京都、MF小屋松知哉、MF重廣卓也との契約更新を発表

2018.12.19 15:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽京都サンガF.C.は19日、MF小屋松知哉(23)、MF重廣卓也(23)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽京都府出身の小屋松は、俊足を生かした突破力と得点感覚を併せ持つストライカー。2014年に多くの注目を集めて京都橘高校から名古屋グランパスに加入したものの、故障に悩まされ、多くの出場機会は確保できず。昨年から京都に加入している。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ36試合5ゴールを記録した。

▽また、今年、阪南大学から京都に加入した広島県出身の重廣は、初年度となった今シーズンからJ2リーグ32試合に出場。3ゴールを記録していた。


関連ニュース
thumb

京都U-18のMF遠山悠希が沼津に加入内定「プレーや結果で恩返しできるように」

アスルクラロ沼津は13日、京都サンガF.C. U-18のMF遠山悠希(18)の加入内定を発表した。 遠山は京都府出身で、U-15、U-18と京都の下部組織で育った。 遠山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アスルクラロ沼津 「アスルクラロ沼津の皆さん初めまして遠山悠希です。まずは小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になれたことを嬉しく思います」 「その過程で家族をはじめ、指導者の方々や自分に関わってくださった方々に感謝し、プレーや結果で恩返しできるように頑張ります」 「そして沼津の勝利に貢献できるように日々努力し、結果を残せるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 ◆京都サンガF.C. 「8年間お世話になりました。自分の進路の中で尽力していただいたスタッフの方々、京都サンガF.C.に携わっていた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。京都の地でプロになれなかった悔しさをこれからのサッカー人生に活かしていきます。本当にありがとうございました!」 2022.01.13 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

京都のトップチーム関係者2名が新型コロナ陽性

京都サンガF.C.は13日、トップチーム関係者2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該者2名は12日にPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 なお、適切な指導及び対策のもと療養しており、管轄保健所の指導の下で濃厚接触者の特定を進めているとしている。 また、クラブ関係者に体調不良を訴えているものはいないとのこと。しかし、選手を含むトップチーム関係者は13日にもPCR検査を受けたとのことだ。 2022.01.13 13:52 Thu
twitterfacebook
thumb

12年ぶりとなるJ1の舞台に挑む京都が新体制を発表!豊川雄太は「23」、アカデミー出身の福岡慎平が「10」背負う

京都サンガF.C,は8日、2022シーズンの選手背番号を発表した。 昨シーズンは明治安田生命J2リーグを2位で終え、12年ぶりとなるJ1昇格をつかみ取った京都。就任2年目を迎える曺貴裁監督のもと、J2最少失点を誇った守備陣を中心に、堅実な戦いぶりを見せたい。 新シーズンに向けては、ルーキーを含め14名を補強した。課題だった得点源としてセレッソ大阪からFW豊川雄太、ザスパクサツ群馬からFW大前元紀を獲得。また、エールステディビジ(オランダ2部)のアルメレ・シティから、ニュージーランド代表GKマイケル・ウッドを迎え、徳島ヴォルティスの正守護神だったGK上福元直人、ザスパクサツ群馬のGK松原修平と3名のGKを補強したことも話題となった。 その他にも、曺貴裁監督の湘南時代の教え子でもあるMF金子大毅(浦和レッズ)やFW山﨑凌吾(名古屋グランパス)の加入も注目だ。 背番号は即戦力として期待のDFメンデスが「4」、FW山﨑凌吾が「11」に。既存メンバーだと、アカデミー出身でプロ5年目のMF福岡慎平が「10」となり、昨季からレギュラーに定着したGK若原智哉も「1」を背負ってのプレーが決まった。 ◆選手背番号一覧 GK 1.若原智哉※背番号変更 21.上福元直人←徳島ヴォルティス/完全 26.太田岳志 29.松原修平←ザスパクサツ群馬/完全 32.マイケル・ウッド←アルメレ・シティ(オランダ)/完全 DF 2.飯田貴敬 3.麻田将吾※背番号変更 4.メンデス←ヴァンフォーレ甲府/完全 5.アピアタウィア久←ベガルタ仙台/完全 6.本多勇喜 14.白井康介※背番号変更 15.長井一真 17.荻原拓也←浦和レッズ/期限付き延長 31.井上黎生人←ファジアーノ岡山/完全 MF 7.武富孝介 8.荒木大吾 10.福岡慎平※背番号変更 16.武田将平 18.松田天馬※背番号変更 19.金子大毅←浦和レッズ/期限付き 24.川﨑颯太 25.中野桂太 27.山田楓喜 33.三沢直人 FW 9.ピーター・ウタカ 11.山﨑凌吾←名古屋グランパス/完全 13.宮吉拓実 20.マルティノス←モンテディオ山形/完全 23.豊川雄太←セレッソ大阪/完全 28.田中和樹←法政大学/新加入 39.イスマイラ 50.大前元紀←ザスパクサツ群馬/完全 2022.01.08 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

大分、京都から中川寛斗を完全移籍で獲得

大分トリニータは7日、京都サンガF.C.からMF中川寛斗(27)が完全移籍加入することを発表した。 柏レイソルの下部組織出身の中川は2013年にトップチームに昇格。同時に湘南ベルマーレへ期限付き移籍し、プロデビューを果たす。2年間の武者修行を経て、2015年に柏に復帰し、以降4年間でリーグ戦63試合に出場し7ゴールをマークした。 2019年には再びレンタルで湘南へ。翌年に完全移籍に切り替え、ジュニア時代から16年過ごした柏を退団。心機一転し迎えた湘南だったが、2019年はリーグ戦10試合、2020年は19試合の出場にとどまった。 昨年移籍した京都では、自身7年ぶりのJ2で11試合に出場。新シーズンも再びJ2に挑戦することを選んだ中川は、全身全霊で戦うことを誓った。 「大分トリニータに関わる全ての皆さま、はじめまして、中川寛斗です。強い意志、覚悟で決断しました。全身全霊で闘います。そして、大分のフィロソフィーである‟感動“を体現します。応援宜しくお願いします!!」 また、来季からJ1へ昇格する京都に向けてエールを送った。 「京都の街、京都サンガF.C.を応援する皆さまに1年という短い期間でしたが、お世話になりました。今年J1の舞台で飛躍することを願い、そしてサンガが京都の代表となる。そんな日を陰ながら応援させていただきます」 2022.01.07 15:46 Fri
twitterfacebook
thumb

J1昇格の京都、山形FWマルティノスを獲得! Jリーグ通算131試合18得点のウィンガー

京都サンガF.C.は7日、モンテディオ山形から元キュラソー代表FWマルティノス(30)の完全移籍加入を発表した。 マルティノスは2016年3月の来日を機に横浜F・マリノス、浦和レッズ、ベガルタ仙台を渡り歩き、昨年8月に山形入り。明治安田生命J2リーグ13得点1ゴールをマークしたが、新シーズンからJ1リーグの京都に活躍の舞台を移す決断をした。 Jリーグでも通算131試合18得点と実績十分のウィンガーは移籍決定を受け、両クラブを通じてコメントしている。 ◆京都サンガ.F.C. 「自分を信頼し、オファーしてくれたクラブに感謝いたします。これから始まるJ1でのチャレンジングなシーズンをとてもワクワクしています」 「そして自分が持ってる力をクラブ、そしてファンの皆さんのために発揮することに意気込んでおります。スタジアムでお会いできるのを楽しみにしています!」 ◆モンテディオ山形 「山形に関わる全ての皆様、短い間でしたがありがとうございました! 日本で6回目のシーズンを迎え初めてJ2でプレーしましたが、山形でとても幸せな時間を過ごすことができ、改めてプロサッカー選手としてのモチベーションを取り戻すことができました!」 「素晴らしいスタッフと素晴らしいチームメイトに恵まれて幸せな4ヶ月間でした! 目標であったJ1復帰を達成できていないことは悲しく思いますが、必ずピーター・クラモフスキー監督の元で、目標である優勝と昇格が出来ると信じています!」 「そしてまたJ1で会いましょう! 改めて山形に関わる全ての皆さん、ありがとうございました」 2022.01.07 13:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly