セインツサポ2名が逮捕 サラの死を中傷で2019.02.10 10:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『BBC』は9日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死を侮辱したサウサンプトンサポーター2名の逮捕を報じた。先日に今冬加入予定だったサラを小型機事故で失ったカーディフは9日、プレミアリーグ第26節でサウサンプトンとアウェイで対戦。両軍の選手は黒い喪章を着け、試合前に黙祷も行った。

そうしたなか、スタンドで観戦したサウサンプトンサポーター2名がサラの死を嘲笑するような飛行機のジェスチャー。これを受け、ハンプシャー警察が当該者を拘束して事情聴取したという。

また、サウサンプトン側も当該者のホーム戦入場禁止処分を科す見込みとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「お手本はジェラードだった」人格者スターリングが人間として選手として尊敬した人物

マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、お手本として見てきた人物を明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 スターリングは先日、人種差別への取り組みが評価され、『Sport Industry Group』から“Integrity and Impact Award (誠実さと影響力を称える賞)”を受賞した。 ヨーロッパで横行している人種差別に対し、SNSなどを通じて根絶を働きかけていた同選手。今週初めには、イギリス『タイムズ』で人種差別ともっと向き合うことを求めたマニュフェストに同意。人種差別を行ったサポーターのチームには勝ち点9剥奪と、3試合の無観客試合を科すべきと主張した。 『Sport Industry Group』のニック・ケーラー会長は「選手の声はスポーツの分野を超えて強力な影響を与え続ける。ラヒーム・スターリングのようなアスリートは問題の側面を公にし続けることで、我々の心を動かすのだ」とコメントしている。 そんなスターリングは受賞後に自身がリバプール時代にスティーブン・ジェラードからインスピレーションを受けていたことを明かした。ジェラードのような人物になるためにはどうしたらいいか考えを巡らせていたようだ。 「リバプールにいた頃、僕にはスティーブン・ジェラードのような尊敬できる人物が周りにいた」 「彼を見て、僕は彼のような人間や選手になるためにはどうすればいいか自問自答したよ」 「小さなことでも、毎年毎日自分が成長できるよう努める。それはピッチの中だけじゃなく外でも同じようにね」 2019.04.26 16:42 Fri
twitterfacebook
thumb

止まぬ人種差別…バカヨコ、再びラツィオファンのターゲットに

24日に行われたコッパ・イタリア準決勝セカンドレグのミランvsラツィオで、ミランのMFティエムエ・バカヨコとMFフランク・ケシエがラツィオサポーターから再び人種差別を受けた。 ミランのホーム、サン・シーロで行われた今回の一戦。試合前のウォーミングアップ中に、ラツィオサポーターからバカヨコとケシエが人種差別を受けたという。ラツィオサポーターはバカヨコに対し「このバナナはバカヨコのもの」という歌を歌い、ケシエに対しては試合中に口笛を吹くなどして挑発。 ラツィオサポーターがここまでこの2人を敵視するのには訳があり、今月13日に行われたセリエA第32節ラツィオ戦で、試合前からSNS上で相手DFフランチェスコ・アチェルビと舌戦を繰り広げていたバカヨコは、試合後に同選手とユニフォーム交換した後、ケシエとともにミラニスタが陣取るゴール裏でアチェルビをからかうかのようにそのユニフォーム掲げた。 これがラツィオサポーターの逆鱗に触れ、2人はラツィオサポーターの標的に。しかし、これと人種差別とは全くの無関係だ。 イタリアではユベントスのモイゼ・ケアンやナポリのカリドゥ・クリバリが人種差別の被害に遭っており、イングランドでもまた、マンチェスター・シティのラヒーム・スターリングをはじめとする黒人選手が同様の対象になるなど、ヨーロッパ全体で人種差別が横行してしまっている。 イタリアサッカー連盟(FIGC)は現在、ラツィオサポーターの人種差別発言について調査を進めているという。 2019.04.25 15:49 Thu
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒト、ベルギーサッカー協会に資金洗浄疑惑

ベルギーの名門クラブ・アンデルレヒトが、マネー・ロンダリング(資金洗浄)の疑惑をかけられ、警察の調査を受けているとのことだ。イギリス『BBC』が報じた。 今回疑惑を向けられているのは、代理人と選手の移籍に関するマネー・ロンダリングとのこと。また、アンデルレヒトだけでなく、ベルギーサッカー協会も疑われているとのことだ。 検察のスポークスマンは「移籍を担当した代理人に行くつか質問をした。それがマネー・ロンダリングの問題だ」とコメントしている。なお、アンデルレヒトは警察の調査に協力しているとのことだ。 アンデルレヒトは、ベルギーで最も成功したクラブであり、リーグ優勝は34回。UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)も制したことがある。 なお、今シーズンは苦戦が続いており、プレーオフ1に進出するもここまで1分け3敗と結果を残せておらず5位に位置。55シーズンぶりにヨーロッパの大会への出場権を失う可能性があり、ピッチ内外で困難を抱えるシーズンとなっている。 2019.04.25 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、バーンリー戦の不適切行為でFAから起訴

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督がイングランドサッカー協会(FA)から起訴されたようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 22日に行われたプレミアリーグ第35節のバーンリー戦で退席処分となっていたサッリ監督。後半アディショナルタイムに両チームの選手が衝突した際、何かしらの不満を唱えたとして、退席処分が下されていた。 2-2で試合を終えた後も、両チームの選手やスタッフはしばらく言い争っていた。 サッリ監督は試合後の記者会見に出席せず、代わりにアシスタントコーチのジャンフランコ・ゾラ氏が対応。今回の一件について「追及があると思う。マウリツィオはとても不満気だった」とコメントした。 今回、試合中の不正行為で起訴されたサッリ監督側には現地時間26日の午後6時までに申立て出来るようだ。 2019.04.24 19:37 Wed
twitterfacebook
thumb

パネンカは人生も狂わす…パラグアイでパネンカ失敗が原因で除籍処分に

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスらを中心に再び流行しているパネンカだが、成功すれば称賛される一方で、失敗すればそれ以上の非難を浴びる可能性がある諸刃の剣だ。それは時にその人の人生も狂わす…。 17日に行われたコパ・スダメリカーナ1回戦、コロンビアのラ・エキダとパラグアイのインデペンディエンテFBCによる一戦は、2戦合計スコア0-0のままPK戦に突入した。インデペンディエンテFBCの3人目のキッカーを務めたベネズエラ人のブレンディクス・パッラは流行りのパネンカを試みたが、コースがあまりにも甘く、シュートは横に飛び込んだGKに胸で楽々とセーブされてしまった。 ここまでは想像の範囲内だが問題はこの後。パッラのPK失敗もあり1回戦で敗退したインデペンディエンテFBCは、パネンカ失敗を理由にパッラを除籍処分。クラブのエリベルト・ガマラ会長は「この決定を下すのは容易ではなかったが、上層部はブレンディクス・パッラを解雇することにした」とパラグアイ『ABC Cardinal』でコメント。同選手の行動は「無責任だった」と非難した。 さらに「もし我々が次のラウンドに進めていたら、選手たちはより多くの報酬を受け取っていたはずだ」とも述べている。 まだ正式発表があったわけではないが、パッラはこれを受けて「難しい状況だが人生は続く。サッカーは続く。そして我々は前進し続ける」、「チームメイトには僕をサポートしてくれるやつもいた。彼らやクラブのすべてのファンに謝るよ」とコメントを残した。 2019.04.24 13:50 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース