新潟の主将で背番号10のMF加藤大が福岡に期限付き移籍!

2019.07.29 18:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は29日、アルビレックス新潟からMF加藤大(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「28」に決定。期限付き期間は2020年1月31日までとなる。なお、同期間中に行われる新潟とのすべての公式戦に出場できない。福岡県出身の加藤は、2010年に新潟でプロデビューを飾り、2012年からの2年間は愛媛FCでプレーしたものの、2014年には新潟に帰還。昨シーズンは背番号10を背負い、明治安田生命J2リーグ38試合に出場し1ゴールを記録。今シーズンここまではJ2で16試合、天皇杯で1試合に出場していた。

シーズン途中に同カテゴリーのクラブへの移籍を決断した加藤は両クラブの公式サイトを通じて、以下のようなコメントを残している。

◆アビスパ福岡
「このたび、アルビレックス新潟から期限付き移籍で加入させていただくことになりました、加藤大です。自分にチャンスを与えてくださったクラブに、本当に感謝しています。苦しい状況にいるチームを助けられるように、日々全力で取り組んでいきます。ご声援をよろしくお願いいたします」

◆アルビレックス新潟
「アビスパ福岡に期限付き移籍することになりました。今シーズン、チームに貢献できず、自身としてもまったく納得のいくプレーができず、本当に苦しく、悔しい日々を過ごしてきました」

「キャプテンという立場でありながら、シーズンの途中でチームを離れることになってしまい、チームメイトをはじめクラブ関係者の皆さん、そしてどんなときも温かい応援をしてくださるサポーターの皆さんには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「しかし、一人の選手としてまだまだやれる姿を見せたい、成長したい、もっと経験を積みたいという想いが強く、今回の決断に至りました。移籍先でしっかりと結果を出していけるように、日々全力で取り組み、サッカー選手として、また人間としても大きくなれるようにがんばります」

「チームがどんな状況でも、常に温かく優しい声で支えていただいたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。アルビレックス新潟がJ1昇格を果たすことを祈っています」
コメント
関連ニュース
thumb

村井満チェアマンが新潟の酒気帯び運転、仙台の道渕諒平の件に見解「残念な内容」、新潟にはヒアリングを実施へ

Jリーグは20日、第16回実行委員会が行われ、委員会後に会見が行われた。 今回の実行委員会では、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインの改定があり、アルコール類の提供が10月30日から解禁に。各クラブが販売については判断できるようになるとされた。 一方で、アルビレックス新潟で起こった酒気帯び運転に関する事案、ベガルタ仙台で起こったMF道渕諒平の知人女性暴行に関する事案についても報告とお詫びがあったとした。 村井満チェアマンは新潟の件について「コンプライアンス担当の萩原和之から事実確認の共有をさせていただき、新潟の実行委員の是永大輔社長からクラブからの総括とお詫びがあった」と報告。「コロナ禍でクラブ、リーグが果たす役割は社会の希望の存在になろうと誓い合ってきたが、地域の皆様の期待を裏切り残念」と、今回の事案についての見解を述べた。 また仙台の件については「プライベートな内容ではあるが、サッカー選手そのものは社会での公的な存在であることも鑑みれば、残念な内容。絶対に繰り返されないよう啓発など繰り返していく」と見解を語った。 コンプライアンス担当の萩原氏は新潟の件について「10月14日に正式に一報をいただいた。そのあとのやりとりは、電話、メールをして10月16日の金曜日に新潟から報告書をもらった」とコメント。「9月の中旬にこの事象が発生したので、その時点でコンプライアンスの部隊に何らかの相談をしていただければ、完璧な解決策が出せるとは限らないが、アドバイスや指導はできたことは否めない」とコメント。一方で仙台の件については「8月の中旬に仙台から情報はもらっていた。その後、いろいろな経緯があったなか示談になったという報告ももらっていた」とし、解決した事案だと認識していたとコメントしている。 新潟で起こったブラジル人FWファビオ(23)とスペイン人FWペドロ・マンジー(32)の酒気帯び運転に関する事案については「コンプライアンスとして窓口があるが、そちらに第三者の方から直接電話があった」とタレコミがあったとし、「それを受けて、情報を整理して新潟にこういう話があるがと問い合わせた」とコメントした。 新潟の件でクラブへの処分について村井チェアマンは「今回の酒気帯び運転の事案に関する判断と、その後クラブが適切に報告していたか、報告義務違反と2つの事案がある」とコメント。「後者に関しては、今後プロセスに介入しヒアリングを行う。規約違反にあたるかどうかの判断をさせていただく」とし、クラブへのヒアリング後に制裁を下すかどうかを判断するとした。 一方で、当該選手のファビオが任意捜査中に試合に出場していたことにも触れ、「酒気帯び運転者が試合に出場を続けたことは道義的責任ということがあるが、選手本人が酒気帯び運転そのものを認めている事案なので、存在したことは疑いのない事実。そうした状態で試合に継続した状態は過去のケースではない。その時点での判断は選手自身に自重を求めるべきだった。クラブは判断ミスがあったと認めているが、私も同感です」とし、試合出場を認めてしまったこと、その判断には問題があったと語った。 また、仙台の件に関しては「クラブからは報告を受けたときには和解が成立しているということを理解している。当事者間で解決しているという認識」とし、Jリーグも解決している事案だと認識していたとのこと。道渕諒平の試合出場に関しても、解決事案だっために問題ないという認識をしたとしていた。 一方で、契約解除については「本人がクラブに報告した内容と実態が伴わなかったということなので、リーグにしっかりとした情報が伝わっていなかった可能性もある」とし、虚偽報告が本人からなされたことがあったことで契約解除になったとの認識を語った。 2020.10.20 18:03 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟が酒気帯び運転で書類送検のFWファビオ、FWペドロ・マンジーと契約解除、社長とGMにも処分

アルビレックス新潟は19日、ブラジル人FWファビオ(23/写真)、スペイン人FWペドロ・マンジー(32)の契約解除を発表した。 事件は9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けたとのこと。事故の発生や逮捕はなかった。 その後任意捜査が行われ、15日に捜査が終了。19日にファビオ、ペドロ・マンジーともに書類送検されることが発表されていた。 ファビオに関しては、酒気帯び運転発生後の明治安田生命J2リーグ第21節から第26節まで6試合に出場していた。 新潟は19日の午前9時から臨時取締役会を開催。両選手を19日付で契約解除することを発表。また、代表取締役社長の是永大輔氏を2020年10 月19日~2020年12月31日にかけて100%の減俸処分。ゼネラルマネージャー兼強化部長の玉乃淳氏を譴責処分とした。なお、玉乃氏も2020年10月19日~2020年12月31日の間の報酬を100%自主返納するとのことだ。 2020.10.19 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡が12連勝で首位浮上! 新潟も2試合ぶり白星で5位へ《J2》

明治安田生命J2リーグ第27節の6試合が18日に各地で行われた。 首位浮上を目指すアビスパ福岡(勝ち点52)は、正田醤油スタジアム群馬に乗り込みザスパクサツ群馬(勝ち点26)と対戦。11連勝と絶好調だが、この日も19位の群馬を押し込む展開となる。まずは6分に2度のCKから立て続けにヘディングシュート。13分には敵陣中央のFKから上島が頭で合わせるが、バーの上に。 その後は攻めあぐねる時間が続き、徐々に群馬の攻撃も形になっていく。それでもゴールレスで迎えた後半、51分にGK村上のロングフィードをつなぎ、右サイドに展開。福満がクロスを上げると、後方から走り込んだ前が右足で丁寧に合わせて、福岡が先制した。 前の今季初ゴールでリードを得たアウェイチームは、54分にはカウンターから遠野がシュートへ。ボックス左から左足で狙ったが、惜しくも右に逸れる結果に。一方で77分には、ボールを奪われた湯澤がボックス内で青木のユニフォームを引っ張ってしまうプレーがあったが、ここは主審からのお咎めなしで胸を撫で下ろす。 結局、虎の子の1点を守り切った福岡が群馬を退け完封勝利。連勝記録を「12」に伸ばし、首位に浮上した。 ケーズデンキスタジアム水戸では、水戸ホーリーホック(勝ち点35)とアルビレックス新潟(勝ち点40)が激突。前節からスタメンを8人変更した水戸に対して、新潟は開始4分に鄭大世が敵陣中央から初シュートを記録する。鳥栖も19分に左サイドの山口がゴールを狙うが、右足から放たれたロングシュートはわずかに左に外れた。その直後には右サイドから上げたクロスが相手に当たってオウンゴールになりかけるが、新潟GK小島がなんとか掻き出した。 試合が動いたのは40分、新潟の左CKのシーンで、高木のクロスをマウロが頭で合わせて先制に成功。1点リードで迎えた後半は、水戸に押し込まれる展開が続いたものの、75分に高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪取した中島が、ボックス手前左から左足のミドルシュートを突き刺し、リードを広げた。 その後は90分に奥田のゴールで1点を返された新潟だったが、アディショナルタイムの94分にペナルティエリアでボールを奪った福田が倒されPKを獲得。これを中島が決めて、アウェイで1-3で勝利。5位に浮上している。 そのほか、ホームのNDソフトスタジアム山形で愛媛FCを迎え撃ったモンテディオ山形が、ヴィニシウス・アラウージョの2ゴールなどで4-1で快勝。3連勝で8位に順位を上げている。 ◆明治安田生命J2リーグ第27節 ▽10/18(日) 《14:00》 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 愛媛FC 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-2 大宮アルディージャ ▽10/17(土) 東京ヴェルディ 1-1 栃木SC 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> ジェフユナイテッド千葉 0-0 FC町田ゼルビア ギラヴァンツ北九州 1-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 松本山雅FC 2020.10.18 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟の助っ人2人が書類送検、酒気帯び運転のファビオは任意捜査中6試合に出場、19日に処分決定

アルビレックス新潟は15日、ブラジル人FWファビオ(23)が酒気帯び運転により道路交通法違反で任意捜査されていたと発表。同乗者であったスペイン人FWペドロ・マンジー(32)も任意捜査の対象となっていたとのことだ。 クラブの発表によると、事件は9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けたとのこと。事故の発生や逮捕はないという。 クラブは、警察の任意捜査に全面的に協力。捜査期間中は警察の指導に従うとともに、Jリーグや関係各所への報告と情報共有を行い、両選手に対する指導監督を行ってきたとのことだ。 15日(木)に任意捜査が全て終了。19日(月)にファビオとペドロ・マンジーは書類送検されるとのことだ。クラブが公表しなかった理由は「警察の指示を仰ぎながら任意捜査が終了して、確定的な判断が出るのを待ってから行うこととしたため」とのことだ。 代表取締役社長の是永大輔氏はクラブを通じてコメント。陳謝した。 「このたびは所属選手の不祥事により、Jリーグに関わる方々、ファン、サポーターの皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。飲酒・酒気帯び運転は極めて危険な行為であると認識しており、決して許されるものではありません。社会の規範であるべきプロサッカー選手であるということ、また、再発防止という意味を込めて厳正な処分を臨時取締役会にて諮ります。今後は選手、スタッフへの教育を再徹底していく所存です」 ファビオは、酒気帯び運転発生後の明治安田生命J2リーグ第21節から第26節まで6試合に出場。ペドロ・マンジーは、試合に出場していなかった。 なお、書類送検が決まったため、事実を重く受け止め当面の間、両選手のチーム活動への参加を禁止。また、19日の臨時取締役会において両選手に対する処分を決定するようだ。 2020.10.15 23:13 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟が昌平高校U-18日本代表FW小見洋太の来季入内定を発表「『結果』という形で恩返しできるように」

アルビレックス新潟は28日、昌平高校に在学するU-18日本代表FW小見洋太(18)の来季加入内定を発表した。 埼玉県出身の小見は、169cm、64kgのFW。今年行われた第98回全国高校サッカー選手権大会では、2年生ながら攻撃の起点となり、昌平をベスト4へ導いた。 新潟は小見の特徴を「常にゴールを狙い、攻守に貢献できる万能型ストライカー」と伝えている。 来季から新潟でプレーする小見はクラブ公式サイトを通じて以下のように意気込みを語っている。 「このたび、アルビレックス新潟に加入することになりました昌平高校の小見洋太です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としての生活を新潟という地でスタートできることを大変嬉しく思います」 「家族をはじめ、これまでサポートしてくださった方々への感謝の気持ちを常に持ち、『結果』という形で恩返しできるように、より一層頑張っていきたいと思います」 「また、子どもたちの憧れの職業であるプロサッカー選手であるいう自覚を持ち、多くの方々に応援される選手になれるよう、ピッチ内外で責任を持った行動を心がけていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします」 2020.09.28 17:40 Mon
twitterfacebook