2年連続で奇跡の被害者に…バルベルデ「本当に、本当に申し訳ない」

2019.05.08 09:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、逆転での敗北に肩を落とした。『UEFA.com』が伝えている。

バルセロナは7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでリバプールとのアウェイ戦に臨んだ。1stレグを3-0で勝利し、決勝進出へ大きく近づいていたが、開始7分に先制点を奪われると、後半に途中出場のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに立て続けにゴールを奪われ、2戦合計スコアで3-3と追いつかれてしまう。すると、79分に相手のクイックな右CKに意表を突かれ、FWディヴォク・オリジに押し込まれて逆転。2戦合計3-4で敗れ、決勝進出を逃した。

前年の準々決勝でローマに4-1で1stレグを終えながら逆転突破を許したバルセロナ。試合後、バルベルデ監督は「本当に申し訳なく思う」とファン・サポーターに謝罪し、試合を振り返った。

「(ワイナルドゥムに)立て続けに2つのゴールを奪われた後、あることが我々に重くのしかかった。我々はどうしてもゴールを奪うことができず、彼らは私たちを本当に上回った。これは我々のファン、そして自分たち自身にとってひどい結果だ。本当に不運だ。しかし、リバプールは素晴らしかった」

「この悔しさを乗り越えなくてはならない。我々はまだ戦わなくてはいけない試合があり、出来る限り良い形でシーズンを終えなくてはならない。ただ、本当にひどい結果だ。本当に、本当に申し訳なく思う。これがフットボール。このようなことが起こり得るのだ。我々は過去にもこのような痛みを伴う敗北を味わった。そういうことだよ」

「彼らは我々を上回っていた。それを受け入れなくてはならない。2失点目は我々に大きなダメージを与えた。そして3失点目をすぐに奪われた。我々はチャンスを決めることができなかった」
コメント