磐田DF中川創が育成型期限付き移籍で琉球へ! 「全力を尽くします」

2022.01.05 15:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は5日、ジュビロ磐田からDF中川創(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日までとなる。

中川は柏レイソル下部組織在籍中の2017年に2種登録され、プロデビュー。翌年に正式昇格して、2018年8月からSC相模原に育成型期限付き移籍した。

そして、2020年から磐田に完全移籍加入。昨季はチームとして明治安田生命J2リーグ優勝&J1昇格を経験したが、5試合の出場にとどまった。
琉球行きが決まった中川は両クラブを通じて、それぞれコメントしている。

◆FC琉球
「FC琉球に関わる皆様、明けましておめでとうございます。初めまして、中川 創です。チームの勝利に貢献できるように、皆さんと数多くの勝利を喜び合えるように全力を尽くします! よろしくお願いします」

◆ジュビロ磐田
「明けましておめでとうございます。この度、FC琉球に移籍することになりました。大好きなクラブ、選手、サポーター、街から離れることは寂しいですが、また一緒に戦えるように頑張ります! ありがとうございました! 行ってきます!」


関連ニュース
thumb

J3降格の琉球がMF福村貴幸と契約更新「J2昇格目指して全力で頑張ります」

FC琉球は25日、MF福村貴幸(30)との契約更新を発表した。 福村は京都サンガF.C.や清水エスパルス、FC岐阜、ガイナーレ鳥取、東京ヴェルディでプレー。今シーズンから琉球に加入し、明治安田生命J2リーグで32試合に出場していた。 チームはJ3へ降格となった中、残留を決めた福村はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンもFC琉球でプレーさせていただく事になりました。J2昇格目指して全力で頑張ります。宜しくお願いします」 2022.11.25 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸、横浜FCのFW草野侑己を完全移籍で獲得!「特大なインパクトを与えるためやってきました」

水戸ホーリーホックは24日、横浜FCからFW草野侑己(26)の完全移籍加入を発表した。 北海道出身の草野は、2019年に阪南大学から横浜FC入り。デビューシーズンから明治安田生命J2リーグで11試合に出場して、4ゴール1アシストを記録した。 その後、レノファ山口FCを経て今季は琉球に期限付き移籍の形で加入。6月に左ヒザ内側側副靱帯を損傷しながらも、J3降格が決まったチームでリーグ戦22試合に出場して7ゴール2アシストの成績を残した。 新シーズンから水戸でプレーすることが決まった草野は、琉球を含む3つのクラブでそれぞれコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックに関わるすべての皆様方。完全移籍で加入しました草野侑己です。皆様に特大なインパクトを与えるためやってきました。ゴールはもちろんチームを勝たせる選手になるため、このクラブで自分の価値を証明したいと思っています。よろしくお願いします」 ◆横浜FC 「横浜FCに関わるすべての皆様、4年間ありがとうございました。横浜FCでプレーできたのは2年間でしたが、その2年間は僕のサッカー人生にとってとても貴重な時間となりました。沢山の方々に応援してもらい、プロという一歩を横浜で踏み出せたことは本当に嬉しかったです」 「三ツ沢でプレーすること、そしてゴールすることは僕にとって1番の喜びでした。それはこれからも変わりません。もっと皆さんに僕のプレーを見てもらいたかったですし、僕のゴールで皆さんにたくさん喜んでもらいたかったですが、それがもう叶わないと思うと非常に悔しいです」 「ですが僕のサッカー人生は終わったわけではありません。またいつかこのピッチに帰ってこれるように、そして成長した姿を皆様にお見せできるように頑張りたいと思います。4年間本当にありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしています!ビッグになってまた会いましょう!!」 ◆FC琉球 「FC琉球に関わるすべての皆様方1年間ありがとうございました。怪我などもあり、皆さんの前でたくさんのプレーを見せることができなく非常に悔しく思っています。そしてJ 3降格してしまったこと、本当に申し訳なく自分の力のなさを痛感いたしました」 「またいつか成長した姿を皆様にお見せできるようにサッカー人生頑張っていきたいと思います。1年間でしたが本当に沖縄の地を好きになりました。自然豊かで家族もいつも楽しく過ごすことができました。1年間ありがとうございました」 2022.11.24 17:56 Thu
twitterfacebook
thumb

「あざといな〜」「持ち方可愛い」浦和MF小泉佳穂、首里城再建支援マッチでマスコット抱く姿が話題に!ドイツ戦の解説生配信にも出演

浦和レッズのMF小泉佳穂の仕草が注目を集めている。 前橋育英高校から青山学院大学を経てFC琉球でプロキャリアをスタートさせた小泉は、19日に行われたOB戦へ出場した。 琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで「首里城再建支援チャリティマッチ」を開催。現琉球メンバーと、沖縄出身選手や琉球のOBで構成される「沖縄レジェンドメンバー」が対戦し、小泉は後者の一員として出場した。試合は4-4の打ち合いに終わっている。 琉球の公式ツイッターは試合前の選手の様子を公開。カメラはマスコットのぬいぐるみを大事に抱える小泉の姿をとらえていた。 "ジンベーニョ"を両手でそっと抱える小泉には「可愛いなあ」、「ジンベーニョちゃんになりたい人が多発!」、「ナチュラルにあざとい」、「ぬいぐるみの扱い方=彼女の扱い方」、「持ち方が可愛いな」、「需要わかってるよね笑」など声が多数寄せられている。 琉球の人見拓哉からも「あざといな〜。笑」と指摘されると、小泉は「持たされたので無罪です。」と返した。 小泉は23日、前橋育英の同期であるFC東京のMF渡邊凌磨がYouTubeで配信する、カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表vsドイツ代表戦の解説生配信にゲスト出演する予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】"ジンベーニョ"を両手でそっと抱える小泉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E4%BD%B3%E7%A9%82?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小泉佳穂</a> 選手が…<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジンベーニョ</a> を…<a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E7%90%89%E7%90%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC琉球</a> <a href="https://t.co/vufnhH2enF">pic.twitter.com/vufnhH2enF</a></p>&mdash; FC琉球 | FC RYUKYU (@fcr_info) <a href="https://twitter.com/fcr_info/status/1593827676103405568?ref_src=twsrc%5Etfw">November 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.20 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

J3降格の琉球がDF田中恵太、MF上里一将と契約満了

FC琉球は18日、DF田中恵太(32)とMF上里一将(36)の契約満了を発表した。 田中は2014年に明治大学からAC長野パルセイロへと入団。2015年に琉球へと完全移籍する。2シーズンプレーしJ3で58試合22ゴールを記録。2017年に水戸ホーリーホックへと完全移籍。しかし、シーズン途中に琉球へと期限付き移籍で復帰する。 2018年は水戸でプレーしたが、2019年に琉球へ復帰。中盤の選手だったが、サイドバックに転向していた。 琉球では、J2通算99試合5得点、J3通算74試合29得点を記録していた。 上里は地元沖縄県出身で、コンサドーレ札幌やFC東京、徳島ヴォルティス、ロアッソ熊本でプレー。2019年に琉球に加入した。 琉球では4シーズンを過ごし、J2通算137試合に出場し9得点を記録していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF田中恵太 「今シーズンでチームを離れることになりました。トータルで6年半。3度の加入。毎回温かく迎え入れてくれたクラブ、ファンサポーターにはとても感謝しています。琉球で自分自身大きく成長出来ました。琉球での経験を生かしてまだまだ選手として、貪欲に頑張っていこうと思います」 「チームは変わりますが、これからも応援してもらえると嬉しいです。僕はFC琉球をいつまでも応援しています。6年半ありがとうございました!」 ◆MF上里一将 「今シーズンをもってFC琉球を契約満了となりました。正直まだ何も心の整理ができていないのが現状です」 「ただ沖縄県出身選手として、沖縄のファン・サポーターの皆様、いつでも支えて下さったパートナー・関係者の皆様、そして未来を担う子供達の前で、沖縄の為に全力でプレーする姿を見せれたのは幸せでしたし、感謝しかありません」 「まだ今後については決まっていませんが、決まり次第ご報告させていただきます。まずは11月19日の首里城再建支援チャリティマッチで皆さんの前でプレーできること、お会いできることを楽しみにしています」 2022.11.18 23:28 Fri
twitterfacebook
thumb

トーレスを獲得した元鳥栖の社長・竹原稔氏が琉球のスポーツダイレクターに就任「鳥栖での経験をフルに生かす」

FC琉球は17日、強化部スポーツダイレクターに竹原稔氏(61)が就任することを発表した。 竹原氏は兵庫県出身で、2011年にサガン鳥栖の代表取締役社長に就任。2021年に退任するまでには、元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスを獲得するなど、鳥栖の強化に尽力した。 チームも社長就任1年目でJ2で2位となりJ1に初昇格。その後はJ1でプレーを続けている。 竹原氏は、クラブを通じてコメントしている。 「このたび、パワフルで最もエキサイティングな街、沖縄をホームタウンとするFC琉球に関わることが出来る事をFC琉球に関わる全ての皆様に感謝申し上げます」 「前職のサガン鳥栖での経験をフルに生かし、全身全霊をかけてFC琉球をJ1に昇格させること、沖縄魂を世界に向けて発信していくことを誓います。また育成にも力を入れサッカー・スポーツの情報発信の地となるように努めていきます」 2022.11.17 12:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly