徳島、昨季途中に鳥栖移籍のMF島屋八徳が期限付き移籍で復帰! 「プレー、結果、チームへの貢献で感謝の気持ちを表現したい」

2019.07.24 18:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは24日、サガン鳥栖からMF島屋八徳(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「44」に決定。期限付き移籍期間は2020年1月31日までとなる。なお、期間中は鳥栖と対戦するすべての公式戦に出場できない。

島屋は2014年にHOYO大分から当時JFLのレノファ山口FCへ加入すると、同クラブのJ3昇格、J2昇格に大きく貢献。その後、2017年から徳島に活躍の場を移したが、チームがJ1昇格を争っていた2018シーズン途中にサガン鳥栖へ完全移籍。だが、ケガの影響などもあって出場機会に恵まれず、今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグでの出場は1試合のみとなっていた。

1年で古巣に出戻る形となった 島屋は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントをしている。

◆徳島ヴォルティス
「再び徳島ヴォルティスのためにプレーする機会を与えてくださったチーム関係者の皆さん、そして昨シーズンの大事な時期に移籍を決断し、様々な感情を抱いているであろうサポーターの皆さんに本当に感謝しています。まずはプレーで、結果で、チームへの貢献で、この感謝の気持ちを表現していこうと思います。J1昇格のために全力でプレーさせていただきますのでよろしくお願いします」

◆サガン鳥栖
「サガン鳥栖加入から約1年間、多くのことを経験し、人としてもサッカー選手としても成長させてもらえました。プレーでチームに貢献できず、悔しい日々が続きましたが、いつかこの経験が活きてくると信じて、これからも努力していこうと思います」

「ホームスタジアムでの圧倒的な応援、サポーターの創り出す空気、J1リーグの華やかさ、そして地方の決して大きくないクラブでも都市部のビッグクラブと渡り合えると教えてくれたこのクラブにとても感謝しています。1年間ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

“ミスターアルビレックス”本間勲氏が新潟の未来を発掘するアカデミー部門のスカウトに就任

アルビレックス新潟は2日、クラブのレジェンドでもある本間勲氏(39)がアカデミー部門のスカウトに就任することを発表した。 本間氏は地元・新潟県出身で、習志野高校から2000年に新潟へ入団。4年間でJ2リーグ61試合4ゴールを記録し、クラブと共にJ1へ昇格を果たす。その後2014年8月に栃木SCに移籍するまでの約14年半もの長期間、選手生命を新潟に捧げた“ミスターアルビレックス”は、2017シーズンから新潟に復帰し、同シーズン限りで引退していた。 J1リーグでは255試合出場9得点、J2リーグでは108試合出場6得点、J3リーグでは29試合出場を記録していた。 現在はサッカースクールコーチを務めており、スカウトは兼任となる。本間氏はクラブを通じてコメントしている。 「すでにアルビレックス新潟の選手として活躍してくれているアカデミーの選手たちはもちろん、県内外の選手たちにも広く目を配り、より魅力的なクラブの構築に貢献したいと思います」 「長くアルビレックス新潟でプレーさせてもらった経験をいかし、またメソッド部門の知識も共有しながら、新潟のスタイルに合う、トップチームで活躍できる選手たちを見出していきます」 2020.07.02 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

JリーグがJ1再開に先駆けてJリーグリモートカンファレンスを開催! チェアマンと日本プロサッカー選手会会長が決意新たに

Jリーグが4日の明治安田生命J1リーグ再開に先駆け、トークイベント『Jリーグリモートカンファレンス』を開催した。 スポーツチャンネル『DAZN(ダゾーン)』の独占ライブ配信で行われた『Jリーグリモートカンファレンス』は2部構成で放送。MCの西岡明彦氏とJリーグ副理事長でコメンテーターの原博実氏が主導となり、進行された。 第1部は「再開するJ1リーグの見どころ紹介」や「27日、28日に行われたリモートマッチのレビュー」、そして「ゲストトーク」の構成で進められ、ゲストとして日本代表の森保一監督が登場した。 第2部は「J1リーグ第2節の対戦カード紹介」や「対戦カードごとの参加選手インタビュー」を実施。J1リーグ全18チームの代表選手たちが対戦カードごとに出演して、再開初戦の意気込みを語った。 会の終盤にはJリーグチェアマンを務める村井満氏と日本プロサッカー選手会会長でサガン鳥栖の元日本代表MF高橋秀人が登場。それぞれの立場からついに迎える再開に向けて想いを口にした。 ◆高橋秀人 「先週、J2とJ3が再開して、今週からようやくJ1が再開する。中断された約4カ月間、選手たちは本当に色んなことを感じた。中断当初、長いトンネルのように『どうモチベーションを保ったら良いのか』、『どうコンディションを保てば良いのか』、また新型コロナウイルスの感染者が多くなっていくなかで『サッカーなんてやっている場合なのか』、『でもサッカー選手だから、サッカーをしなかったら何が残るのか、どうやって社会に貢献できるのか』をたくさんのことを感じた。また、『大事なサポーターやファンがサッカーから離れていくんじゃないか』という危惧する想いもあった」 「そのなかで、選手のひとりひとりが感じて、主にSNSでの発信でサポーターのみなさんと交流をさせていただき、やはりサッカー選手としてファンやサポーターの前で『サッカーがやりたい』という想いがより一層強まったと思う。最初はリモートマッチで互いに慣れない部分もあるが、互いの安全を考慮しての再開になる。僕ら選手たちも引き続き感染予防に努めて、ファンやサポーターも引き続き感染予防に努めて、段階的にファンやサポーターがスタジアムに足を運んでいただき、素晴らしい臨場感、素晴らしい一体感を作り出せるように徐々にそういった進行のなかで、僕らもプレーさせていただきたい」 「またこうやってサッカーができるような環境を整備してくれたJリーグ関係者方々にも本当に感謝したい。選手会としても色々な選手側の不安だったりを聞いていただいて、色々なガイドライン、プロトコルを作成していただいた。そういう感謝の気持ちを持って、観ている方々に勇気と感動を与えられるような試合がしたい。新型コロナウイルスの影響で試合がなく、おそらくモヤモヤした気持ちがあったと思うが、そういうものを発散できるように、清々しい気持ちになっていただけるようなプレーを期待していてほしい。J1も再開します。みなさん、よろしくお願い致します」 ◆村井満 「4カ月ぶりの再開になる。ファンやサポーターのみなさんはどれほど痺れを切らしたでしょう。本当に長きにわたり、我慢を強いられせてしまった。本当にここまで堪えていただきありがとうございました。サッカーのファンやサポーターである前にホームタウンの市民でいらっしゃるわけで、仕事をされている方は大変だったと思うし、学生の方も色々なことがあったと思う。みなさんが感染防止に努めていただいたおかげで、ここでサッカーがもう一度、戻ってくることになった。ひとえにみなさまのお力添えだと思う。本当にありがとうございます」 「そして、Jリーグパートナーのみなさんにも感謝したい。明治安田生命Jリーグであるが、我々が未曾有の状況下でどうエンゲージしていけるか、どう一緒に戦っていくかを思い悩んでいるとき、明治安田生命様がとても大きな増額の特別協賛を決めていただいた。そして、トップパートナーの各社の皆様も常に私を励ましてくれた。そうしたトップパートナーの各社の皆様にも感謝を申し上げたい」 「まずはリーグ戦からの再開となるが、間もなくてルヴァンカップも始まる。ヤマザキビスケット様、社長とも夜な夜な『世界に誇れるカップ戦を作ろう』と夢を語り合った。中継はリーグ配信のDAZN、カップ戦配信のフジテレビにしていただく。全てのみなさまのおかげでここまでくることができた。全ての関係者を代表して、お礼を申し上げたいと思う」 「選手からすれば、『村井さん、いい加減にしてくれ』という気持ちだったと思う。私は『試合をやるぞ』と言いながら4度も中断の決断を下してしまった。この4カ月の間で、4回もトップコンディションから落とすという過程はアスリートとして極限状態。たぶんメンタルを含めて、大変の状況だったと思うが、うまく結束を固めていただいた。自分の身体が資本なので、自分の身体そのものも不安だったにも関わらず、家族を守るひとりの市民として、選手は本当に頑張っていただいた。その点に関しても、本当に感謝したい」 「いよいよ始まり、J1リーグの再開を残すところとなる。ファンやサポーターのみなさんにはまだまだ不自由をおかけしての再開になる。一緒に作っていく大会というのが今季のコンセプトになり、世界の色々なリーグがJリーグを注視している。感染防止に関する日本のスタイルは世界で驚きを持って伝えられていた。何か罰則を設けるわけじゃなく、プライバシーに踏み込むものでもなく、ひとりひとりの自主性を持って、今回の感染対策に臨んできたと思う。サッカーもそういったみなさんの力で作っていきたい」 「今季開幕前の私はいわゆる日本式、『世界を驚かす日本のスタイルを魅せよう』と申し上げたが、まさにコロナ禍下で新たなフットボールの観戦のあり方、サッカーとの関係性のあり方を日本から世界に発信していきたい。全ての方々に恩返しできるとすれば、全力でプレーすることに尽きる。選手のみなさん、サッカーができる喜びに溢れ、本気で一緒にやりましょう。そして、恩返しをしていきましょう」 2020.07.01 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグがドイツやオーストリア、セルビアなどで放送開始!

Jリーグは1日、2020明治安田生命Jリーグに関して、海外での放送が追加されたことを発表した。 中国や香港、オーストラリアのアジア圏やイギリス、アイルランドではこれまで放送されていたが、今回新たに『Sportdigital』と契約で合意し、ドイツ・スイス・オーストリアで放送が決定した。 また、セルビア、モンテネグロ、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北マケドニアのバルカン半島地域では、『SportKlub』を通じてJ1リーグが放映されることとなる。 その他、これまでもJ1リーグで放送されていたタイでは、『MCOT』を通じてもJ1リーグが放送される。 2020.07.01 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

狩野健太がプロ15年のキャリアに終止符 「オファーも頂きましたが…」

徳島ヴォルティスが1日、昨季まで在籍したMF狩野健太(34)の現役引退を報告した。 静岡県出身の狩野は2005年に静岡学園高校から横浜F・マリノス入団以降、柏レイソルや川崎フロンターレ、徳島でプレー。今年1月に徳島との契約満了となり、フリーの状況だった。 プロ15年間の通算成績はJ1リーグ148試合13得点、J2リーグ29試合1得点、Jリーグカップ戦43試合5得点、天皇杯26試合5得点。キャリア最後のクラブとなる徳島の公式サイトを通じて、感謝の言葉を綴り、引退理由や今後も記した。 「まずは、15年間ありがとうございました。他クラブからオファーをいただきましたが、考えた末に次の道に進む事を決意いたしました」 「振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身が納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえず、苦しむ時もありました。それでも、サッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」 「そして、自分がこれからやりたいことが明確になったことが、引退を決意するきっかけになりました。これまでの経験を子ども達に直接伝えていきたいという思いから、今後はサッカーの個人レッスンという活動をおこなっていきます。それがサッカーに対する恩返しだと思いますし、自分の使命だと感じています」 「Jリーグも再開されました。今までとは違う形になりますが、子ども達に夢を与え、共に成長していき、これからも日本サッカー界の発展に貢献していきたいと思っています。大好きなサッカーには携わっていきますので、今後とも変わらずよろしくお願いいたします」 「幼少期からプロになるまでに出会い支えてくださった皆様、プロ生活の中で出会ったたくさんの人たちや家族、そしていつも応援してくださったファン・サポーターの皆様。皆様のおかげでここまでやって来ることができました。本当に感謝しています。15年間本当にありがとうございました」 2020.07.01 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉からレンタル中のDFエベルトがヴィスワ・クラクフを退団、期間延長で合意に至らず

ポーランドのヴィスワ・クラクフは6月30日、ジェフユナイテッド千葉からレンタル移籍中のブラジル人DFエベルト(29)が退団することを発表した。 エベルトは、今年1月に千葉からヴィスワ・クラクフへ2020年6月30日までのレンタル移籍で加入。エクストラクラサ(ポーランド1部)では、10試合に出場し1ゴールを記録し、中断明けは7試合連続でフル出場を果たしていた。なお、2019-20シーズンは4試合が残っていた。 ヴィスワ・クラクフによると、レンタル期間の延長で千葉と合意に達することができなかったとのことだ。 エベルトは、ヴァスコ・ダ・ガマの下部組織で育ち、ポルトガルのトロフェンセやブラガ、ポーランドのピアスト・グリヴィツェでプレー。2018年1月にピアスト・グリヴィツェから千葉へ加入していた。 千葉では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで42試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2019シーズンは、J2リーグで24試合に出場し1ゴール1アシスト、天皇杯で1試合に出場していた。 2020.07.01 09:50 Wed
twitterfacebook