2大会ぶりのW杯制覇へ…高倉麻子監督「令和という新しい時代に新しい光、強い光を」《女子ワールドカップ》

2019.05.10 16:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。

6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。

会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表後、高倉監督は就任してからの約3年間を振り返りながら、選出したメンバーについて言及し、「令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたい」と意気込みを語った。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「ただいま23名のメンバーを発表させて頂きましたけど、私が就任して約3年ほどが経ちます。全てがこのW杯のために準備をしてきたつもりです。総勢63名、チャレンジキャンプを入れると、90名ほどの選手を呼び、様々な選手の可能性、チームの可能性を探る中で、最終的に選ぶ大きな理由の一つは、様々な選手を試合でも、力が足りないという状況であっても、積極的に試合で使い、練習をしていく中で、必ずその壁にぶつかり上手くいかないということが起きてきました。しかし、その時に選手が考え、工夫をして、努力をして、次に会ってプレーした時に、やはりしっかりと修正してきた選手が残ってきたのかなと思います。その跳ね返りの強さというところはいつも注目して見ていました」

「就任した時に、代表選手に求める4つの条件を挙げましたけど、テクニックがあって賢く、走る力がある、代表に対する思いが強い、この4つをベースに選手を常に見てきました。その中で、やはり平均的にレベルの高い選手+何か一つでも強いものを持った選手ということも、選考する中では、大きなキーになりました」

「W杯での戦いですけど、日本の現在地はFIFAランク7位という位置にいますし、今までの勝率を見ても圧倒的な強さを持って、戦うところはなかなか難しいと思います。ただ、そのことをチームがしっかりと自覚して戦っていく。これからW杯で選手を集めて、1カ月ほどの長い戦いになりますけど、その中で様々な起こると思いますし、上手くいくこといかないことということは出てくると思います。やはり、普通にやっていては勝てないということをみんなが分かり、ある時は何かを壊し、また作り上げるという作業をしながら、頂点に強い思いを持って向かっていきたいなと思います」

「チーム一丸となって選手には、勇気と想像する力、そして献身を求め戦っていきたいと思います。今まで、読んだ多くの選手たちは常にサッカーと真摯に向き合って、100%の力でプレーしてくれました。今回、選べなかった選手の分も精いっぱい戦っていきたいと思いますし、この新しい時代、令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたいと思います」
コメント