2大会ぶりのW杯制覇へ…高倉麻子監督「令和という新しい時代に新しい光、強い光を」《女子ワールドカップ》2019.05.10 16:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。

会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表後、高倉監督は就任してからの約3年間を振り返りながら、選出したメンバーについて言及し、「令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたい」と意気込みを語った。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「ただいま23名のメンバーを発表させて頂きましたけど、私が就任して約3年ほどが経ちます。全てがこのW杯のために準備をしてきたつもりです。総勢63名、チャレンジキャンプを入れると、90名ほどの選手を呼び、様々な選手の可能性、チームの可能性を探る中で、最終的に選ぶ大きな理由の一つは、様々な選手を試合でも、力が足りないという状況であっても、積極的に試合で使い、練習をしていく中で、必ずその壁にぶつかり上手くいかないということが起きてきました。しかし、その時に選手が考え、工夫をして、努力をして、次に会ってプレーした時に、やはりしっかりと修正してきた選手が残ってきたのかなと思います。その跳ね返りの強さというところはいつも注目して見ていました」

「就任した時に、代表選手に求める4つの条件を挙げましたけど、テクニックがあって賢く、走る力がある、代表に対する思いが強い、この4つをベースに選手を常に見てきました。その中で、やはり平均的にレベルの高い選手+何か一つでも強いものを持った選手ということも、選考する中では、大きなキーになりました」

「W杯での戦いですけど、日本の現在地はFIFAランク7位という位置にいますし、今までの勝率を見ても圧倒的な強さを持って、戦うところはなかなか難しいと思います。ただ、そのことをチームがしっかりと自覚して戦っていく。これからW杯で選手を集めて、1カ月ほどの長い戦いになりますけど、その中で様々な起こると思いますし、上手くいくこといかないことということは出てくると思います。やはり、普通にやっていては勝てないということをみんなが分かり、ある時は何かを壊し、また作り上げるという作業をしながら、頂点に強い思いを持って向かっていきたいなと思います」

「チーム一丸となって選手には、勇気と想像する力、そして献身を求め戦っていきたいと思います。今まで、読んだ多くの選手たちは常にサッカーと真摯に向き合って、100%の力でプレーしてくれました。今回、選べなかった選手の分も精いっぱい戦っていきたいと思いますし、この新しい時代、令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこジャパン高倉監督の目標は東京五輪でメダル獲得のはず/六川亨の日本サッカー見聞録

コパ・アメリカの日本はグループリーグで敗退し、なでしこジャパンも決勝トーナメント1回戦でオランダに終了間際に与えたPKからの失点で1-2と敗れ、3大会連続の決勝戦進出はならなかった。 U-20W杯ポーランド、トゥーロン国際大会と6月は代表マッチが目白押しで、いずれもテレビ放送(コパ・アメリカはDAZN)で楽しめたが、もう少しなでしこジャパンの試合を見たかったと思う読者も多いのではないだろか。 決勝点となるPKを与えたキャプテンの熊谷は、8年前のアメリカとの決勝戦でPK戦の5人目のキッカーとして登場し、初優勝を決めた選手だけに、不思議な縁を感じる。 そして一部報道では高倉麻子監督の手腕を問う記事も目にした。確かに代表メンバー発表の際は、なでしこリーグ3年連続得点王の田中美南(日テレべーレーザ)を外した理由が今ひとつ明確ではなかったり、永里優季(シカゴ・レッドスターズ)と川澄奈穂子(スカイブルー)ら海外組を外したりしたのもその一因だろう。 高倉ジャパンにとっては若返りもテーマだっただけに、2人のベテランを外したのは理解できないでもない。その代わり、自身が率いてW杯で優勝したU-17やU-20から多くの選手を引き上げて若返りを敢行した。このため高倉監督を始めW杯を初めて経験する選手も多かったし、それなりの経験を積んだことだろう。 しかしながら現時点での監督交代は“百害あって一利なし”だ。そもそも女子サッカーは、男子と違いW杯よりも五輪を重視する。レジェンドの澤穂希を始め歴代の選手は「W杯より日本では注目度の高い五輪でメダルを取ることで女子サッカーの認知度を高めよう」と努力してきたからだ。 このため今回のW杯は、来年の東京五輪への強化の一環であり、得られた教訓は女子サッカー大国アメリカとドイツだけでなく、ヨーロッパ勢の急速なレベルアップだ。なでしこジャパンが簡単に勝てる相手は年を追うごとに少なくなっている。 そして、監督を代えようにも候補者がいないのも女子サッカーのネックになっている。前任者の佐々木則夫監督はW杯優勝1回、準優勝1回に加えロンドン五輪では銀メダルを獲得した名将である。しかし07年からリオ五輪出場を逃した16年まで10年間の長きにわたって監督を務めた。 主力選手が固定されたため若返りを指摘する声もあり、実際に佐々木監督もヤングなでしこの選手を招集して起用したものの、ベテラン選手を脅かすことはできずに世代交代は進まなかった。 技術委員会内部では、15年のカナダW杯後に佐々木監督には勇退してもらい、高倉氏を監督に推す声もあった。しかしリオ五輪まで1年しか準備期間がないこと、監督が代わっても主力選手の顔ぶれは変わらないだろうこと、そしてもう1点、決定的な不安要素があった。 ある関係者は言った。「高倉はなでしこジャパンの切り札です。もしも初舞台となるリオ五輪の出場権を逃すようなことがあれば監督交代となる。高倉には傷をつけたくないんです」というのが監督交代を見送った最大の理由だった。 そしてこの不安は的中した。2月から3月の寒い時期に日本で開催したアジア最終予選ではオーストラリアに1-3と完敗し、中国にも敗れ2勝1分け2敗の3位にとどまり3大会連続して出場していた五輪の出場権を逃した。 話を高倉監督に戻すと、現時点で高倉監督に代わる有力な候補者はいない。これは、なでしこジャパンの構造的な欠陥でもある。歴代の監督は黎明期の1986年に就任した鈴木良平氏、1996年に就任した鈴木保氏(元日産監督)、宮内聡(元日本代表)以降はJFA(日本サッカー協会)の技術委員が監督を務めてきた。 2002年~2004年にかけては元マカオ男子代表監督の上田栄治氏、2004年から2007年にかけては元アルビレックス新潟・シンガポールの監督だった大橋浩司氏、そして07年からは大橋監督のコーチだった佐々木氏が監督に就任した。 男子の日本代表監督は、98年フランスW杯の岡田武史監督以降、外国人監督を招聘してきた。昨夏のロシアW杯では大会直前に西野朗氏がヴァイッド・ハリルホジッチに代わって2010年の南アW杯以来となる日本人監督でチームをベスト16に導いた。 西野氏が代表監督に抜擢されたのはG大阪時代にJ1リーグを始め数々のタイトルを獲得した実績があるからだ。そして西野氏の後任に代表監督に就任した森保一監督も広島の黄金時代を築いた手腕を高く評価されたからだろう。 ところが女子の場合は、なでしこリーグでいくら結果・実績を残しても、代表監督の候補に上がることすらない。過去にはそれに不満を抱き、海外での指導者に転身した監督もいた。 なでしこジャパンの監督になるための明確な基準がJFAにはないことによる悲劇でもある。ポスト高倉は現コーチの大部由美が有力候補と思われるが、監督候補にはなでしこリーグの監督も含め、明確な基準を示して欲しいと願わずにはいられない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.06.27 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元なでしこMF田中陽子、ノジマ退団で海外挑戦へ「成長したい・勝負したい」

ノジマステラ神奈川相模原は26日、元なでしこジャパンのMF田中陽子(25)が退団し、海外移籍することを発表した。 2012年にJFAアカデミー福島からINAC神戸レオネッサに入団した田中は、2015年に当時なでしこ2部リーグだったノジマに入団。2016年にはリーグ戦18試合5ゴールを記録して、2部リーグ優勝と1部昇格に貢献。今シーズンはここまで1部リーグで7試合、カップ戦では5試合3ゴールを記録していた。 また、2013年にデビューを飾ったなでしこジャパンでは、ここまで4試合に出場している。 なお、移籍先等については現在、手続き中の模様。確定次第、お知らせすることを伝えている。また、田中のラストマッチは、6月29日に行われる2019プレナスなでしこリーグカップ1部第8節の日テレ・ベレーザ戦となる。 海外挑戦を決断した田中は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、ノジマステラ神奈川相模原を退団し、海外挑戦をすることを決意しました。ステラに来てから4年半が経ちました。4年半前にチームに迎え入れてくれ、入替戦や2部優勝、皇后杯準優勝など様々なことを経験し、成長させてもらいました」 「常にチームのことを考えてくれているスタッフやチームのために全力で走ってくれる仲間、どこまでも応援してくれるあたたかいサポーターと出会い、全員で支え合って1つの目標に進むあの感覚は言葉に表す事のできない感覚で、一生忘れられないものになりました。みんなと一緒にサッカーができてとても幸せでした」 「そんなかけがえのないチームをシーズン途中で離れることはとても悩みましたが、昔からの目標であった『世界中の人に愛される選手になる』ことと、海外でプロ選手として成長したい・勝負したいという気持ちが強くあったので、決断しました。ステラでサッカー選手としても人間としても成長させてもらった姿で、次のステージでまた目標に向って頑張りたいと思います」 「いつもあたたかく応援して下さったボランティアスタッフの皆さま、サポーターの皆さま、スポンサーの皆さま、地域の皆さまのおかげで充実した毎日を送ることができました」 「いつも応援して下さっている皆さんに急な報告となってしまい、申し訳ございません」 「これからもまだまだ上を目指して成長して行きます。これからはノジマステラの選手ではなくなりますが、ノジマステラで成長した選手として、これからも応援してもらえたら嬉しいです。そして、引き続きノジマステラへのご声援もお願いします!」 「今まで本当にありがとうございました!」 2019.06.26 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ベスト16進出国決定! なでしこジャパンはオランダ女子代表と激突《女子W杯》

フランスで行われている女子ワールドカップ(W杯)2019のベスト16進出国が出揃った。 グループDを2位通過のなでしこジャパンは、決勝トーナメント1回戦でグループE首位突破のオランダ女子代表と対戦。勝ち進めば、イタリア女子代表vs中国女子代表の勝者と顔を合わせる。 決勝トーナメント1回戦は23日からスタート。なでしこは26日に登場する。 ◆決勝トーナメント1回戦 ▽6/23 《24:30》 ドイツ vs ナイジェリア 《28:00》 ノルウェー vs オーストラリア ▽6/24 《24:30》 イングランド vs カメルーン 《28:00》 フランス vs ブラジル ▽6/25 《25:00》 スペイン vs アメリカ 《28:00》 スウェーデン vs カナダ ▽6/26 《25:00》 イタリア vs 中国 《28:00》 オランダ vs 日本 2019.06.21 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランドに完敗のなでしこジャパンは2位通過! ラウンド16はオランダorカナダの強豪と対戦へ《女子W杯》

なでしこジャパン(女子日本代表)は19日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD最終節でイングランド女子代表と対戦し、0-2で敗戦した。この結果、イングランドの首位通過およびなでしこの2位通過が決定した。 5日前に行われたスコットランド女子代表戦を2-1のスコアで競り勝ち今大会初勝利を挙げたなでしこは、他グループの結果によってこの最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。 2連勝でグループ首位のイングランドとの最終節に向けてはスコットランド戦から先発2人を変更。菅澤優衣香、三浦成美に代わって横山久美、小林里歌子を起用。2トップに岩渕真奈と横山、右サイドハーフに小林、中島依美を杉田妃和とボランチで組ませる[4-4-2]の布陣を採用した。 開始5分にバイタルエリアで前を向いた横山が両チームを通じて最初のシュートを放つと、9分にはボックス手前の好位置で得たFKを再び横山が直接狙うが、枠の左上隅を捉えたシュートは相手GKの好守に遭い、先制点とはならない。 まずまずの入りを見せたなでしこだったが、徐々に相手のカウンターを許し始めると、15分には中盤でボールを受けたスタンウェイに杉田が振り切られてスルーパスを許す。ここでDF熊谷紗希の背後を取ったホワイトに対してGK山下杏也加が飛び出しを見せるが、うまくチップキックを流し込まれて先制点を献上した。 この先制点によって勢いづいたイングランドに対して、守勢を強いられるなでしこ。失点直後にはスコット、スタンウェイに続けて際どいミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGK山下がビッグセーブで阻止。 その後は2トップの横山と岩渕が中盤に下りてボールを引き出して起点を作り出すが、全体の押し上げがなかなかできず、攻撃に厚みを加えられない。逆に、34分には縦パス一本に抜け出したデイリーに決定機を許すが、三度GK山下が好守をみせ、後半の逆襲に望みを繋いだ。 迎えた後半も押し込まれる時間が続く中、56分にはボックス手前左の岩渕のおぜん立てから中島にシュートチャンスが訪れるが、ここはシュートを大きくふかしてしまう。 何とか流れを変えたい高倉監督は62分、横山と小林に代えて菅澤、三浦を同時投入し、スコットランド戦と同じメンバーで反撃に打って出る。すると、中盤でボールを奪い、そのまま攻撃参加を見せる三浦、前線で五分五分の競り合いを見せる菅澤を起点に徐々になでしこが主導権を掴み始める。 しかし、ボックス内で訪れた幾つかの決定機を決め切れずにいると、84分には熊谷、DF市瀬菜々のセンターバックの後手の対応からカーニーのスルーパスに抜け出したホワイトにこの試合2点目を決められてしまい、痛恨の2失点目となった。 その後、遠藤純に代えて宝田沙織をピッチに送り出し、試合終盤には菅澤に決定機が訪れたものの、ここは相手GKの好守に阻まれて万事休す。今大会屈指の強豪イングランドに完敗のなでしこは今大会初黒星を喫し、グループDを2位通過することになった。 なお、なでしこは25日に行われるラウンド16でグループE首位チーム(オランダorカナダ)と対戦する。 また、同日行われたグループD最終節のもう1試合、スコットランド女子代表vsアルゼンチン女子代表は、3-3のドローに終わった。この結果、グループDではアルゼンチンの3位、スコットランドの最下位での敗退が決定している。 ◆グループD順位表 1.イングランド [9pt]※ 2.日本 [4pt]※ 3.アルゼンチン [2pt] 4.スコットランド [1pt] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.20 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、最終節を待たずに決勝トーナメント進出が決定!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019に参戦しているなでしこジャパンが、19日に行われるグループD最終節のイングランド女子代表戦を前に決勝トーナメント進出を決めた。 今大会はグループA~Fの上位2チームと、各グループ3位の6チームのうち上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進出する。イングランド、スコットランド、アルゼンチンが同居するグループDに属するなでしこは、第2節終了時点で首位に立つイングランドに次いで1勝1分けの勝ち点4で2位につけていた。 そんな中、女子W杯は16日にグループリーグ第2節の全日程が終了。その結果、グループEとグループFの下位2チームが2連敗を喫したため、両グループの3位チームが日本の勝ち点4を上回る可能性がなくなり、最終節の結果にかかわらず、なでしこの決勝トーナメント進出が確定した。 なお、なでしこが1位通過の場合は中3日でグループBかグループEかグループFの3位と、2位通過の場合は中5日でグループEの1位と、3位通過の場合は中2日か中3日でグループAかグループBの1位と対戦する。 2019.06.17 04:31 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース