ラビオとユーベが交渉! 本人が認める2019.06.14 12:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)がユベントスとの接触を認めたという。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。今シーズンがPSGと契約最終年のラビオは、延長交渉を固辞して今シーズン途中から干されており、今夏のフリー移籍が既定路線。だが、高額な賃金要求を受けて獲得希望クラブの相次ぐ撤退が指摘されており、行き先が不透明な状況だ。

そのラビオを巡っては現在、マンチェスター・ユナイテッドとユベントスの関心が浮上中。そうしたなか、本人がバカンス先のイタリアでユベントスとの交渉を明かしたという。

「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」
コメント
関連ニュース
thumb

ヴィオラの逸材キエーザ、ユーベ移籍を希望? 6月にはクラブが残留の声明も…

フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)がユベントス移籍を望んでいるという。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して伝えた。 ヴィオラ下部組織出身のキエーザは、2016-17シーズン開幕前にトップチーム昇格。以降、爆発的なスピードと足元の技術を武器に攻撃をけん引し続け、公式戦41試合12ゴール9アシストを記録した。 そんなイタリア期待の逸材アタッカーに関しては、ユベントスやインテルといった国内クラブに加えて、レアル・マドリー、バイエルンなどが関心。だが、昨シーズンのセリエAを16位で終え、新シーズンでの復活を睨むフィオレンティーナは、6月に「このクラブと長期の契約で結ばれていることを強調したい」と同選手の残留を明言する公式声明を発表していた。 しかし、ここに来てキエーザがフィオレンティーナのプロジェクトについて納得できていない模様。新オーナーのロッコ・コミッソ氏こそ売却する意思がないことを強調しているものの、キエーザ本人はクラブを退団し、ユベントスに加入することを希望しているという。 同メディアによれば、キエーザはすでにユベントスと年俸500万ユーロ(約6億円)の5年契約で個人合意に達しているようだが、果たして…。 2019.07.23 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、マテュイディ獲得レースでリードか?

モナコが、ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(32)の争奪戦で優位に立っているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 2017年8月にパリ・サンジェルマン(PSG)からユベントスに加入したマテュイディ。昨シーズンは公式戦42試合に出場したものの、現行契約が2020年6月までとなっていることや、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーとPSGからMFアドリアン・ラビオの加入で出場時間の減少が指摘されていることから退団が噂されている。 そんなマテュイディに対しては、古巣のPSGに加えて、マンチェスター・ユナイテッドやエバートンも関心を示している中、モナコがこの争奪戦でリードしているという。 マテュイディにはユベントスがPSGから獲得した際に投じた移籍金と同額の2500万ユーロ(約30億2000万円)が設定されている見込みだが、このままモナコが獲得を実現するのだろうか。 2019.07.23 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ加入のデ・リフト、加熱した去就噂に「うんざり」

ユベントスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が加熱した去就に関する様々な憶測にコメントした。イギリス『エクスプレス』が報じた。 今夏、人気銘柄の1人として行き先に注目を集めたデ・リフト。バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)ら複数クラブの関心が取り沙汰されたが、最終的にユベントス行きを決断した。 デ・リフトはオランダ『Voetbal International』で、ユベントス移籍が決まるまで様々な憶測が飛び交った状況をこう回想。そのなかで、肥満体質を懸念してマンチェスター・ユナイテッドが獲得を見送ったとする噂についても皮肉交じりに反応してみせた。 「たくさんのことが書かれているね。しかも、一晩で決断したかのようにね。だが、もちろん、そんなはずがない。多くの憶測はすごく厄介だったよ。僕自身からの発信をしないようにしたけど、SNS上でそれを止めることは不可能だ」 「笑い飛ばすこともあったけど、途中からうんざりしたよ。毎日、何かしら新たな報道が飛び出した。僕の父が太っているから僕の獲得から手を引いたクラブがある、とかね。それを聞いたとき、『勘弁してくれ』って思ったよ」 2019.07.23 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、2009年の強姦疑惑に関して不起訴が決定

2009年に強姦疑惑をかけられていたユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、不起訴処分になることが判明した。『ESPN』が伝えている。 C・ロナウドは、アメリカ人モデルのキャスリン・マヨルガさんからの告発により、2009年にラスベガスの高級ホテルのペイントハウススウィートで強姦した疑いが浮上。当人は容疑を否定していたものの、ラスベガス警察が調査に動き出していた。また、先日にドイツ『Der Spiegel』は、C・ロナウド側が口止め料としてマヨルガさん側に37万5000ドル(約4050万円)を支払うとの契約書の存在を公表したことで、サッカー界屈指のスーパースターの立場が危ぶまれていた。 先月にはマヨルガさんが訴えを取り下げたとの報道や、裁判所をネバダ州裁判所から連邦裁判所へ変更したとの報道がなされるなど、この一件に関しては二転三転の状況が続いていた。 その中でクラーク郡地区検察局は22日、「情報を精査した結果、ロナウド氏に対する性的暴行疑惑を証明することはできない」との声明を発表し、不起訴処分としたことを発表した。 なお、同検察は被害者とされるマヨルガさんから2009年6月13日に性的暴行を受けたとの通報があったこと。当時、マヨルガさんが加害者や犯行の場所を明かすことを拒んだため、警察の捜査が行えなかったことを説明。その後、昨年8月に改めて警察に捜査要請があり、この時点で初めてC・ロナウドが加害者として名指しされたとの経緯を伝えている。 2019.07.23 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ケインの劇的スーパーロング弾炸裂! スパーズがユーベとの打ち合い制す!《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユベントスvsトッテナムが21日にシンガポールで行われ、トッテナムが3-2で勝利した。 昨季、セリエA8連覇を成し遂げたユベントスは、アレッグリ前監督の退任に伴い、チェルシー退団のサッリ監督を新指揮官に招へい。その注目の初陣となる今回の一戦に向けてはパリ・サンジェルマンから復帰したGKブッフォンを除き昨季の主力クラスを起用。 サッリ監督お馴染みの[4-3-3]の布陣を採用した中、4バックは右からカンセロ、ルガーニ、ボヌッチ、デ・シリオ。中盤はピャニッチをアンカーに、インサイドにジャンとマテュイディ。3トップはベルナルデスキ、マンジュキッチ、クリスティアーノ・ロナウド。また、ベンチにはラビオ、デ・リフトにチェルシーからレンタルバックのイグアインが入った。 一方、昨季チャンピオンズリーグ(CL)準優勝チームのトッテナムは、プレシーズン初戦らしいアカデミーの若手と主力をミックスしたメンバー構成に。主力クラスはアルデルヴァイレルト、ウィンクス、デレ・アリ、ラメラ、ソン・フンミンに留め、17歳の逸材FWパロットらフレッシュな顔ぶれが先発に並んだ。なお、1年半ぶりの新戦力エンドンベレはケインやエリクセンらと共にベンチスタートとなった。 ソン・フンミンとパロットの2トップにラメラをトップ下に配した[4-3-1-2]の布陣で前から猛烈なプレッシングを敢行するトッテナムに対し、ユベントスはサッリ監督初期のチーム特有の拙いビルドアップでハメられる場面が多く苦しい入りに。それでも、要所で個の力を発揮するイタリアの盟主はC・ロナウドが際どい2本のシュートを放つなど、徐々に盛り返していく。 一方、立ち上がりの4分と9分にショートカウンターからボックス内のソン・フンミンに続けて決定機も、左ポストに阻まれるなど序盤の決定機をモノにできないトッテナム。それでも、出足の鋭さとウォーカー=ピータース、ジョージウーの両サイドバックの果敢な縦への仕掛けを軸に相手ゴールへ迫ると、前半半ば過ぎにゴールをこじ開ける。 31分、中盤でマテュイディの不用意なバックパスを奪って高速カウンターに転じると、ボックス付近まで持ち上がったソン・フンミンがタメを作って右を追い越すパロットに短いスルーパス。パロットのグラウンダーシュートはGKブッフォンの好守に阻まれるが、こぼれ球をラメラが左足で流し込んだ。そして、トッテナムペースで進んだ前半は1-0のスコアで終了した。 迎えた後半、両チームはハーフタイム明けに複数の選手を交代。トッテナムはケイン、ヴェルトンゲン、ルーカス・モウラ、ムサ・シソコらを投入。対するユベントスはイグアインにデミラル、ラビオと新戦力をピッチに送り出す。 すると、後半はユベントスが持ち味の決定力を遺憾なく発揮する。まずは56分、ボックス手前でC・ロナウド、ピャニッチ、イグアイン、ベルナルデスキとサッリボールを彷彿とさせる見事なダイレクトパスが繋がると、最後はイグアインがゴール右隅に流し込み、同点ゴールとする。 続く60分には左サイド深くで仕掛けたデ・シリオからのマイナスパスを受けたC・ロナウドが冷静な右足のシュートで流し込み、エースのゴールで逆転に成功した。 この直後、C・ロナウドやラメラがお役御免でベンチに下がった中、ユベントスはデ・リフト、トッテナムはエンドンベレと注目の新戦力がデビューを飾る。すると、トッテナムのクラブ史上最高額男がいきなり魅せる。65分、デ・シリオの不用意なサイドチェンジをボックス手前左でカットしたエンドンベレが絶妙なラストパスをゴール前に入れると、これをルーカスがスライディングシュートで流し込んだ。 2-2の振り出しに戻った試合は互いに多くの若手をピッチに送り込んだこともあり、ここからやや膠着する。その流れの中で80分過ぎにはケイン、イグアインと両ストライカーに決定機も決め切るまでには至らず。 その後、引き分け濃厚と思われた最後の最後にスパーズのエースが驚愕のゴールを決める。93分、ハーフウェイライン付近でボールを持ったラビオにルーカスがプレッシャーをかけてボールがこぼれると、これにすかさず反応したケインが右足ダイレクトでロングシュート。すると、前目のポジションを取っていたGKシュチェスニーの頭上を越えたボールがゴールネットに突き刺さり、劇的すぎるスーパーロングシュートが決勝点となった。 そして、シンガポールのフットボールファンを熱狂させた白熱の一戦はトッテナムが3-2で勝利した。 2019.07.21 22:46 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース