鹿児島、クラブ初のJ2昇格に導いた三浦泰年監督退任を発表

2018.12.05 15:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿児島ユナイテッドFCは5日、三浦泰年監督(53)の契約満了を発表した。

▽ギラヴァンツ北九州、東京ヴェルディ、タイのチエンマイFC、カターレ富山を率いた三浦監督は、2017年に鹿児島の監督に就任した。1年目でJ2自動昇格を逃すも4位と好成績を収めると、今シーズンは序盤こそスタートダッシュに失敗したものの、明治安田生命J1リーグ第6節から12試合負けなし、第20節からは4連勝を飾るなど優勝争いを繰り広げて2位フィニッシュ。チーム設立5年目にして初のJ2昇格に導いた。

▽クラブは三浦監督に対して、「三浦泰年監督は2017年から指揮を執り、今シーズンJ2昇格を成し遂げ、高い指導力でチーム力の向上に貢献いただきました。2年間の功績に心から感謝申し上げます」と感謝を告げている。
▽チームをJ2に引き上げて退任することとなった三浦監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「この度、契約満了となり、退団することになりました。この2年間でJ2昇格という目標を達成できたのは、たくさんの方々が支えてくれたおかげだと思っています」

「決して、自分たちだけのJ2昇格ではありません。2年間という短い時間ではありましたが、充実した良い時間を過ごせたことを感謝しています。今後も新天地があれば、そこで自分の道を走り続けていきたいと思っています。2年間、ありがとうございました」

▽また、今回の件に対してクラブ代表の徳重剛氏は、以下のようにコメントしている。

「2年間、この鹿児島の地で、ピッチ内外でプロのサッカー人としてあるべき姿を示し続け、揺るぎない信念と絶えまない努力で指導に当たり、クラブを次なるステージに引き上げて頂いたことに心より感謝いたします。これからのご活躍を祈念しております」

関連ニュース
thumb

鹿児島がYS横浜のFW河辺駿太郎を完全移籍で獲得、今季はJ3で26試合5得点

鹿児島ユナイテッドFCは4日、Y.S.C.C.横浜のFW河辺駿太郎(26)が完全移籍で加入することを発表した。 河辺は大分県出身で、明治大学からドイツの下部リーグへと渡ることに。2020年10月に大分県のジェイリースFCへ加入すると、2021年にYS横浜へと完全移籍で加入した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場し1得点を記録。今シーズンは26試合で5得点を記録していた。 鹿児島に加入する河辺は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、はじめまして。この度、Y.S.C.C.より加入する事になりました、河辺駿太郎です。鹿児島ユナイテッドFCの一員になれる事を心から嬉しく思います」 「オファーをいただいた際に、クラブのビジョン、目標、フィロソフィー等丁寧に説明していただきました。それら全てに感銘を受け、鹿児島の力になりたいと強く思い、入団を決意しました。鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう、勇猛果敢にプレーします」 「これからの皆様との挑戦が楽しみです。地元が大分県という事もあり、再び九州の地でプレーできる事にとてもワクワクしています!1日でも早く皆様に認めてもらえるように、精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆様」 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。直接、お別れのご挨拶ができない事をお許し下さい」 「まずは、夢であったJリーグの舞台でプレーするチャンスをくれたこのクラブに最大の感謝を伝えたいです。ありがとうございます」 「そして、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、誠にありがとうございました」 「この2年間、Y.S.C.C.の選手としてプレー出来た事を誇りに思います。ニッパツでのデビュー戦、宮崎でのJリーグ初ゴール、勝てない日々とそれを皆で乗り越えて勝利した瞬間など、全てが僕の財産です」 「この決断は簡単ではありませんでした。後悔なく、全てをやり切ったとかそういう清々しさはまるでありません。あのシュートを決めてれば、あのパスを通していればという試合が沢山あり、もっとこのクラブの勝利に貢献したかったのが正直な気持ちです」 「しかし、今までもそうであったように、常に自分の可能性に挑戦し続けたいという気持ちと、成し遂げたい目標の為にこの決断を致しました。Y.S.C.C.を離れても、僕の中で特別なクラブである事は変わりません」 「新たな挑戦、背中を押して応援していただければ幸いです。更に成長した姿を見せられるように、精一杯頑張ります。改めて、2年間ありがとうございました! 2022.12.04 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島が主力の中原秀人と契約更新 「来シーズンは必ず優勝します」

鹿児島ユナイテッドFCは29日、MF中原秀人(32)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 中原は福岡教育大学に在学中の2011〜2012年にギラヴァンツ北九州で特別指定選手として過ごし、2013年にアビスパ福岡でプロ入り。2017年に北九州入りすると、同年8月から地元クラブの鹿児島に活躍の場を移した。 移籍6シーズン目の今季は明治安田生命J3リーグの28試合に出場して2ゴール。クラブを通じて、来季に向けて意気込みを語っている。 「今シーズンもファン、サポーター、スポンサーの皆様、熱い応援を本当にありがとうございました。後半戦、勝ち点を伸ばす事ができず、結果あと一歩で昇格を逃しましたが、この悔しい想いを共にした仲間と来シーズンは必ず優勝します。僕達を信じてついてきてください!」 2022.11.29 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島がDF砂森和也、DF濱口功聖と契約満了…濱口は九州Lのヴェロスクロノス都農に今季期限付き移籍

鹿児島ユナイテッドFCは25日、DF砂森和也(32)、DF濱口功聖(24)との契約満了を発表した。 砂森は千葉県出身で、カマタマーレ讃岐でプロ生活をスタート。アスルクラロ沼津を経て、2019年から鹿児島でプレーしていた。 鹿児島ではJ2で42試合、J3で通算60試合に出場。今季はJ3で8試合、天皇杯で2試合に出場していた。 濱口は福岡県出身で、アビスパ福岡の株素s機から鹿屋体育大学を経て、2021年に入団。今シーズンは九州サッカーリーグのヴェロスクロノス都農へ期限付き移籍していた。 鹿児島では天皇杯で1試合に出場。今季は九州サッカーリーグで13試合に出場していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF砂森和也 「今シーズン限りで鹿児島を退団する事になりました。この4年間で鹿児島が本当に好きになりました!在籍してる間にサポーターのみんなと一緒にJ2行くことを目標にしていましたが、達成する事が出来ず悔しく思います」 「このクラブはJ2に行かなければいけないクラブですし、今年のこのメンバーならやってくれると思います」 「サポーターの皆んな、選手のみんな、クラブスタッフの皆んな本当にありがとう!!そしてクラブの根幹を支えるスポンサー企業の皆様、本当にありがとうございました!」 ◆DF濱口功聖 「契約満了となり、退団することとなりました。今シーズンはヴェロスクロノス都農にレンタル移籍してました。都農でも応援に来ていただき本当にありがとうございました。都農で成長して、来シーズンは皆さんと共に白波スタジアムで戦いたいと考えていましたが、このような結果となりました」 「昨年も試合に出れず、鹿児島の力になれずに満了となり、とても悔しいですが、下を向かずに前に進みたいと思います。今シーズンも含め、2年間ありがとうございました」 2022.11.25 23:33 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島が大卒ルーキーのGK泉森涼太、MF圓道将良と契約更新

鹿児島ユナイテッドFCは25日、GK泉森涼太(23)、MF圓道将良(23)との契約更新を発表した。 泉森は鹿児島城西高校から大阪体育大学を経て、今シーズンから鹿児島に入団。リーグ戦の出番はなかったが、天皇杯で2試合出場した。 圓道は旭川実業高校から桐蔭横浜大学を経て、今シーズン入団。明治安田生命J3リーグで23試合、天皇杯で2試合に出場していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆GK泉森涼太 「2023シーズンも鹿児島でプレーさせていただく事になりました。まず、今シーズン、沢山の熱い応援ありがとうございました」 「目標であった、J3優勝、J2昇格を達成できず、個人としてもチームの力になりきれなく申し訳なく思っています。この悔しさは来シーズン、J3優勝、J2昇格という形で必ず晴らします」 「ファンサポーターの皆さん、力を貸してください!より責任と自覚を持ち、全ては鹿児島のために全力を尽くし闘います。来シーズンも熱い応援よろしくお願いします。必ず優勝しましょう!」 ◆MF圓道将良 「サポーターの皆さん、今シーズン最後まで熱い応援をありがとうございました」 「個人としては満足のいく結果を出せませんでしたが、今年のこの経験を活かして、来年は更なる成長と、もっとチームに貢献できるように頑張ります。これからも熱い応援を宜しくお願いします」 2022.11.25 23:28 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿児島がFW米澤令衣、FW福田望久斗との契約更新を発表

鹿児島ユナイテッドFCは24日、FW米澤令衣(26)、FW福田望久斗(22)との契約更新を発表した。 米澤はセレッソ大阪やブラウブリッツ秋田、レノファ山口FCでプレー。2019年から鹿児島に加入した。鹿児島ではJ2で8試合1得点、J3では通算80試合30得点を記録している。 福田は今シーズンから加入。J3で7試合、天皇杯で2試合に出場していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW米澤令衣 「今シーズンもたくさんの熱いご声援ありがとうございました。今シーズンもチームの目標である優勝、昇格を達成できませんでしたが最後まで誰1人諦めることなく戦い続けていましたしその姿勢は来季に繋がると信じています」 「鹿児島のサポーターは一緒に戦っていてとても心強いし苦しいときにすごく力になります。なので、来シーズンも熱いご声援をよろしくお願いします」 「まずはしっかり怪我を治してまたみなさんにたくさんの勝利、感動を届けられるようにがんばっていきます!復帰がちょっと先になってしまいますが忘れないでください。笑」 「来シーズンこそはJ3優勝、J2昇格を掴み取りましょう!!」 ◆FW福田望久斗 「まずは、今シーズンたくさんの熱い応援ありがとうございました。今シーズンはチームの目標であったJ3優勝、J2昇格をすることができず、個人としてもなかなか納得のいく結果を残せずに悔しい思いをしました」 「来シーズンはこの悔しい思いを胸に、サポーターの皆さんと勝利の乾杯を届けられるように精一杯頑張ります。来シーズンも熱い応援よろしくお願いします」 2022.11.24 21:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly