J1昇格の松本、FW三島康平が契約満了…今季J2で2試合出場

2018.11.23 15:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
▽松本山雅FCは23日、FW三島康平(30)の契約満了を発表した。

▽三島は2010年にヴィッセル神戸でプロキャリアをスタート後、水戸ホーリーホック移籍を経て、2016年途中から松本でプレー。だが、在籍3年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグ2試合の出場にとどまった。

▽チームがJ1昇格を決めた中、退団が決定した三島はクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「今シーズンを持ちまして、2年半在籍させていただいた松本山雅FCを退団することになりました」

「2016年夏のシーズン途中に加入して、不安なこともたくさんありましたが、練習場で多くの方々に声をかけていただいたことや、初めてアルウィンの大歓声を味方として戦った試合の相手が水戸ホーリーホックでとても複雑だったのですが、サポーターの皆さんに暖かく迎え入れていただきとても嬉しかったことを今でも覚えています」

「この2年半の間は悔しい思いや辛い思い、たくさんの経験をしましたが、チームとして最後に優勝、昇格することができました。僕自身チームの力になれずに悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです」

「それでも松本山雅の一員として優勝を喜び合えたことは大切な経験と財産になりましたし、一生忘れることのない思い出です。ファン、サポーターの皆さんにはどんな時でも後押していただき、素晴らしい声援にたくさんの力をもらいました。本当に感謝しております」

「一緒にJ1で戦うことができないのは残念ですが、来年J1で戦う松本山雅を応援したいと思います。最後になりますが、松本山雅FCに関わる皆様方や多くのサポーターの方々と出会えたことに心から感謝しております。本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

松本MF村越凱光がラインメール青森FCに育成型期限付き移籍 「修行してきます!」

松本山雅FCは29日、MF村越凱光(20)が日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森FCに育成型期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2023年1月31日までとなる。 村越は2020年に飯塚高校から松本に入団。プロ入りから3年目の今季も明治安田生命J3リーグ5試合に出場と着実に出番を増やしている状況だったが、シーズン後半からJFLで経験を積むことが決まった。クラブを通じて新天地での成長を誓っている。 「このたび、ラインメール青森へ移籍することになりました。山雅にとって大事な時期に、このような形でチームを離れることになってしまいすみません。松本山雅に来て自分にとってサポーターの皆さんと出会えたことは宝物です」 「たくさんの応援に答えられずにいた自分を変えるために、もっと成長して帰ってきます! 松本山雅の力になれるような選手になるために修行してきます! また会いましょう! 行ってきます!」 2022.06.29 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

不振続く神戸、3カ月足らずでロティーナ監督と契約解除…吉田孝行氏が3度目指揮へ

ヴィッセル神戸は29日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(65)との契約解除を発表した。 かつて東京ヴェルディやセレッソ大阪、清水エスパルスも率いたロティーナ監督は今年4月上旬、三浦淳寛前監督の後任として神戸入り。AFCチャンピオンズリーグこそグループステージ突破を決めたものの、明治安田生命J1リーグでは巻き返しならず、9試合で2勝1分け6敗だった。 26日にホームで行われた第18節の浦和レッズ戦も0-1で敗れ、依然として最下位に沈み、18試合を消化して残留圏の15位につける湘南ベルマーレとは勝ち点差も「8」に拡大。そうしたなか、神戸はロティーナ体制にわずか3カ月足らずで区切りをつけ、さらなる監督交代を決断した。 28日付けでヘッドコーチのイヴァン・パランコ氏とともに契約を解除して、神戸を去るロティーナ監督はクラブを通じてコメントした。 「ヴィッセル神戸に関わる皆様にお別れの挨拶をしたいです。まず、三木谷会長と強化部へ、私を信頼してこの偉大なクラブの歴史に加わるチャンスをいただけたことを感謝したいです。また、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、マネージャー、そしてクラブの職員のすべての方の努力とサポートに心からお礼を言いたいです」 「サポーターの皆さん、私と家族に愛情を持って接してくださりありがとうございました。皆さんの応援はクラブにとってとても重要なものです。これからも引き続きクラブへの応援、サポートよろしくお願いいたします。最後に、プロフェッショナルな姿勢で多大な努力をしてくれた選手たち全員に感謝したいです。この姿勢で努力を続けることが、きっと結果につながっていくと信じています」 「チームの悪い流れを変えることができず、順位表で上にいくお手伝いができなかったことを申し訳なく思っています。ただ、チームはまだ4つの大会で戦っており、まだまだ素晴らしいシーズンにする時間は十分残っています。クラブ、選手、サポーターがともに団結して戦い続けることができれば、きっと実りあるシーズンにできることを確信しています。改めて、これまでどうもありがとうございました」 また、クラブは監督交代を受けて今後のトップチーム体制も発表。新たな指揮官としてバトンを託されたのは強化部に在籍する吉田孝行氏(45)で、自身3度目の指揮となるなか、意気込みを語っている。 「今シーズンより大好きなヴィッセル神戸に戻り、チーム強化に努めてまいりましたが、クラブは非常に苦しい状況にあります。このような状況でもスタジアムへ足を運び素晴らしい雰囲気を作って応援してくれるファン、サポーターの皆様の期待に応えられていないことを非常に申し訳なく感じております」 「この厳しい現実を打破するべく私のことを信頼し、このような機会を与えてくれるクラブの力になるため、監督を引き受けさせていただきました。苦しい中だからこそ、サポーターやスポンサーの皆様をはじめヴィッセル神戸に関わる全ての方々と一致団結して、この難局に立ち向かうことが必要だと考えております。ヴィッセルファミリーのために、全力で働きます」 2022.06.29 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

巻き返し期す神戸、鳥栖MF飯野七聖を完全移籍で獲得 「チームの為に走って闘います」

ヴィッセル神戸は29日、サガン鳥栖からMF飯野七聖(25)の完全移籍加入を発表した。背番号「2」を着用する。 飯野はアルビレックス新潟のアカデミー出身で、2019年に国士舘大学からのザスパクサツ群馬入りでプロの世界に。2021年から鳥栖にステップアップを果たした。 その鳥栖では右サイドのスペシャリストとして公式戦通算54試合に出場。今季も明治安田生命J1リーグ16試合出場で1得点と活躍を続けたが、神戸行きを決断した。 豊富な運動量をベースに縦への突破力とクロス精度が魅力の飯野は今季のここまでJ1リーグで最下位に沈む神戸加入決定を受け、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴィッセル神戸 「サガン鳥栖から移籍してきました飯野七聖です。僕はどんなに苦しい状況でも、チームの為に走って闘います。サガン鳥栖で得た武器を、今度はヴィッセル神戸の為に使います。よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「この度、ヴィッセル神戸に移籍する事になりました。サガン鳥栖で過ごす時間は僕にとってかけがえのないものでした。本当に充実していて、自分自身このクラブで、日々成長している実感がありました」 「仲間やスタッフにも恵まれて、ファンの皆さんの事も本当に大好きでした。 皆さんに支えられて、今の僕があると感じているからこそ、オファーを頂いてから、本当に悩みました。お互いのチームの状況、鳥栖での立場、これから先、選手としてどうなりたいのか。今じゃなくてもいいんじゃないか。本当に色々な事を考え、悩み、自問自答しました」 「ただ、選手として更に上を目指す事を考えた時、リーグ・ACL・天皇杯・ルヴァン杯、沢山のチャンスが残されていて、間違いなく注目されるチームで、ポジションを勝ち取り、自分の特徴を最大限発揮して活躍する事が出来れば、今より更に選手として、また、ひとりの人間として価値を上げる事が出来るのではないかと思いました」 「この決断が正しいのか、間違っているのか、今は分かりません。だけど、この決断が正しかったんだと胸を張って言える様にしようと、自分で選んだ道を正解にするんだと、覚悟を決めました。この文章の中で、想いを全て語るのは難しいです。だけどこれだけはもう一度伝えさせて下さい。僕はこのクラブが大好きです。チームメイトも、スタッフも、そしてファンの皆さんの事も本当に大好きです」 「ネットに記事が掲載されたとき、沢山の方から残ってほしい。行かないでほしい。というメッセージを頂きました。ほぼ無名でサガン鳥栖に来た僕が、1年半で皆さんにそう言ってもらえる選手になったんだと思うと、本当に嬉しかった。サガン鳥栖で学び、得た全ての武器と、変わらない野心をもって、ヴィッセル神戸で新しい挑戦をしてきます。1年半、本当にありがとうございました」 2022.06.29 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

初代女王・INC神戸の新監督は元韓国代表の朴康造氏、京都が神戸でもプレー

INAC神戸レオネッサは27日、元韓国代表MF朴康造(パク・カンジョ)氏(42)が監督にに就任すると発表した。 朴康造は1998年に京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)へ加入し、城南一和(現:城南FC)を経て2003年にヴィッセル神戸へと加わった。元日本代表FW三浦知良(鈴鹿ポイントゲッターズ)を尊敬し、ゴール後には“カズダンス”を披露したこともある。 韓国代表にも選出経験があり、2012年の現役引退まで、JリーグではJ1通算209試合20得点、J2通算43試合10得点、韓国代表としては5試合1得点という記録を残している。 引退後はボートレーサーへの転身を目指し、養成学校へも入学したが、訓練中のケガにより断念。以降はヴィッセル神戸のスクールコーチに就任。今年4月からはINAC神戸レオネッサのアシスタントコーチ、アカデミー・スクールのテクニカルコーチに就任していた。 INAC神戸はWEリーグの初年度で見事に優勝。しかし、優勝に導いた星川敬監督がシーズン終了後に明治安田生命J3リーグのY .S.C.C.横浜の監督に就任し、監督の席が開いた状態だった。 朴康造監督はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、INAC神戸監督に就任いたしました朴康造です。歴史あるINAC神戸の監督に就任する事ができ、大変光栄に感じております。WEリーグ初年度に優勝したチームを引き継ぐ事になり、プレッシャーもありますが楽しみでもあります。目指すサッカーは主導権を握り、攻守共に選手が躍動できるサッカーです」 「観に来ていただくファン、サポーター、スポンサーの方々、INAC神戸に関わる全ての方がまた試合を観に来たいと思っていただけるサッカーができるように頑張りたいと思っております。今季のINAC神戸へのご声援の程、宜しくお願いいたします」 2022.06.28 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

藤枝のMF岩間雄大がJFLのラインメール青森へ期限付き移籍「快く送り出してくれたチームには感謝」

藤枝MYFは28日、MF岩間雄大(36)がJFLのラインメール青森に期限付き移籍することを発表した。 契約期間は2023年1月31日までとなる。 岩間は堀越高校卒業後、アマチュアのFC KOREAでプレー、その後、JFLのアルテ高崎でプレーし、2011年にV・ファーレン長崎と契約。プロとなった。 その後、松本山雅FC、栃木SCでプレー。2021年から藤枝でプレーしていた。 J1通算34試合、J2通算231試合9得点、J3通算24試合に出場。今シーズンは明治安田生命J3リーグで1試合の出場に終わっていた。 岩間は両クラブを通じてコメントしている。 ◆藤枝MYFC 「この度、JFLのラインメール青森に移籍することを決断しました。シーズン途中の大事な時期に、自分の思いを受け止め、快く送り出してくれたチームには感謝しています」 「加入会見で話した『J3優勝&J2昇格』を目標に、この1年半を全力で戦ってきたつもりです。この目標は今の選手達が必ず叶えてくれると信じています。短い間でしたが、静岡県が大好きになりました」 「またどこかでお会いしましょう。ありがとうございました」 ◆ラインメール青森 「ラインメール青森に関わる皆様、初めまして。藤枝MYFCから加入することになりました岩間雄大です。チームが半年間作り上げてきたものにプラスαを加えられるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2022.06.28 16:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly