PSGのDFベルナト、6歳から在籍した古巣への将来的な復帰を希望「いつかバレンシアでタイトルを」

2019.02.26 17:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元スペイン代表DFフアン・ベルナト(25)が、将来的なバレンシア復帰を希望しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が『ESPN』を引用して伝えている。

6歳でバレンシア下部組織に入団したベルナトは、18歳だった2011-12シーズンの開幕戦でプロデビュー。当時はサイドハーフを主戦場としていたが、2013-14シーズンに左サイドバックにコンバートされると、レギュラーに定着した。その後、2014年7月にバイエルンに完全移籍し、加入初年度には31試合に出場してブンデスリーガ制覇にも貢献。昨夏にはPSGに加入し、ここまで公式戦27試合に出場している。

ビッククラブでプレーし続けるベルナトだが、自身にとってバレンシアは今でも心のクラブであるようだ。将来的なバレンシア復帰の意向も明かしている。

「バレンシアは僕が育った心のクラブだ」

「(バレンシア退団時に)僕はバレンシアを去って、他のクラブで僕のキャリアを重ねていくことがより良いことだと思っていたんだ」

「いつとは断言できない。でも、いつかはバレンシアに戻って、クラブと共にタイトルを獲得したいと思っているんだ」

関連ニュース
thumb

バレンシアの強化プランを語るボルダラス監督「補強のない夏は考えられない」

バレンシアのホセ・ボルダラス監督が来シーズンに向けた意気込みを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ボルダラス監督は2016年9月にヘタフェの指揮官に就任すると、1シーズンでのラ・リーガ昇格を達成。以降4シーズンにわたってチームを率いた。しかし、今シーズンは残留争いに巻き込まれるなど苦戦。最終的には15位フィニッシュとなったものの、シーズン終了後にボルダラス監督の退任がクラブから発表された。 フリーとなったボルダラス監督に対してはシーズン中にハビ・グラシア監督を解任し、後任を探していたバレンシアが接触。5月に来シーズンから指揮を執ることが正式発表されている。 新シーズンに向けたチーム作りが期待されるなかで、『マルカ』のラジオに出演したボルダラス監督はバレンシアでの目標やヘタフェを去った時の心情について言及。同時に、夏の補強についても語っている。 「我々はバレンシアらしさ、ここ数年で失われてしまったDNAを取り戻したいと考えている。私は奇跡を起こすために来たのではなく、再びクラブに希望を与えるため来たのだ」 「私はヘタフェを去るとき、とても幸せな気持ちでいることができたよ。私が就任した時、クラブは危機的な状況に置かれていたが、最終的には昇格できた。私はあそこで、情熱を持って生きてきたよ」 「我々はチームのニーズを詳細に分析しつつ、市場が何を提供してくれるか見極めたい。クラブが良いチームを作るため、全力を尽くすことは理解しているよ。補強のない夏は考えられないだろう。もちろん、主力の選手を手放すつもりもない」 「ヘタフェのようなプレーをバレンシアでもするかって? 2つの異なるチームが、同じようにプレーすることはできないだろう」 また、ボルダラス監督は度重なる現場介入などによって、ファンから猛烈な批判を浴びるオーナーのピーター・リム氏とはまだ会っていないとコメント。一方で、会長のアニル・マーシー氏とは連絡を密にしていると語った。 「ピーター・リムとはまだ話をしていないが、アニル・マーシーとは毎日話しているよ。それに、今度リムに会うためのビデオ会議の予定が入っている」 2021.06.11 13:27 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアが生え抜きGKリベロと2024年まで契約延長

バレンシアは2日、スペイン人GKクリスティアン・リベロ(23)との契約延長を発表した。契約期間は2024年6月までとなる。 リベロは、10歳でバレンシアの下部組織に入団。ユース、U-19、Bチームと順調にステップアップを繰り返した。 2020年8月にはファーストチームへと正式に昇格。今シーズンはラ・リーガでの出場はなかったが、コパ・デル・レイでファーストチームデビュー。4試合に出場していた。 リベロは契約延長についてクラブを通じてコメント。喜びを語った。 「バレンシアに13年間在籍し、ファーストチームの一員であり続けられることは僕にとっての誇りだ」 「いつも受けているサポートと、僕に与えてくれた信頼が、契約を更新した理由の1つだ」 2021.06.03 09:42 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、今季トップチームデビューのMFコインドレディとプロ契約を締結

バレンシアは30日、U-19フランス代表MFコバ・コインドレディ(19)と初めてのプロ契約を結んだ。契約期間は2025年6月30日までとなる。 2019年1月にRCランスからバレンシアのリザーブチームであるメスタージャに加入したコインドレディ。今季は二種登録でトップチームに帯同すると、昨年12月のコパ・デル・レイ1回戦のタラサ戦でトップチームデビュー。 さらに同月30日のラ・リーガ第16節のグラナダ戦にも出場し、ラ・リーガデビューを飾った。また、今年1月に行われたコパ・デル・レイ3回戦アルコンコ戦では12分に先制点となるゴールを挙げ、トップチーム初得点を記録していた。 2021.05.31 04:08 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア監督就任のボルダラス、目標は「ファンが満足してスタジアムを後にすること」

バレンシアの新指揮官であるホセ・ボルダラス監督が就任会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 バレンシアは27日、ヘタフェの指揮官を退任したホセ・ボルダラス監督を新監督に招へいしたことを発表。1年延長オプションが付随した2023年6月30日までの契約が結ばれ、今シーズンのラ・リーガで13位に沈んだ名門の立て直しが期待される。 ヘタフェで今シーズンこそ残留争いを強いられたものの、昨シーズンにヨーロッパリーグ(EL)出場を戦うなどの手腕を発揮したボルダラス監督は本拠地メスタージャでサポーターに良いプレーを披露するのを目標を掲げ、それに向けて意気込んだ。 「バレンシアのアイデンティティを取り戻すために、チームの要求を分析し、可能な限り競争力を高めるために何が必要かを見極める。競い合い、絶対的な力を発揮するチームを見て、ファンが満足してスタジアムを後にすることが目標だ」 「何事もそうだが、時間が必要だ。クラブのアイデンティティを取り戻し、競争力を高めるためには、今すぐにチーム強化に着手する必要がある。ヘタフェで5シーズンを過ごしたが、バレンシア就任は私にとって重要なチャレンジだし、とても楽しみにしている」 「我々には信じられないほど強力なファンがいる。チームとファンが力を合わせて、メスタージャが要塞になるように努力しなければならない」 また、今シーズンのバレンシアについては「良いシーズンではなかった。良い感覚を取り戻し、リーガで本来あるべき地位に返り咲かなければならない。私はエネルギーと熱意を持って就任した。そして、チームがすべてを捧げ、気持ちと情熱を取り戻すことを確信している」とコメント。来シーズンの復権を誓った。 2021.05.28 13:41 Fri
twitterfacebook
thumb

立て直し図るバレンシアがヘタフェ退団のボルダラス監督を招へい

バレンシアは27日、ヘタフェの指揮官を退任したホセ・ボルダラス監督(57)を新監督に招へいしたことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの2年間となる。 ボルダラス監督はスペイン国内のクラブで指揮を執り、2016年9月に監督に就任。以降5シーズンにわたってチームを率いた。 通算成績は212試合を指揮し83勝60分け69敗。ヘタフェでは、激しいプレスを武器にコレクティブなサッカーを繰り広げるチームを作り上げていった。 ラ・リーガでは152試合を指揮し、53勝47分け52敗の成績だった。 バレンシアは、今シーズンに向けてハビ・グラシア監督を招へいしていたが、開幕からなかなか調子が上がらず、中位をさまようと、後半戦に入ってもチームは立ち直らず。4試合を残して解任されていた。 2021.05.27 20:02 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly