バルサ、ユナイテッドの未来を143億円で襲う?2019.04.26 09:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に自信を深めているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

昨年末にオーレ・グンナー・スールシャール監督が到着して以来、ストライカーとしての才能に磨きがかかるラッシュフォード。1年の延長オプションを除けば2020年に現行契約が失効する状況だ。

そのラッシュフォードとユナイテッドは現在、延長交渉中。ユナイテッドは週給30万ポンド(約4300万円)+2024年までの新契約で引き留めを狙っているが、チーム状況が良くないこともあり、進展がない。

バルセロナはその状況を有効活用して、ユナイテッドの未来を強襲する計画を企てている模様。今夏の移籍市場で移籍金1億ポンド(約143億8000万円)で引き抜きを試みることを画策しているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシアが11年ぶり8度目の優勝! バルサは2冠ならず…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ決勝、バルセロナvsバレンシアが25日にセビージャで行われ、1-2でバレンシアが勝利し、11年ぶり8度目の優勝を飾った。 準決勝でレアル・マドリーを下したバルセロナは、リーガエスパニョーラとの2冠と前人未踏のコパ5連覇が懸かる中、負傷中のスアレスとGKテア・シュテーゲンが欠場となった以外は現状のベストメンバーを送り込んだ。 一方、準決勝でベティスを下したバレンシアは、リーガエスパニョーラを4位で終えて2年連続チャンピオンズリーグ出場権を手にした中、11年ぶりの優勝を懸けてベストメンバーを送り込んだ。 立ち上がりからボールを保持したのはバルセロナだったが、バレンシアが5分に決定機。ラングレのミスパスを拾ったロドリゴ・モレノがボックス内に侵入し、GKをかわしてシュート。だが、ゴールライン前に戻ったピケの好クリアに阻まれた。 それでも自陣に引いてバルセロナの攻撃を封じるバレンシアが22分に先制した。左サイドのスペースを突いたガヤがロングフィードを受けてクロス。これをボックス中央で受けたガメイロがジョルディ・アルバをかわして右足でゴールに突き刺した。 スアレス不在を感じさせるバルセロナに対し、33分にバレンシアがリードを広げる。右サイドのスペースをソレールが突いてクロスを上げ、ロドリゴ・モレノが頭で押し込んだ。 流れの悪いバルセロナは前半終了間際の45分、メッシがミドルシュートを浴びせ枠の右隅を捉えたが、GKジャウメのファインセーブに阻まれ、前半を2点のビハインドで終えた。 後半からアルトゥールとN・セメドに代えてビダルとマウコムを投入したバルセロナが攻勢に出る展開となると、56分に決定機。マウコムとのパス交換からボックス右に侵入したメッシが左足アウトでシュート。だが、ボールは左ポストに直撃した。 劣勢のバレンシアはふくらはぎを痛めたパレホがプレー続行不可能となって65分にコンドグビアを投入する。 そして73分、バルセロナが1点差に詰め寄る。右CKからラングレのヘディングシュートがGKジャウメを強襲すると、ルーズボールをメッシが押し込んだ。 それでも、終盤にかけてはバレンシアがバルセロナの攻勢を受け止めて逃げ切り。バルセロナの2冠を阻んだ創立100周年のバレンシアが11年ぶり8度目の優勝を飾っている。 2019.05.26 05:58 Sun
twitterfacebook
thumb

シレッセン、ベンフィカ移籍迫る…コパ決勝がラストマッチか

バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)が、ベンフィカと移籍合意に達したと『GOAL』が報じている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況から同選手には移籍の噂が取り沙汰されてきたが、『GOAL』によると今季のポルトガル王者ベンフィカがシレッセンと移籍合意に至ったという。 だがクラブ間では溝があり、2500万ユーロ(約30億円)を要求するバルセロナに対し、ベンフィカは1500万ユーロ(約18億円)程度だと見積もっており、現在両クラブの間で落としどころを見極めている状況のようだ。 なお、シレッセンは今季、リーグ戦3試合に出場しているが、その3試合は優勝が決まった後の試合。今夏での退団が迫る同選手の最後の花道を飾ろうということなのだろうか。 そして、25日にはバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝戦が控えているが、この試合がシレッセンのラストマッチとなるのだろうか。 2019.05.25 19:40 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、ユナイテッドに急転移籍か

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が報じた。 今夏のアトレティコ退団を表明したグリーズマン。契約解除金1億800万ポンド(約150億円)が支払われてのバルセロナ移籍が有力的な情勢だが、当のカンプ・ノウ方面から加入を望まない声や、別ポジションの強化を優先すべきとの声も少なくない。 そうしたバルセロナ側の歓迎なきムードを受け、グリーズマンに対して、ユナイテッド行きの可能性も熱を帯びつつある様子。水面下で選手の兄弟や家族と接触しており、一転してユナイテッド行きが実現する可能性が高まっているという。 グリーズマンを巡っては、マンチェスター・シティに興味がなく、ユベントスも金額面に難色を示して獲得レースから撤退。パリ・サンジェルマン(PSG)も現時点でノープランであり、獲得に動いていない模様だ。 なお、長らく興味を示すユナイテッドは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェスに退団の可能性があり、グリーズマンの獲得に動くとなれば、その売却金を充てるものとみられる。 2019.05.25 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴールデンシュー争い、メッシの受賞確実! 2位ムバッペ追い上げならず

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの欧州ゴールデンシュー(欧州得点王)獲得が確実になった。 今シーズンのリーガエスパニューラで得点王に輝いたメッシは36得点をマーク。それにパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが続き、4ゴール差で追う状況だった。 そのムバッペは24日、敵地で行われたリーグ・アン最終節のスタッド・ランス戦(1-3でPSGが敗戦)にフル出場。59分にシーズン33得点目となるゴールを挙げたが、続かなかった。 26得点で3位に位置するサンプドリアのイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラは、26日にセリエA最終節を残しているが、10ゴール差でメッシを追う状況。したがって、メッシの受賞が決定的になっている。 メッシの受賞なれば、3年連続。個人として6度目の受賞で、前人未到の快挙となる。 2019.05.25 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団のフアンフラン、同僚グリーズマンのバルサ行きに言及 「夢のようなトリデンテ」

23日に今シーズン限りでのアトレティコ・マドリー退団が発表された元スペイン代表DFフアンフランが、同じく今季限りでクラブを去るフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ行きの噂に関して言及した。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンのクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半に渡ってチームを支えてきた。 そのレジェンドはクラブ退団に際して、スペイン『Cadena Ser』から取材を受けた際、バルセロナ行きが噂される同僚グリーズマンに関して以下のように言及した。 「もし、グリーズマンがバルセロナに加入したら、それ以上の3トップを見つけることは難しいだろうね。だって、メッシ、グリーズマン、スアレスの3人だよ」 「それは恐らくどの監督にとっても夢のようなトリデンテとなるはずさ」 果たしてフアンフランが「夢のようなトリデンテ」と評する超強力アタッキングユニットは今夏誕生するのか…。 2019.05.24 18:44 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース