ジェノア、エンポリ退任のアンドレアッツォーリ氏を招へい2019.06.15 02:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは14日、アウレリオ・アンドレアッツォーリ氏(65)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2021年6月までの2年間となっている。ジェノアでは昨年12月にチェーザレ・プランデッリ監督が就任していたが、残留争いに巻き込まれ、何とか残留圏内ぎりぎりの17位でシーズンを終えたことを受け、新監督を探していた。

アンドレアッツォーリ氏は2017-18シーズン途中にエンポリの監督に就任し、自身就任後は無敗でセリエB優勝に導いた実績を持つ。今季はエンポリの監督を継続していたが、成績不振を受けて昨年11月に解任されていた。

その後3月にエンポリの監督に復帰するも、18位でシーズンを終えセリエA残留を果たすことはできなかった。しかし、ジェノアはアンドレアッツォーリ氏の手腕を評価し、今回の任命に至ったとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

降格エンポリ、アンドレアッツォーリ監督の契約を解除

エンポリは13日、アウレリオ・アンドレアッツォーリ監督(65)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 2017年12月にエンポリの指揮官に就任したアンドレアッツォーリ監督は就任後無敗でセリエB優勝に導き、2018-19シーズンも指揮。しかし、セリエA第11節終了時点で1勝3分け7敗と苦戦し、降格圏の18位に沈んでいたことを受け、昨年11月に解任されていた。 だが、後任のジュゼッペ・イアキーニ氏も結果を出せず、3月にエンポリの監督に復帰していた。その後、シーズン最終盤に3連勝を記録するなど最終節まで残留の望みを繋げたアンドレアッツォーリ監督だったが、インテルに惜敗し18位でセリエB降格に終わっていた。 なお、ジェノアがアンドレアッツォーリ監督の指揮官就任を画策しているとのことだ。 2019.06.14 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがヒサイ後釜を確保! 降格エンポリのディ・ロレンツォを獲得

ナポリは7日、エンポリのイタリア人DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(25)の獲得を発表した。移籍金は950万ユーロ(約11億6000万円)とのことだ。 ディ・ロレンツォはレッジーナの下部組織出身。イタリア下部リーグのクラブへのレンタルや移籍を経て、2017年夏にエンポリに加入した。そのシーズン、リーグ戦36試合に出場しクラブのセリエB優勝に貢献。自身にとってセリエA初挑戦となった今季は37試合に出場し5ゴール3アシストという成績を残したが、エンポリは1年で降格となった。 本職は右サイドバックだが、今季は右サイドハーフで起用されることも多く、その攻撃力を武器としている。ナポリでは右サイドバックのDFエルセイド・ヒサイが退団を明言しており、その後釜と見られている。 ナポリの今夏補強第一号となったディ・ロレンツォは公式サイトで、「ナポリのようなトップクラブで新たな挑戦ができることを楽しみにしている。新たなシーズンが始まって新しいチームメートに会うのが待ち切れないよ」とコメントしている。 2019.06.07 22:53 Fri
twitterfacebook
thumb

敵地で勝ち点1を積み重ねたジェノアが奇跡の逆転残留を決める!《セリエA》

セリエA最終節のフィオレンティーナvsジェノアが26日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 公式戦6連敗中の15位フィオレンティーナ(勝ち点40)が、ホームに降格圏の18位ジェノア(勝ち点37)を迎えた一戦は、開始1分にミレンコビッチのロングフィードに抜け出したムリエルのボレーシュートで幕を開ける。 一進一退の攻防が続く中、ジェノアは34分にチャンス。右サイドで獲得したFKからクリーシトがクロスを供給。左足で巻かれたボールは直接ゴールを脅かしたが、これはGKラフォンのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから膠着状態が続く中、ホームチームは79分に決定機。ボックス左から仕掛けたムリエルの折り返しを中央で受けたキエーザが反転から左足を振り抜いたが、このシュートは相手GKがキャッチ。 結局、試合はそのままゴールレスドローで終了した。なお、同時刻開催のインテルvsエンポリは、2-1でインテルが勝利。この結果、勝ち点38でエンポリに並んだジェノアは、当該成績でエンポリを上回り、逆転でセリエA残留を決めた。 2019.05.27 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ハンダノビッチ躍動のインテルが辛勝で4位死守! 2季連続のCL出場権獲得! エンポリは1シーズンで降格《セリエA》

インテルは26日、セリエA最終節でエンポリをホームに迎え、2-1で辛勝し、2年連続チャンピオンズリーグ(CL)出場を決めた。 前節ナポリ戦を完敗し、CL出場圏内ぎりぎりの4位に後退したインテルは、5位ミランに1ポイント差に迫られた。それでも、勝利すれば2年連続でのCL出場が決まる中、イカルディを最前線で起用した。 残留圏内ぎりぎりに位置する17位エンポリに対し、4分にナインゴランがミドルシュートでオンターゲットを記録したインテルが良い入りを見せる。 10分にはペリシッチが左足ミドルで再び枠内シュートをマークするも、GKドラゴウスキの好守に阻まれた。その後もヴェシーノのヒールシュートでゴールに迫ったインテルがエンポリを圧倒すると、22分にはボックス中央のイカルディが反転から際どいシュートを浴びせた。 さらに27分、ブロゾビッチのミドルシュートがGKを強襲すると、直後のCKからデ・フライのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここもGKドラゴウスキのファインセーブに阻まれた。 すると31分にはピンチ。カプートにボックス右へ抜け出され決定的なシュートを許した。だが、GKハンダノビッチがファインセーブで凌いだ。 ひやりとしたインテルはナインゴランのボレーシュートでエンポリを牽制すると、43分にはアサモアが強烈なミドルシュートを浴びせるも、ここもGKドラゴウスキのファインセーブに阻止され、前半をゴールレスで終えた。 他会場の結果によりこのままでは5位転落となるインテルは迎えた後半、アサモアに代えてケイタを投入。 するとそのケイタが先制ゴールをこじ開ける。中央でパスを受けたケイタがボックス手前から右足を一閃。ゴール左隅にシュートをねじ込んだ。 待望のゴールを挙げたインテルは58分、バックパスをカットしたイカルディがボックス内でGKに倒されてPKを獲得。 しかし、キッカーのイカルディが枠の右に蹴ったシュートはGKドラゴウスキにセーブされ、追加点を奪い損なってしまった。 すると70分には大ピンチ。D・ファリアスがスルーパスを受けてボックス内に侵入。しかし、好飛び出しを見せたGKハンダノビッチが何とか止めてシュートを打たせなかった。 他会場の結果を受けてこのままでは降格となるエンポリが前がかる展開となる中、インテルは76分に痛恨の失点を喫した。 自陣左サイドを崩され、ウチャンの入れたクロスをファーサイドのトラオレに押し込まれた。 それでも終盤の81分、インテルが勝ち越しに成功する。ヴェシーノのミドルシュートは左ポストに直撃したものの、ルーズボールをボックス左のナインゴランが押し込んだ。 それでも89分にも大ピンチ。カプートのクロスをダンブロージオがクリアにかかると、ボールはバーに当たって助かった。さらに追加タイム2分、ウチャンのドリブル突破を許したインテルはGKハンダノビッチとの一対一に持ち込まれる。それでも、この場面も守護神が救い、2-1で逃げ切り。 辛勝のインテルが2年連続CL出場権を獲得している。一方、敗れたエンポリはジェノアがフィオレンティーナに引き分けたため、勝ち点で並ばれたジェノアとの当該対決の結果、降格圏の18位に転落。1シーズンでの降格となっている。 2019.05.27 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

降格圏のエンポリに沈んだナポリ、首位ユーベとは18ポイント差に…《セリエA》

ナポリは3日、セリエA第30節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 3日前に行われた前節ローマ戦を4-1と圧勝して2位の座を確固たるものとしたナポリ(勝ち点63)は、ローマ戦のスタメンから5選手を変更。負傷したメルテンスとヒサイがベンチスタートとなり、出場停止から復帰したジエリンスキが先発となった。 降格圏に位置する18位エンポリ(勝ち点25)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにミリクとウナスを並べ、右にカジェホン、左にユネスを配した。 そのナポリが立ち上がりから押し込む展開とすると、19分に最初のチャンス。左サイドからカットインしたユネスがシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右上に外れた。続く21分にはマリオ・ルイの左クロスに反応したミリクが身体でボールをゴールに流し込みにかかったが、GKにセーブされる。 しかし28分、オープンな展開に持ち込んでいたエンポリに先制を許す。ボックス左でD・ファリアスに右足を振り抜かれると、ジエリンスキに当たったシュートがゴール左に吸い込まれた。 さらに38分にもピンチ。自陣左サイドのスペースを突かれてクロスを入れられ、ゴール前のカプートに決定的なシュートを打たれたが、何とかGKメレトが凌いだ。 すると44分、ナポリが同点に追いつく。中央でパスを受けたジエリンスキが右足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴールに突き刺さった。 ジエリンスキの個人技で同点として迎えた後半、ナポリは51分にカプートにGKメレトを強襲される。すると直後の左CKからディ・ロレンツォにヘディングシュートを決められて勝ち越しを許してしまった。 再び追う展開となったナポリは52分にウナスに代えてメルテンスを、ユネスに代えてファビアン・ルイスを投入した。すると65分、ボックス左のジエリンキがルーズボールに反応してダイレクトでシュート。だが、わずかに枠の右に外れた。 思うように攻め込めないナポリは75分、D・ファリアスにボックス左まで侵入されて決定的なシュートを許してしまったが、ここもGKメレトが凌いだ。 終盤にはマルキュイに代えてヴェルディを投入し、アタッカーを増やしたナポリだったが、1-2のまま敗戦。首位ユベントスとは18ポイント差に広がった。 一方、勝利したエンポリは暫定ながらボローニャをかわして残留圏内の17位に浮上している。 2019.04.04 03:56 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース