最終戦敗北のポグバ、ユナイテッドファンの怒りを一身に2019.05.13 16:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)に対して、ファンが溜まりに溜まった怒りをぶつけた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。前節の時点でチャンピオンズリーグ(CL)出場権がかかるトップ4入りの可能性が消滅したユナイテッド。12日にホームで行われたプレミアリーグ最終節でカーディフと対戦した。何もかかっていないといえど、サポーターのためにもプライドを示したい一戦だったが、降格が決まったチームを相手に0-2で敗戦。5戦未勝利の6位で今シーズンの幕を下ろした。

この怠慢な戦いぶりがファンの怒りを助長させる結果に。その影響をもろに受けたのがポグバだ。上半身裸の同選手が試合後、ピッチから更衣室に通づるトンネルに差し掛かると、一部ファンから「オーレ、奴を追い出せ!」や、Fワードを用いた汚い言葉が…。これらを耳にしたポグバは少し立ち止まり、サムアップポーズや拍手で反応してみせ、その場を去った。

今シーズンの公式戦47試合で16得点11アシストの成績を残したが、一貫性を欠いたパフォーマンスや、主軸としての姿勢が問題視され、批判が集中するポグバ。ファンのもとから立ち去る際、両手を合わせて謝るかのような素振りもみせたが、長らくレアル・マドリー移籍の憶測も飛び交っている状況だけに、本心はいかに…。
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク、移籍先として噂のインテル戦欠場へ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、20日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のインテル戦を欠場するという。イギリス『BBC』が報じた。 今夏の移籍市場でインテル行きの報道が取り沙汰されるルカク。インテルとユナイテッドの交渉が明らかになっているが、両者が主張する移籍金額でかみ合わず、滞っている。 そうしたなか、プレシーズン活動を行うユナイテッドは、オーストラリアからシンガポールに移動。そのシンガポールでルカクの移籍先として長らく挙がるインテルと対戦する。 前日会見に出席したユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ルカクの出場可否について「彼はフィットしていない。起用はできないだろう」と述べ、欠場を明かしたという。 また、ルカクを取り巻くインテル移籍の可能性についての質問も飛んだが、「新たな情報はない」と返答するにとどまったとのことだ。 なお、渦中のルカクはオーストラリアで行われたパース・グローリーやリーズ・ユナイテッドとのプレシーズンマッチも欠場している。 2019.07.20 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ「ルカクが好き」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に言及した。イギリス『BBC』が報じた。 コンテのトップターゲットに長らく浮上するルカク。セリエA挑戦を「憧れ」だと公言する本人もインテル行きを希望している模様だが、ユナイテッドの要求額がネックとなり、交渉の停滞が明らかになっている。 そのインテルの指揮を執るコンテ監督は、20日にシンガポールで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユナイテッド戦に向けた会見でルカクについてこう述べたという。 「君たちは私がルカクを気に入っていることを知っている。チェルシーの監督だったとき、彼を連れてこようとした。前にも言ったように、彼が好きだ。我々にとって、彼がチームを改善してくれる重要な選手だと考えているが、同時に移籍マーケットが存在する。現在の状況は把握している。どうかるか見てみよう。今のルカクはユナイテッドの選手だ」 また、プレシーズンツアーのメンバーから外したアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディについてもコメント。ルカクの移籍金捻出に向けた売却が指摘される同選手について問われると、「状況は非常に明白だ。イカルディがクラブのプロジェクト外であることがね。これが現実さ」と話している。 2019.07.20 08:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド熱視線のロングスタッフが去就に言及「関心は嬉しいけど…」

ニューカッスルに所属するイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)が、今夏の去就について言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ニューカッスルの下部組織出身のロングスタッフは、セントラルMFを本職とする選手で、左右両足のキック精度や運動量、タックルに定評のある注目株。昨シーズンはケガの影響で公式戦13試合の出場に留まったものの、その少ない出場機会の中で印象的なプレーを見せていた。 そのイングランド人MFに対しては、昨シーズン終了後からマンチェスター・ユナイテッド移籍が取り沙汰されている。しかし、ニューカッスルが5000万ポンド(約67億4000万円)を要求していることで交渉が難航している。 現在、ニューカッスルのアジアツアーに参加中のロングスタッフはイギリス『クロニクル』で去就に関してコメントした。 「今は成り行きを見守っているだけだ。そして、自分のコンディションを整えることだけに集中しているよ。それに、僕はニューカッスルの選手だよ。できるだけ早くピッチに復帰したい。それが僕の楽しみだからね。毎日、着実に状態は良くなっているし、それこそ今望んでいるすべてだよ。ピッチに戻って新しい監督(スティーブ・ブルース)にアピールするのが待ち切れないよ」 「1年前の段階で誰かに今の自分の状況について聞かされていたら、たぶんその人のことを笑っていただろうね。だって、去年はリーグ1(イングランド3部)のポーツマスにローンで移籍するかどうかを決断していたんだからね。それが1年後には世界屈指のビッグクラブへの移籍の噂に巻き込まれているんだからね」 「僕にとってそれはとてもポジティブなことで、より自信をもらったよ。短期間しかプレーしていなかったのに注目してもらえている。それは光栄なことだと思うけど、僕の仕事はニューカッスルにある」 2019.07.19 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド&エバートンがマテュイディに関心? すでにユベントスと接触か

マンチェスター・ユナイテッドとエバートンが、ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(32)に関心を寄せているようだ。フランス方面の情報をもとにイギリス『ミラー』が報じた。 今夏にフランス代表MFポール・ポグバを失う恐れが取り沙汰されるユナイテッド。加えて、スペイン代表MFアンデル・エレーラ(29)が退団しているため、中盤の補強が見込まれている。 一方のエバートンはマンチェスター・シティからイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)を獲得。だが、マルコ・シウバ監督はさらなる中盤の補強を望んでいるという。 両クラブは豊富な運動量で献身性を備えるマテュイディ獲得に向けて、ユベントス側とコンタクトを取ったようだ。なお、移籍金は2000万ポンド(約26億9000万円)が下限になるとみられている。 だが、ユベントスは新シーズンまで契約を結ぶマテュイディを手放したがっていない様子。仮に他クラブからオファーが届いても、抵抗する可能性があるとのことだ。 2019.07.19 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、PSMで積極アピールの17歳グリーンウッドを称賛! チェルシーとの開幕戦に起用も…

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、プレシーズンマッチで積極アピールを続けている17歳の逸材を称賛している。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 現在、プレシーズンツアー中のユナイテッドは、オーストラリアの地でパース・グローリー、リーズ・ユナイテッド相手にプレシーズンマッチ連勝。その中で存在感を放っているのが、U-18イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(17)だ。 ユナイテッドのアカデミー育ちのセンターフォワードは、今年3月のチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦でトップチームデビューを果たすと、同月のアーセナル戦でプレミアリーグデビューも飾り、プレミアリーグ最終節のカーディフ戦では初スタメンでフル出場も記録したクラブ期待の若手だ。 そのグリーンウッドは前述のパース・グローリー戦で随所に好プレーを見せると、直近のリーズ戦では開始7分にボックス右に抜け出したDFアーロン・ワン=ビサカの折り返しをゴール前で冷静に合わせて先制点を挙げる活躍を見せていた。 そして、スールシャール監督は同試合後、グリーンウッドの活躍を称賛している。 「もちろん彼のゴールに喜んでいる。アタッカーにとってゴールを決めることは非常に重要なことだ。彼にその才能があることは以前から話してきたことだが、トップチームで最初のゴールを決めたことで、彼も肩の荷が下りたはずだ。動き方や賢さを見る限り、彼はこの先素晴らしいプレーヤーになると感じているよ」 「彼は前線の3トップのいずれでもプレーすることが可能だ。アタッカーを4人並べる際も同様にね。10番でも、7番、11番、9番でもやれる。彼は生まれながらフットボーラーだ。初めは左が利き足だったが、いまでは両方遜色なく使えて、前線のどこでもプレーできるようになった」 「彼が素質のあるプレーヤーであることは一目瞭然だろう。そして、マンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーであるということは、可能性は無限大だということだ。もちろん、運も必要になる。ケガをせずに、プロフェッショナリズムに徹していれば、大きなチャンスを手にできると確信している。そのためのすべての要素が彼にはある」 さらに、スールシャール監督は8月11日に控えるチェルシーとのプレミアリーグ開幕戦におけるグリーンウッドのスタメン起用の可能性について問われると、「その可能性はある」と肯定的な反応を見せている。 「もちろん、その可能性はある。常にペナルティエリア周辺を脅かし、チャンスを作る。彼がこの調子をキープできるなら、そのようなプレーヤーをベンチに座らせておくのはもったいないと思うよ」 ユナイテッドアカデミー期待の若手は先輩マーカス・ラッシュフォードのように新シーズンに大ブレイクを果たすことになるのか注目だ。 2019.07.18 13:40 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース