セバージョス争奪戦が激化? セビージャやベティスも名乗り!2019.06.18 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡る争奪戦が激化しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。ベティス下部組織出身であるセバージョスは、大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーへ入団。今シーズンは公式戦34試合3ゴール2アシストを記録したものの、ジネディーヌ・ジダン監督が復任して以降は3試合のみの出場にとどまった。

そのセバージョスは、「目標はマドリーで成功を収めること」と残留を希望。しかし、ジダン監督から戦力外通告を受けたことが報じられており、今夏に売却されることが濃厚となっている。

とはいえ、セバージョスは引く手数多であり、既報によれば、トッテナムやアーセナル、ユベントス、リヨンが関心を寄せている。そして、今回新たに加わったのが、セビージャと古巣ベティスのようだ。

セビージャは新指揮官に就任したフレン・ロペテギ氏が、スペイン代表やレアル・マドリーで同選手を重宝してきたことからリストアップ。一方のベティスは、MFジオバニ・ロ・セルソ(23)やMFセルヒオ・カナレス(28)、MFウィリアム・カルバーリョ(27)といった主力MFの去就が不透明なことから、移籍に備えて獲得したいと考えているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマールが挙げる“これまで対戦してきた中で最高だと思う選手”は?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが“これまで対戦した最高の選手”を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 これまでサントス、バルセロナ、PSGでプレーし、ブラジル代表でもエースに君臨するネイマール。ここ2シーズンはケガに悩まされているものの、卓越したテクニックと優れた得点感覚で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並ぶ世界最高峰の選手として活躍し続けている。 そのネイマールは、『レッドブル』のイベントに出席した際、これまで対戦してきた中で最高だと思う選手に、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの名前を挙げている。 「僕が対戦した最高の選手は、セルヒオ・ラモスだ」 「彼は優れたセンターバック。そして、さらにすごいのは、ゴールも決めれるところだよ」 2019.07.20 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ「比較することはできないけど、僕的にはアザールよりネイマールが良い」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同胞のFWネイマールと、新たにマドリーに加わったベルギー代表MFエデン・アザールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズンに無冠という屈辱を味わい、新シーズンでの復権を睨むマドリー。今夏では、アザールやセルビア代表FWルカ・ヨビッチらを獲得し大型補強を敢行しているが、一時はネイマールの獲得も噂されていた。 そんな中、マルセロがネイマールとアザールについて言及。どちらも優れたアタッカーであることを認めるも、個人的には同胞のネイマールを好んでいることを明かした。 「ネイマールは予測不可能な選手だ」 「ディフェンス側が何をしてくるか予想した時、彼はすでに違うことを考えている。守ることは不可能だ」 「ネイマールがマドリーに加入すれば、それはとても嬉しいことだよ。マドリーは世界で最高の選手にサインするためにあらゆることをしなくてはならない。バルセロナでの過去は、問題にならないよ」 「エデンはトッププレーヤーだよ。クオリティの高い選手で、ネイマールのようにトップ5に入るクオリティがあるね。彼は印象的な選手。彼らを比較することはできないけど、僕的にはネイマールのほうが良いね」 2019.07.20 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル移籍のアザールがデビュー戦前に決意! 「感動させたい」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが気持ちを高ぶらせた。スペイン『マルカ』が報じた。 無冠に終わった昨シーズンからの復権を目指して、今夏の移籍市場で積極補強を敢行したレアル・マドリー。その目玉選手であるアザールは、移籍金1億ユーロ(現レートで約120億8000万円)+ボーナス2000万ユーロ(約24億1000万円)ともいわれる高額でチェルシーから念願のレアル・マドリー入団を果たした。 日本時間21にアメリカで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦で新天地デビューが期待されるアザール。その一戦に先駆けたインタビューでこう述べ、決意を新たにした。 「ただの親善試合だけど、僕にとってはレアル・マドリーでのデビュー戦だ。みんなを感動させたい。チームメイトや監督、ファンのために全力を尽くすよ」 「自由にプレーしたい。フットボールだと、それが難しいときもあるけど、僕は自由にプレーできないとダメな類の選手だ」 「左右だけでなく、ときに中央で、本能的にプレーするのが好き。本能的にプレーすることこそ僕のフットボールだ。自分のアクションを注意深く考えたりすることはない。考えは二の次さ」 「レアル・マドリーでのプレーは、毎シーズンのように優勝が求められてくるということ。チャンピオンズリーグで優勝できなければ、ファンは怒る。それは普通のことさ」 「このチームは勝たなくちゃいけない。だから、僕はここにいるんだ」 2019.07.20 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンが久保建英を語る…「マドリーにとって間違いなく重要な存在に」

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が日本代表MF久保建英について語った。スペイン『アス』が報じた。 今夏、古巣バルセロナとの争奪戦の末、レアル・マドリー移籍を果たした久保。新シーズンをカスティージャで過ごす見通しだが、現在はトップチームの一員として北米ツアーに帯同しており、有力プレーヤーたちとのトレーニングに日々励んでいる。 ジダン監督は、日本時間21日にアメリカで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦に先駆けた前日会見に出席。様々な質問に応えていくなかで久保について問われると、こう述べた。 「彼のクオリティは、マドリーにとって間違いなく重要な存在になってくる。チームにもよく溶け込んでいるよ。彼はまだ若いが、まるでずっと前から一緒にいたかのようだね」 レアル・マドリーにとって、バイエルン戦はICCの初戦。新シーズンに向けたテストマッチの意味合いも大きいその一戦で、久保にプレーチャンスは巡ってくるのか。大いに注目だ。 2019.07.20 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、カスティージャで20G9AのFWクリストを完全移籍で獲得

ウディネーゼは19日、レアル・マドリーのカスティージャからスペイン人FWクリスト・ゴンサレス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 テネリフェでプロデビューを飾り、2017年夏にレアル・マドリーに加入したストライカーのクリストは、レアル・マドリーのBチームであるカスティージャでゴールを量産。3部リーグで2017-18シーズンは11ゴールを挙げ、昨季は21ゴール9アシストの大活躍を見せていた。ただ、トップチームでの出場は4試合に留まっていた。 2019.07.20 00:50 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース