イタリア代表センシ、ミランから一転インテル移籍ほぼ確実に2019.06.23 17:47 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッスオーロのイタリア代表MFステファノ・センシ(23)のインテル移籍がほぼ確実となっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。これまでの報道ではミラン行きが近いとされていたセンシ。だがサッスオーロのスポーツ・ディレクターのジョバンニ・カルネバリ氏がインテルとの交渉が最終段階に入っていることを明言し、一転してインテル入りが濃厚となっている。

「我々は交渉を行っている。契約を成立させる寸前だ」

「我々は正しい道にいて来週再び会談を行う。インテルからの関心は他のクラブより具体的なものだった。彼らは現在レースをリードしている」

「アントニオ・コンテ監督がセンシを成長させてくれると確信しているよ。センシは次のステップに進む準備が出来ている」

記事によると、ミランと交渉を行っていたサッスオーロにインテルが2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を携えて横槍。個人間では直ちに合意に達したという。

センシはチェゼーナのユース出身で、2016年6月にサッスオーロへ加入。今シーズンは主にディフェンシブMFでプレーし、セリエAで28試合に出場し2ゴール4アシストを記録していた。また、昨年11月にはイタリア代表デビューも果たし、すでに初ゴールも決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

ペリシッチ、コンテ下で居場所なしか…「ポジティブな反応ない」

新シーズンからインテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督がクロアチア代表MFイバン・ペリシッチに言及した。スペイン『マルカ』が報じた。 シンガポールでプレシーズンを過ごしているインテルは、20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019でマンチェスター・ユナイテッドと対戦(0-1でインテルが敗戦)。ベンチスタートのペリシッチは、後半頭からピッチに入り、コンテ監督が用いる[3-5-2]の布陣下で2トップの一角としてプレーした。 コンテ監督は試合後、そのペリシッチについてコメント。自身が採用するシステムに適合できずにいるとした上で、ストライカー起用しかできない現状を明かしたという。 「彼と一緒に仕事をしているが、彼からポジティブな反応がない。ペリシッチは私が望む役割を果たせていない。だから、現時点でストライカーとしてしか使えない」 ペリシッチは本来、攻撃的なサイドアタッカー。コンテ監督のシステムにそのポジションはなく、サイドでプレーするとなれば、ウィングバックしかない。インテルで新シーズンを迎えるとなれば、不慣れなポジションへの適合が求められそうだ。 2019.07.22 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク狙うインテルの72億円オファーを拒否

マンチェスター・ユナイテッドがベルギー代表FWロメル・ルカク(26)獲得を狙うインテルの5400万ポンド(約72億円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『BBC』が報じている。 2017年夏にエバートンから7550万ポンドでユナイテッドに移籍したルカクだが、オーレ・グンナー・スールシャール体制下では序列が下がっていると見られる中で、アントニオ・コンテ新監督の就任したインテルがこの夏、猛アプローチを続けている。 だが、3年契約を残すルカクに対し、相応の利益が生まれない形での放出に引き続きユナイテッドが難色を示している格好だ。 インテルではこれまでエースFWの座を務めてきたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがコンテ監督の構想外となっており、ルカクを新エースとして据えたい意向だ。 なお、20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップのインテル戦ではルカクはメンバー外となっていた。 2019.07.21 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

新星グリーンウッドが決勝弾! ユナイテッドがインテル破り白星スタート《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019が20日にシンガポールで行われ、マンチェスター・ユナイテッドがインテルに1-0で勝利した。 スールシャール体制2年目となるユナイテッドは、ワン=ビサカとダニエル・ジェームズの新加入組が先発。そのほか、マティッチやポグバ、マルシャル、ラッシュフォードといった面々がスタメンに入り、ケガ明けのショーもスタートからピッチに立つなど、レギュラーシーズンさながらのメンバーを起用した。 コンテ新体制のインテルは、新戦力組のセンシを先発メンバーに抜擢した一方で、同じく今夏加入のバレッラがベンチスタート。エスポージトら若手の起用を施したなかで、ガリアルディーニや、ブロゾビッチ、デ・フライ、シュクリニアル、ハンダノビッチら一部主力もスターティングメンバーに名を連ねた。 今夏のルカクを巡る移籍報道が加熱する両者の一戦は、ユナイテッドが能動的に進める展開となる。自陣で中央の守りを固めてきたインテルに対して、ワン=ビサカとショーの両サイドバックを生かしたサイドアタックで打開を図るが、フィニッシュの精度も欠いて、なかなか有効打に繋がらない。 自陣で中央の守りを固めてきたインテルを左右に揺さぶり続けるユナイテッドは、後半開始早々からゴールに迫るが、左CKからマティッチが放ったヘディングシュートは惜しくも右ポストを直撃。その後も依然として試合のイニシアチブを握り続けるが、局面でひと工夫を欠いた攻撃に終始する。 ユナイテッドの攻撃こそ無失点で凌ぎ続けるものの、攻めの場面で良いところがほとんどないインテル。流れを引き寄せようと、後半開始から投入したペリシッチに続き、73分にジョアン・マリオや、新戦力のバレッラらをピッチに送り出すが、攻撃のリズムを作りだすことができない。 すると、63分に大幅なメンバー入れ替えを施したユナイテッドが76分に均衡を破る。敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスからアシュリー・ヤングが右足でクロス。GKハンダノビッチの弾いたボールをボックス右で拾ったグリーンウッドが左足シュートを叩き込み、ユナイテッドがついに先取する。 結局、このプレシーズン期間でアピールを続けている新星グリーンウッドのゴールが決勝点となり、ユナイテッドがインテルに勝利。今大会を白星スタートで飾っている。 2019.07.20 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカク、移籍先として噂のインテル戦欠場へ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、20日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のインテル戦を欠場するという。イギリス『BBC』が報じた。 今夏の移籍市場でインテル行きの報道が取り沙汰されるルカク。インテルとユナイテッドの交渉が明らかになっているが、両者が主張する移籍金額でかみ合わず、滞っている。 そうしたなか、プレシーズン活動を行うユナイテッドは、オーストラリアからシンガポールに移動。そのシンガポールでルカクの移籍先として長らく挙がるインテルと対戦する。 前日会見に出席したユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ルカクの出場可否について「彼はフィットしていない。起用はできないだろう」と述べ、欠場を明かしたという。 また、ルカクを取り巻くインテル移籍の可能性についての質問も飛んだが、「新たな情報はない」と返答するにとどまったとのことだ。 なお、渦中のルカクはオーストラリアで行われたパース・グローリーやリーズ・ユナイテッドとのプレシーズンマッチも欠場している。 2019.07.20 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ「ルカクが好き」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に言及した。イギリス『BBC』が報じた。 コンテのトップターゲットに長らく浮上するルカク。セリエA挑戦を「憧れ」だと公言する本人もインテル行きを希望している模様だが、ユナイテッドの要求額がネックとなり、交渉の停滞が明らかになっている。 そのインテルの指揮を執るコンテ監督は、20日にシンガポールで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユナイテッド戦に向けた会見でルカクについてこう述べたという。 「君たちは私がルカクを気に入っていることを知っている。チェルシーの監督だったとき、彼を連れてこようとした。前にも言ったように、彼が好きだ。我々にとって、彼がチームを改善してくれる重要な選手だと考えているが、同時に移籍マーケットが存在する。現在の状況は把握している。どうかるか見てみよう。今のルカクはユナイテッドの選手だ」 また、プレシーズンツアーのメンバーから外したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディについてもコメント。ルカクの移籍金捻出に向けた売却が指摘される同選手について問われると、「状況は非常に明白だ。イカルディがクラブのプロジェクト外であることがね。これが現実さ」と話している。 2019.07.20 08:05 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース