オーバ快速の被害者フォスター、レノからフォローされる2019.04.16 13:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードの元イングランド代表GKベン・フォスターがアーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの快速に舌を巻いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ワトフォードは15日にホームで行われたプレミアリーグ第34節でアーセナルと対戦。退場者を出した展開で善戦したが、クリアを試みたGKベン・フォスターのキックしたボールを快速を生かしてプレッシングをかけてきたオーバメヤンに押し込まれ、0-1で敗戦した。

オーバメヤンが持つ爆速の餌食になってしまったフォスターは試合後、失点シーンについて次のように回想。試合後、相手守護神のドイツ代表GKベルント・レノからフォローの言葉をかけてもらったことを明かした。

「贔屓目なしに、彼(オーバメヤン)はとてつもなく速い。試合後、ベルント・レノと話をしたら、『君のせいじゃない。彼が速すぎたのさ』って言われたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ワトフォード、クラブ史上最高額でニースFWサン=マクシマン獲得目指す!

ワトフォードがニースに所属するフランス人FWアラン・サン=マクシマン(22)の獲得に向けてクラブ史上最高額の移籍金を準備しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場で前線の強化を狙っているワトフォードは、当初スタッド・レンヌで活躍するコートジボワール代表FWイスマイラ・サール(21)に強い関心を示していたものの、競合クラブの多さと移籍金の問題で獲得を断念。 そして、同選手に代わる新たな候補としてサン=マクシマンへの関心を強めているようだ。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、ワトフォードは以前にバーンリーからイングランド人FWアンドレ・グレイを獲得する際に支払った1800万ポンド(約24億4000万円)を超える、クラブ史上最高額の2500万ポンド(約34億円)のオファーを準備しているようだ。 サンテチェンヌの下部組織出身のサン=マクシマンは、10代前半からヨーロッパの多くのビッグクラブの関心を集めてきた天才肌のアタッカー。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーだが、ここまでは独善的なプレーや素行問題などで本格ブレイクには至らず。 それでも、加入2年目となった今季のニースではリーグ戦34試合に出場し、6ゴール5アシストを記録。決定力には課題があるものの、持ち味の局面打開能力や粗さが目立ったクロス、ラストパスの精度も改善されており、前線の複数ポジションでもプレー可能なユーティリティ性も評価されている。 なお、サン=マクシマンに関してはクリスタル・パレスがコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の後釜としてリストアップしているとの報道も出ている。 2019.07.09 21:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがWBAからDFドーソンを4年契約で獲得!

ワトフォードは1日、WBAからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日となる。 189cmの恵まれた体躯に豊富な運動量、身体能力を併せ持つセンターバックのドーソンは、2010年にロッチデールからWBAへ加入。WBAでは2014-15シーズンにレギュラーポジションを掴むと、在籍8年間で公式戦225試合に出場し15ゴール12アシストをマーク。 今シーズンもチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で公式戦41試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 2019.07.02 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォードFWシンクレアがオランダ1部VVVへレンタル移籍

ワトフォードは29日、イングランド人FWジェローム・シンクレア(22)がVVVフェンロへ1年間レンタル移籍することで合意したことを発表した。 リバプールの下部組織出身であるストライカーのシンクレアは、2016年5月にワトフォードに加入。しかし、ワトフォードでは出場機会に恵まれず、これまでバーミンガムやサンダーランドにへ武者修行に出ると、今冬に加入したオックスフォード・ユナイテッドではリーグ戦16試合に出場し4ゴール3アシストを記録していた。 2019.06.30 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元ブラジル代表GKゴメスと1年契約延長

ワトフォードは28日、元ブラジル代表GKエウレリョ・ゴメス(38)との契約を1年延長したことを発表した。 2014年夏にトッテナムからワトフォードに加入したゴメスは、ワトフォードで公式戦157試合に出場。移籍初年度から正GKとして活躍すると、クラブのプレミアリーグ昇格に貢献した。その後も正GKとしてワトフォードのプレミアリーグ残留に貢献してきたゴメスだったが、今季は元イングランド代表GKベン・フォスターの前に出場機会を得られず、FAカップ6試合、EFLカップ2試合の出場に留まっていた。 それでも、引退を示唆していたゴメスの経験値を高く評価したワトフォードが1年の契約延長オファーを提示した格好だ。 2019.06.29 03:43 Sat
twitterfacebook
thumb

アデバヨール、2年半ぶりプレミア帰還か

トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール(35)にプレミアリーグ帰還の可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーなどで活躍したアデバヨールは、クリスタル・パレス退団後の2017年1月にトルコのバシャクシェヒルに加入。在籍2年半で公式戦76試合に出場し28ゴール8アシストを記録した。 35歳とキャリアの晩年を迎えている同選手に、ウェストハム、ワトフォード、そして来季の昇格が決まっているシェフィールドといったプレミアリーグのクラブからオファーが届いているという。 その中でアデバヨールは、アーセナルやトッテナムでプレーしたことから馴染み深いロンドンの街に戻ることを考慮しているようで、ウェストハムがポールポジションに立っているのではないかと言われている。 セルティックも関心を寄せていると噂される中、プレミア復帰となれば2年半ぶりのこととなる。 2019.06.22 14:14 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース