに吸い込まれた。 わずか10分程度の間に2つのオウンゴールを生んでしまったアウグスブルク。ドイツ『キッカー』は「不運なイアゴとニーダーレヒナー」と擁護したが、1つ目のオウンゴールに関しては絶妙だったこともあり、イギリス『スカイ・スポーツ』が「恥ずかしいオウンゴール」と伝えるなど、海外でも注目を集めている。 試合はその後両者が得点を重ね1-4でレバークーゼンが勝利。アウグスブルクは開幕3戦で白星なしと厳しいスタートになっている。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙の“チップ”オウンゴールにニーダーレヒナーのオウンゴールも</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/91uYPYUHjgs?start=10" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.08.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部途中出場のフランクフルト、アウグスブルクを圧倒もゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第2節でアウグスブルクをホームに迎え、0-0で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は71分から、MF長谷部誠は80分から出場している。 開幕節ではドルトムントの前に5発粉砕されたフランクフルトは、ドルトムント戦で先発した鎌田と長谷部が共にベンチスタートとなった。 開幕節でホッフェンハイムに0-4と完敗したアウグスブルクに対し、最前線にボッレ、2列目にコスティッチ、ハウゲ、リンドストロームと並べたフランクフルトが攻勢をかける展開で推移する。 12分にはコスティッチからボッレがシュートに持ち込めば、38分にはハウゲがGK強襲のシュートを浴びせた。 迎えた後半もフランクフルトが押し込む展開としたものの、ゴールをこじ開けられなかったことから71分に鎌田を投入。すると78分には鎌田のパスを受けたボッレがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせた。 終盤の80分、長谷部をボランチに投入したフランクフルトだったが、0-0のまま終了。勝ち点1を積み上げるに留まった。 2021.08.22 01:28 Sun
twitterfacebook
thumb

東京五輪にも出場したU-24ドイツ代表FWリヒターがヘルタ・ベルリンへ完全移籍、日本ではパスポート紛失事件も

ヘルタ・ベルリンは9日、アウグスブルクのU-24ドイツ代表FWマルコ・リヒター(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月30日までの4年間。背番号は「23」に決まった。 リヒターはバイエルンのユース出身。その後、アウグスブルクの下部組織へと移籍すると、2017年7月にファーストチームへ昇格していた。 これまでブンデスリーガで97試合に出場し12ゴール12アシストを記録していたリヒター。U-21ドイツ代表でも8試合に出場し3ゴールを記録していた。 またU-24ドイツ代表として東京オリンピックに参加。3試合に出場を果たした一方で、大会前にはパスポートを紛失する事件を起こしていた。 リヒターはヘルタ・ベルリンへの移籍についてコメントしている。 「アウグスブルクで良いシーズンを過ごした後、僕は新たな挑戦がしたかったので、ヘルタに加入できることを楽しみにしている」 「クラブとの会話は僕を納得させたし、僕のプレースタイルはチームに合っていると思う」 2021.08.10 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、U-24独代表MFアルネ・マイアーを買い取りOP付きのレンタル移籍で獲得

アウグスブルクは9日、U-24ドイツ代表MFアルネ・マイアー(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「10」を着用する。 アウグスブルクへの移籍が決まったアルネ・マイアーは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「アウグスブルクへの移籍が無事に完了したことを嬉しく思っている。なぜなら、ここには自分がさらに成長できる素晴らしいチームと最高の環境があると確信しているからね。このチームで成功したシーズンを過ごし、ピッチ上で責任を果たしたいと思っているよ」 ヘルタ・ベルリンの下部組織で育ったアルネ・マイアーは、2017年にトップチームに昇格。トップチームでは、これまで在籍5シーズンで公式戦65試合に出場。昨季はシーズ序盤の10月にビーレフェルトへレンタル移籍で加入したが、細かなケガなどに悩まされ公式戦19試合の出場にとどまった。 また、U-15から世代別のドイツ代表で常にプレーすると、先日まで行われていた東京オリンピックにも参戦。中盤のレギュラーとしてグループステージ全3試合に出場していた。 2021.08.10 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly