デ・リフト「バルサでデ・ヨングやメッシとプレーするのは嬉しいことだけど…」2019.06.12 11:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が、自身の移籍について言及した。スペイン『マルカ』が同国『ムンド・デポルティボ』を引用して伝えている。19歳の若さでキャプテンとしてアヤックスをけん引するデ・リフト。これまで数々のメガクラブから関心を寄せられ、最近ではバルセロナとパリ・サンジェルマンへの移籍報道が加熱している。

そんな中、デ・リフトは移籍に関して、重要視する点を明かした。また、先日にクラブ間合意が報じられたバルセロナについても言及するも、まだ将来を決断するには至ってないと主張した。

「お金は問題ではないよ」

「最も重要なことは、移籍した場所で多くのゲームをプレーすることなんだ」

「僕の心がどう決断するかまだ分からない。休暇によく考えて、将来どうするかを決めたいね。いつその答えが出るかは分からないしけど、時間をかけて考えるつもりだよ」

「バルセロナには偉大なディフェンダーがいる。競争があることはごく普通のことだけど、それを恐れてはいないさ」

「もちろん、バルセロナで(フレンキー)デ・ヨングや(リオネル・)メッシとプレーすることは嬉しいことだよ。でも、それが僕にとって最高のものかどうかは分からないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト、ついにユベントス移籍実現へ クラブが到着を発表

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が実現しようとしている。 今夏、ビッグクラブ注目の的となり、長らく争奪戦が繰り広げられてきたデ・リフト。先日には、ユベントスがアヤックスと移籍金7000万ユーロ(約84億9000万円)で合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、そのデ・リフトは16日、移籍を成立させるためトリノに到着。ユベントス公式サイトやツイッターで報告している。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。 これまでバルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといった錚々たるクラブが、19歳のデ・リフト獲得に乗り出していたが、ユベントス移籍でフィニッシュを迎えることになりそうだ。 2019.07.17 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、間もなくユベントス移籍完了か 15日にメディカルチェックと伊紙が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス行きがもう間もなく実現するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 昨シーズンの国内2冠とチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4の躍進を見せたアヤックスを攻守両面でけん引し、今夏のビッグクラブ注目の的となっているデ・リフト。早い段階で個人合意に達していたとされながら、これまでなかなかクラブ間での合意が伝えられてこなかったが、ついに取引が締結しようとしているようだ。 今回伝えられるところによると、両者は移籍金7000万ユーロ(約85億円)で合意。15日にトリノでのメディカルチェックに臨むようだ。なお、契約解除金は1億5000万ユーロ(約182億3000万円)に設定されるという。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。長きに渡って繰り広げられたデ・リフト争奪戦が、ついに終結を迎えるか。 2019.07.15 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユトレヒト、アヤックスからU-21チェコ代表FWを獲得

ユトレヒトは8日、アヤックスからU-21チェコ代表FWバーツラフ・チェルニー(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は3年間となる。 アヤックスユース出身のチェルニーは、2015年8月にトップチームに昇格。トップチームでは在籍4シーズンで公式戦29試合に出場し4ゴール6アシストをマーク。今シーズンはヨング・アヤックスとしてエールステディビジ(オランダ2部)で22試合に出場し10ゴール12アシストを記録した。 また、チェルニーはU-16からチェコ代表を経験。17歳の頃からは飛び級でU-21チェコ代表に招集され、これまで16試合に出場し9ゴールをマークしている。 2019.07.09 05:11 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、得点王&アシスト王のFWタディッチと契約延長! 引退後のトレーナー就任も発表

アヤックスは8日、セルビア代表MFドゥシャン・タディッチ(30)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 2006年にセルビアのFKヴォイヴォディナ・ノヴィサドでプロキャリアをスタートさせたタディッチは、フローニンヘンやトゥベンテ、サウサンプトンでのプレーを経て、昨夏にアヤックスへ加入。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し28ゴール14アシストを記録。5シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、個人としてもリーグ得点王とアシスト王を獲得した。 また、アヤックスは現役引退後に指導者の道に進むタディッチと、2026年6月30日までトレーナーとしての契約を結んだことを併せて発表した。 2019.07.09 04:45 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・リフトのユベントス移籍は難航? ライオラ氏「アヤックス次第」

ユベントスへの移籍に近づいているとされながら、なかなか公式発表が出ないアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)だが、どうやらアヤックスが固辞しているようだ。オランダ『テレグラーフ』が報じた。 チャンピオンズリーグでの活躍で、一際注目を集め、今夏の移籍市場で大きな目玉となっているデ・リフト。バルセロナやパリ・サンジェルマンなどが獲得に動いているとされていた中、ユベントスへの加入で合意したと報じられた。 一部報道では、ユベントスとデ・リフトは、年俸900万ユーロ(約10億9500万円)の5年契約を結んだとされているが、今の所公式発表は出ていない。 『テレグラーフ』によると、ユベントスはボーナスなしの5000万ユーロ(約60億8600万円)のオファーを出したものの、アヤックス側がオファー額が低すぎると不満を持っているとのこと。そのため、デ・リフトの移籍にゴーサインを出さないようだ。 そんな中、デ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がコメント。専門的なアプローチを取るとしながらも、全てはアヤックス次第であると語った。 「仲裁することは、我々の問題の範囲外にあり、我々は専門的なアプローチをする」 「マタイス・デ・リフトは、ユベントスとの契約に合意しており、現時点ではアヤックスがこの状況にどう対処するか次第だ」 なお、ライオラ氏はメディアを利用した交渉はしたくない意向とのこと。このままではアヤックスのプレシーズンのトレーニングに参加する必要が出てくるが、どのような結末を迎えるのだろうか。 2019.07.08 12:20 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース