ミラン、ガットゥーゾ監督&レオナルドSDの退任を発表2019.05.29 01:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは28日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(41)と、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏(49)との契約解除を発表した。現役時代に“リーノ”の愛称で2000年代前半のミランの黄金期の主力として活躍したガットゥーゾ監督は、昨シーズンの途中から古巣を率い、昨季はヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献。しかし、今シーズンはシーズン終盤までチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを戦ったものの、最終的にCL出場圏外の5位で今季セリエAを終えることに。

これを受けて、クラブは2021年まで契約を残していたガットゥーゾ監督の更迭を決断した。なお、2021年まで発生するサラリーに関して同監督は、「私とミラノとの間で金の話をするなんてあり得ない。残り2年の契約は手放すよ」と、サラリーの受け取りを辞退する意向を表明している。

また、ガットゥーゾ監督と同様にクラブOBのレオナルド氏は2018年7月にミランのSDに就任。今年1月に途中加入し主力に定着したブラジル代表MFルーカス・パケタらの獲得に尽力したが、今季クラブが目標を達成できなかった責任を取る形で辞任を申し入れ、これをクラブが了承する形での退団となった。

なお、ミランのイバン・ガジディス最高経営責任者(CEO)は両氏の退団に際して以下のようなコメントを残している。

◆ジェナーロ・ガットゥーゾ監督
「私がここに来てからの6カ月間、リーノ・ガットゥーゾという男をよく知るという特権を得ることができた。リーノは今シーズンのチームのために文字通りすべてを捧げてくれた。彼は常に責任を背負い、あらゆることよりもクラブを優先し、たゆまぬ努力を続けてくれた。その献身に心からありがとうという言葉を送りたい」

◆レオナルドSD
「レオナルドは昨夏の移籍市場が閉まる数週間前の大事な時期にミランに加入してくれた。非常に困難な状況の中、心と魂をもって非常に複雑な状況に対応し、クラブに野心とエネルギーを伝えてくれた。彼のクラブに対する素晴らしい貢献に心から感謝したい。同時に彼の今後の成功を願っている」

監督、SDの後任人事に関しては決まり次第アナウンスされる予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、モドリッチ獲りに関心? 代理人と接触

ミランが、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 マルコ・ジャンパオロ新監督の下で新たなシーズンに臨むミランは、中盤の補強を画策。ここまではエンポリからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチ(25)を獲得しているが、さらにエンポリのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル、フィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥといったイタリア国内のタレントへの触手を伸ばしている。 その一方でクラブは、新生ミランの象徴となるようなスーパースターの獲得にも関心を示しており、レアル・マドリーの背番号10に接触を図ったようだ。ミランはモドリッチや多くの若手タレントを顧客に持つセルビア人代理人のブラド・レミッチ氏と16日に会談を行い、その際にモドリッチの近況に関して問い合わせをしていたようだ。 ミランにとってモドリッチをマドリーから引き抜くことは非常に困難なオペレーションとなるが、フロンティーノ・ペレス会長はスカッドの刷新に動いており、1250万ユーロ(約15億1000万円)+ボーナスと言われるクロアチア代表MFの高額な年俸を残り2年間支払い続けることに前向きではないようだ。そのため、オファー次第で放出に動く可能性は十分に模様だ。 ただ、財政面に問題を抱えるミランにとってモドリッチの獲得はあくまで夢であり、今回の代理人との接触に関しては今後獲得のチャンスがある場合に備えた下調べ程度とのことだ。 2019.07.17 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、ヴィオラMFヴェレトゥ争奪戦でポールポジションに!

ローマがフィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ナント出身のヴェレトゥは2015年にアストン・ビラ入りすると、サンテチェンヌへのレンタル移籍を経て、2017年夏にフィオレンティーナに加入。セントラルMFを主戦場に豊富な運動量で守備から攻撃まで一手に担うゲームメイカーは、昨シーズンの公式戦37試合で5ゴール4アシストをマークしていた。 そのフランス人MFを巡っては最近、ミランやナポリ、アタランタなど複数クラブの関心報道が加熱。そうしたなかで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のメンバーから外れ、今夏の移籍により拍車がかかっている状況だ。 関心を示す一角として動向に注目を集めるローマは、そのヴェレトゥ獲得に向け、2000万ユーロ(約24億2000万円)+ボーナスといわれるフィオレンティーナの要求額に最も近い条件を用意しており、ミランとの一騎打ちとみられる争奪戦で優位に立った模様だ。 なお、そのローマはヴェレトゥとともに、アタランタでプレーするイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得も近い様子。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるジャンルカ・ペトラーキ氏は、数日中の獲得を試みているとのことだ。 2019.07.16 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタ、クラブ史上初のCLはサン・シーロ開催に! ミランが許可

アタランタが来季初出場のチャンピオンズリーグ(CL)をミラノのサン・シーロで開催することが決定した。 欧州サッカー連盟(UEFA)の規定によってCLを本拠地で開催できないアタランタは、先日にインテルとミランが本拠地としているサン・シーロでの代替開催を申請。 すでにインテル側とミラノの市議会の承認を得ていたが、サポーターが強硬に反対姿勢を見せていたミランの承認を得ることに苦戦していた。 しかし、ミランは11日、イタリア『ANSA』に対してアタランタの要請を受け入れる意向であることを明かした。 「サン・シーロでチャンピオンズリーグのホームゲームを開催するというアタランタからの要請を受け入れたことを認めます」 「我々の決定に関してはアタランタの強い要望を理解し、ミラノ市長のジュゼッペ・サラ氏の前向きな意見に追随するものです」 「我々は今回の決定がアタランタだけでなくイタリアサッカー界にとっても大きな利益を生むものだと信じています。それはホスピタリティ、リスペクト、フェアプレーという観点においてです」 アタランタは昨シーズンのセリエAで3位に入り、クラブ史上初のCL出場権を手に入れた。だが、初のCLに向けてスタジアム問題が浮上。アタランタがホームとして使用しているスタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアは現在改築工事中で、UEFAの規定に収まらないという。 これまでアタランタは、ヨーロッパリーグ(EL)ではサッスオーロのマペイ・スタジアムを借りていたが、来季のCLでは本拠地ベルガモにより近いサン・シーロをホームとして使うことを計画していた。 2019.07.12 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン退団のモントリーボ、イタリア2部のクレモネーゼへ

今夏にミランを退団した元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)のクレモネーゼ移籍が迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 2012年にフィオレンティーナから加入したモントリーボは、一度も出場機会のなかった昨シーズンを最後にミランを退団している。以前に同選手の新天地をユース時代を過ごしたアタランタと予想していた同メディアだったが、最新の情報ではセリエBのクレモネーゼ加入が迫っているようだ。 クレモネーゼは1903年に創設されたクレモナに本拠地を置くクラブで、過去2シーズンはセリエBで戦っている。元イタリア代表指揮官のチェーザレ・プランデッリやインテルやミランでプレーしたジュゼッペ・ファヴァッリ、イタリア代表でおよそ60キャップを誇るジャンルカ・ヴィアリ氏も在籍した歴史のあるクラブだ。 昨季は9位に終わったクレモネーゼが初のセリエA昇格を目指して、経験豊富なモントリーボの獲得に尽力しているようだ。 2019.07.11 18:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ピョンテク、新シーズンは背番号9に! 呪われたジンクスを払拭できるか

ミランのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが9日、自身のインスタグラムで新シーズンに背番号9を背負うことを明かした。 今年1月にジェノアから3500万ユーロの移籍金でミランに加入したピョンテクは、エースストライカーの象徴である背番号9を入団時に希望したものの、当時のGMを務めていたレオナルド氏に「9番は重要な番号であり、それに相応しくなければならない。我々はピッチで番号をつかみ取って欲しいと考えている」と却下されていた。 しかし、19番を付けたピョンテクはシーズン後半戦、セリエAで9ゴール、コッパ・イタリアで2ゴールを挙げ、ミランの新エースとして十分な働きを見せていた。 ただ、ミランではフィリップ・インザーギ氏が活躍して以降、9番を背負ったストライカーが結果を残せず、不吉な番号として認知されているが、ピョンテクはそのジンクスを打ち破れるか。 なお、インザーギ氏以降に9番を背負ったのはFWアレシャンドレ・パト(2)、FWアレッサンドロ・マトリ(1)、FWフェルナンド・トーレス(1)、FWマッティア・デストロ(3)、FWルイス・アドリアーノ(6)、FWジャンルカ・ラパドゥーラ(5)、FWゴンサロ・イグアイン(6)でいずれも二桁ゴールにすら到達することができていなかった。※()内はゴール数 2019.07.10 05:51 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース