ユーベSDがディバラに注目発言! 「売却に近づいている選手はいない」

2019.08.15 18:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)に残留の見方が強まっているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

今夏の移籍市場で去就に注目を集めるディバラ。マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムへの移籍報道が錯綜したが、それらは実現せず、8日にプレミアリーグの今夏移籍市場が閉幕した。

その後もパリ・サンジェルマン(PSG)などの移籍報道が取り沙汰され続けているディバラだが、ユベントスのスポーツディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏はこうコメントしたという。

「市場は開かれていて、関心もある。だが、売却に近づいている選手はいない。ディバラはユーベの選手。実際、素晴らしいユーベの選手だ。でも、それは開かれた市場で交渉や議論が行われていたときから言ってきたことだよ」

なお、渦中のディバラは14日に行われたユベントス下部組織とのテストマッチで2ゴールを挙げ、3-1の勝利に貢献している。

関連ニュース
thumb

ユベントス戦を今季初黒星から立て直すチャンスと捉えるクリステンセン「再び攻撃的にプレーする絶好の機会」

チェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンは、ユベントス戦を再起のチャンスだと捉えているようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 25日に行われたプレミアリーグ第6節でマンチェスター・シティにホームで敗れたチェルシー。守備的な布陣が裏目に出て防戦一方の内容となり、後半の立ち上がりに失点すると、0-1で今季初黒星を喫した。 そんな中、29日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループHの第2節でユベントスとの大一番を迎える。クリステンセンは敗戦の悔しさを払拭するためには良いチームを倒すことが一番だとコメント。この感情を起爆剤にしたいと考えているようだ。 「挽回を図るのに完璧な試合だ。初黒星は決して良いことではないけど、すぐに次の試合が待っている。また厳しい戦いになるだろう」 「自分たちがやりたいサッカーや志向するサッカーに戻って、再び攻撃的にプレーする絶好の機会だね。タフな試合になるだろうけど、敗戦から立ち直るためには、他の良いチームに勝つことが一番だ」 意気込みを語ったクリステンセンはまた、再びシティ戦を振り返り、完敗を認めた。 「チェルシーが守備的なチームだとは思っていない。他の試合では、5バックや3バックでもクオリティの高いプレーができることを示してきた。僕たちは攻撃的にプレーしたいんだ」 「ホームで負けた時はいつもナーバスな気持ちになる。試合に入るのが大変で、今回は失点の後にやっと息を吹き返したけど、遅すぎたね」 「かなり強い気持ちで試合に臨んだけど、この日は相手の方が上だった。常に厳しい試合になると思っていた。前半は少し失敗したような気がするし、試合に入るまでが遅かった。特に最初の45分は、すべての要素が欠けていたように思うよ」 「前半はボールを持った瞬間の選択肢が本当になかったんだ。強度や前進するエネルギー、冷静さなどが欠けていた。いつものようなポゼッションができなかったね。全てが上手くいかずに残念だけど、前を向いていきたいと思う」 2021.09.28 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ディバラ&モラタのチェルシー戦欠場を発表…復帰は来月代表戦明けか

ユベントスは27日、29日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第2節のチェルシー戦に向けて主力2選手が欠場することを発表した。 欠場するのはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとスペイン代表FWアルバロ・モラタの両選手。共に26日に行われたセリエA第6節のサンプドリア戦で負傷したとのことだ。 サンプドリア戦でチームに先制点をもたらしたディバラはその試合で左太ももの半腱様筋を負傷。モラタは右太もものハムストリングに軽傷を負ったとのことだ。 公式戦4試合負けなし(3勝1分け)と復調の兆しを見せるユベントスは、CLグループステージ第2節で前回王者チェルシーとの大一番を迎えるが、主力2選手の欠場は大きな痛手となりそうだ。 なお、両選手の復帰時期に関してクラブは、10月の代表戦明けになると明かしている。 2021.09.28 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷のディバラが涙をこぼす…「申し訳ない」と謝罪

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが涙を流した。 ユベントスは26日、セリエA第6節でサンプドリアと対戦。先発出場したディバラは10分に左足ボレーシュートを突き刺し、チームに先制点をマークした。 しかし、20分過ぎにアクシデント。ディバラが相手との接触を避けた際に足首を痛めて自ら交代を要求。涙を浮かべながらピッチを後にした。 ディバラは試合後、自身のツイッターを更新。「ピッチを離れることになってしまって申し訳ないが、勝てたことは嬉しい。明日検査を受けるが、もうすでにできるだけ早く復帰することを考えている」とコメントした。 ユベントスはスペイン代表FWアルバロ・モラタも負傷交代。試合は3-2で勝利したものの、9日に控えるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に向けて、大きな懸念を残すことになった。 <span class="paragraph-title">【動画】ディバラの左足ボレーとピッチで人目をはばからず涙を流す対局的なシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/zLSlebT-Tro?start=7" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A sad sight to see as goalscorer Paulo Dybala is forced off through injury... <a href="https://t.co/ldsl7dr2FK">pic.twitter.com/ldsl7dr2FK</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1442081622317207555?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ指揮官アッレグリ、今季初の連勝も課題挙げる「失点しないようにしなければ」

ユベントスのマッシミリア―ノ・アッレグリ監督が、サンプドリア戦後に課題を挙げた。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは26日、セリエA第6節でサンプドリアと対戦した。試合は10分、パウロ・ディバラの鮮やかなミドルシュートで先制すると、43分にはレオナルド・ボヌッチがPKを決めてリードを広げる。 前半のうちに吉田麻也のゴールで1点を返されるも、57分にはMFマヌエル・ロカテッリの移籍後初ゴールも生まれ、リードを2点に。83分に失点するが3-2のまま逃げ切り、今シーズン初の連勝を記録した。 試合後、アッレグリ監督は勝利しながらも、2失点を喫した守備面を問題に挙げた。 「我々はハードワークしなければいけない。ゴールを守ること、ゴールを決めさせないことに喜びがあり、それはポゼッションすることと同じくらい、サッカーの一部となっている」 「多くのチャンスを逃したわけではない。課題は秩序ある守備で失点を少なくすることだと思う」 また、開幕4試合では白星がなかったが、徐々に勢いを取り戻しつつあるチームに満足感を示した。 「精神的にも肉体的にも疲れやすい時期だが、少しずつリーグでの順位を上げている」 「今日の勝利で、我々はスペツィア戦のように苦しまなければならないということを理解する必要がある。今は明確な勝利が必要であり、それが我々の自尊心をさらに高めることになるだろう」 さらに、センターバックのボヌッチが試合中にPKキッカーを務めたことについては「ボヌッチがPKを蹴ったのは、彼が責任を負うのは当然のことであるからだ。彼はシュートの打ち方を知っている」と説明した。 2021.09.27 12:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、吉田麻也ゴールのサンプドリアに競り勝ち2連勝! ディバラ&モラタ負傷でチェルシー戦に懸念《セリエA》

セリエA第6節、ユベントスvsサンプドリアが26日に行われ、3-2でユベントスが勝利した。サンプドリアの吉田麻也はフル出場し、1ゴールを記録している。 アッレグリ政権復権後、ここまで苦しい状況が続くユベントス。前節のスペツィア戦でなんとか逆転に持ち込み、ようやくリーグ戦初白星を手にした。対するサンプドリアは、前々節のエンポリ戦で初勝利を挙げたものの、前節はナポリに4失点大敗を喫している。 互いに低空飛行の中迎えた今回の一戦。まずはアウェイのサンプドリアが攻め込んでCKのチャンスを得るが、ここは簡単に跳ね返される。一方のユベントスもディバラがパスワークでボックス右に侵入するが、ここはDFに対応されボールをロスト。 序盤から一進一退となった中、ユベントスは10分に左サイドのアレックス・サンドロからクロスが上がると、一度跳ね返されたボールをロカテッリがシュート。ここはDFにぶつけてしまうが、こぼれ球を横に繋いで最後はボックス手前右のディバラが左足ボレーシュートをゴール右下に突き刺した。 幸先よく先制したユベントスは、12分にもカウンターから決定機。中央のディバラからキエーザがボックス右で受け、フリーでシュートを放つが、DFが気になったかわずかに右に外してしまった。さらに14分には、再び速攻の形からモラタにゴールチャンスが訪れるも、ボックス左から流し込むように狙ったシュートはGKアウデーロに止められた。 追加点の雰囲気が漂うユベントスだが、20分過ぎにアクシデント。ディバラが相手との接触を避けた際に足首を痛めて自ら交代を要求。涙を浮かべながらピッチを後にした。代わりにクルゼフスキが投入されている。 その後はユベントスの勢力が衰えたことで試合は膠着状態に。だが、前半終了間際に大きく動く。43分、キエーザがボックス右から放ったシュートがムッルの腕に当たってユベントスがPKを獲得。これをボヌッチが決めてリードを広げる。 しかし、その直後の44分、サンプドリアがクアリアレッラのシュートで左CKを獲得すると、ショートコーナーからカンドレーバが右足でクロス。これをボヌッチに競り勝った吉田が頭で合わせて1点差に縮めた。吉田は第3節のインテル戦に続いて今季2ゴール目となった。 ユベントスの1点リードで迎えた後半。ボールは握るものの、なかなかシュート数が増えなかったが57分、左サイドでロカテッリの巧みなループパスを受けたキエーザがゴール前に侵入。ここはサンプドリアDFに止められてしまうものの、その後の不用意なパスをボックス左でクルゼフスキが奪取。マイナスの折り返しをロカテッリが押し込んで3点目を決めた。 その直後にサンプドリアは3枚替えを敢行し、主に中盤に変化を加える。対するユベントスは70分にラムジーとキエッリーニを投入し、3バックを敷いて守備固め。それでも74分にはベンタンクールが決定的なシュートを放つなど、隙あらば決着をつけにいく強かさも見せる。 80分過ぎにはモラタも追加点に迫ったが、その際のシュートで腿裏を負傷。ディバラに続いて先発した2トップがケガに見舞われる事態となった。 するとサンプドリアは83分、敵陣でのボール奪取から速攻を仕掛け、ボックス左にトールスビーが侵入。そのマイナスの折り返しをカンドレーバがボックス中央から流し込み、1点差に縮めた。 しかし、スコアはこれ以上は動かず試合終了。ユベントスはリーグ戦連勝を収めたものの、守備に課題を残す一戦に。また、29日に控えるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に向けて、ディバラとモラタの負傷交代という懸念を残すことになった。一方のサンプドリアは連敗で3つの黒星がついた。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】吉田麻也がユベントス相手にゴール!(1:30〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4pBKe9V-kKY";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.26 21:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly