やり過ぎ? プレミア昇格POでリーズ撃破のダービーが試合後に“スパイ”パフォーマンス2019.05.16 17:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日に行われたリーズ・ユナイテッド戦を勝利したダービー・カウンティの選手たちが試合後にマルセロ・ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄するパフォーマンスを見せた。イギリス『Caught offside』が伝えている。15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ(3位)vsダービー(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。

敵地で行われた1stレグを0-1で落としていたダービーは、この試合でも先手を奪われる。それでも、マリオット、マウントのゴールで2戦合計スコアを2-2とし、アウェイゴール数で上回ると、その後もウィルソン、マリオットにゴールが生まれ、最終的に2戦合計3-4でアストン・ビラの待つ決勝進出を果たした。

同試合後、ダービーの選手たちはアウェイサポーターに向けて両手で丸の形を作り、双眼鏡のようにして覗き込むようなパフォーマンスを敢行した。

実はリーズとダービーの対戦では、今年1月に行われたリーグ戦の対戦前にビエルサ監督の指示でチームスタッフがダービーの練習場に偵察へ向かい、相手の練習を観察するスパイ行為が発覚。

後にビエルサ監督は自身の監督キャリアを通じて、常にそういった偵察行為を行い、今シーズンもダービー戦前に対戦したすべての対戦相手の練習場にチームスタッフを派遣していたことを認めていた。また、この問題を受けてリーズはイングランドフットボールリーグ(EFL)から罰金20万ポンド(約2800万円)を科されていた。

そして、その一件を受けて、ダービーの選手たちはビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄する今回のパフォーマンスを披露したのだ。

このパフォーマンスに関してはビエルサ監督の“スパイ”行為を快く思わない人たちを中心に風刺の利いた痛快なパフォーマンスだという好意的な反応があった。

一方、先日のアストン・ビラとの対戦で相手選手負傷時に自軍が奪ったゴールを正当と認めず、直後にわざと相手にゴールを決めさせるフェアプレイ精神を見せるなど、フットボールに対して真摯な態度を見せるビエルサ監督を揶揄する行為、激戦を演じた相手にそれも敵地でバカにするような行為を見せたことに不快感を示す反応もあり、やや物議を醸す一件となった。

◆ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄
https://twitter.com/RealCasuals/status/1128766913734217728
コメント
関連ニュース
thumb

ダービー、エバートンからU-21イングランド代表MFドーウェルをレンタル!

チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティは11日、U-21イングランド代表MFキーラン・ドーウェル(21)がエバートンから期限付き移籍で加入することを発表した。加入期間は1年間となる。 エバートンの下部組織出身のドーウェルは、2014-15シーズンにヨーロッパリーグ(EL)でトップチームデビューを果たすと、翌2015-16シーズンにはプレミアリーグにも出場。 直近の2シーズンはノッティンガム・フォレスト、シェフィールド・ユナイテッドとチャンピオンシップのクラブにレンタル移籍を経験。今年1月に半年間のレンタルで加入したシェフィールド・ユナイテッドではリーグ戦16試合に出場し、2ゴール1アシストの数字を記録し、同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 また、イングランドの世代別代表チームの常連である攻撃的MFは、FIFA U-20ワールドカップ2017で7試合に出場し、チームの優勝に貢献。また、直近はU-21欧州選手権にも出場していた。 2019.07.12 13:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ランパードの後任はフィリップ・コクー! ダービー新指揮官が決定

ダービー・カウンティは5日、新指揮官に元オランダ代表MFのフィリップ・コクー氏(48)が就任することを発表した。契約期間は4年間。 ダービーは2018-19シーズン、フランク・ランパード監督の下、プレミアリーグ昇格に寸前まで迫るプレーオフ決勝進出を果たした。しかし、同監督は4日、ユベントスに旅立ったマウリツィオ・サッリ前監督の後任を探していたチェルシーへの5年ぶり帰還が決定していた。 ダービーの新指揮官に就任したコクー氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ダービーが私の新しいクラブになることを嬉しく思うと共に、名誉に感じている。新たな冒険に向けて、チームやファンの方々に会うのが待ちきれない」 コクー氏は現役時代、卓越した戦術眼とユーティリティー性を武器にPSVやバルセロナ、オランダ代表で活躍。2008年に現役を退いて以降は、古巣PSVのユースチームの監督やアシスタントコーチを務め、2012年3月にトップチームの監督に就任すると、2018年までの在任期間に3度のエールディビジ制覇に導いた。しかし、昨夏に就任したフェネルバフチェでは成績不振に伴い、わずか4カ月で解任され、フリーの状況が続いていた。 なお、コクー氏は、ダービー史上初の外国人監督とのことだ。 2019.07.05 17:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービーがランパード監督のチェルシー移籍正式決定をホームページで誤爆

イギリス『デイリー・メール』によると、チャンピオンシップのダービー・カウンティがフランク・ランパード監督のチェルシー就任を誤って発表してしまったようだ。 そのページは迅速に削除されたというが、多くのファンに確認されており、こうして『デイリー・メール』など複数のメディアによって広められてしまっている状態だ。 ランパード監督のチェルシー就任は秒読み段階となっていたため、事情を知っているファンにとって別段驚くべきことではないが、これにより確実となったと言っても過言ではないだろう。また、同監督がチェルシーの本拠地であるスタンフォード・ブリッジに到着したところも写真に収められており、公式発表は間もなくのようだ。 ところで、今回誤発表してしまったダービーだが、チェルシーもつい先日にクロアチア代表MFマテオ・コバチッチの移籍を予定されていた日よりも早くに発表してしまい、その処理に追われる事態を引き起こしていた。似た者同士ということだろうか。 2019.07.04 14:59 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーのランパード監督誕生はもうまもなく!? ダービー会長も「時間の問題」とコメント

チェルシーのフランク・ランパード監督(41)の誕生は、もう間もなくのようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシーは今夏、昨夏に招へいしたばかりのマウリツィオ・サッリ監督(60)との契約を解消。プレシーズン開始前に新指揮官を決定したい同クラブは、多くの後任候補の中からクラブOBのダービー・カウンティを率いるランパード監督の招へいに一本化していた。 一時はランパード監督の手腕を評価するダービーが契約延長に向けて動いていたことから交渉が停滞。しかし、交渉の長期化を避けるため、ダービーは6月25日にランパード監督とチェルシーの交渉を許可したことを発表した。 そして今回、伝えられるところによれば、チェルシーはランパード監督と年俸400万ポンド(約5億4000万円)で3年契約を結ぶ見込み。同契約にはいくつかのインセンティブが含まれており、チェルシーは遅くとも水曜日の朝に就任発表することを目指しているという。 なお、ランパード監督がチェルシーに就任した場合、ダービーでゴールキーパーコーチを務める元アイルランド代表GKシェイ・ギブン氏の加入は不透明であるものの、アシスタントコーチのジョディ・モリス氏、クリス・ジョーンズ氏がランパード監督と共に入閣するようだ。 チェルシーは、2年間の契約を残すランパード監督の引き抜きに際して、ダービー側に400万ポンド(約5億4000万円)の契約解除金を支払う見込み。そのダービーは声明において、すでにランパード監督がチェルシーに就任すると見越して後任探しに動いていることを報告。なお、同クラブのオーナーであるメル・モリス氏もランパード監督のチェルシー指揮官就任は「時間の問題」だと『talkSPORT』に明かしている。 2019.07.02 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ダービー、ランパード後任にフィリップ・コクーを指名か?

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するダービ・カウンティがチェルシーと交渉中のフランク・ランパード監督(41)の後任として、元オランダ代表MFのフィリップ・コクー氏(48)の招へいを目指しているようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。 昨年5月からチームの指揮を執るランパード監督の下、2018-19ヒーズンはプレミアリーグ昇格に寸前まで迫るプレーオフ決勝進出を果たしたダービー。 しかし、ユベントスに旅立ったマウリツィオ・サッリ前監督の後任を探すチェルシーが、クラブのレジェンドであるランパード監督の帰還を画策しており、先日にダービーは同監督とチェルシー側の交渉を許可し、現在はその後任を探している状況だ。 そして、『タイムズ』が伝えるところによれば、ダービーはランパード監督と同様に現役時代に輝かしい成績を収めた若手指揮官のコクー氏の招へいを目指し、すでにコンタクトを取っているという。 現役時代に卓越した戦術眼とユーティリティー性を武器にPSVやバルセロナ、オランダ代表で活躍したコクー氏は、2008年に現役を引退。 その後、古巣PSVでユースチーム監督やアシスタントコーチを務めた後、2012年3月にトップチームの監督に就任。2018年までの在任期間に3度のエールディビジ制覇に導く手腕を発揮。 しかし、昨年夏に就任したトルコの名門フェネルバフチェでは成績不振に伴い、わずか4カ月で解任。現在はフリーの状況が続いている。 2019.07.01 15:03 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース