J2首位の山形、DF坂井達弥がヒザのケガで全治6~8週間2019.05.16 19:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
モンテディオ山形は16日、DF坂井達弥が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治6~8週間と診断されたことを発表した。山形の発表によると、坂井はトレーニング中に負傷。その後、チームドクターによる検査を受けた結果、前述の診断が下された。

昨シーズン、サガン鳥栖との契約満了に伴い、トライアウトを経て山形に加入した坂井は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグで5試合に出場。今シーズンは第4節の大宮アルディージャ戦、第5節のFC琉球戦で共に先発出場を果たしたが、ここまでのプレーはその2試合のみとなっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

夏の移籍ウィンドーがオープン! 宇佐美貴史や太田宏介、中村俊輔が今節から出場可能に

Jリーグは19日、登録選手追加・変更を発表した。 夏の移籍ウィンドー(第2登録期間/7月19日〜8月16日※追加登録期限は9月13日)解禁後、一発目となる今週末の明治安田生命Jリーグ。今節からそれぞれ出場可能となる。 今回は、全カテゴリー併せて41名が追加登録。3年ぶり2度目のガンバ大阪復帰を果たした日本代表FW宇佐美貴史や、名古屋グランパスに移籍した元日本代表DF太田宏介のほか、横浜FC加入の元日本代表MF中村俊輔も名を連ねた。 【登録選手追加】 ◆J1 ▽北海道コンサドーレ札幌 DF田中駿汰※特別指定 ▽ベガルタ仙台 GKヤクブ・スウォビィク FWジオゴ・アコスタ ▽浦和レッズ MF関根貴大 ▽FC東京 DFオ・ジェソク MF三田啓貴 ▽横浜F・マリノス DF伊藤槙人 MF泉澤仁 ▽湘南ベルマーレ DF毛利駿也 MF澤田恒 FWクリスラン FWトカチ ▽松本山雅FC DF高木利弥 FW阪野豊史 ▽ジュビロ磐田 MF今野泰幸 ▽名古屋グランパス DF太田宏介 ▽ガンバ大阪 FW宇佐美貴史 DF村上景司※2種 MF中村仁郎※2種 ▽サガン鳥栖 DFパク・ジョンス ▽大分トリニータ 田中達也 ◆J2 ▽モンテディオ山形 MF秋山大地 ▽水戸ホーリーホック MF福満隆貴 FW小川航基 ▽栃木SC MF三宅海斗 FWキム・ヒョン ▽大宮アルディージャ MFイッペイ・シノヅカ ▽柏レイソル MFマテウス・サヴィオ MF三原雅俊 FWジュニオール・サントス ▽東京ヴェルディ MF澤井直人 ▽横浜FC MF中村俊輔 FW皆川佑介 ▽FC岐阜 MF塚川孝輝 ▽京都サンガF.C. MF藤本淳吾 ▽レノファ山口FC FW宮代大聖 ▽アビスパ福岡 FW村田和哉 ▽V・ファーレン長崎 MFカイオ・セザール FWビクトル・イバルボ ▽鹿児島ユナイテッドFC MF平川怜 ◆J3 ▽AC長野パルセイロ FW齋藤恵太 ▽ガイナーレ鳥取 FW鈴木国友 ▽FC東京U-23 DFオ・ジェソク MF三田啓貴 ▽ガンバ大阪U-23 FW宇佐美貴史 DF村上景司※2種 MF中村仁郎※2種 2019.07.20 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸、J1昇格へ向けて元U-20ブラジル代表レレウを湘南から獲得

水戸ホーリーホックは19日、湘南ベルマーレからブラジル人MFレレウ(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年1月1日まで。背番号は「30」に決定している。 U-20ブラジル代表歴を持つレレウは同国の複数クラブを渡り歩き、今シーズンから湘南でプレー。しかし、ここまで明治安田生命J1リーグ2試合、YBCルヴァンカップ3試合の出場にとどまっている状況だった。水戸移籍を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「湘南ベルマーレから移籍加入しましたレレウです。得意のスピードとテクニックを生かして得点、アシストを量産し、J1へ昇格するためにチームに貢献できるよう頑張ります」 ◆湘南ベルマーレ 「この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍をすることになりました」 「初めての日本で戸惑うことも色々とありましたが、選手、スタッフ、そして多くのサポーターに支えられ、大変感謝しております。湘南での経験を忘れずに次のチームで活躍したいと思います」 水戸は現在、J2リーグ10勝3分け9敗の5位。21日に行われる次節、14位のFC琉球をホームに迎え撃つ。 2019.07.19 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

東京VのFW林陵平に第二子誕生 「パパ頑張ります」

東京ヴェルディは19日、FW林陵平(32)の下に第二子が誕生したことを報告した。 東京都出身で東京Vの下部組織で育った林は明治大学を経て2009年に東京Vでプロデビュー。その後、柏レイソル、モンテディオ山形、水戸ホーリーホックを経て2018年に古巣東京Vに9年ぶりの復帰を果たしていた。 林は第二子誕生の報告に際して以下のようなコメントを残している。 「元気な子を産んでくれた妻と元気に生まれてきた子供に感謝します!パパ頑張ります」 なお、Jリーグ屈指の海外サッカー通として知られる林は、自身の得点時に海外リーグ選手のゴールセレブレーションを模倣することが以前から話題になっている。 通常、子供が誕生した際には“揺りかごダンス”が定番だが、今後の試合で得点を決めた際にはその定番を披露するのか。はたまた海外リーグ選手仕様のゴールセレブレーションを披露するのか注目が集まる。 なお、永井秀樹新監督の初陣となる明治安田生命J2リーグ第23節の愛媛戦は、20日に味の素スタジアムで行われる。直近のツエーゲン金沢戦で貴重な同点ゴールとなる今季5点目を記録した林は、この試合で2試合連続ゴールを挙げて第二子誕生を祝うことはできるか。 2019.07.19 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮がU18所属のFW髙田颯也の昇格内定を発表「感謝の気持ちを忘れず」

大宮アルディージャは18日、U18所属のFW髙田颯也(17)のトップチーム昇格内定を発表した。 髙田は埼玉県出身で、坂戸ディプロマッツから大宮U18に加入。2018年にはU-17日本代表、2019年はU-18日本代表に招集。今月7日から10日にかけてJヴィレッジで行われていたトレーニングキャンプにも参加していた。 「このたび、大宮アルディージャU18からトップチームに昇格することが決まりました。小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になるということを、大宮アルディージャでかなえられることを大変うれしく思います」 「これまで関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします!」 2019.07.18 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎、DFチェ・キュベックが済州ユナイテッドに期限付き移籍!

V・ファーレン長崎は18日、韓国人DFチェ・キュベック(25)がKリーグ1の済州ユナイテッドFCへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は同日から2019年12月31日までとなる。 チェ・キュベックは、大邱大学から加入した全北現代でプロキャリアをスタート。その後、蔚山現代を経て2018年2月に長崎に完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで9試合、JリーグYBCルヴァンカップで3試合1ゴールの数字を残していた。 2年目となった今シーズンは明治安田生命J2リーグで9試合1ゴール、ルヴァンカップで3試合、天皇杯1試合に出場していた。 また、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックでは、U-23韓国代表の一員として3試合に出場していた。 チェ・キュベックは今回の移籍に際して、クラブ公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「シーズン途中にチームを離れることが残念ですが、これからも成長できるように頑張ります。応援してくださったみなさんに感謝しています。これからも長崎を応援しています」 2019.07.18 18:16 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース