J2首位の山形、DF坂井達弥がヒザのケガで全治6~8週間2019.05.16 19:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
モンテディオ山形は16日、DF坂井達弥が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治6~8週間と診断されたことを発表した。山形の発表によると、坂井はトレーニング中に負傷。その後、チームドクターによる検査を受けた結果、前述の診断が下された。

昨シーズン、サガン鳥栖との契約満了に伴い、トライアウトを経て山形に加入した坂井は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグで5試合に出場。今シーズンは第4節の大宮アルディージャ戦、第5節のFC琉球戦で共に先発出場を果たしたが、ここまでのプレーはその2試合のみとなっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

J2リーグ4位の甲府、6得点のドゥドゥが離脱…全治約4週間

ヴァンフォーレ甲府は18日、ブラジル人FWドゥドゥの戦線離脱を発表した。 ドゥドゥは8日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節のモンテディオ山形戦で負傷。左大胸筋損傷Ⅱ度の診断を受け、全治4週間の見込みだ。アビスパ福岡から復帰した今シーズンはここまでJ2リーグ17試合6得点だった。 甲府は現在、8勝6分け4敗の4位。22日に行われる次節、3試合ぶりの勝利を目指して10位に位置するFC琉球のホームに乗り込む。 2019.06.18 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

6連敗中の最下位・岐阜が大木武監督と契約解除…新指揮官は昨季まで讃岐を指揮した北野誠監督

FC岐阜は18日、大木武監督(57)と双方合意の下で契約を解除することを発表した。なお、新監督には、昨シーズンまでカマタマーレ讃岐で指揮を執っていた北野誠氏(51)が就任する。 大木氏は、ヴァンフォーレ甲府で監督業をスタート。その後は清水エスパルス、川崎フロンターレユース、甲府を経て、2008年から2010年まで日本代表のコーチを務めていた。 その後、京都サンガF.C.、ジュビロ磐田U-18の監督を経て、2017年から岐阜の監督に就任した。 ボールを大事にするポゼッションサッカーを標榜する大木監督だったが、就任1年目の2017年は明治安田生命J2リーグで18位。2年目の2018年は20位と順位を落とすと、今シーズンはここまで3勝3分け12敗の勝ち点12で最下位に位置。15日に行われた第18節の大宮アルディージャ戦では土壇場に勝ち越しゴールを許し、2-1で敗戦。6連敗となり、退任となった。 後任の北野監督は、2009年にロアッソ熊本で監督を務めると、2010年からは讃岐を指揮。チームをJFL、J2へと昇格させていたが、2018シーズンにJ3へと降格。監督を退任していた。大木前監督、北野新監督、宮田博之代表取締役社長のコメントは以下の通り。 ◆大木武前監督 「日頃よりFC岐阜を応援してくださるファン・サポーター、スポンサー、株主、後援会、FC岐阜に関わる全ての皆様ありがとうございます」 「この度、私大木武は監督を退任することになりました。多くの優秀な選手がいるにも関わらず、現在の様な状態であるのは全て監督である私の責任です。誠に申し訳ございません」 「しかし試合はまだまだ続きます。本来の力を発揮し、素晴らしいチームになって行くことを信じております。皆様には引き続き応援、ご支援の程よろしくお願い致します。本当にありがとうございました」 ◆北野誠新監督 「大木武監督の後任としてFC岐阜の監督を受ける事になりました。自分に与えられたミッションは分かっています。もう一度チーム、選手達に自信を取り戻させ躍動感のあるプレーが出来るよう責任を持って取り組んでいく所存です。1試合、1試合を戦う気持ちを前面に出し勝ち点を積み上げていきますので応援よろしくお願い致します」 ◆宮田博之代表取締役社長 「2017年にFC岐阜の強化のために監督として迎え入れ、非常に熱心に指導をして頂いてきました。お蔭で監督の元でスキルを磨きたい選手が大勢集まり、優秀な選手に育ち本当に有難く思っています。今シーズンこそ良い結果に結びつくことを期待していましたが、残念ながら最下位が続いており、今後浮上させるために新監督への交代を決意いたしました。しかし、大木監督の残された数々のご指導や熱い思いは、今後もFC岐阜の財産になると確信していま」 「今シーズンは大木監督の3年目でもあり、良い結果を出せると期待していました。しかし、なかなか勝利することが出来ず、18節を終え最下位が続き皆様にはご心配をお掛けしております。今般チームを上昇させるために、新しく北野監督体制に切り替えて、心機一転チーム、クラブ一丸で戦って行くことにしました」 「北野監督は守備やチームマネジメントを得意とされ、直近のJ2リーグ5年間の戦いの中で様々な経験をされて来た方で、リーグの状況も一番よく把握されています」 「この状況で託すのに最も相応しい監督であり、チーム一丸で必ずや良い結果を生み出せると確信しています。ファン、サポーター、スポンサー、関係者すべての皆様方の一層の応援をよろしくお願い申し上げます」 2019.06.18 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】退場のマルコス・ジュニオールが出場停止で横浜FM痛恨、G大阪は倉田秋が欠場に

Jリーグは17日、明治安田生命J1リーグ第16節、J2リーグ第19節の出場停止選手を発表した。 J1からは横浜F・マリノスのMFマルコス・ジュニオールと、ガンバ大阪MF倉田秋が出場停止に。マルコス・ジュニオールは前節の清水エスパルス戦の退場に伴う1試合の出場停止、倉田は累積警告による1試合の出場停止が科されている。 J2からは栃木SCのDF田代雅也、ツエーゲン金沢FWクルーニー、FC琉球MF田中恵太が出場停止となる。田代は前節のアルビレックス新潟戦で退場に。クルーニーと田中は累積警告による出場停止が科された。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">MFマルコス・ジュニオール</span>(横浜F・マリノス) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs松本山雅FC(6/22) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs湘南ベルマーレ(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF田代雅也</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第19節 vs鹿児島ユナイテッドFC(6/22) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWクルーニー</span>(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ第19節 vsアルビレックス新潟(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF田中恵太</span>(FC琉球) 明治安田生命J2リーグ第19節 vsヴァンフォーレ甲府(6/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2019.06.17 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調・呉屋が6戦連発も守り切れず町田とドロー《J2》

明治安田生命J2リーグ第17節の2試合が16日に各地で行われた。 町田市立陸上競技場で行われた16位・FC町田ゼルビア(勝ち点21)vs6位・V・ファーレン長崎(勝ち点27)は2-2の引き分けに終わった。 ホームの歓声を受ける町田ペースで試合が進んでいくが、先攻したのはアウェイの長崎。17分、ハーフライン付近で粘った畑が敵陣中央へパス。フリーでボールを受けた呉屋がそのままボックス内へ侵攻するとGK増田との一対一の局面も冷静にゴールへ流し込んで先制に成功する。 カウンターからチャンスを狙う長崎は前半アディショナルタイム、角田の縦パスをボックス中央手前でボールを受けた呉屋がワントラップから右足を一閃。低い弾道の鋭いボールがゴール左に突き刺さり、リードを2点とする。 2点ビハインドとなった町田も反撃。62分、ボックス右へ侵攻した岡田がグラウンダーのクロスを供給。すると、イ・サンミンのオウンゴールを誘発して1点を返す。 1点差とした町田は68分に同点とする。ボックス右を個人技で打開したロメロ・フランクがグラウンダーのクロスを供給。これをファーサイドの富樫が押し込んで試合を振り出しに戻した。 逆転への執念を見せる町田は90分、ボックス中央手前までドリブルで持ち運んだ岡田がミドルシュート。しかし、わずかにゴール左に外れてしまう。 結局、試合はこのまま2-2で終了。呉屋の6試合連続ゴールを守り切れなかった長崎が2試合未勝利で5位浮上のチャンスを逃した。一方の町田は3試合未勝利となっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第18節 ▽6/16(日) V・ファーレン長崎 2-2 FC町田ゼルビア アビスパ福岡 1-1 柏レイソル ▽6/15(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 鹿児島ユナイテッド 横浜FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴォルティス徳島</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> ツエーゲン金沢 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 栃木SC 京都サンガF.C. 2-2 FC琉球 ファジアーノ岡山 1-1 レノファ山口 2019.06.16 20:09 Sun
twitterfacebook
thumb

天王山制した山形が首位浮上! 大宮は2位に《J2》

明治安田生命J2リーグ第18節の9試合が15日に行われた。 天王山となったモンテディオ山形vs水戸ホーリーホックは、1-0で山形がモノにしている。 序盤からホームで守勢を強いられた山形は再三相手に決定機を許してしまう。それでも何とかGK櫛引の活躍で無失点に抑えていると、後半からは何とか持ち直していく。 すると迎えた66分、右サイドの柳が上げた低弾道のクロスを阪野がダイレクトで流し込み先制に成功。 その後は水戸に危ない場面を作られるも、追加点の雰囲気を漂わせながら試合終了。水戸の攻撃を耐え抜いた山形が1-0で逃げ切り、首位に浮上した。 また、大宮アルディージャvsFC岐阜は、2-1大宮が勝利を収めた。 試合が動いたのは15分、大宮は岐阜のペナルティエリア前で奥抜が引っかけてボールを奪うと、こぼれ球を拾ったフアンマ・デルガドがボックス右からシュート。GKに防がれるも、弾いたボールが奥抜に当たってゴールイン。大宮が先制した。 だが岐阜も30分に、敵陣左サイドでボールを奪って粟飯がクロスを供給。ボックス中央で受けた山岸が反転からシュートを流し込んで同点とした。 後半に入ると、大宮が主導権を握るもなかなかシュートチャンスを作れない。だが後半アディショナルタイム、右サイドでボールを持った小島が中に運んでボックス手前から横に流すと、三門がこれをダイレクトで決めて土壇場で勝ち越しに成功。大宮はそのまま白星を手にし、2連勝で2位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第18節 結果・日程 ▽6/15(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 FC岐阜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 鹿児島ユナイテッド 横浜FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴォルティス徳島</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 東京ヴェルディ</span> ツエーゲン金沢 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 栃木SC 京都サンガF.C. 2-2 FC琉球 ファジアーノ岡山 1-1 レノファ山口 ▽6/16(日) FC町田ゼルビア vs V・ファーレン長崎 アビスパ福岡 vs 柏レイソル 2019.06.15 22:35 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース