乾欠場のアラベス、後半猛攻もソシエダに敗戦で8戦未勝利《リーガエスパニョーラ》

2019.05.05 03:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは4日、リーガエスパニョーラ第36節でソシエダと対戦し、0-1で敗れた。かろうじて来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性を残す8位アラベス(勝ち点47)。同じくチャンピオンズリーグ出場を目指すビルバオとの前節の一戦は1-1の痛み分けに。乾は途中出場から2度のチャンスに絡んだ。今節のスタメンは前節と全く同じ11人。乾はベンチスタートとなった。

試合はどちらも一歩も引かない拮抗した展開に。支配率はソシエダだが、アラベスも効率よく攻撃を仕掛け、15分までのシュート数では上回る。そんな中、15分ごろにベンチに座っていた乾が急遽ドレッシングルームに戻る姿が映され、片足を引きずっている様子だった。

乾の出場が心配される中、アラベスは失点を許してしまう。24分、中盤でボールを奪われると、ボールはソシエダの右サイドに張っていたウィリアン・ジョゼへ。ウィリアン・ジョゼはサイドから中にスライドし、ボックス手前から右足でシュートを選択。するとこれがチモ・ナバーロに当たってゴールイン。不運な形で先制点を奪われてしまった。

30分過ぎにアラベスは3回いい形でゴール前に攻め込んだがシュートを打つことができない。結局、前半は枠内シュート1本に留まった。

両チームは後半頭に一人ずつ選手交代。すると少しずつ攻勢を強めるアラベスは59分、右サイドへの大きな展開からジョニーのクロスをカジェリがヘディングシュート。枠内に飛んだシュートだったが、GKルジに阻まれた。

その後は一進一退の攻防に。互いにシュート数を重ねていく中で、77分にソシエダのルベン・パルドがボックスの外からミドルシュートでGKを強襲。GKパチェコは何とか外に弾きだした。

後半に攻勢を強めたアラベスだったが、結局17本のシュートはどれもネットを揺らすことができず試合終了。これでリーグ戦8試合勝ち未勝利、負傷疑惑の乾にも出番はなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

マチン監督解任のアラベス、アベラルド監督の復帰を発表

アラベスは12日、アベラルド・フェルナンデス氏(50)を新指揮官に任命したことを発表した。 アラベスでは同日、ラ・リーガ18試合を消化した時点で4勝6分け8敗で16位に沈んでいたことを受け、パブロ・マチン前監督(45)を解任していた。 現役時代にバルセロナで8年プレーした経歴を持つアベラルド氏は、2017年12月から2019年5月にかけてアラベスを指揮。2017-18、2018-19シーズン、アラベスは1部残留を果たしていた。 直近では2019年12月末にエスパニョールの監督に就任したものの、2020年6月にリーグ戦残り7試合という状況で解任されていた。 2021.01.12 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

16位アラベスがパブロ・マチン監督を解任

アラベスは12日、パブロ・マチン監督(45)を解任したことを発表した。 これまで現役時代の古巣ヌマンシアや、セビージャ、エスパニョールなど母国スペインクラブの監督を歴任してきたマチン氏は、昨年8月、アシエル・ガリターノ前監督の後任として白羽の矢が立った。昨シーズンの16位からの巻き返しが期待されたが、リーグ戦18試合を消化した時点で4勝6分け8敗で16位に沈んでいた。 クラブは解任発表に際し「パブロ・マチンの仕事とクラブへの貢献に感謝し、将来の成功を祈っています」と声明を発表。同時に、コーチのハビエル・カベージョ氏が暫定監督を務めることも伝えている。マチン氏はこの4年半で7人目の指揮官だった。 なお、スペイン『マルカ』は、正式な後任にアベラルド・フェルナンデス氏(50)の招へいを予想。現役時代にバルセロナで8年プレーした経歴を持つ同氏は、監督としてはアラベスやスポルティング・ヒホンを歴任した。直近では2019年12月末にエスパニョールの監督に就任したが、半年後のリーグ戦残り7試合という状況で解任された。 2021.01.12 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、10人のアラベスに一時追いつかれるもスアレスの劇的弾で5連勝を飾る!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは3日、ラ・リーガ第17節でアラベスとアウェイで対戦し2-1で勝利した。 前節、シメオネ政権下500試合目を勝利で飾った2位アトレティコ(勝ち点35)は、その試合からスタメンを2人変更。フェリックスとサビッチに代えてコレアとホセ・ヒメネスが先発で起用された。 今季わずか4勝の13位アラベス(勝ち点18)に対し、前節のヘタフェ戦と同じ[3-5-2]で試合に臨んだアトレティコは6分、スアレスのパスで左サイドを抜け出したカラスコがボックス左からシュートを放ったが、これは相手GKが難なくキャッチ。 押し気味に試合を進めるアトレティコは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶも集中した守りを見せるアラベス守備陣を前になかなかシュートまで持ち込むことができない。 それでもアトレティコは、得意のカウンターから先手を取る。41分、相手のミスパスを中盤で奪ったスアレスがドリブルで持ち上がると、右サイドを並走したM・ジョレンテに繋ぐと、ペナルティアーク内まで切り込みシュート。これが相手DFに当たり、そのままゴール右隅に吸い込まれた。 後半も主導権を握るアトレティコだが、アタッキングサードでの判断ミスが目立ち、最後のフィニッシュまでいけずにいた。 そんな中60分、アトレティコが数的優位となる。カラスコのワンツーに反応したレルマがラグアルディアと交錯。ラグアルディアの危険なスライディングタックルがレルマの足を直撃しており、VARの末にレッドカードが提示され、退場処分となった。 10人となったアラベスに対し、アトレティコは62分にフェリックスを投入。すると70分、カラスコのパスでボックス左に抜け出したスアレスが決定機を迎えたが、右アウトで狙ったシュートはゴール右に外れた。 追加点の遠いアトレティコは84分に失点する。L・ペレスのパスで左サイドを抜け出したホセルにクロスを入れられると、これがフェリペに当たりゴールネットを揺らした。 不運なオウンゴールで同点を許したアトレティコだったが、すぐに反撃に出る。すると90分、サウールのパスでボックス左深くまで抜け出したフェリックの折り返しをスアレスが流し込み、勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となりアトレティコが2-1で勝利。5連勝を飾ったアトレティコが首位をキープしている。 2021.01.04 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

乾先発のエイバル、アラベスとの下位対決を逆転負け《ラ・リーガ》

エイバルは23日、ラ・リーガ第15節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。エイバルのMF乾貴士は60分までプレーし、FW武藤嘉紀は負傷欠場となった。 前節レアル・マドリー戦を1-3と敗戦して3試合勝利がない14位エイバル(勝ち点15)は、武藤が負傷欠場となった中、乾が[4-2-3-1]のトップ下で先発となった。 17位のアラベス(勝ち点15)に対し、エイバルは開始5分に先制する。左CKからペドロ・レオンが直接蹴り込んだ。 さらに16分には追加点のチャンス。相手のバックパスをカットしたキケ・ガルシアがGKと一対一に。しかしシュートを決めきれない。さらに21分、乾がボックス左からカットインシュートを狙ったが、枠を捉えきれなかった。 すると前半終盤、アラベスの反撃を受ける。まずは41分、ロングカウンターを受けてE・メンデスに同点弾を奪われると、追加タイムにはデイベルソンにゴールを許して1-2と逆転されて前半を終えた。 迎えた後半、反撃に出たかったエイバルだったが、流れを引き寄せられずに時間が過ぎる。60分に乾がピッチを後にして以降も、なかなかチャンスを作れずにいたエイバルは79分にピンチ。 だが、ホセルのシュートはポストを叩いて助かった。しかし、後半にゴールに迫るシーンを生み出せなかったエイバルは1-2で逆転負け。4戦勝ちなしとなった。 2020.12.24 07:56 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベスのブラジル人DFエリーが左ヒザ前十字靭帯断裂

アラベスは21日、ブラジル人DFロドリゴ・エリー(27)が左ヒザ前十字靭帯を断裂したことを発表した。 エリーは20日に行われたラ・リーガ第14節セルタ戦で先発していたが、40分に交代していた。 2017年にミランからアラベスに加入し、主力センターバックとして活躍しているエリー。今季はラ・リーガ8試合に出場して1ゴールを記録していた。チームは現在17位と残留を争うことが濃厚だが、重要な戦力を失うこととなった。 なお、全治までの期間は発表されていないが、一般的には半年程度かかることが見込まれる。 2020.12.21 23:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly