来季CL出場へ…エメリ、4位浮上逃す痛恨の連敗も諦めず「リーグでもELでもまだチャンスはある」2019.04.25 10:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのウナイ・エメリ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得をまだ諦めてはいない。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。プレミアリーグで5位につけるアーセナル(勝ち点66)は24日、同リーグ第31節延期分でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨んだ。トップ4フィニッシュを目指す中で、1試合消化試合の多い4位のチェルシー(勝ち点67)を上回る絶好のチャンスだったが、前半だけで3失点。終盤にギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスのゴールで1点を返したが、1-3で前節のクリスタル・パレス戦に続く敗戦で、痛恨の連敗を喫した。

プレミアリーグも残り3試合。トップ4入りが難しくなったが、エメリ監督はリーグ戦とヨーロッパリーグ(EL)でCL出場権獲得のチャンスがまだ残されていることを主張した。

「トップ4入りのチャンスを逃した。ただ、まだチャンスはある。通常であれば、失望するだろう。ただ、我々はシーズンが終了するまで見なくてはいけない。今回のチャンスは逃した。しかし、レスター戦に向けても最善の準備をする必要がある。それは難しいことだが、きっと我々ならできると思っている」

「レスター戦で勝ち点3を掴むために全力を尽くす。トップ4入りは難しい目標となった。しかし、リーグ戦はもちろん、ヨーロッパリーグでもまだチャンスがある」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルに追い風か…セルティック、ティアニー流出に備えルカク従弟をリストアップ?

セルティックが、ラピド・ウィーンに所属するベルギー人DFボリ・ボリンゴリ・ムボンボ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズンの主力として活躍したスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の流出危機に瀕しているセルティック。同選手に対してアーセナルから関心を寄せられており、先日には移籍金1500万ポンド(約20億5000万円)のオファーを提示されたものの、セルティック側はこれを拒否していたことが報じられている。 しかし、ガナーズは1900万ポンド(約26億円)の再オファーで交渉に再び望むと見られている。セルティックは、ティアニーの売却に関して、2500万ポンド(約34億2000万円)以上の移籍金を要求してはいるものの、万が一に備えて後釜探しを開始。そこで、300万ポンド(約4億1000万円)で獲得可能と見られるムボンボをリストアップしているようだ。 マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクの従弟であるムボンボは、2013年にクラブ・ブルージュでプロデビューを飾ると、シント=トロイデンへのレンタル移籍を経て、2017年夏にラピド・ウィーンへ加入。豊富な運動量とスピードを生かした攻撃的左サイドバックで、今シーズンの公式戦31試合で1ゴール5アシストを記録した。 また、ベルギー人DFには、ハダースフィールドとバーンリーも興味を示しているとのことだ。 ※写真はクラブ・ブルージュ時代 2019.06.24 15:56 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが第ニのロバートソン候補ティアニーに移籍金20億でオファーも…

セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の獲得に向けたアーセナルの1回目のオファーは失敗に終わったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セルティック下部組織出身のティアニーは、同クラブ出身でリバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(25)になれる素質があるとも見込まれている左サイドバック。今シーズンは公式戦40試合1ゴール6アシストを記録し、代表でもすでに12試合の出場を数える経験値の高い選手だ。 そんなティアニーに対して、アーセナルは移籍金1500万ポンド(約20億5000万円)でオファー。しかし、セルティック側には拒否されており、すでに再オファーに向けて準備していると見られている。 なお、同メディアはナポリもティアニー獲得に興味を示していると報道。アーセナルは果たしてスコットランド代表DFを射止めることはできるだろうか。 2019.06.24 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

エメリ、教え子キンペンベの獲得望むも…

アーセナルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表DFプレスネル・キンペンベ(23)の獲得に興味を示しているようだ。フランス方面の情報をもとにイギリス『90min』が報じている。 今夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得を目指しているアーセナル。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督は、2016年から2年間PSGで共闘したキンペンベとの再会を望んでいるという。 PSG下部組織出身のキンペンベは2014年7月にプロデビュー。188㎝と恵まれた体躯に高精度の左足のパスを兼ね備えているセンターバックで、今シーズンは公式戦36試合に出場した。 記事によると、キンペンベとクラブのスターであるFWネイマールの関係があまり良くないことからPSGは無理して引き留めることはしない模様。しかし、市場価値がアーセナルの今夏の補強費用である4500万ポンド(約61億5000万円)と見られていることから、現実的な代替案も用意しているようだ。 2019.06.22 14:39 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ベジェリン獲得へ?

アトレティコ・マドリーがアーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(24)の獲得を狙っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 今夏、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)や、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)、元スペイン代表DFフアンフラン(34)の退団が決まったアトレティコ。バックラインの強化を希望するディエゴ・シメオネ監督は、右サイドバックの新戦力として、ベジェリンを注視しているという。 そこで、アトレティコはアーセナルのウナイ・エメリ監督がセビージャ時代に指導したスペイン代表MFビトロ(29)の譲渡を含めたオファーで、ベジェリンの引き抜きを画策。だが、そのベジェリンの現行契約は2023年まであり、アーセナルに売却の意思はなく、安売りするつもりもない模様だ。 なお、ベジェリンは現在、大ケガからのカムバックを目指してリハビリ中。来シーズンに間に合わないことを想定して、アーセナルはウィングバックとしてもプレー可能であり、大連一方からの退団を希望しているベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)の獲得に動いているとされる。 2019.06.22 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、イタリア代表CBイッツォ獲得に近づく

アーセナルが、トリノのイタリア代表DFアルマンド・イッツォ(27)の獲得に近づいているという。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨年夏にジェノアからトリノに移籍したイッツォは身長183cmのセンターバック。今季のセリエAで37試合に出場し4ゴールを記録した。 記事によると、今年3月にイタリア代表デビューした27歳に関して、同選手の代理人とロンドンで会談を行い好感触を得た模様。個人間での話し合いは順調に進んでいるが、移籍には3000万ユーロ(約36億4600万円)程度かかる見込みだ。 なお、イッツォは2012年から2014年の間に在籍したアヴェッリーノ時代に行われた八百長に関して、八百長が行われる事実を知りながら報告を怠ったとの容疑で、2017年に6カ月の出場停止処分が科されていた過去を持つ。 2019.06.21 19:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース