鳥栖がルイス・カレーラス監督を解任 J1最下位、総得点わずか1得点2019.05.05 08:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サガン鳥栖は5日、ルイス・カレーラス監督(46)の解任を正式発表した。今後、後任として、トップコーチを務める金明輝氏(キム・ミョンヒ/37)が指揮を執る。鳥栖は開幕から第9節まで明治安田生命J1リーグ1勝1分け7敗の最下位。チーム総得点は元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスや元日本代表FW金崎夢生、スペイン人FWイサック・クエンカらタレントを擁しながら、わずか1得点と大不振だった。そして、4日に敵地で行われた第10節の大分トリニータ戦も0-2で敗北。この試合から金明輝氏が代行として指揮を執ったが、振るわず、泥沼の5連敗を喫している。

現役時代にバルセロナやアトレティコ・マドリーでプレー歴を持つカレーラス監督は引退後、マジョルカやサラゴサの指揮官を歴任。今シーズンから鳥栖の監督に就任した。退任を受け、「就任当初から最後まで支えて頂いた全ての方々に感謝申し上げます。特に愛情あふれるファンの皆様には限りない感謝の気持ちで一杯です。サガン鳥栖への愛情は永遠です。ありがとうございました」とコメントした。

一方、金明輝氏は昨シーズン終盤に退任したマッシモ・フィッカデンティ元監督の後任として、残り試合を指揮。2年連続2度目の緊急登板となる。なお、その鳥栖は11日に行われる次節、15位につけるガンバ大阪をホームに迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

鳥取、湘南FW鈴木国友をレンタルで獲得!「また成長した姿を見せられるように」

ガイナーレ鳥取は17日、湘南ベルマーレからFW鈴木国友(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。背番号は「39」に決定している。 湘南U-15の在籍経験を持つ鈴木は、その後、相洋高校、桐蔭横浜大学を経て、2018年に湘南へ入団。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに1試合、YBCルヴァンカップに2試合出場していた。 鳥取への期限付き移籍が決定している鈴木は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「J2昇格に向けてチームの勝利に貢献できるよう全力でプレーします。その中でチームと共に自分も成長できるよう、覚悟と責任感を持って頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「1年半、本当にありがとうございました。個人的にはなかなかチームの力になれず、いつも大きな声援を送ってくれたファン、サポーターの皆さんの期待に応えられず悔しい気持ちです」 「ただ、この1年半湘南でプレーできた時間は自分にとって本当に多くのことを学べた時間でした。この1年半を無駄にせず、また成長した姿を見せられるように頑張ってきます」 2019.07.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、ブラガからFWクリスランが期限付き移籍加入! 仙台と清水でプレー

湘南ベルマーレは17日、SCブラガ(ポルトガル)からブラジル人FWクリスラン(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定している。 クリスランは、2017年にブラガからベガルタ仙台に期限付き移籍。明治安田生命J1リーグ29試合8ゴール、Jリーグカップ7試合5ゴールと仙台の得点源として活躍したが、シーズン終了後に退団。 その翌年には再びブラガから期限付き移籍で清水エスパルスに加入。J1リーグ24試合5ゴールを記録したが、昨年10月下旬に全治8カ月の右ヒザ前十時じん帯損傷の重傷を負い、シーズン終了と共に退団していた。 その重傷を克服して三度日本に復帰することになったクリスランは湘南の公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「日本でまたプレーできることを嬉しく思います。湘南ベルマーレに心から感謝します。歴史ある湘南ベルマーレの選手として、誇りを持って精一杯頑張ります。クラブ、監督、チームメイトとサポーターの皆さまの期待に早く応えられるよう、常に一生懸命戦い、チームと共にもっと上を目指していきます。どうぞよろしくお願いします。VAMOS BELLMARE!」 2019.07.17 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MF三田啓貴が古巣FC東京に完全移籍で復帰!「全力で戦います」

FC東京は17日、ヴィッセル神戸のMF三田啓貴(28)が完全移籍で加入することを発表した。2015年以来の復帰となる。なお、背番号は「7」に決定した。 三田はFC東京の下部組織出身で、U-15深川からU-18へと昇格。トップチームには昇格できず、明治大学へと進学すると、2012年にFC東京の特別指定選手となり、2013年に正式に入団した。 特別指定選手時代にJ1デビューを果たすと、3シーズンでJ1通算59試合に出場し5ゴールを記録。2016年はベガルタ仙台へ期限付き移籍すると、2016年に完全移籍していた。 仙台では2シーズンでJ1通算64試合に出場し9ゴールを記録。チームの中心として活躍すると、2018年に神戸へと完全移籍する。 神戸では1年目こそJ1で32試合に出場し6ゴールを記録したものの、アンドレス・イニエスタなどの補強や監督交代が相次いだ結果、今シーズンは開幕から出場を続けていたものの、トルステン・フィンク監督就任後は出場できず。ここまでJ1で15試合の出場にとどまり1ゴールを記録。YBCルヴァンカップでも5試合、天皇杯でも1試合の出場となっていた。三田はクラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「東京のファン・サポーターのみなさん、この度、東京に復帰することになりました。僕の心の中にはずっと青赤の血が流れていたし、いつかはチームに戻って力になりたいと思っていました。この夏、それが実現することになりました」 「東京のために全力で戦います。この3年半、他のクラブで経験したものを還元できるように頑張ります。成長した姿を見てください。"東京のタマ"をよろしくお願いします」 ◆ヴィッセル神戸 「このたび、アカデミーで育ってきたFC東京に復帰することが決まりました。ヴィッセル神戸にいた1年半は色々な事があり、全てが新鮮で普通では出来ないような経験をさせていただきました」 「このタイミングでの移籍は相当悩みましたが、自分の将来や状況を考えて決断しました。三木谷会長をはじめ、三浦スポーツダイレクター、スタッフやチームメイトの皆さま、そして何よりヴィッセル神戸のサポーターには感謝しかありません」 「僕の大好きだった三田啓貴のチャントは一生心の中に残り続けます。本当にありがとうございました」 2019.07.17 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

J2残留を目指す鹿児島がFC東京MF平川怜を育成型期限付き移籍で獲得「力を全て出して貢献したい」

鹿児島ユナイテッドFCは17日、FC東京のMF平川怜(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は、2019年7月17日~2020年1月31日となる。 平川はFC東京U-15むさしから、FC東京U-18と昇格。今夏レアル・マドリーへと移籍した日本代表MF久保建英とともに、2017年11月にトップチームへと昇格していた。 トップチームでは2017年にJ1リーグデビューを果たし、ここまでJ1で3試合プレー。主にU-23でJ3リーグを戦っており、通算53試合に出場し3ゴールを記録している。 今シーズンはJ1で1試合、YBCルヴァンカップで4試合、U-23としてJ3で13試合に出場していた。平川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCのファン・サポーターのみなさん、こんにちは。FC東京からきました平川怜です」 「チームの目標に向けて、自分の持っている力を全て出して貢献したいと思います!これから応援よろしくお願いします!」 ◆FC東京 「このたび、鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍をすることになりました。東京が首位を走るこのタイミングでの移籍となり、本当に申し訳なく思っています」 「アカデミーからトップチームに昇格して、怪我もあり、なかなか試合に出場することができず、悔しい想いをしてきました。自分自身では、ファン・サポーターのみなさんとたくさんの喜びを分かち合うことができなかったと思っています」 「そんな自分を変えたいと考え、今回の移籍を決断しました。鹿児島でもサッカーと向き合い、今度こそ味スタのピッチで大きく成長した姿をみなさんに見せられるように、頑張りたいと思います」 鹿児島は今シーズンからJ2リーグに昇格。ここまで22試合を終えて、6勝2分け14敗で勝ち点20の20位に位置している。 なお、平川は契約により、期限付き移籍期間中にFC東京と対戦するすべての公式戦には出場できない。 2019.07.17 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本、国士舘大FW高橋利樹の来季加入内定を発表

ロアッソ熊本は17日、国士舘大学に在籍するFW高橋利樹(21)の来シーズン加入内定を発表した。 髙橋は埼玉栄高校から国士舘大学に進学。身長182㎝、体重76㎏のフォワードだ。 熊本への加入が内定した髙橋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2020シーズンからロアッソ熊本に加入することが決まりました国士舘大学の高橋利樹です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手を、ロアッソ熊本という素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」 「私のサッカー人生に携わってくださった指導者の方々、友人、そしてここまで育ててくれた両親、家族には感謝の気持ちでいっぱいです」 「ピッチで活躍するという姿で恩返しできるよう、これからも頑張りたいと思います。ロアッソ熊本の勝利に貢献できるよう頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 2019.07.17 13:15 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース