乾欠場のアラベス、後半猛攻もソシエダに敗戦で8戦未勝利《リーガエスパニョーラ》2019.05.05 03:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは4日、リーガエスパニョーラ第36節でソシエダと対戦し、0-1で敗れた。かろうじて来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性を残す8位アラベス(勝ち点47)。同じくチャンピオンズリーグ出場を目指すビルバオとの前節の一戦は1-1の痛み分けに。乾は途中出場から2度のチャンスに絡んだ。今節のスタメンは前節と全く同じ11人。乾はベンチスタートとなった。

試合はどちらも一歩も引かない拮抗した展開に。支配率はソシエダだが、アラベスも効率よく攻撃を仕掛け、15分までのシュート数では上回る。そんな中、15分ごろにベンチに座っていた乾が急遽ドレッシングルームに戻る姿が映され、片足を引きずっている様子だった。

乾の出場が心配される中、アラベスは失点を許してしまう。24分、中盤でボールを奪われると、ボールはソシエダの右サイドに張っていたウィリアン・ジョゼへ。ウィリアン・ジョゼはサイドから中にスライドし、ボックス手前から右足でシュートを選択。するとこれがチモ・ナバーロに当たってゴールイン。不運な形で先制点を奪われてしまった。

30分過ぎにアラベスは3回いい形でゴール前に攻め込んだがシュートを打つことができない。結局、前半は枠内シュート1本に留まった。

両チームは後半頭に一人ずつ選手交代。すると少しずつ攻勢を強めるアラベスは59分、右サイドへの大きな展開からジョニーのクロスをカジェリがヘディングシュート。枠内に飛んだシュートだったが、GKルジに阻まれた。

その後は一進一退の攻防に。互いにシュート数を重ねていく中で、77分にソシエダのルベン・パルドがボックスの外からミドルシュートでGKを強襲。GKパチェコは何とか外に弾きだした。

後半に攻勢を強めたアラベスだったが、結局17本のシュートはどれもネットを揺らすことができず試合終了。これでリーグ戦8試合勝ち未勝利、負傷疑惑の乾にも出番はなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

アラベス、ソショーからカメルーン代表MFフックスを獲得

アラベスは18日、カメルーン代表MFジャンド・フックス(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 フランスで育ったセントラルMFのフックスは、2015年5月にソショーでプロデビュー。ソショーでは公式戦116試合の出場で5ゴール7アシストを記録。今季はリーグ・ドゥで22試合に出場し、2ゴール2アシストをマークしていた。 世代別の代表ではU-20フランス代表まで招集されていたが、2018年11月に出身地でルーツのあるカメルーン代表に選出されている。 2019.06.19 00:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アラベス、ウェストハムからFWルーカス・ペレスを獲得

アラベスは3日、ウェストハムのスペイン人FWルーカス・ペレス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間で、移籍金は200万ユーロ(約2億4000万円)とのことだ。 ストライカーとウイングをこなせるアタッカーのL・ペレスは、デポルティボでブレイク後、2016年夏にアーセナルへ移籍。しかし、アーセナルでは活躍できず、デポルティボへのレンタルバックを経て、2018年夏にウェストハムへ移籍していた。 しかし、今季はプレミアリーグで15試合の出場で3ゴールとやはり期待に応えられず、スペインへ帰還することとなった。 2019.06.04 02:39 Tue
twitterfacebook
thumb

残留望むレギロンにドルトムントなどが関心!

レアル・マドリーに所属するU-21スペイン代表DFセルヒオ・・レギロン(22)に複数クラブが関心を寄せているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 マドリー下部組織出身のレギロンは、今シーズンからトップチームに昇格すると、チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第2節のCSKAモスクワ戦でデビュー。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下では、低調だったブラジル代表DFマルセロからポジションを奪っていた。 今シーズンの公式戦では22試合で3アシストを記録しているレギロンだが、復任したジネディーヌ・ジダン監督体制では、マルセロがスタメンに返り咲いたことで2試合にしか出場できず。さらに、フランス人指揮官はリヨンのフランス代表DFフェルラン・メンディ(23)の獲得を希望していることもあり今夏の移籍が有力視されている。 この状況でもレギロンは、マドリー残留を優先しているという。とはいえ、レギロンは引く手数多のようであり、今夏に積極補強を行っているドルトムントに加え、アラベスやレガネスの国内クラブが関心を示しているようだ。 2019.06.03 14:16 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベス、アベラルド後任に前ソシエダ指揮官ガリターノ氏を招へい!

アラベスは21日、アシエル・ガリターノ氏(49)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年となる。 今シーズンを11位で終えたアラベスは20日、2017年12月から就任し2年連続でプリメーラ残留に導いたアベラルド・フェルナンデス(49)の退任を発表。 その後任を託されたのは、直近のシーズンでレガネス、レアル・ソシエダの指揮官を歴任していたガリターノ氏。 レガネスをプリメーラに昇格させ、2年連続残留に導いた実績を持つガリターノ監督は昨季、レアル・マドリーを破ってコパ・デル・レイで準決勝まで進出するなど実績を残していた。そして、今季より2021年までの契約でソシエダの監督に就任。しかし、17試合を消化したリーガエスパニョーラで5勝4分け8敗の15位に沈み、昨年12月末に解任されていた。 2019.05.21 20:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アラベス、アベラルド監督の退任発表…乾の所属元ベティス就任の可能性も

アラベスは20日、アベラルド・フェルナンデス(49)の退任を発表した。 現役時代にバルセロナやアラベスでプレーしたアベラルド監督は、2017年12月に古巣のアラベス指揮官に就任した。昨シーズンはリーガエスパニョーラで1部残留に導くと、今シーズンも11位でフィニッシュ。一時はチャンピオンズリーグ出場権を争う健闘も見せた。 なお、スペインメディアでは現在、アベラルド監督のスペイン代表もしくはキケ・セティエン監督が退任するベティスの指揮官就任の可能性が伝えられている。もしベティスに就任した場合、今冬の移籍市場でベティスからアラベスにレンタルで加入し、アベラルド監督と共闘してきた日本代表MF乾貴士にとって、プラスに働く可能性がありそうだ。 2019.05.21 09:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース