J1は浦和戦で劇的逆転ゴールの湘南DF山根視来! J2は京都FW小屋松、J3は熊本MF黒木が受賞《月間ベストゴール》2019.06.13 20:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
Jリーグは10日、5月度の「月間ベストゴール」として、J1では湘南ベルマーレのDF山根視来、J2では京都サンガF.C.のFW小屋松知哉、J3リーグではロアッソ熊本のMF黒木晃平のゴールを選出した。同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。

山根のゴールは、5月17日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節、浦和レッズ戦で決めた94分のゴール。明らかなゴールが取り消されるなど前半に2点のビハインドを背負った湘南は、このゴールで劇的な逆転勝利を収めた。山根のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆DF山根視来(湘南ベルマーレ)

「この度は5月度のベストゴールに選んでいただき、ありがとうございます」

「あのシチュエーションで決められたこと、みんなで作り出した雰囲気の中、サポーターも含めて全員が一丸となって戦い逆転できたことは本当に嬉しかったです。実はシュートコースは全くなかったんですけど、もうゴールしか見ていなかったし、絶対に最後まで自分で行き切るという気持ちでした」

「湘南がチームとして、普段の練習から積み重ねてきたことが発揮できた試合だったと思います。皆さんに感謝しています。ありがとうございます」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
――総評
アディショナルタイムに生まれた迫力の決勝ゴール

――柱谷幸一委員
「劇的な決勝ゴールは歴史に残るゴールとして語り継がれる」

――北條聡委員
「感動的決勝弾。独りで運び、ねじ込むド迫力。誤審に揺れた試合を大団円に」

小屋松のゴールは、5月25日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節、レノファ山口FCで決めた85分のゴール。小屋松のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。


◆小屋松知哉(京都サンガF.C.)
「5月のJ2月間ベストゴール賞をいただくことができ、とても嬉しく思います」

「チームとして調子をあげている中で、自分としてもしっかりと結果を残していきたいと思っていました。賞をいただけたことはチーム全体の力を結集した結果だと思いますので、これからもひとりひとりがチームの為にプレーして、みんなで笑顔になれるような結果が残せるように、これからも戦っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
――総評
冷静なプレーで敵陣に切り込んだ独走ドリブルシュート

――原博実委員
「自陣のペナルティエリア前からスピードに乗ったドリブルで相手DFを抜き去り、GKとの1対1も冷静に浮かせてゴールを決めた」

――福西崇史委員
「長いドリブルからループシュートと落ち着いていた」

――柱谷幸一委員
「50メートルの独走ドリブルからの落ち着いたシュートは素晴らしかった」

――寺嶋朋也委員
「自陣から一人でゴールまで持っていった。相手DFに迫られても態勢を崩さず、落ち着いてゴールに流し込んだところに、いい意味での余裕を感じた」

黒木のゴールは、5月19日に行われた明治安田生命J3リーグ第9節、ガイナーレ鳥取戦で決めた57分ゴール。黒木のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆黒木晃平(ロアッソ熊本)
「この度は5月度の月間ベストゴール賞に選んでいただき、ありがとうございます。とても嬉しく思います!」

「選手、スタッフ、サポーター、そしてロアッソ熊本に関わってくださる皆さんの気持ちが乗って掴み取ったゴールだったと思います!」

「また今後もチームの勝利に少しでも貢献できるよう精進していきたいと思います」

――総評
美麗弾道ロングシュートによる勝ちにつながる同点弾

――柱谷幸一委員
「同点に追いつく貴重な超ロングシュートでのゴール。ダイレクトで振り抜いたシュートは弾丸ライナーでゴールに突き刺さった!」

――寺嶋朋也委員
「1点ビハインドの状況で、ミドルシュートを選択した冷静な判断と思い切りの良さ、そしてなにより弾道の美しさが印象的だった」
コメント
関連ニュース
thumb

湘南、悪夢の5連敗から2連勝で11位浮上! 神戸は2連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節、湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸が14日に行われ、3-1で湘南が勝利した。 前節の名古屋グランパス戦の勝利で5連敗から脱出した15位の湘南(勝ち点20)。天皇杯でも格下の三重県代表チームに大敗するなど最悪の状態だったが、何とか勝利を取り戻した。今季2度目の連勝を目指す今節は名古屋戦と同じスタメンを起用した。 対する神戸は湘南と勝ち点差1で13位。前節の清水エスパルス戦で、ビジャが10得点目をマークしたものの勝利を収めることは出来なかった。今節のスタメンは清水戦から3人変更。前半戦の第13節では4-1で快勝している相手。同様の展開を今日も狙う。 互いに様子を伺う序盤戦。神戸はイニエスタのパスを起点に攻撃を組み立てるが、先にゴールに迫ったのはホームの湘南だった。14分、小林の右からのクロスに山崎が頭で合わせるが惜しくも枠の外。18分にはゴールキックからチャンスを演出。山崎がボールを収めて武富に預け、武富からパスを受けた梅崎がボックス手前左からシュートを放つ。 湘南のシンプルな攻撃に押される神戸だったが20分、GKからのパスを最終ラインで受けたイニエスタが素早く前線へロングフィード。右サイドから走り出した古橋が受けてボックス手前から左足をコンパクトに振り抜くと、これがゴール上部に突き刺さった。 これで攻撃のリズムができた神戸は29分にもイニエスタから古橋のラインで湘南ゴールを強襲。しかし惜しくもポストに嫌われ、こぼれ球に反応したビジャも上手く押し込むことはできなかった。 後半に入って、神戸は3度のカウンターでチャンスに。しかし一度目はビジャから左の小川に出したパスはオフサイドに、二度目は古橋からビジャへのパスが強すぎて上手く渡すことができなかった。そして3度目はビジャのラストパスを受けたウェリントンがボックス右からシュートに持ち込んだが、惜しくも枠の左に逸れた。 神戸が再三の好機を決められないでいると、迎えた69分に湘南の古林が山根とのワンツーで右サイドを突破。深い位置からの折り返しを山崎が押し込んで試合を振り出しに戻した。 湘南の反撃は止まらない。74分、右から上がったクロスをボックス左で杉岡が受ける。一度相手に奪われてしまうものの、素早く奪い返して右足シュート。コントロールシュートが見事にゴール右上に決まり、ホームチームが逆転に成功した。 さらに78分には敵陣中央左寄りの位置でFKを得ると、梅崎のクロスをフレイレが頭で流し込んでリードを2点に広げた。 湘南はその後交代カードを切りながら時間を進めていく。途中出場の松田や野田も奮闘し、神戸に追加点を許さなかった湘南が3-1で勝利。2連勝で11位に浮上している。一方の神戸H2連敗で15位に後退した。 2019.07.14 21:07 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南が逆輸入! 独4部のキッカーズ・オッフェンバッハからMF澤田恒を獲得!

湘南ベルマーレは10日、ドイツ4部のレギオナルリーガに所属するキッカーズ・オッフェンバッハから日本人MF澤田恒(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」。なお、キッカーズ・オッフェンバッハの4日の発表によれば、契約期間は2年間。 澤田は、北海道出身で、札幌第一高校から札幌大学へと進学。そのままドイツへと渡りサッカーを続けた。ギンスハイムへと加入した澤田は、2015年7月にロートヴァイス・フランクフルトへと移籍。2016年7月にキッカーズ・オッフェンバッハへ移籍した。 セントラルミッドフィルダーが主戦場の澤田は、キッカーズ・オッフェンバッハで公式戦67試合に出場し10ゴール11アシストを記録。4年半のドイツでのサッカー生活を終え、初めてJリーグでプレーすることとなる。 湘南への加入が決定した澤田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「大学卒業後、サッカー選手になりたいという夢を諦められず、ドイツに渡り5年間プレーしてきました。今回、逆輸入という形で湘南ベルマーレに移籍加入することになりました」 「ドイツでも日本でもたくさんの人に支えられて、とても感謝しています。ありがとうございます。ハードなトレーニングをして、成長する事。勝ってファンの方々と一緒に喜ぶ事。そんな瞬間がとても好きです」 「湘南ベルマーレの色に早く染まって頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」 2019.07.10 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、金沢から毛利駿也を獲得…大卒プロ2年目の24歳SB

湘南ベルマーレは8日、ツエーゲン金沢に所属するDF毛利駿也(24)の完全移籍加入を発表した。背番号は「44」に決定。本日8日が金沢の選手として最後の練習参加となる。 富山県出身の毛利は、2018年に順天堂大学から金沢入りすると、左右でプレー可能なサイドバックとして、同年の明治安田生命J2リーグで38試合1得点をマーク。今シーズンもここまでJ2リーグ17試合に出場した。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「湘南ベルマーレに関わる全ての皆様、はじめまして、この度ツエーゲン金沢から移籍してきました毛利駿也です。湘南ベルマーレの一員としてチームの力になれるように精一杯がんばりますので、よろしくお願いします」 ◆ツエーゲン金沢 「この度、湘南ベルマーレに移籍することになりました。シーズン途中にチームを離れるという選択は簡単ではありませんでしたが、ステップアップしたいという気持ちが強かったので、このような選択をさせていただきました。ツエーゲン金沢では本当に素晴らしい監督・スタッフ・トレーナー・選手・サポーターと出会い、日々の練習や試合がとても楽しかったし、充実していて成長していく実感がありました」 「プロキャリアをツエーゲン金沢でスタートできて本当に良かったと思いますし、チームを離れるのは本当に寂しいですが、もっと成長したいしチャレンジしたいので移籍します。これからも少しでも気にかけてもらえたら嬉しいです。1年半本当にありがとうございました!」 湘南は現在、明治安田生命J1リーグ6勝2分け10敗の15位。14日に行われる次節、13位のヴィッセル神戸をホームに迎え撃つ。 2019.07.08 09:05 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、齊藤&金子の今季J1初弾で連敗を「5」でストップ! 名古屋は決定力不足で7戦未勝利に《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節の名古屋グランパスvs湘南ベルマーレが7日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-0で湘南が勝利した。 ここまで7勝4分け6敗で9位に位置する名古屋(勝ち点25)と、5勝2分け10敗で15位に沈む湘南(勝ち点17)が対戦した。前節のヴィッセル神戸戦を3-5で敗れて6試合未勝利の名古屋は、前節から先発メンバーを2人変更。米本と長谷川に代えて丸山と吉田を起用した。負傷から復帰した丸山は古巣戦となった。 一方、前節、セレッソ大阪に0-2で黒星を喫し、リーグ戦5連敗中の湘南は、前節から先発メンバーを3人変更。松田、小野田、鈴木に代えてフレイレ、小林、金子を起用した。 共に6月はリーグ戦未勝利に加え、先日の天皇杯でもジャイアントキリングを許した両者。試合はアウェイの湘南が5分にいきなり先制する。ボックス左手前の金子がファーサイドにクロスを送り、小林がボックス中央浅い位置に折り返す。手前の山崎がスルーし、齊藤が右足を振り抜くと、ボールはゴール左に吸い込まれた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=n54ezgipatcj11s1kg1rvu4ch" async></script> </div> その後、先制を許した名古屋に追い打ち。試合開始早々に空中戦の着地の際に嫌な手の着き方をしていた丸山がプレー続行不可能に。古巣戦で無念の交代となった。 相馬を投入してシステムを[3-4-3]に変更した名古屋。直後こそ湘南を押し込んだが、決定機を作られてしまう。 湘南は17分、後方からのロングボールを前線に粘り強くつなぎ、山崎の縦パスに抜け出した武富がボックス左で飛び出したGKランゲラックと接触。最後はこぼれたボールを山崎がプッシュするも、これは武富のファウルが取られてしまう。 難を逃れた名古屋は再び攻勢に。26分には前田、中谷とつなぎ、ジョーがペナルティアーク右からミドルシュート。ボールはゴール左を捉えるも、GK秋元に防がれてしまう。 湘南はセットプレーから追加点のチャンス。33分、梅崎のドリブルからボックス手前でファウルを獲得すると、自らキッカーを務めてファーサイドに強烈なシュートを放つ。しかし、GKランゲラックが素早い反応でこれを阻む。 対する名古屋もFKから得点機。36分、ボックス左外からキッカーのガブリエル・シャビエルがボックス中央へクロスを送る。これをジョーが頭で合わせると、湘南の山崎に当たってボールはゴール右隅へ。だが、GK秋元が好守を披露。同点ゴールとはならない。 GK秋元の牙城をなかなか崩すことができない名古屋。前半アディショナルタイムにはボックス左手前の吉田のパスを収めたジョーがボックス左にスルーパスを送る。抜け出した和泉が飛び出したGK秋元をループシュートで嘲笑い、ゴールネットを揺らす。しかし、和泉がオフサイドとの判定。結局、1-0の湘南リードで試合を折り返した。 1点を追いかける名古屋は引き続き試合のペースを握る。51分、カウンターからガブリエル・シャビエルが左サイドを突破し、ファーサイドにラストパス。最後は前田がボックス中央から左足を振り抜くも、GK秋元の正面に飛んでしまう。 攻勢を続ける名古屋は64分にもボックス左に抜け出した吉田の折り返しにニアサイドのジョーが反応。しかし、振り抜いた左足はボールにミートせず、ゴールに届く前に杉岡にクリアされた。 チャンスは作るものの、決めきれない名古屋。72分にはボックス右外からカットインでボックス中央浅い位置まで持ち込み、ボックス左へパスを送る。最後は相馬が右足でシュートを放つも、ゴール左外に外れる。80分には和泉のパスを受けたエドゥアルド・ネットがボックス内でシュート。さらにこぼれ球にジョーが反応するも、ギリギリのところで山根に阻まれてしまう。 幾度もゴールに迫るもあと一歩のところでゴールネットを揺らせない名古屋。すると、そのツケが回ってくる。湘南は82分、敵陣左深い位置で梅崎がボールを奪われるも、相手のパスをボックス左でカットした金子がそのまま右足シュート。インサイドカーブがかかったボールは右サイドネットに突き刺さった。 貴重な追加点を奪った湘南が粘り勝ち。齊藤と金子の今シーズンリーグ戦初ゴールで2-0と勝利した湘南は、リーグ戦連敗を「5」でストップ。一方の名古屋は7試合未勝利となった。 2019.07.07 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南、レバークーゼンU-19からFWトカチを完全移籍で獲得

湘南ベルマーレは5日、レバークーゼンU-19からドイツ人FWトカチ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「36」。 U-12時代からレバークーゼンの下部組織でプレーしてきたトカチは昨シーズン、U-19ブンデスリーガウエストで23試合7ゴール3アシストを記録。身長170㎝、体重71㎏のフォワード。U-15トルコ代表への招集歴もある。 クラブはトカチの特長について、「ゴールに向かう姿勢に溢れ、献身的なプレーでチームに貢献できる選手」と説明している。 湘南への完全移籍が決定したトカチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「湘南ベルマーレの一員になれて大変嬉しく思います。サポーターの皆さんの前でプレーするのを大変楽しみにしています。常に全力でプレーしクラブの力になっていきたいと思います。熱い応援よろしくお願いします」 2019.07.05 16:40 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース