オーバ快速の被害者フォスター、レノからフォローされる2019.04.16 13:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードの元イングランド代表GKベン・フォスターがアーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの快速に舌を巻いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ワトフォードは15日にホームで行われたプレミアリーグ第34節でアーセナルと対戦。退場者を出した展開で善戦したが、クリアを試みたGKベン・フォスターのキックしたボールを快速を生かしてプレッシングをかけてきたオーバメヤンに押し込まれ、0-1で敗戦した。

オーバメヤンが持つ爆速の餌食になってしまったフォスターは試合後、失点シーンについて次のように回想。試合後、相手守護神のドイツ代表GKベルント・レノからフォローの言葉をかけてもらったことを明かした。

「贔屓目なしに、彼(オーバメヤン)はとてつもなく速い。試合後、ベルント・レノと話をしたら、『君のせいじゃない。彼が速すぎたのさ』って言われたよ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティがイングランド史上初の国内三冠を達成! スターリングハットの大量6得点でワトフォードを粉砕《FAカップ》

FAカップ決勝戦、マンチェスター・シティvsワトフォードが18日に行われ、6-0でシティが勝利し優勝を果たした。 2012-13シーズン以来、6年ぶりとなる決勝進出を果たしたシティと、決勝進出は1983-84シーズン以来2度目となったワトフォードが激突。 すでにプレミアリーグとEFLカップの2つのタイトルを獲得しているシティ。リバプールと最後まで激しい優勝争いを見せたプレミアリーグでは、昨シーズンのリーグ史上初の勝ち点「100」に肉薄する勝ち点「98」を獲得し、同「97」を積み上げたリバプールを上回って2連覇を達成した。 一方のワトフォードは、昨年1月に就任したハビ・グラシア監督の下で手堅いサッカーを披露。開幕4連勝で今季の台風の目になるかに思われたが、最終的には11位フィニッシュ。それでもこのFAカップではビッグクラブとの試合を回避しながら決勝進出。最後に有終の美を飾りたい。 勝てば史上初の国内三冠となるシティは、いつもの[4-3-3]の布陣に、GKエデルソン、守備は右からウォーカー、コンパニ、ラポルテ、ジンチェンコ、中盤はギュンドアン、マフレズ、シルバ、3トップにはベルナルド・シウバ、ジェズス、スターリングが並んだ。 ワトフォードの陣形は[4-4-2]。GKは今大会で5試合に出場しているゴメスが務め、守備は右からフェメニア、マリアッパ、キャスカート、ホレバス。中盤は右からヒューズ、キャプー、ドゥクレ、ペレイラ。トップにデウロフェウとディーニーが顔をそろえた。 ボールを繋いでワトフォードの守備をこじ開けるシティと、フィジカルを生かした攻守で対応するワトフォードという構図に。ポゼッションはシティが7割を超える中、先にチャンスを得たのはワトフォードだった。 11分、自陣右サイドで相手のパスをカットしたワトフォードはそのままカウンターを発動。右に開いたデウロフェウはパスを受けると早いタイミングで中央のペレイラにパスを送る。このパスでペレイラはGKと一対一の場面を迎えたが、ここはエデルソンに軍配。シュートは防がれ枠を外れた。 粘り強く守るワトフォードは22分、先制のチャンスでドゥクレのシュートがコンパニの腕にヒット。ワトフォードの選手らはハンドを主張したが、主審は笛を吹かなかった。 スタッツでは圧倒されているワトフォードだが互角以上の戦いを見せる。しかし迎えた26分、自陣でボールを奪われスターリングにシュートを許す。ここは守備陣が体を張ってブロックしたのだが、そのこぼれ球を頭で繋いだシルバがもう一度スターリングのヘディングパスを受け、ボックス左からシュート。これが右のサイドネットを揺らし、シティが先制した。 さらにシティは38分、ボックス手前右からベルナルド・シウバが左足でクロスを入れると、ラインギリギリのジェズスの折り返しをスターリングが押し込んで追加点。リードを2点に広げた。 後半に入っても手を緩めないシティは47分、スターリングのパスを受けたジェズスがボックス左から鋭いシュートを打つが、ここはGKゴメスが抑える。さらにそのCKの流れから、左サイドから入ったクロスにジェズスがダイビングヘッド。ネットを揺らしたがオフサイドの判定。 55分にシティはマフレズを下げてデ・ブライネを投入。するとそのデ・ブライネは61分にネットを揺らす。味方のクリアボールを繋いだスターリングとジェズス。スターリングのパスからジェズスがワトフォードの最終ラインを抜け出し、並走するデ・ブライネにラストパス。デ・ブライネは飛び出してきたGKゴメスをキックフェイントで巧みに躱し、冷静にゴールに流し込んだ。 3点のビハインドを負ったワトフォードは66分にペレイラとデウロフェウを下げてサクセスとグレイをピッチへ送り込む。しかしそれから2分後の68分、再びクリアボールをカウンターに繋げられると、デ・ブライネのスルーパスで最終ラインを突破したジェズスにゴールを決められ痛恨の4失点を喫した。 その後、シティはギュンドアンを下げてザネ、ワトフォードはヒューズを下げてクレバリーを投入した。先制ゴールを挙げたシルバもストーンズとの交代でピッチを退いた。 すでに勝利を確実なものとしているシティだがさらに畳みかける。81分、ベルナルド・シウバがシザースフェイントから相手を抜き去ってボックス左を侵攻。ゴール前の折り返しをスターリングがねじ込んで5点目を決めた。 さらに87分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをスターリングがシュート。これはGKゴメスが触ってポストに当たったものの、跳ね返りをスターリングが自ら押し込んで6点目。スターリングはこれでハットトリックを達成した。 大量6得点でワトフォードを粉砕したシティ。これでイングランドでは史上初の国内三冠を達成。グアルディオラ監督はまた一つ歴史に名を刻んだ。 またこの結果、来シーズンのコミュニティシールドはシティvsリバプールに決定。史上最も激しい優勝争いを演じてくれた両雄が、8月4日に相まみえることになった。 2019.05.19 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

すでに待ち切れない! 来季のプレミア開幕はいつ?!

マンチェスター・シティの2連覇という形で幕を下ろした今シーズンのプレミアリーグ。最後までシティの背中を掴んで離さなかったリバプールも勝ち点「97」を獲得するなど、史上最も激しい優勝争いだった。 チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いも相当にハイレベルなものを見せてくれたが、それだけに新シーズンの開幕がすでに待ち遠しい。そんな2019-20シーズンの開幕は8月10日になるようだ。対戦カード等の細かい日程は6月13日に発表されるようで、来年5月17日に最終節を迎える新シーズンのプレミアリーグ開幕はもうそこに迫っている。 来季のプレミアリーグといえば、ついにVARが導入される予定だ。これでゴールかノーゴールかの煩わしい判定が減少するだろう。 また、新シーズンの開幕を告げるコミュニティ・シールドは8月4日に開催。プレミアリーグ王者と、FAカップ優勝者による一戦だが、今季のFAカップ決勝はシティvsワトフォード。仮にワトフォードが優勝した場合、新シーズンのコミュニティ・シールドは同じカードとなる。シティが優勝した場合は、リーグ2位のリバプールと激突する。 ちなみに、プレミアリーグからは最大5チームが出場する可能性のある来季のCLのグループステージ抽選会は8月29日。決勝は来年5月30日にイスタンブールで開催される。 2019.05.14 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォード安堵…最終節のホレバスのレッドカードが撤回へ FA決勝で起用可能に

FAカップ決勝戦への出場が心配されたワトフォードのギリシャ代表DFジョゼ・ホレバスだったが、どうやら問題なく出場できるようだ。イギリス『BBC』などが伝えている。 ホレバスは12日に行われたプレミアリーグ最終節のウェストハム戦で、48分にウェストハムFWマイケル・アントニオを後ろから引っ張り、決定機を阻止したとして一発退場が命じられていた。 これにより、18日に予定されているマンチェスター・シティとのFAカップ決勝に出られないことになっていたが、ワトフォードの訴えにより、FA独立規制委員会はレッドカードを撤回。ホレバスは晴れて、FAカップ決勝戦に出場できるようになった。 2015年夏にローマから加入したホレバスはこれまで公式戦108試合に出場。今季はリーグ戦28試合に出場し、ワトフォードの左サイドバックの主力としてチームを支えてきた。 2019.05.14 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォード粉砕のチェルシーが3位浮上!《プレミアリーグ》

チェルシーは5日プレミアリーグ第37節でワトフォードと対戦し、3-0で勝利した。 現在リーグ戦3試合勝利が無い4位チェルシー(勝ち点68)。直近の試合ではヨーロッパリーグでフランクフルトと戦い、1-1の引き分けに終わった。先に試合を消化したトッテナムがボーンマスに敗れたため、勝てば3位浮上となる今節はフランクフルト戦から先発を4人変更した。 今シーズンのホームラストゲームとなるチェルシーは難しい立ち上がりを強いられる。8分、ワトフォードの左サイドからクロスが上がると、これに合わせたのがディーニー。頭で捉えたシュートはゴール左上隅を突いたが、GKケパがギリギリでかき出すビッグセーブを見せる。 ホッとしたのも束の間、10分にカンテが足を痛めで続行不可能に。ロフタス=チークとの交代でピッチを後にした。 嫌な立ち上がりとなったチェルシーはその後もワトフォード相手に防戦一方。攻撃に転じようとしても、ワトフォードの前線からの素早いチェックに捕まり、なかなかペースを掴むことが出来ない。 再三ゴール前に迫られるチェルシー。それでもギリギリのところでシュートを打たせず失点を許すことなく虎視眈々と攻撃の機会を待つ。すると35分にペドロがボックス右から左足でゴールを狙うと、41分にはイグアインとのコンビネーションからミドルシュートを放つ。しかし、どちらも枠を捉えられずゴールレスで試合を折り返した。 後半もワトフォードが高いインテンシティを見せる中、チェルシーはセットプレーに活路を見いだす。48分、アザールの攻撃から得た右CKの場面で、ショートコーナーを選択したアザールはペドロから受け直して左足でインスイングのクロスを供給。これを途中出場のロフタス=チークが頭で合わせて、守勢だったチェルシーが試合を動かした。 さらに51分には、今度はシンプルに入れたアザールの右CKをダビド・ルイスが頭で合わせて追加点。後半立ち上がりに、ホームチームが立て続けにネットを揺らした。 これで余裕が出来たチェルシーはこの男にもゴールが生まれる。75分、ボックス手前右のペドロからイグアインへスルーパス。絶妙なタイミングで最終ラインを突破したイグアインはボックス右からGKフォスターの頭上を抜くループシュートを流し込んで、3点目をもたらした。 79分にそのイグアインはお役御免。ジルーとの交代でベンチに下がった。ワトフォードも83分に2枚替え。するとその直後のFKの場面、ワトフォードは左サイドからインスイングのクロスを上げると、これが右ポストを叩いてゴール前に跳ね返る。ここに途中出場のサクセスが反応し頭で押し込みにかかったが、シュートはこちらも途中出場のグレイに当たってオフサイドの判定となった。 勝利を確信したチェルシーは89分にダビド・ルイスを下げてケイヒルを投入。ケイヒルはリーグ戦では第6節のウェストハム以来2試合目の出場に。アスピリクエタからキャプテンマークを託され、ほんのわずかだが残りの時間を戦った。 そして、試合はそのまま終了。前半は苦しめられたチェルシーだったが、終わってみれば3-0の快勝を収め、3位に浮上することに成功した。 2019.05.06 00:20 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、プレミア最速7秒弾で先制も終盤の失点で勝ち点3を逃す…《プレミアリーグ》

吉田麻也の所属するサウサンプトンは23日、プレミアリーグ第31節延期分でワトフォードと対戦し、1-1の引き分けに終わった。吉田はフル出場している。 FAカップ準々決勝の開催により延期されていた一戦。直近に行われたニューカッスル戦で完敗を喫した16位サウサンプトン(勝ち点36)は、その試合からスタメンを2人変更。イングスとシムズに代えてロングとアームストロングを先発で起用した。 吉田は3バックの中央に配置した[3-4-2-1]で試合に臨んだサウサンプトンは、開始7秒で先制する。キックオフボールを最終ラインで受けたキャスカートに対してロングがハイプレスをかけると、フィードボールをカット。そのままボックス内に持ち上がったロングは飛び出したGKの上を越すシュートでゴールネットを揺らした。 2000年12月9日にトッテナムのDFレドリー・キングが記録した9.82秒弾を上回るロングのプレミアリーグ最速ゴールでいきなり動いた試合は、ここから一気にヒートアップ。すると2分、ワトフォードはデウロフェウのロングパスで右サイドを抜け出したヒューズのクロスをA・グレイが左足で合わせたが、このシュートはGKガンがセーブ。 ワトフォードは12分にも、デウロフェウが左45度からファーポストへ絶妙なコントロールシュートを狙ったが、これはわずかに枠の右に逸れた。 リードするサウサンプトンは24分、ドリブルでボックス右から仕掛けたレドモンドが強引な突破でゴールエリア右まで侵入しシュート。さらに39分にもロングのパスからレドモンドに決定機が訪れたが、共にシュートはGKフォスターに阻まれた。 1点を追うワトフォードは、前半終了間際の44分にロングボールでボックス右内に抜け出したデウロフェウが反転から右足を振り抜いたが、これは枠の左に外れた。 迎えた後半、1点を追うワトフォードが主導権を握るものの、A・グレイやデウロフェウを中心とした攻撃はなかなかうまくいかない。 すると78分、ここまで控えめだったサウサンプトンはセットプレーからチャンス。ボックス左横で獲得したFKをウォード=プラウズが直接狙ったが、これはGKフォスターにセーブされた。 試合も終盤に突入しこのまま終了かと思われたが、90分にスコアが動く。R・ペレイラのパスで右サイドを抜け出したフェメニアがクロスを供給。これをボックス中央のヤンマートが落とすと、最後はA・グレイがゴール右にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま1-1で終了。終盤の失点で勝ち点3を逃したサウサンプトンだが、降格圏の18位カーディフと勝ち点差を「6」に広げ、残留へ一歩近づいた。 2019.04.24 06:15 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース