鳥栖、U-18所属のGK板橋洋青&MF松岡大起の2種登録を発表

2019.01.23 13:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サガン鳥栖は23日、鳥栖U-18に所属するGK板橋洋青(17)、MF松岡大起(17)を2種登録することを発表した。背番号は、板橋が「42」、松岡が「41」となる。板橋は鳥栖U-15からU-18に昇格。身長185㎝、体重75㎏のゴールキーパーだ。松岡はソレッソ熊本U-15から鳥栖U-18に入団。身長170㎝、体重65㎏のミッドフィルダーだ。

トップチームへの登録が決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆GK板橋洋青
「この度、2種登録させて頂き大変嬉しく思います。家族、監督、コーチをはじめ支えてくださった方々に感謝の気持ちを忘れずに日々頑張っていきます。応援よろしくお願いします」

◆MF松岡大起
「昨年から引き続き2種登録して頂き大変嬉しく思います!今まで支えてくださった人々への感謝の気持ちを忘れず、日々全力で邁進します! また、1日でも早くトップチームに昇格し必要とされるように頑張ります! 応援よろしくお願いします!」
関連ニュース
thumb

鳥栖MF松岡大起、清水に完全移籍 「新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが…」

清水エスパルスは2日、サガン鳥栖からMF松岡大起(20)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」を着用する。 パリ五輪世代の松岡は鳥栖下部組織出身で、高校2年時の2018年にトップチームデビュー。2019年6月にプロ契約を結び、世代別代表にも呼ばれてきた鳥栖の有望株だ。 昨季は明治安田生命J1リーグ32試合に出場と不動の主力として活躍。チームがJ1リーグで上位躍進を続ける今季もボランチを主戦場にここまで21試合でプレーした。 今季の鳥栖に反して、残留争いの真っ只中にいる清水行きを決断した松岡はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「こんにちは。清水エスパルスのファン、サポーターの皆様、サガン鳥栖から来ました松岡大起です。このタイミングでの加入になりましたが、やってきたことや学んだことを自分らしく全力で表現します。これから清水エスパルスの為に戦います! また多くの方々に感動を与えます! 応援よろしくお願いします!」 一方、鳥栖を通じては移籍決断までの経緯に触れるなど、長文のメッセージを発信した。 「こんにちは。松岡大起です。いつも温かく、心強いご声援ありがとうございます。毎試合、選手1人1人の心の支えとなっています。急ではありますが、私、松岡大起は清水エスパルスに移籍する事を報告させて頂きます」 「この移籍を考え、決断に至るまで、生きてきた中で一番悩みました。評価されているはずのポジティブな悩みなのに、毎日のルーティンをする中で、勝手に涙が出てきたり、口の中にたくさん口内炎ができたり、寝ているはずなのに、寝た気がしなかったり、目を動かす度に眼球が痛くなったりもしました。正直、今のサガン鳥栖なら、リーグ優勝を狙う事も出来るし、ACLを目指す事も出来ます。シーズンが終わってからでも遅くは無いのでは?と何度も自分自身に問いかけました」 「しかし、海外で活躍する為、自分の夢を叶える為、更に自分自身を奮い立たせ、新たな環境でプレーしたいという強い想いが、常に頭の中にあり続けました。選手、監督、コーチングスタッフ、トレーナー、スポンサー、ファンサポーター、サガン鳥栖に関わる全ての皆様と共に、Jリーグ優勝やACLを目指したかった想いはすごく強いです。それでも自分自身の夢や目標を1番に考えた時、新たな環境で厳しいチャレンジしたいという気持ちが抑えられず、今回の移籍の決断に至りました」 「今の自分があるのは、12年間もの長い間、成長を見守ってくれた「ソレッソ熊本」の皆様。そして、サッカー選手として、1人の人間として、ユースを合わせ5年間、大きく成長の機会を与えて頂いた、サガン鳥栖関係者の皆様へは感謝しかありません。そして、どんな時でもサポートしてくれた両親にも感謝してます。本来であれば選手、スタッフ、トレーナー、ファンサポーター、自分の成長に関わって頂いた方、応援してくれてる全ての方に想いや御礼を1人1人に伝えたい所ですが、それは難しいので、この場を借りて伝えさせて頂きました」 「正直、この文を読んで頂き、気持ちを理解してもらいたいのですが、すべての方に理解してもらえない事もわかります。将来、この決断を理解して頂けるよう、1人の人間として、行動、言動で示し、またプロサッカー選手として結果で表現していきます。チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。また、スタジアムで会いましょう」 「最後に明輝さんへ。明輝さんが居たから、今の自分があります。どんな時も明輝さんは常に声をかけてくれました。プレーがうまく行かず、悩んでいる時に声をかけてくださいました。プレーにおごりがあった時も強く声をかけてくださいました。どんな事も僕の為を思って言って頂いた言葉で、すべてが僕にとって最高の思い出です。明輝さんは僕にとって最高の監督です。また必ず、成長した姿で会いに行きます。本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2021.08.02 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖の17歳DF中野伸哉が正式にトップ昇格、2種登録でJ1通算34試合に出場

サガン鳥栖は30日、DF中野伸哉(17)のトップチーム昇格を発表した。 7月30日付で正式にトップチームの一員となる。なお背番号は変わらず「47」をつける。 中野はU-15から鳥栖に所属しており、現在は鳥栖U-18所属ながら2種登録でJリーグの試合に出場。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、今シーズンはここまで20試合に出場していた。 またU-15から日本代表に招集されており、2019年にはU-17ワールドカップにも出場。今年はU-24日本代表にも招集されていた。 中野は改めて正式にトップチームに昇格し喜びを語った。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います」 「常に支えてくれた両親をはじめ、お世話になってきた監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからももっともっと頑張ります!」 「ここからがスタートなので、プロとしての自覚を持ち日々の練習から全力で取り組みます。応援よろしくお願いします!」 2021.07.30 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖の大卒ルーキー今掛航貴が水戸に育成型期限付き移籍

水戸ホーリーホックは29日、サガン鳥栖からDF今掛航貴(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「44」を着用する。 今掛は興國高校、中央大学を経て、今季から鳥栖でプロキャリアをスタート。JリーグYBルヴァンカップでこそ3試合に出場したが、明治安田生命J1リーグで出番に恵まれずにいた。 出場機会を求め、シーズン途中の移籍を決断した今掛は水戸を通じて「1日でも早くチームに馴染み、勝利に貢献できるように頑張ります! よろしくお願いします!」とコメントした。 一歩、鳥栖を通じては「この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓っている。 「サガン鳥栖という素晴らしいクラブで沢山のことを学び、経験できて本当によかったです。成長した姿を見せれるように頑張ってきます!」 2021.07.29 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖の18歳FW二田理央がオーストリア2部のヴァッカー・インスブルックへ期限付き移籍、日本人MF財前淳も所属

サガン鳥栖は27日、FW二田理央(18)がオーストリアのヴァッカー・インスブルック へ期限付き移籍することを発表した。 なお、二田はU-23チームに加入することとなる。期限付き移籍期間は2021年7月15日から2022年6月30日までとなり、すでにチームのトレーニングに合流しているとのことだ。 二田は大分県出身で、鳥栖のU-18に在籍し、今シーズンは6月に2種登録。6月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦でデビューし、6月30日にプロ契約を結んでいた。その後、7月1日から練習参加していたとのことだ。 二田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、オーストリアのFC Wacker Innsbruckへ期限付き移籍することになりました。サガン鳥栖ではたくさんのことを経験させてもらい、選手としても人間としても成長をさせてもらいました。そうして学んだ全てを生かして頑張ってきます」 「これまで自分に携わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、サッカーを楽しみたいと思います。オーストリアという新たな環境で更に成長できるよう、全力を尽くします」 ヴァッカー・インスブルックはオーストリア2部に所属するクラブ。U-23チームは3部に所属している。 これまでオーストリア・ブンデスリーガで10度の優勝を誇っているが、ここ2シーズンは2部で戦っている。 チームには日本人MFの財前淳(22)が所属。財前は京都サンガF.C.のU-18出身で、トップチーム昇格は叶わなかったものの、練習参加していたヴァッカー・インスブルックに加入した。財前はここまでオーストリア・ブンデスリーガ2部で78試合に出場し19ゴール12アシストを記録していた。 2021.07.27 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

開始8分で2点先取の鳥栖、終盤にPK献上でC大阪と痛恨ドロー【明治安田J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が24日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 現在4位に位置している鳥栖は、直近の名古屋グランパス戦で勝利し、5試合ぶりの白星を挙げた。3位のヴィッセル神戸との勝ち点差は1試合少ない状態で4ポイントとなっており、上位に食らいつく為にも重要な一戦となる。前節からスタメンの変更はなく、オリンピックで林を欠く中、小屋松と酒井の2トップで試合に臨む。 一方のセレッソ大阪は、前節のFC東京戦では2点ビハインドから一時は逆転したものの3-3のドロー。なかなか勝ち切ることができずリーグ戦8試合未勝利となっている。こちらも前節からスタメンの変更はせず、大久保と加藤による大ベテランと若手の2トップを組んだ。 鳥栖のキックオフで開始された試合は、1分足らずでいきなりネットが揺れる展開となる。センターバックのエドゥアルドがバックラインから右前線へロングフィード。これを受けた小屋松がドリブルで中央へ持ち込み、駆け上がってきた酒井へスルーパスを送ると、酒井はトラップから倒れ込みながらもゴール右下にシュートを決めた。 開始45秒のゴールで先制した鳥栖は、8分にもC大阪のゴールに襲い掛かる。サイドを広く使ったパスワークから、左の高い位置でボールを受けた中野がグラウンダーのクロスを送る。これはC大阪ディフェンスにクリアされたものの、大畑がボックス左手前でこのボールを拾い再度グラウンダー性のクロス。これをファーでフリーとなっていた小屋松がゴールへ流し込み追加点を奪った。 ここまで鳥栖にチャンスを確実に決められていたC大阪は、18分に反撃の狼煙を上げる。右サイドの高い位置で鳥栖のディフェンスにプレスをかけ、クリアボールを身体に当てた坂本。このこぼれ球をボックス右で加藤が拾うと、DFを1人はがしてシュートを放つ。グラウンダー性でゴールへ向かっていたボールは、DFに当たり跳ね上がってゴールイン。C大阪が1点を返し、打ち合いの様相を呈してきた。 試合開始早々から2点を奪って以降は、C大阪にゴールを封じられていた鳥栖。このまま試合を折り返すかに思われた前半アディショナルタイム、背番号10が相手を突き放す。ミドルサードでボールを奪ったエドゥアルドからパスを受けた樋口は、ハーフラインからドリブルを開始。フリーでバイタルエリア右までボールを運びシュートを選ぶと、グラウンダー性の強烈なミドルシュートが対角のゴール左下に突き刺さり、再び2点差とした。 後半になっても鳥栖の勢いは衰えず、56分にもC大阪ゴールへ迫る。仙頭の左CKにエドゥアルドが反応し、相手ディフェンダーを抑えながら胸トラップ。やや大きくなったものの、身体を捻りながら振り向きざまにシュートを放つと、これが相手DFに当たりゴールへ吸い込まれた。 しかい、ここで主審がオンフィールドレビューに入る。VARチェックの結果、エドゥアルドのトラップ時にハンドがあったとみなされ、ノーゴールの判定となった。 ここまで鳥栖のペースに飲まれ続けていたC大阪だが、68分に敵陣中央からの原川のFKがクロスバーを直撃すると、ここから怒涛の波状攻撃を見せる。セカンドボールを拾った高木のシュートはゴールライン上で相手DFにクリアされるも、今度は左サイドから清武が右足クロス。これは鳥栖GK朴にキャッチされるも、着地と同時にファンブルしたところを坂本が粘り強く繫ぎ、最後は加藤がボックス中央から豪快にシュートを突き刺した。 これで同点まであと1点と迫ったC大阪。根気強く攻撃を仕掛けていると、86分にビッグチャンスが訪れる。鳥栖陣内中央でボールを受けた坂本が、相手を抑えながらボックス内までドリブルで前進。ここで仙頭に腕を引っ張られる形で転倒し、PKを獲得する。 一度はオンフィールドレビューが入ったものの、PKの判定は変わらず、キッカーの坂本が冷静にゴール中央へグラウンダーで流し込み、アウェイチームがついに同点に追いつく。 試合開始早々から2点を挙げた鳥栖だったが、終わってみればドロー。C大阪は前節に続けて3-3のドローで9戦未勝利となっており、ACLのグループステージ突破とは裏腹に厳しいリーグ戦を強いられている。 サガン鳥栖 3-3 セレッソ大阪 【鳥栖】 酒井宣福(前1) 小屋松知哉(前8) 樋口雄太(前46) 【C大阪】 加藤陸次樹(前18) 加藤陸次樹(後24) 坂元達裕(後42)【PK】 2021.07.24 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly