名古屋FW玉田圭司が契約満了で退団「とても刺激的な2年間でした」

2018.12.06 12:47 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは6日、元日本代表FW玉田圭司(38)との契約満了を発表した。

▽玉田は習志野高校から1999年に柏レイソルへと入団。2006年に名古屋へと移籍すると、9シーズン在籍。2015年にセレッソ大阪へと移籍するも、2017年に復帰。チームのJ1昇格に貢献していた。

▽今シーズンは、明治安田生命J1リーグで24試合に出場し3得点を記録。終盤戦は残留争いをするチームを助けていた。玉田はクラブを通じてコメントしている。
「今シーズンでチームを離れることになりました。とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせていただいたと思っています。グランパスでの経験を今後も活かしたいです。サポーターの皆さん、どんな時も支えていただきありがとうございました」

関連ニュース
thumb

山形が名古屋のU-21日本代表DF成瀬竣平を育成型期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指し全力で闘いたい」

モンテディオ山形は8日、名古屋グランパスのU-21日本代表DF成瀬竣平(21)を育成型期限付き移籍で獲得することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日まで。名古屋との公式戦には出場できない。 成瀬は名古屋の下部組織出身で、U-15、U-18と所属。2種登録時代にJ1デビューを果たすと、2019年に正式に昇格していた。 名古屋ではJ1で45試合に出場。リーグカップでも13試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンはシーズン途中にファジアーノ岡山へと期限付き移籍し、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場していた。 新たに武者修行に出る成瀬は、3クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。 育成型期限付き移籍で加入する成瀬竣平です。山形でプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています。僕自身、今まで以上の覚悟と責任を持ち、このクラブの一員として、J1昇格を目指し全力で闘いたいと思います。そして、クラブに関わる全ての人と共に喜びあえるシーズンにしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「来シーズンはモンテディオ山形でプレーすることになりました。昨シーズンに引き続きこのチームを離れることにはなりますが、アカデミー時代からお世話になっている名古屋グランパスへの思いは変わりません。自分の活躍が皆さんの耳に届くよう、山形の地で頑張ってきたいと思います」 「そしてまたグランパスファミリーの皆さんの前でプレーできるその時を楽しみにしています。少しでも僕のことを気にかけていただけたら幸いです!」 ◆ファジアーノ岡山 「今シーズン途中加入という形で、チームに加わらせていただき、J1昇格を目指して日々精進してきました。僕自身、初めての移籍ということもあり、不慣れな部分も大いにありましたが、選手、スタッフ、サポーターの方達に支えられ、シーズンを通して戦うことができました」 「チームはプレーオフまでいったものの、J1昇格という形で終わることができず、とても悔しい気持ちでいっぱいです。これから自分自身もっとレベルアップした姿を皆さんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います」 「短い間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。またスタジアムで会えることを楽しみにしています」 2022.12.08 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋が湘南に期限付き移籍していたMF米本拓司の復帰を発表「タイトルを獲れるように一丸となって闘いましょう!」

名古屋グランパスは7日、湘南ベルマーレに期限付き移籍していたMF米本拓司(32)の復帰を発表した。 FC東京で長らくキャリアを過ごした米本は、2019年に名古屋へと完全移籍。それまで大きなケガを何度もした中で、名古屋では主軸としてプレーした。 今シーズンから長谷川健太監督が就任すると、湘南へと期限付き移籍。明治安田生命J1リーグで27試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合と主軸としてプレーを続けた。 名古屋に復帰する米本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「このたび、名古屋グランパスに復帰することになりました。今までの経験を全て出し切って、名古屋グランパスの勝利に貢献出来るように精一杯頑張ります!」 「ファミリーの皆さん、タイトルを獲れるように一丸となって闘いましょう!応援よろしくお願いします」 ◆湘南ベルマーレ 「名古屋グランパスへ戻ることになりました。一年間という短い期間でしたがありがとうございました」 「今年の目標である5位以内に入ることができず、とても悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。それでもこのチームの一員として戦えたことは誇りです」 「来年は違うチームになりますが、湘南ベルマーレが来年の目標を達成できることを願っています。本当にありがとうございました」 2022.12.07 12:17 Wed
twitterfacebook
thumb

柏の補強が続く! 今度は“大学時代に練習参加”の名古屋MF仙頭啓矢が完全移籍加入

柏レイソルは7日、名古屋グランパスからMF仙頭啓矢(27)の完全移籍加入を発表した。 仙頭は2017年に東洋大学から京都サンガF.C.に入団し、プロの世界に。横浜F・マリノスやサガン鳥栖でもプレーして、今季から名古屋入りした。 名古屋でも中盤の複数エリアでプレー可能な柔軟性も生かして活躍。明治安田生命J1リーグでは全34試合出場で2ゴールだったが、柏移籍を決断した。 今オフの補強が盛んな柏に移る仙頭はクラブの公式サイトを通じて意気込みを語った。 「大学時代に練習参加させていただいたチームから、プロになって評価していただき、オファーをいただけたことを嬉しく思います。『柏から世界へ』の言葉のように、レイソルで世界のチームと戦えるようにACLに出て、クラブワールドカップをめざすとともに、僕自身日本代表に選ばれるように全力で闘っていきます。一緒にタイトル目指して闘いましょう」 一方、名古屋の公式ウェブサイトでは別れの挨拶とともに感謝の言葉を綴っている。 「1年間の短い間でしたが、ありがとうございました。名古屋グランパスで、リーグ戦全試合出場することが出来たことは凄く自信になりましたし、誇りに思います。ファミリーの皆さまの応援を声出し解禁で初めて聞いた時は、鳥肌が立ちました。たくさんの応援本当にありがとうございました」 2022.12.07 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯王者の広島、野上結貴が名古屋に完全移籍 「また新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジ」

名古屋グランパスは2日、サンフレッチェ広島からDF野上結貴(31)の完全移籍加入を発表した。 野上は桐蔭横浜大学から横浜FCで入団後、4年半が経った2016年夏にサンフレッチェ広島に完全移籍。移籍2年目から毎シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合以上の出場数を記録と主力センターバックに定着した。 今季はミヒャエル・スキッベ新監督の下、センターバックだけでなく、ウイングバックやボランチもこなしてみせ、チームのルヴァンカップ優勝などの躍進に貢献。J1リーグでは25試合に出場して1ゴールだった。 名古屋の公式ウェブサイトを通じて「サンフレッチェ広島から移籍してきました。野上結貴です」と挨拶とともに意気込みを語っている。 「早くチームに馴れ、名古屋グランパスに貢献したいですし、ファミリーの皆さんに"加入してくれて良かった"と思ってもらえるよう、日々のトレーニングから頑張ります。よろしくお願いします」 一方、広島の公式サイトでは「このたび、名古屋グランパスに移籍することを決断しました。皆さんの前で報告できず、申し訳ないです」と語り、思い出にふけながら、感謝の言葉を綴った。 「広島にきて6年半のことを振り返ると色々なことを思い出します。優勝カップを手にしたく、この広島を選び、期待と覚悟を持って来ました。見知らぬ土地、知り合いもいない最初の年に一気に白髪だらけになったこと」 「森﨑兄弟からのメッセージの入った手紙付きのパスに驚かされたこと。 残留争い、優勝争い。そして今年、ルヴァンカップを獲った10月22日(土)のことは一生忘れることはないです」 「書きたいこと、伝えたいことがあり過ぎて…。時間が経つにつれ、人見知りの僕が広島のチームの雰囲気の良さ、広島の人の優しさ、温かさに触れ、馴染むことができ、家族みんなが大好きな場所となりました」 「このチームはここ数年の苦しい時期を乗り越え、これから新スタジアムに向けて最高の監督、スタッフ、メディカル、尊敬するベテラン、期待の若手、そして素晴らしいファミリー達と共に飛躍していくと思います。そんなサンフレッチェを応援しています。不安は僕がいない柴﨑軍団くらいですね(笑)」 「僕はまた新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジする決断をしました。変わらず応援していただけると嬉しいです。長くなりましたが、本当にありがとうございました。ガミ」 2022.12.02 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋が甲府MF山田陸の完全移籍加入を発表!「J1の舞台でプレーできることを幸せに思います」

名古屋グランパスは30日、ヴァンフォーレ甲府からMF山田陸(24)の完全移籍加入を発表した。 山田は大宮アルディージャの下部組織出身で、トップチーム昇格後はグルージャ盛岡、AC長野パルセイロへの期限付き移籍を経て2020年から甲府でプレー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、クラブ史上初となる天皇杯優勝にも貢献した。 来季からJ1でプレーする決断を下した山田。両クラブを通じて、これまでの感謝や新天地での意気込みを述べている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスの皆さま、初めまして。山田陸です。J1の舞台でプレーできることを幸せに思います。J3やJ2で得た貴重な経験を糧に、挑戦する姿勢を大事にして名古屋で頑張りたいと思います」 「名古屋の地でチームの目標に対して貢献することはもちろん、地域にも馴染み、自分自身の挑戦が成功できるように全力を尽くします。皆さま、熱いサポートをよろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、そして、クラブに関わるスタッフ、選手の皆様、3年間本当にありがとうございました。プロになってからJ3リーグを転々とし、何もなかった僕に手を差し伸べてくれて、ここまでやってこれたのは、関わってくださった皆様のお陰です」 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりましたが、僕の中で甲府の一員として戦えたことは一生の誇りです。僕は、甲府の街、人の温もり、チームの雰囲気、甲府の事が本当に大好きです」 「来年は、ヴァンフォーレ甲府の一員として皆様と共に戦えませんが、今後のクラブの活躍と躍進を心より祈っています。僕のサッカー人生に希望の光をもたらしてくれたクラブと甲府に関わる全ての皆様に本当に感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.11.30 16:43 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly