柏、ユース上がりの中川創とプロA契約…「チームの勝利に貢献できる選手に」2019.06.25 15:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは25日、DF中川創(20)とのプロA契約締結を発表した。千葉県出身の中川は柏育成機関で育ち、2017年2月に2種登録選手としてトップチームに登録されると、2018年に正式昇格。プロ2年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合、JリーグYBCルヴァンカップ3試合に出場している。契約移行を受け、次のようにコメントしている。

「A契約になることができ、素直に嬉しく思います。チームの勝利に貢献できる選手になれるように、これからより一層頑張っていきます」

柏は現在、J1リーグ8勝7分け4敗の6位。29日に行われる次節、首位に立つモンテディオ山形のホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島、柏からMF小泉慶を完全移籍で獲得「伝統あるクラブに加入でき嬉しい」

鹿島アントラーズは23日、柏レイソルからMF小泉慶(24)を完全移籍で獲得したこと発表した。 アルビレックス新潟でプロキャリアをスタートさせた小泉は、2018年に柏へ完全移籍。加入1年目となった昨シーズンは公式戦38試合に出場したものの、ネルシーニョ体制を迎えた今シーズンはここまで安田生命J2リーグで1試合に留まっていた。 鹿島への完全移籍が決定した小泉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆鹿島アントラーズ 「はじめまして。柏レイソルから加入することになりました小泉慶です。鹿島アントラーズという伝統あるクラブに加入できることを嬉しく思います。1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。これから宜しくお願いします」 ◆柏レイソル 「このたび、シーズンの最中ではありますが、移籍する決断をしました。1年半という短い期間でしたが、レイソルでプレーできたこと、チームメイトに出逢えたことを忘れず、次の場所でも頑張ってきます。応援ありがとうございました」 2019.07.23 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PJ加入も石津負傷の福岡、柏からFW村田和哉を期限付き移籍で獲得

アビスパ福岡は18日、柏レイソルからFW村田和哉(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までで、背番号は「21」を着用する。なお、柏との全ての公式戦に出場することはできない。 セレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせた村田は、清水エスパルスを経て、2019年に柏に完全移籍。だが、今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで1試合、YBCルヴァンカップで2試合の出場に留まっていた。 福岡への期限付き移籍が決定した村田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「柏レイソルから期限付き移籍で加入する村田和哉です。今回このようなチャンスをいただき感謝しています。アビスパ福岡に貢献できるように頑張りたいと思います。応援宜しくお願い致します」 ◆柏レイソル 「このたびアビスパ福岡に期限付き移籍することになりました。新加入でありながらチームに貢献できなかったことを申し訳なく思っています。今回アビスパ福岡からチャンスをいただき、一人のサッカー選手として挑戦したいという想いが強くなりました。自分はチームを離れますがレイソルのJ1昇格を願っています。また成長して帰ってこられるように頑張りますので応援していただければ嬉しいです。ありがとうございました」 なお、福岡は今夏、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)に所属するブラジル人FWペドロ・ジュニオール(32)を獲得。その一方で、FW石津大介が全治8月の重傷を負っていた。 2019.07.18 10:16 Thu
twitterfacebook
thumb

松本が柏DF高木利弥を完全移籍で獲得「成長するために移籍という道を選びました」

松本山雅FCは15日、柏レイソルからDF高木利弥(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」。 2015年に神奈川大学からモンテディオ山形に加入し、プロキャリアをスタートさせた高木は、ジェフユナイテッド千葉を経て、2018年7月に柏に完全移籍。同年のシーズンは明治安田生命J1リーグに17試合、YBCルヴァンカップに3試合出場するなど、主力としてプレーしていたが、ネルシーニョ体制を迎えた今シーズンはJ2リーグでの出場はなく、ルヴァンカップ2試合の出場に留まっていた。 松本への完全移籍が決定した高木は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「はじめまして。柏レイソルから加入することになりました高木利弥です。このクラブに加入できたことを嬉しく思います。自分の持っている力を全て出して、チームに貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「このたび、シーズン中のタイミングですが、移籍することになりました。日立台の雰囲気は特別なものがあり、最高でした。今回サッカー選手として成長するために移籍という道を選びました。1年間という短い期間でしたが、ありがとうございました」 2019.07.15 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

首位攻防戦制した京都が首位浮上! 劇的逆転勝利の柏は4連勝!《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の8試合が13日に各地で行われた。 NDソフトスタジアム山形で行われたモンテディオ山形vs京都サンガF.C.は、アウェイの京都が1-0で勝利した。 前半戦を首位で終えた山形と、自動昇格圏内の2位で終えた京都による後半戦初戦でいきなり実現した首位攻防戦。試合は立ち上がりから首位攻防戦に相応しい緊迫感のある攻防となる。ボールの主導権を握った京都がより相手ゴールに迫る場面を作るが、前半38分に小屋松の個人技から作った決定機で金久保がダイレクトシュート、44分にはボックス付近でのこぼれ球から石櫃、一美と連続で決定機を作るが、ここはGK櫛引の好守とポストに阻まれた。 しかし、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに試合が動く。54分、石櫃の右CKをゴール前の本多が頭で合わす。これはGKのセーブに阻まれたが、こぼれ球を一美が冷静に蹴り込んだ。エースのゴールで均衡を破った京都は、その後山形の反撃に晒されるが、安定した守備で決定機を作らせない。逆に、カウンターから一美が2点目に迫るなど危なげない試合運びを見せる。 その後、攻勢を強める山形の反撃を最後まで一丸となった守備で守り切った京都が敵地での首位攻防戦を1-0で制し、同勝ち点で並んだ山形を得失点差で抜き首位に浮上した。 また、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs柏レイソルは、アウェイの柏が2-1で逆転勝利した。 6戦負けなしで9位に浮上した徳島と、今季2度目の3連勝で3位でのシーズン折り返しに成功した柏による好調チーム同士の後半戦初戦。試合は立ち上がりにオルンガがいきない決定機を迎えるも、GKとの一対一を決め切れず。直後の11分には徳島のセットプレーからゴール前の佐藤晃がバックヘッドでゴールに迫るが、今度はGK中村がビッグセーブで阻止。 やや徳島ペースもゴールレスで折り返した試合は後半序盤にホームチームが動かす。ここ最近スーパーサブとして存在感を増す途中出場の渡井がボックス中央の佐藤晃とのパス交換でペナルティアーク付近に飛び出すと、見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 敵地で先制を許す厳しい状況となった柏はオルンガやクリスティアーノの個人技を生かして反撃を試みるが、最後のところで崩し切れない。しかし、敗戦濃厚と思われた試合終盤の86分にクリスティアーノの左CKの流れから鎌田が泥臭く押し込んで同点に追いつくと、90分には再びクリスティアーノの右CKから今度は瀬川が頭で合わせ、セットプレー2発で土壇場での逆転劇を演出。そして、好調徳島に7戦ぶりの黒星を与えた4連勝の柏は順位こそ3位のままとなったが、上位2チームと同じ勝ち点40に到達した。 同日行われたその他の試合では前節、17戦ぶりの敗戦を喫した5位の大宮アルディージャが、フアンマ・デルガドのハットトリックの活躍などで鹿児島ユナイテッドFCを6-0で粉砕。また、V・ファーレン長崎にホームで競り勝った4位の水戸ホーリーホックが、5戦ぶりの白星で大宮共に勝ち点を「39」に伸ばした。さらに、攻撃陣が好調の12位の横浜FCが今季初の3連勝を飾っている。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 日程・結果 ▽7/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 レノファ山口FC アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 6</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 柏レイソル</span> FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span> ▽7/14(日) 《18:00》 FC町田ゼルビア vs アビスパ福岡 FC岐阜 vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 2019.07.13 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸MF三原雅俊、ネルシーニョと再共闘…今季終了時まで柏へ期限付き移籍

柏レイソルは11日、ヴィッセル神戸に所属するMF三原雅俊(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は今シーズン終了時までで背番号は「27」。なお、神戸と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 三原は2007年にルーテル学院高校から神戸に入団しプロキャリアをスタート。今シーズンはここまで公式戦8試合に出場していた。 2015年から2017年まで指導を受けたネルシーニョ監督率いる柏への期限付き移籍が決定した三原は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆柏レイソル 「ヴィッセル神戸から期限付き移籍で加入する三原雅俊です。再びネルシーニョ監督のもとでプレーできることを嬉しく思いますし、とても楽しみにしています。自分の持てる力をチームのために発揮したいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「このたび柏レイソルに期限付き移籍することになりました。選手として成長できると思って新たな環境でチャレンジすることに決めました。新しいチームでも自分らしくチームの為に全力で頑張ります。毎試合、声援を送り続けてくれたサポーターの皆様には感謝しています。引き続き、応援をよろしくお願いします」 2019.07.11 15:10 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース