レーティング:アヤックス 2-3(AGG:3-3)トッテナム《CL》

2019.05.09 06:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、アヤックスvsトッテナムが8日に行われ、2-3でトッテナムが勝利した。この結果、2戦合計スコアが3-3となり、アウェイゴール差でトッテナムが決勝に進出した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アヤックス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
24 オナナ 6.5
キックがやや不安定だったが、2つのファインセーブを見せるなどショットストップで存在感

DF
12 マズラウィ 6.0
ソン・フンミンの対応で前半は攻撃参加を自重。途中からボランチをそつなくこなした

4 デ・リフト 6.5
ユベントス戦に続くゴール。守備面でも身体を張った

17 ブリント 5.0
ミスパスが目立ち、ルーカス・モウラのスピード、ジョレンテの高さに苦しんだ

31 タグリアフィコ 5.0
守備重視のプレー。耐えきれなかった

MF
20 シェーネ 5.0
前半はベテランらしく攻守のバランスを取ったが、後半に2失点に関与

(→フェルトマン 6.0)
右サイドバックでプレー。守備を締め、ゴールライン上でのクリアも見せた

6 ファン・デ・ベーク 6.0
相変わらずの運動量。2点目に関与

(→マガジャン -)

21 F・デ・ヨング 6.5
攻守に存在感。ビルドアップの起点となり、ピンチの芽も摘んだ

FW
22 ジイェフ 7.0
ラマダンの影響なし。幅広く動いて起点となり2点目を決めた。惜しいシュート2本が入っていれば…

25 ドルべリ 5.0
ネレスの負傷により急遽スタメン。ほぼボールが収まらなかった

(→シンクフラーフェン 5.5)
左サイドでプレー。守備に追われた

10 タディッチ 6.5
本職ウイングでのプレー。2点目をアシスト。後半途中から最前線でプレーし起点に

監督
テン・ハグ 6.5
前半はいつも通りの戦いを見せたが、後半は押し込まれ過ぎて無念の準決勝敗退

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.5
試合立ち上がりと終盤に2つのファインセーブを見せて奇跡を起こさせる

DF
2 トリッピアー 5.0
セットプレー時、デ・リフトとのミスマッチを突かれる。2点目を演出したが、2失点に関与

(→ラメラ -)

4 アルデルヴァイレルト 6.0
後半に入って高い位置を取り攻撃の起点に。守備も落ち着いていた

5 ヴェルトンゲン 6.0
フェイスガードを付けての出場。その影響を感じさせないプレー

3 ローズ 5.5
後半に入って攻撃参加を増やし、アクセントとなった

(→B・デイビス -)

MF
23 エリクセン 6.0
アクセントを付けるパスで攻撃にリズムを与えた。後半からボランチでプレー

17 ムサ・シソコ 6.0
馬力あるプレーでチームに勢いを与える

20 デレ・アリ 6.0
デ・リフトに競り負けて1失点目に関与。前半は消えていたが、後半に盛り返して決勝点をアシスト

12 ワニャマ 4.5
ボールを受けられず展開もできなかった。そして2失点目はジイェフに付ききれず

(→ジョレンテ 6.5)
後半から出場。前線で起点となり反撃の要因に

7 ソン・フンミン 6.0
出場停止明け。仕掛けのプレーで攻撃を牽引

FW
27 ルーカス・モウラ 8.0
劇的過ぎるハットトリックでチームを決勝に導いた

監督
ポチェッティーノ 7.0
過密日程と勤続疲労の影響もあって前半は苦労したが、後半のジョレンテ投入で流れを大きく変えた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ルーカス・モウラ(トッテナム)
この大一番で見事な活躍。決定機をことごとく決め、最後のチャンスをモノにして決勝に導いた。

アヤックス 2-3(AGG:3-3) トッテナム
【アヤックス】
デ・リフト (前5)
ジイェフ (前36)
【トッテナム】
ルーカス・モウラ (後10)
ルーカス・モウラ (後14)
ルーカス・モウラ (後51)
※2戦合計スコア3-3、アウェイゴール差でトッテナムが決勝進出!
コメント