イグアイン、ユーベでの引退を希望 代理人が明かす2019.06.15 10:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)は、ユベントスでキャリアを終えたいと考えているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が『Radio Marte』での情報をもとに伝えた。リーベル・プレートやレアル・マドリー、ナポリでプレーしたイグアインは、2016-17シーズンからユベントスでプレー。同シーズンには24ゴールを記録するなど、イタリア王者をけん引した。その後、2018年8月にミランにレンタル移籍をしたが、期待されていたようなパフォーマンスを見せることができず、今冬の移籍市場では再びレンタルでナポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるチェルシーへ。今シーズンのプレミアリーグでは14試合5ゴールの成績で終わった。

そんなイグアインとチェルシーとの契約には1年間のレンタル延長オプションが付随。しかし、チェルシー側は今シーズンの成績から行使しない見込みであることが伝えられている。

その他、イグアインにはローマからの関心も。しかし、イグアインの代理人を務めるニコラス氏によれば、自身はユベントスとの契約を尊重しており、同クラブで現役を終えることを望んでいるようだ。

「ゴンサロ(・イグアイン)は自身の契約を尊重している。つまり、あと2年間はユベントスに留まりたいと思っているということだ」

「ユーベでの彼のパフォーマンスは良かった。イタリアの他のチームでプレーすることはありえないだろうね」

「彼は誰に対しても無礼なことはしたくない。もし彼が再びイタリアでプレーするのであれば、それは所有しているユーベのみだろうね」

「ゴンサロの年になるかもしれない。それほど彼は強さと決意を持っている。そして彼は、ユーベでキャリアを終えたいと思っているよ」

なお、現在、ユベントスでは、恩師であり、今シーズンも共にチェルシーで戦ったサッリ監督の就任が濃厚となっている。果たして来シーズンも共闘することになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、ランプスに3年間のオファーか

チェルシーがダービー・カウンティを率いるフランク・ランパード監督(40)の招へいに準備を進めているようだ。アメリカ『ESPN』が報じた。 チェルシーは今夏、昨夏に招へいしたばかりのマウリツィオ・サッリ監督(60)をユベントスにリリース。後任候補筆頭として、クラブOBのランパード監督が浮上している。だが、ダービーは昨年5月からチームの指揮を執り、プレミアリーグ昇格に寸前まで迫るプレーオフ決勝進出に導いたランパード監督の手腕を評価。延長交渉の開始が取り沙汰され、指揮官としてのチェルシー帰還が不透明な状況だった。 だが、チェルシーは今週、ダービーに対して正式なアプローチを図り、ランパード監督にも3年間のオファーを用意。まだ2年間の契約を残すランパード監督の招へいとなれば、契約解除金400万ポンド(約5億4000万円)の支払いが発生するが、ユベントスから受け取るサッリ氏のリリース条項金500万ポンド(約6億7000万円)でカバーする模様だ。 なお、ダービーの会長を務めるメルビン・モレス氏は17日、イギリス『talkSPORT』で「チェルシーから監督がいなくなったことを除けば、現状に変わりはない。我々の考えは明確だ。フランクを長期にわたり、クラブにとどめたい」とコメントしたという。 2019.06.18 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

来季も一緒に…ユーベ就任のサッリ、愛弟子ジョルジーニョの獲得を希望?

ユベントスの新監督に就任したマウリツィオ・サッリ監督(60)が、チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『タイムズ』の情報をもとに同『メトロ』が報じた。 サッリ監督は昨夏にナポリからチェルシーに就任した際、秘蔵っ子であるジョルジーニョの引き抜きに成功。今夏もブルーズからユベントスへ連れて行きたいと考えているようだ。 そのイタリア代表MFはアンカーとして今シーズンの公式戦54試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)優勝と、プレミアリーグ3位フィニッシュに貢献した。 また、サッリ監督はイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(24)もイタリア王者へ連れて行きたいと考えているとのことだ。 しかし、チェルシーは今後2度(2019年夏、2020年冬)の補強禁止処分が下る可能性が…。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴中だが、現時点で補強できない恐れがある。 そのチェルシーはエースだったMFエデン・アザールをレアル・マドリーに移籍させてしまっただけに、ジョルジーニョまでも手放すとは考えにくいが、サッリ監督の愛弟子の去就は果たして…。 2019.06.18 15:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ランパード監督のチェルシー行きを叔父さんが後押し?「断るのは難しいだろう」

マウリツィオ・サッリ監督が去ったチェルシーだが、新指揮官候補のフランク・ランパードについて、叔父さんがコメントした。イギリス『BBC』が報じた。 ダービーで指揮を執るランパード監督は、チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦い昇格プレーオフに出場。決勝まで勝ち進むも、アストン・ビラに2-1で敗れ昇格を逃していた。 監督が不在となったチェルシーは、400万ポンド(約5億4300万円)の違約金をダービーに支払う必要があるものの、クラブのレジェンドでもあるランパード監督の招へいを希望。その件に関して、ランパード監督の叔父にあたるハリー・レドナップ氏が見解を語った。 「チェルシーが電話を掛けてくると、彼は断るのは難しいだろう」 「私の個人的な意見では、彼はチェルシーの監督になると思う。それが起こるように思うよ」 身内であり、監督経験も豊富なレドナップ氏の見解では断れないと予想。一方で、結果を残せなくても問題はないとも考えているようだ。 「彼がトップ6の外で終わらなければ、失うものはない状況だ。トップ6であれば何も問題ないだろう。チャンピオンズリーグは良いシーズンになると思う」 「誰も彼が1位や2位、3位になるとは思っていない。来年、チャンピオンズリーグに出られるならば、成功を収めるだろう」 さらに、レドナップ氏はチェルシーにとってランパードをクラブに戻すチャンスであるとも考えているようだ。 「彼はチェルシーの本物のレジェンドだ。クラブの歴史でも最も素晴らしい選手の1人だよ」 「もう二度と来ないかもしれない。フットボールは決してわからない。この機会は今彼が戻るためにある」 「彼はトレーニンググランドのすぐ近くに家を持っている。妻はロンドンで働いている」 監督の招へい問題もさることながら、チェルシーには思い処分が下される。現時点では2度の席市場で、選手を獲得することをFIFA(国際サッカー連盟)に禁じられている。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ上訴している状況だが、厳しい結果が待っている可能性が高い。 そんな厳しい状況ではあるが、レドナップ氏はランパード監督になれば、若手選手が活躍する機会が増えるとコメント。チェルシーの新たな一面が待っている可能性を示唆した。 「もしかしたら、若い選手たちをプレーさせるのには十分な大胆さを持ち合わせている。彼はダービーに若い選手を連れてきた。ダービーでは数人の若者と一緒にプレーオフ決勝まで進んだ」 「チェルシーにとっては興味深い時間になる可能性がある。彼らは若者を何人かプレーさせなければいけなくなるだろう」 「我々は彼らが育てた若者が、イングランドU-17、U-19でプレーしていると話し続けている。だからトップチームでプレーさせてもらいたい」 「チェルシーには若い選手のグループがたくさんある。そのうちの3、4人を起用するチャンスがあるかもしれない。そこには特別な何かがね」 ランパード監督はレドナップ氏の勧めもありダービーの監督に就任した経緯がある。果たして、チェルシーで指揮を執る姿は来シーズン見られるだろうか。 2019.06.18 13:57 Tue
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがチェルシーのアンパドゥに興味

アストン・ビラが、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)のレンタルを希望しているようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、数多いるチェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、今季はヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。 同選手を狙うクラブは少なくなく、中でもアストン・ビラは昨夏にも獲得を試みたクラブの一つ。来季からプレミアリーグへの昇格が決まっているアストン・ビラでは、チェルシーのレジェンドでアンパドゥと同じセンターバックであるジョン・テリーがコーチを務めていることもあり、チェルシーやアンパドゥにとって優良な選択肢になるとされている。 だが、チェルシーは今後2度の移籍市場で補強禁止となる危機に直面しているうえ、先日にマウリツィオ・サッリ監督のユベントス就任が決定。次期指揮官も未決定で新シーズンに向けて不確定要素が多すぎるため、リクルートには慎重にならざるを得ない。 2019.06.17 17:33 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団のケイヒル、新天地にイタリアが浮上?

今シーズン限りでチェルシーを退団した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(33)だが、新天地はイタリアになるかもしれない。イタリア『Sport Mediaset』が報じた。 ケイヒルは、2012年1月にボルトンからチェルシーへと完全移籍で加入。引く手数多の中でチェルシー移籍を選択すると、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、FAカップ、リーグカップと8つのタイトル獲得に貢献していた。 しかし、今シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で構想外となり、プレミアリーグで2試合、ヨーロッパリーグで4試合、EFLカップで2試合の出場にとどまり、今季限りでの退団が発表されていた。 そんなケイヒルだが、かつての恩師が獲得を望んでいるという。それがインテルのアントニオ・コンテ監督だ。 コンテ監督とは、2016-17シーズンから2シーズン仕事をし、チェルシーに新たに吹き込まれた3バックシステムで機能。2シーズンで公式戦86試合に出場し、8ゴール1アシストを記録していた。 インテルはミランダが今夏の退団が濃厚となっており、代役にケイヒルを獲得することを考慮しているとのこと。『Sport Mediaset』はアイデアレベルの段階であるとしながらも、十分考慮できるとしている。 イングランド国内クラブもケイヒルの獲得に動いているとされており、フリートランスファーでどこのクラブへと加入するのか注目が集まりそうだ。 2019.06.17 10:15 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース