マドリー所属のGKアンドリー・ルニンはA代表とU-20の二足のわらじ2019.06.09 18:47 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのウクライナ代表GKアンドリー・ルニンが忙しい1週間を過ごしている。ルニンは現在、U-20ウクライナ代表としてポーランドで行われているワールドカップを戦っている。ここまで4試合にフル出場し、準決勝進出に貢献している。

一方で、同選手はアンドリュー・シェフチェンコ監督率いるウクライナA代表にも選出されており、ユーロ2020予選にも参加中。7日のセルビア代表戦でベンチ入りした。

だが、7日はU-20もコロンビア代表戦が重なっていたため、こちらは守護神を欠いて臨むことに。試合は1-0で勝利したが、シェフチェンコ監督には少なからず批判があった。

そんな中で、シェフチェンコ監督は10日のルクセンブルク代表戦でもルニンをベンチ入りさせる予定。だが今回は、U-20の試合は翌11日のイタリア代表戦の為、前回のように日程が被ることはない。

また、ルクセンブルク戦が行われるウクライナのキエフと、イタリア戦の会場となるグダニスクは飛行機で2時間程度の距離の為、ルニンに大きな負担はないと見られている。
コメント
関連ニュース
thumb

韓国に逆転勝利のウクライナが初優勝!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019決勝、U-20ウクライナ代表vsU-20韓国代表が15日に行われ、3-1でウクライナが勝利し初優勝を飾っている。 準決勝でU-20イタリア代表を1-0と振り切ったウクライナと、U-20エクアドル代表をこちらも1-0と制した韓国による初優勝を懸けたファイナル。 試合は開始2分、キム・セユンが右サイドを突破にかかったところでベスコロヴァイニーにボックス内ぎりぎりでファウルを受け、VARの末に韓国にPKが与えられた。そして、このPKをイ・ガンインが決めて韓国が先制した。 失点を受けて前がかるウクライナは12分、ブレツァが直接FKでGKを強襲。その後も自陣に引く韓国相手に押し込む時間を増やすと、34分に追いついた。FKの流れからルーズボールをボックス中央で拾ったスプリアハがゴール左にシュートを押し込んだ。ハーフタイムにかけてもウクライナがボールを持ったが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、52分にウクライナが逆転する。コノプリアのスルーパスでボックス右に抜け出したスプリアハがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 スプリアハのこの試合2ゴール目でリードしたウクライナが自陣に引く中、65分にコルニエンコのミドルシュートで牽制。 追う韓国は70分、左CKからイ・ジャエクのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルニンのビッグセーブに阻まれた。 そして終盤の韓国の攻勢を凌いだウクライナは89分に勝負を決定付けた。カウンターに転じ、ツィタイシュヴィーリがドリブルでボックス左に侵入。ゴール右隅にシュートを蹴り込んだ。 このまま3-1で韓国を撃破したウクライナが勝利。同国史上初のU-20W杯制覇を果たした。 2019.06.16 02:57 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のウクライナがVARにも救われイタリア撃破で決勝進出!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019、U-20ウクライナ代表vsU-20イタリア代表が11日に行われ、1-0でウクライナが勝利した。 4日前に行われたU-20コロンビア代表戦を1-0と制したウクライナと、10人となったU-20マリ代表相手に4-2と勝利して2大会連続ベスト4に進出したイタリアによる決勝進出を懸けた一戦。 立ち上がりはイタリアがボールを保持する展開となった中、ウクライナが手数をかけない攻撃でシュートに持ち込む構図となった。 その後もカウンターを狙うウクライナがシュートに持ち込むシーンをより生み出していくも、決定的なシーンを演出するには至らない。37分にブレツァの直接FKでGKプリツァーリを強襲したウクライナだったが、慎重な姿勢を互いに崩さなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続いていたが、52分にイタリアにこの試合最初の決定機。スルーパスでボックス右に抜け出したピナモンティがシュート。だが、コースが甘くGKルニンのセーブに阻まれた。 すると65分、ウクライナが後半最初のチャンスをモノにして試合を動かした。右サイドからのコノプリアのグラウンダークロスをブレツァがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。さらに72分、ウクライナに追加点のチャンス。ロングボールに抜け出したスプリアガがGKと一対一に。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れてしまった。 追加点を奪いきれなかったウクライナは79分、ピナモンティに対するファウルでポポフに2枚目のイエローカードが出てしまい、10人での戦いを強いられてしまう。そんな中83分、カシュチュクのシュートがバーを直撃し、ウクライナはやはり追加点を奪いきれない。 終盤にかけて攻勢に出たイタリアは89分に同点のチャンス。ディフェンスライン裏に抜け出したカポーネのボレーシュートがわずかに枠を外れた。千載一遇のチャンスを逸したイタリアだったが、追加タイム2分にも同点のチャンス。スカマッカが相手DFを背負っての見事なボレーシュートでネットを揺らした。だが、VARの末にスカマッカのヒジが対応したDFに入っていたとしてファウルと判定され、ノーゴールに。 結局、1点を守り抜いたウクライナが逃げ切り、決勝へ進出。この後試合を行う-20エクアドル代表vsU-20韓国代表の勝者と初優勝を懸けてファイナルを戦うことになった。 2019.06.12 02:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ウクライナが5発圧勝で首位堅持! 惨敗セルビアは最下位に…《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループB第3節、ウクライナ代表vsセルビア代表が7日に行われ、5-0でウクライナが圧勝した。 1勝1分けスタートとしたウクライナと、引き分けスタートとなったセルビアの一戦。ウクライナはコノプリャンカやジンチェンコをスタメンで起用した。対するセルビアはヨビッチやタディッチをスタメンで起用した。 試合はホームチームのウクライナが立ち上がりから攻勢に出ると、25分にコノプリャンカのミドルシュートがGKを強襲。そして26分、ウクライナが順当に先制した。右サイドからのカラヴァイェフのグラウンダークロスをツィンガコフが合わせてネットを揺らした。 畳み掛けるウクライナはさらに28分、中盤でパスを受けたツィンガコフのミドルシュートが決まって2-0と突き放した。 ツィンガコフの2ゴールで2点をリードして迎えた後半開始1分、ウクライナが3点目を奪い切った。ボックス手前左でボールを受けたコノプリャンカがゴール右へコントロールシュートを流し込んだ。 勢いが止まらないウクライナは59分、ボックス右に侵入したカラヴァイェフの折り返しをヤレムチュクが決めて4-0。さらに75分にもコノプリャンカが3点目と同じような形からコントロールシュートを決めて5-0としたウクライナがセルビアに圧勝。首位を堅持している。 ◆7日開催グループBその他の試合結果 リトアニア 1-1 ルクセンブルク ◆グループB順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ウクライナ[7/3/6] 2.ルクセンブルク[4/3/0] 3.ポルトガル[2/2/0] 4.リトアニア[1/2/-1] 5.セルビア[1/2/-5] 2019.06.08 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

コロンビアを攻守に上回ったウクライナが逃げ切ってベスト4進出!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019準々決勝、U-20コロンビア代表vsU-20ウクライナ代表が7日に行われ、0-1でウクライナが勝利した。 決勝トーナメント1回戦でU-20ニュージーランド代表にPK戦の末に勝ち上がったコロンビアと、U-20パナマ代表に4-1と快勝して初のベスト8に進出したウクライナによるベスト4を懸けた一戦。 立ち上がりからボールを保持して試合をコントロールしたのはウクライナ。そして6分には決定機を演出する。コノプリアの右クロスからブレツァがダイビングヘッド。だが、わずかにシュートは枠の左に外れた。 それでも11分、勢いそのままウクライナが先制する。ロングボールを使って揺さぶると、相手DFと不用意に飛び出したGKの間隙を縫ってシカンがボールをカットし、無人のゴールに蹴り込んだ。 先制後もウクライナが主導権を握る。[5-4-1]のブロックを作ってコロンビアの攻撃を封殺し、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半も攻守にコロンビアを上回るウクライナがペースを掴む中、63分に追加点のチャンス。ブレツァのスルーパスでボックス左に侵入したコミネンコがシュート。だが、GKのセーブに阻まれた。さらにルーズボールを拾った流れから、チタイシビリがボレーを放ったが、枠を捉えきれなかった。 終盤にかけてはコロンビアが攻勢を強め、80分にはカルボネロのミドルシュートでゴールに迫った。しかし83分、ポポフへのスライディングタックルを見舞ったカルボネロにVARの末、一発レッドカードが提示され、コロンビアは万事休す。 1-0で逃げ切ったウクライナはU-20イタリア代表vsU-20マリ代表の勝者と決勝進出を懸けて準決勝を戦う。 2019.06.08 00:24 Sat
twitterfacebook
thumb

パナマに4発圧勝のウクライナ、準々決勝でコロンビアと対戦へ《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯) 2019決勝トーナメント1回戦、U-20ウクライナ代表vsU-20パナマ代表が3日に行われ、4-1でウクライナが圧勝した。 グループDを首位で通過したウクライナと、グループEを3位で通過したパナマの一戦。 立ち上がりから地力に勝るウクライナがポゼッションする展開で立ち上がっていった。そして23分、順当にウクライナが先制した。コノプリアのスルーパスに抜け出したボックス右のシカンがゴール左隅にシュートを蹴り込んだ。 その後も攻勢に出るウクライナは40分、左CKの流れからルーズボールをポポフがヘッドで押し込んで加点に成功すると、追加タイム1分にはシカンがこの試合2点目を奪う。コノプリアの右クロスに飛び込んだシカンがスライディングシュートで流し込んだ。 ウクライナが3点をリードして迎えた後半、開始5分にウォーカーにゴールを許してしまう。 それでも、パナマにそれ以上の反撃を許さなかったウクライナは終盤の83分に4点目を奪う。ブレツァがボックス中央で味方のシュートを受け、冷静にゴールへ蹴り込んだ。 圧勝したウクライナは準々決勝ではコロンビアと対戦する。 2019.06.04 02:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース