FC東京が韓国代表MFナ・サンホの獲得合意を発表 昨季韓国2部で個人3冠の22歳

2019.01.14 16:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は14日、光州FC(韓国)に所属する韓国代表MFナ・サンホ(22)の完全移籍加入でクラブ間合意に達したことを発表した。メディカルチェック後、正式契約を結ぶ。

ナ・サンホは2017年に光州FCでプロデビュー。2018シーズンのKリーグ2で31試合16得点の好成績を収め、得点王やMVP、ベストイレブンを総なめした。また、昨夏にU-23韓国代表の一員としてアジア競技大会制覇に貢献。AFCアジアカップ2019の韓国代表メンバーにも招集されたが、負傷で途中離脱した。FC東京入りを受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「日本の首都クラブである東京に加入でき光栄です。早くチームに馴染み、良いプレーを見せられるように頑張ります!」

関連ニュース
thumb

鳥栖FW藤原悠汰が山形に育成型期限付き移籍! 今季14試合3得点の大卒1年目

モンテディオ山形は27日、サガン鳥栖からFW藤原悠汰(23)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「39」をつける。 藤原はサンフレッチェ広島のアカデミー育ちで、広島皆実高校、明治大学を経て、鳥栖に今季入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合出場で3得点と記録中だったが、さらなる出番を求め、山形に活躍の場を移すことが決まった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん初めまして。この度サガン鳥栖のから加入する事になりました藤原悠汰です。フジハラなので、覚えていただけると嬉しいです」 「モンテディオ山形の勝利の為に、応援してくれる方々の笑顔や活力の為に、自身の持てる力を全て発揮して闘います。宜しくお願い致します」 ◆サガン鳥栖 「この度、モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍をすることになりました。この決断をするにあたり、シーズン途中にも関わらず、受け入れて頂いた関係者の皆様に感謝しています」 「約半年間多くの事を学び、様々な事を考え日々取り組んで来ましたが応援していただく方々の期待に応えられず悔しい気持ちです。また成長した姿を見せれるよう日々懸命に取り組んできます」 「短い間でしたが、多くの方からの熱いメッセージは今でも忘れません。また、会える日まで頑張ります!」 2022.06.27 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪、韓国人DFシン・ウォノが水原三星へ完全移籍…2年半で出場2試合

ガンバ大阪は24日、韓国人DFシン・ウォノ(21)がKリーグ1の水原三星ブルーウィングスへ完全移籍することを発表した。 シン・ウォノは、輔仁高校から2020年にG大阪に入団。2020年はG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで6試合に出場。2021年は天皇杯で1試合に出場しトップチームデビュー。今シーズンはYBCルヴァンカップで1試合の出場に終わった。 世代別の韓国代表歴もあるシン・ウォノは、今回の移籍に際してコメントしている。 「このたび、韓国Kリーグ・水原三星ブルーウィングスに完全移籍することとなりました。在籍中の2年半、ガンバ大阪のファン・サポーターの皆様から沢山のご声援を頂けた事は、私にとって大きな力となっていました」 「私が試合で活躍する姿を多くお見せできずに残念ではありますが、もっと成長して再びガンバ大阪サポーターの皆様の前で活躍できる姿をお見せできるように頑張ってまいります。本当にありがとうございました」 2022.06.24 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCが早稲田大学MF小倉陽太の2024年加入内定を発表「自分のサッカー人生の思い出が多く詰まっているクラブ」

横浜FCは24日、早稲田大学のMF小倉陽太(21)が2024シーズンからの加入が内定したことを発表した。 小倉は横浜FCの下部組織出身で、ユースに在籍していた2019年にはU-18日本代表に選出。2020年からは早稲田大学に進学し、今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで7試合に出場している。 クラブは小倉について「高いボールスキルと正確な長短のキックが特徴の選手。守備では対人の強さを発揮し、攻守において存在感のある選手です。また、横浜FCフットボールアカデミー出身の選手であり、横浜FCサッカースクールからユースまで在籍をいたしました。横浜ユースを卒業後、大卒でクラブに戻ってきてくれる初めての選手となります。人間性の部分にも優れ、横浜FCの次期リーダーになる人材と考えております」と特徴を紹介している。 小倉はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、2024シーズンから横浜FCへ加入することになりました、早稲田大学の小倉陽太です」 「自分にとって横浜FCは、小学校5年生からクラブの一員となり、ユース時代には主将を務め、クラブ史上初の高校年代最高峰のリーグであるプレミアリーグ参入をするなど、自分のサッカー人生の思い出が多く詰まっているクラブです」 「横浜FCでプロキャリアをスタートできること、大変嬉しく思います。 幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれたのは、今まで出会ってきた指導者の方々、チームメイト、応援してくれた友人など自分を取り巻く全ての人のおかげです。そして何より、今まで何不自由なくサッカーをさせてくれた家族には、本当に感謝しています」 「アカデミー出身選手としては、大学経由からの出戻りは自分が初めてということで、大学でプレーしているアカデミー出身選手、これから大学に進学してプレーしていく、今のアカデミーの選手達のお手本となれるよう精一杯頑張ります」 2022.06.24 13:07 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が東洋大学のFW室井彗佑、MF高柳郁弥の来季加入内定を発表…早稲田大学DF鈴木俊也と共に特別指定選手に

大宮アルディージャは23日、東洋大学のFW室井彗佑(22)、MF高柳郁弥(21)の来季加入内定を発表した。 また、室井、高柳とともに、昨年加入内定が発表されていた早稲田大学のDF鈴木俊也(21)の3名が特別指定選手として承認されたことも発表している。なお背番号は、室井が「33」、高柳が「32」、鈴木が「38」をつける。 室井は東京都出身で、横河武蔵野FCの下部組織で育ち、前橋育英高校を経て東洋大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで11試合に出場して6ゴール2アシストを記録し、得点ランキングトップタイにつけている。 高柳は埼玉県出身で、大宮のジュニアユース、ユースで育ち、東洋大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では11試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 鈴木はFC東京の下部組織で育ち、早稲田実業高校から早稲田大学へ進学。昨シーズンは特別指定選手として明治安田生命J2リーグで1試合に出場していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW室井彗佑 「このたび、大宮アルディージャに加入することになりました東洋大の室井彗佑です。幼い頃から憧れていたプロサッカー選手のキャリアを、大宮アルディージャというすばらしいクラブでスタートできることを大変うれしく思います。また、2022シーズンより特別指定選手としてプレーさせていただくことになりました。これまで携わってくれた方々への感謝を忘れず、一日でも早く大宮のユニフォームを着てチームに貢献できるよう頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」 ◆MF高柳郁弥 「このたび、大宮アルディージャに加入することになりました東洋大の高柳郁弥です。ジュニアユース、ユースとお世話になったクラブでプロサッカー選手としてスタートできることを大変嬉しく思います。今までお世話になった方々への感謝を忘れず、一日でも早く大宮アルディージャのファン・サポーターの皆さま、大宮アルディージャに関わるすべての方々と喜びを分かち合えるよう、謙虚に全力でプレーします。よろしくお願いします!」 ◆DF鈴木俊也 「今季も大宮アルディージャの一員として戦うチャンスをいただけることに感謝しています。これからチームが前進していくためのエネルギーとなれるよう精いっぱいひたむきに頑張ります。また、大学の活動との両立のなかでより多くの経験を積み、更なる成長の糧にしていきます。よろしくお願いします!」 2022.06.23 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ラピド・ウィーン北川航也が古巣清水へ! 完全移籍で3年ぶり復帰

清水エスパルスは19日、ラピド・ウィーンから元日本代表FW北川航也(25)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「45」をつける。 北川は清水の下部組織あがりで、プロ4年目の2018年にJ1リーグで13得点を決めて一気にブレイク。それから日本代表にも初選出され、2019年夏にオーストリアのラピド・ウィーンで初の欧州挑戦を果たした。 だが、加入から数カ月後に左足首のじん帯損傷に見舞われ、復帰後も出番に恵まれず。2021-22シーズンも12試合に出場したオーストリア・ブンデスリーガでたった1度の先発機会にとどまり、得点もなかった。 J1リーグ16位に沈む状況から脱しようと、ゼ・リカルド新監督の下で再出発を図る古巣に3年ぶりの復帰を決断した北川。クラブを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「SKラピード・ウィーンから加入しました北川航也です。また、皆さんとオレンジのユニフォームを着て、清水エスパルスのエンブレムを背負って闘えることを、とても嬉しく思います。シーズン途中での加入となりますが、自分の持っている力の全てをチームに還元していきます。早くIAIスタジアム日本平のピッチで皆さんと会える時を楽しみにしています。よろしくお願いします」 2022.06.19 14:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly