ナイキがEAとコラボ! 新デザインのファントム ビジョンを発表

2018.12.12 19:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽ナイキは、ゲームメーカー「EA SPORTS」との3度目のコラボレーションを実施。今までよりデザインの表現力を高めたファントム ビジョンを発表した。

▽このファントム ビジョンは、デジタル版のゲームにも世界中のフットボーラーや何億ものファンが熱狂していることを証明するもの。スパイクのアッパーにある反射性のグラフィックは、コントローラーのボタンから着想を得ており、EA SPORTS のロゴはシュータンと箱にデザインされている。

▽このスパイクはゲーム(FIFA)の中でも使用可能で、さらにピッチ上ではケビン・デ・ブライネフラン・カービーフェデリコ・ベルナルデスキが着用予
定となっている。

▽ナイキ ファントム ビジョン エリート DF FG EA は12月15日より、nike.com 並びに一部専門店にて発売が開始。サイズは、25.5-29.5㎝で展開され、価格は32,400円(税込)とのことだ。

関連ニュース
thumb

バルサが史上2度目となるシーズン4着目のユニフォーム発表! カタルーニャの旗をデザインした黄色と赤

バルセロナは27日、2022-23シーズンの4番目のユニフォームを発表した。 新たに発表されたユニフォームは「+ Catalunya + Barça」というスローガンが掲げられ、クラブのルーツに敬意を表している。 胸にはカタルーニャのセニェーラの旗をあしらい、キャプテンのアームバンドからインスピレーション。クラブのエンブレムにも入っているルーツをベースとしている。 124年の歴史を通じて世界的に知られるようになったクラブだが、カタルーニャの文化や生活様式と密接に結びつき、世界中のファンにその価値を伝えてきた。 黄色をベースに赤のラインが5本入っており、胸の中央部にエンブレムが入るユニフォーム。袖口はクラブカラーであるブラウグラナでデザインされている。 28日に行われるアウェイでのジローナ戦で初めて着用。カタルーニャ・ダービーとしても知られる戦いであり、サッカーだけでなくバスケットボールチームもジローナ戦で同じユニフォームを着用。29日には女子チームがテネリフェ戦で着用する。 なお同じシーズンに4つのユニフォームを発表するのは史上2度目のこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】バルセロナ史上2度目の4つめのユニフォーム発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Barça is going to wear the new kit on Saturday for <a href="https://twitter.com/hashtag/GironaBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GironaBarça</a>! <a href="https://t.co/1wMvwGuEeS">pic.twitter.com/1wMvwGuEeS</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1618933353423708161?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ht" dir="ltr"> A tribute to our roots.<br>A new kit loaded with sentiment.<br><br>+ 2023.01.27 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「めちゃくちゃかっこいい」「めっちゃ好み」王座奪還目指す鹿島が新ユニフォーム発表、クラブ初の縦縞、襟付きも好評「勝てば良いユニになる」

鹿島アントラーズは24日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンはタイトル奪還を目指してスタートした鹿島。クラブ初となるブラジル人以外の外国人指揮官であるレネ・ヴァイラー監督を迎えた中、チームは好スタートを切り上位を争った。 しかし、クラブは方向性の違いからシーズン途中にヴァイラー監督を解任。岩政大樹監督が率いた中、勝ちきれない試合が続き、最終的には3位を逃してAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権も逃すこととなった。 新シーズンも復権を目指す鹿島は、クラブ史上初となる縦のストライプをメイングラフィックに採用。これまでの歩みからインスパイアされた要素を細部に取り入れている。 1stユニフォームはクラブカラーのディープレッドがベース。深いトーンのストライプと部分的にデジタルの手法を用いたドット柄でグラデーションを演出し、現代的なデザインを表現した。 30年前の1993年のユニフォームからインスピレーションを得て、2016年以来となる襟付きを採用し、襟や袖のリブ、脇の下にダークネイビーを⽤いることで、ナイキとパートナーシップを結んだ2002年のユニフォームの⾯影を感じるクラシックな⾵合いに仕上げている。 パンツはダークネイビー、ソックスはダークネイビーにィープレッドをアクセントカラーとして取り入れている。 2ndユニフォームはビクトリーホワイトを貴重に、無限の可能性と品位を表現するカラーコンビネーションを採⽤した。 デザインされた柄はなし。1993年のアウェイユニフォームからインスピレーションを受けたコバルトブルーを、アクセントカラーとしてシャツの袖とソックスのリブに⽤いることで、統⼀感のあるデザインに仕上げている。 また、シャツとパンツのサイドの切り込み部分にはクラブカラーのディープレッドを取り入れ、ネック部分はVネックを使用。シンプルながら洗練されたデザインと⾊鮮やかなカラーコンビネーションが際⽴っている。 ファンは「めちゃくちゃかっこいい」、「勝てば良いユニになる」、「めっちゃ好み」、「結構好き」と好評の様子。また襟付きのユニフォームにも多くの反応が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】鹿島がクラブ初となる縦ストライプのユニフォーム、珍しい襟付き</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\2023 Kashima Antlers Official Game Kits/<br><br>2023シーズン新ユニフォーム、デザイン発表!<a href="https://twitter.com/hashtag/antlers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#antlers</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/kashima?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#kashima</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿島アントラーズ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%9C%9F%E5%B1%85%E8%81%96%E7%9C%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#土居聖真</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%84%AA%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鈴木優磨</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E9%9B%84%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#樋口雄太</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B8%B8%E6%9C%AC%E4%BD%B3%E5%90%BE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#常本佳吾</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#荒木遼太郎</a><br><br>デザインコンセプト・詳細は、公式サイトをご覧ください!<a href="https://t.co/E6lJL1zXnW">https://t.co/E6lJL1zXnW</a> <a href="https://t.co/qIxRMzxUjI">pic.twitter.com/qIxRMzxUjI</a></p>&mdash; 鹿島アントラーズ (@atlrs_official) <a href="https://twitter.com/atlrs_official/status/1606485056432001031?ref_src=twsrc%5Etfw">December 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CmiPPqEvbOG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CmiPPqEvbOG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CmiPPqEvbOG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">鹿島アントラーズ公式(@kashima.antlers)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.24 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「くそかっけー」「強そう」カップ王者・広島、新シーズンユニフォームが発表、ファンからも好評「めっちゃカッコいい」

サンフレッチェ広島は20日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは、ミヒャエル・スキッベ監督を迎えると、チームは安定した戦いを見せ、明治安田生命J1リーグでは3位でフィニッシュ。2023シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 また、YBCルヴァンカップではクラブ史上初のタイトルを獲得。天皇杯も決勝に進出し、初優勝を目指したが決勝ではPK戦の末に敗退していた。 新シーズンのホームユニフォームは、ベースカラーは広島バイオレットを基調にカラーコンビネーションを継承し、過去のグラフィックを融合させたハイブリッドなデザインに。⼒強いサンフレッチェを表現している。 ベースとなったデザインは、過去三度のタイトルを獲得した際に着⽤していたユニフォームからヒントを得て、2012年の瀬⼾内海の多島美をイメージしたチェック柄、2013年と2015年の濃淡を効かせたボーダーとストライプ、これらにナイキらしいデジタル要素のグラフィックを取り⼊れている。斜めのサッシュという太いラインと細かなピンストライプを組み合わせることで、グラフィックに変化を与え、躍動感と同時に⽮が鋭く速く⾶ぶ様を表現している。 シャツとパンツ、ソックス共にバイオレットがベースとなっており、濃淡をつけたグラデーションを生み出している。 アウェイユニフォームは、ホワイトを基調。シャツ、パンツ、ソックス共にホワイトで、クラブカラーのバイオレットをアクセントカラーにしている。 シャツのサイドからパンツのサイドに繋がるバイオレットの湾曲のデザインが、まさに今この瞬間に放たれる⽮と強くしなる⼸のようなデザインをイメージさせ、襟付きというクラシックでシンプルなスタイルでありながら、現代的な要素も取り⼊れクラブカラーが活かされたスッキリとした印象を表現している。 なお、GKはグリーン、イエロー、バイオレットの3色となっている。 ファンは「いいやん」、「くそかっけー」、「めっちゃカッコいい」、「カッコいいぜ」、「強そう」とコメントが集まった。ただ、胸のエンブレムやスポンサーの位置が気になる声。「低いんだよな」、「スペースが気になる」とデザインではない部分が気になるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】広島の新シーズンユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sanfrecce?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sanfrecce</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%B6%E3%81%A1%E3%81%82%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ぶちあつ</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/NIKEFOOTBALL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NIKEFOOTBALL</a> <a href="https://twitter.com/nikejapan?ref_src=twsrc%5Etfw">@nikejapan</a> <a href="https://t.co/svGOlzSjbp">pic.twitter.com/svGOlzSjbp</a></p>&mdash; サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) <a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC/status/1605027707921698818?ref_src=twsrc%5Etfw">December 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/R5CMQXzNxU">https://t.co/R5CMQXzNxU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sanfrecce?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sanfrecce</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%B6%E3%81%A1%E3%81%82%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ぶちあつ</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/NIKEFOOTBALL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NIKEFOOTBALL</a> <a href="https://twitter.com/nikejapan?ref_src=twsrc%5Etfw">@nikejapan</a> <a href="https://twitter.com/edion_PR?ref_src=twsrc%5Etfw">@edion_PR</a> <a href="https://twitter.com/Mazda_PR?ref_src=twsrc%5Etfw">@Mazda_PR</a> <a href="https://twitter.com/hisense_japan?ref_src=twsrc%5Etfw">@hisense_japan</a> <a href="https://twitter.com/TERAL_JAPAN?ref_src=twsrc%5Etfw">@TERAL_JAPAN</a> <a href="https://twitter.com/Coipay_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@Coipay_official</a> <a href="https://t.co/aUrvUtvWs9">pic.twitter.com/aUrvUtvWs9</a></p>&mdash; サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) <a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC/status/1605031267346841600?ref_src=twsrc%5Etfw">December 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.20 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「めちゃくちゃ楽しみ」「かっこいい」浦和が新ユニフォームを発表、アウェイはかつて“呪い”とも言われた水色を採用「フロントの覚悟だな」

浦和レッズは17日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンはリカルド・ロドリゲス監督に率いられ、チームはタイトル獲得を目指して戦ったものの、7試合連続引き分けなど勝ちきれない試合が多く、9位でシーズンを終えた。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝に駒を進めているものの、リカルド監督は退任。2023シーズンはポーランド人指揮官のマシエイ・スコルツァ監督がチームを率いることとなる。 クラブ30周年となった今シーズンを終え、新たなスタートを切る浦和。デザインを一新し、今までにない新ユニフォームとなった。 ホームキットは、クラブカラーのレッドをベースとしながらも、従来より明るいトーンの生地に深いトーンのグラフィックを組み合わせ、グラフィックに奥行を演出し、より鮮明でダイナミックな躍動感のあるイメージを与えものに。また、肩のラグランスリーブにはブラックを用い、ソックスのブラックと合わせる事で全身で力強さと迫力を与えるカラーコンビネーションで表現している。パンツはホワイト。 アウェイキットは1993年、1994年に採用されていた水色が復活。デザインはなく、シンプルな一色の中に、襟と脇には青が採用されている。2023年はクラブとして31年目に入り、Jリーグ創世期の経験が刻まれた色でクラブの新たな時代を切り拓いていく想いが込められている。 これにはファンも「めちゃくちゃ楽しみ」、「かっこいい」という声の他、2ndの水色に注目。「2ndカッコ良い」、「2ndを買う」という声に加え、「フロントの覚悟だな」、「呪いのユニとも言われたけど」、「敢えての水色か」という声も。浦和はかつてアウェイの水色ユニフォームを着用した1993年はで2勝、1994年は4勝と結果を残せていないだけに、払拭する意味も込めての採用となり、当時から応援するファンには刺さるものとなったようだ。 さらに、「ユンカーがいない」、「ユンカーまさか?」、「江坂もいない」と、移籍が噂される選手がモデルに採用されていないことに不安を覚えるファンもいるようだ。 なお、GKユニフォームの販売は今年もないという。 <span class="paragraph-title">【動画】浦和レッズの新ユニフォーム!新たな一歩で切り拓く</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="X-SlqIH3n2c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.17 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「壮大で記憶に残る」ナイキのPVでムバッペvsロナウジーニョが実現!豪炎寺修也も登場で海外ファン歓喜

ナイキの最新フットボールキャンペーン「Footballverse」のプロモーション映像が注目を集めている。 ナイキは16日、「全ての世代のアスリートがスポーツの歴史に名を残し、そのスポーツの世界を広げただけではなく、未来の世代のアスリートたちが自分達の爪痕を刻むことを励ましている」との主張のもと、「Footballverse」を展開。過去から現代に至るナイキの偉大なプレイヤーたちが主役となり、彼らが一つのピッチで競う世界を、想像力と遊び心を交えて描いた。 ストーリーはスイスのジュネーブにある秘密研究所を舞台とする。科学者たちは、現代のフランス代表FWキリアン・ムバッペと2006年のロナウジーニョ、どちらが優れているかという議論を発端に、「マルチバース」と呼ばれる仮想選手を召喚して実際に対戦させようと試みた。 フィルムには2人のほかに、元ブラジル代表のロナウド氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとその息子ジュニアくんや、アメリカ女子代表FWアレックス・モーガンなど10名を超えるナイキの契約アスリートが登場。は映画「ときめきサイエンス」のダニー・エルフマン作曲でオインゴ・ボインゴによる懐かしいサウンドトラックも採用されている。 新旧レジェンドの共演には「これまでに作成された最高のマルチバース!」、「涙がこぼれました」、「ナイキは常にコマーシャルで先を行っています」、「美しく壮大で記憶に残るコマーシャル!」といった大賛辞が寄せられた。 また、実在の登場人物のみならず、イナズマイレブンのキャラクター、豪炎寺修也も登場。「ゴウエンジが出てきてカッコいい」「GOUENJIが入っているだけで最高のサッカーCM」「みんなGouenjiを入れた」「豪炎寺修也、史上最高!」と、日本のゲームキャラクターには海外のファンからも熱い視線が注がれることとなった。 ◆出演者一覧 アレックス・モーガン(アメリカ女子代表FW) カーリー・ロイド(元アメリカ女子代表FW) クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表FW) クリスティアーノ・ロナウド・ジュニア エドガー・ダービッツ(元オランダ代表MF) ケビン・デ・ブライネ(ベルギー代表MF) キリアン・ムバッペ(フランス代表FW) リア・ウィリアムソン(イングランド女子代表DF) フィル・フォーデン(イングランド代表MF) ロナウジーニョ(元ブラジル代表FW) ロナウド(元ブラジル代表FW) サマンサ・カー(オーストラリア女子代表FW) シェーン・クライファート(元オランダ代表FW四男) ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ代表DF) 豪炎寺修也(イナズマイレブン) 研究者のおじ <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペvsロナウジーニョの実現や豪炎寺修也も登場!ナイキの「Footballverse」PV</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6p4SeR3pliM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.17 21:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly