後半の4発でセルビアが快勝、リーグB昇格《UEFAネーションズリーグ》2018.11.21 06:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグC・グループ4のセルビア代表vsリトアニア代表が20日に行われ、4-1でセルビアが快勝した。▽勝利すればリーグB昇格が決まる首位セルビア(勝ち点11)が、リーグDへの降格が決まっている全敗の最下位リトアニア(勝ち点0)をホームに迎えた一戦。

▽地力に勝るセルビアが立ち上がりから押し込む展開としたものの、全くシュートに持ち込めず、まさかの苦戦を強いられてしまう。すると29分、ボックス右への侵入を許したペトラヴィチウスのシュートでゴールを脅かされる。

▽ひやりとしたセルビアは34分、右サイドからのFKをマクシモビッチがヘディングで合わせるもシュートはわずかに枠の右に外れ、低調な前半をゴールレスで終えた。

▽出来の悪かった前半を受けてガシノビッチに代えてプリヨビッチを投入したセルビアは迎えた後半開始6分に先制する。右CKでジブコビッチがインスウィングの鋭いボールを蹴ると、相手選手のオウンゴールを誘った。

▽さらに58分、右サイドからのジブコビッチの左足インスウィングのクロスボールをミトロビッチが打点の高いヘディングシュートで押し込んで加点。

▽その後、64分にペトラヴィチウスにゴールを許したセルビアだったが、71分にすかさず突き放す。再びジブコビッチの右サイドからのクロスをプリヨビッチが頭で流し込んだ。

▽さらに74分、リャイッチのループシュートも決まったセルビアが終わってみれば4-1で快勝。リーグBへの昇格を決めている。その他、リーグBへの昇格を果たしたのはフィンランド、ノルウェー、スコットランドとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

リヒター全ゴールに絡んだ前大会王者ドイツが快勝発進! 注目ヨビッチ低調のセルビアは完敗…《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権のグループB第1節、U-21ドイツ代表vsU-21デンマーク代表が17日に行われ、ドイツが3-1で勝利した。 大会連覇を目指すドイツが、今大会初戦でデンマークと対峙したこの一戦。優勝候補のドイツは、ザネやハフェルツ、ヴェルナー、ブラントら一部フル代表組が招集外となったものの、ターやダフード、クロステルマンらフル代表経験者がこの初戦で先発を飾った。 共に[4-3-3]の布陣で臨んだ中、ボール回しの精度で勝るドイツが徐々にペースを掴んでいく。幾つかの決定機を経て迎えた28分、ボックス右でDFを背負ったM・エッゲシュタインが丁寧に落としたボールをリヒターが相手DFの股間を抜く左足のシュートでゴール左に流し込んだ。 ドイツの1点リードで折り返した中、後半立ち上がりはスコブの個人技を生かしてデンマークが押し込む入りを見せる。だが、52分には相手セットプレーの流れからクリアボールの処理をもたついたDFペデルソンからボールを奪ったリヒターがそのままボックス付近まで運んでカットインから見事なニアへのシュートを流し込み、ドイツに2点目が生まれた。 これで完全に流れを掴んだドイツは65分、自陣深くからのロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でボールを受けたリヒターが体勢を崩しながらも左のスペースに走り込むワルドシュミットにラストパスを通すと、ワルドシュミットがボックス内で冷静にGKとの一対一を制し決定的な3点目を奪った。 何とか1点を返したいデンマークは73分に相手DFのハンドで得たPKをキッカーのスコブが決めて反撃の狼煙を上げる。しかし、この失点にも崩れる様子を見せないドイツは選手交代を行いながら危なげなく試合を締めくくり、3-1でタイムアップ。 リヒターの全ゴールに絡む活躍で快勝のドイツが連覇に向けて幸先の良いスタートを見せた。 また、同日行われたグループB第1節のもう1試合、U-21セルビア代表vsU-21オーストリア代表は、オーストリアが0-2で勝利した。 先日にレアル・マドリー加入が発表されたFWヨビッチ、フィオレンティーナDFミレンコビッチ、ベンフィカMFジブコビッチ、マルセイユMFラドンジッチと好タレントを要するセルビアの優位が伝えられたこの試合。 しかし、蓋を開けてみれば、予選プレーオフを勝ち上がってきたオーストリアが序盤から試合の主導権を握る。 RBザルツブルクでコンビを組むシュラーガーとヴォルフの阿吽の呼吸を生かして再三良い形の攻撃を仕掛けたオーストリアは、37分にボックス内でホルバートの放ったシュートが右ポストを叩くと、この跳ね返りをヴォルフが押し込む。当初、オフサイドの判定もビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。 注目のヨビッチが全く存在感を放てず、後半も左サイドのラドンジッチの個人技以外に攻め手がないセルビア。これに対して前半同様に試合をコントロールするオーストリアは、前線4人の鮮やかな連携から鋭いカウンターを繰り出して相手GKラドゥノビッチのビッグセーブを強いる。 その後、75分にはヴォルフに対して危険な後方からのアフターチャージを見舞ったDFヨバノビッチに対して、VARの検証の結果、レッドカードが掲示される。オーストリアはこのプレーで重傷を負ったヴォルフがプレー続行不可能となるアクシデントに見舞われるが、78分にホルバートの見事な直接FKが決まって追加点を奪取。 試合終盤にかけてはいら立ちを募らせるセルビア側に多くのカードが掲示される荒れ模様の展開となったが、数的優位のオーストリアが2-0のスコアで試合をクローズ。この結果、グループBはドイツとオーストリアが白星スタートを飾ることになった。 2019.06.18 05:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020予選で不調のセルビア代表、クルスタイッチ監督との契約を解消

セルビアサッカー連盟(FSS)は13日、ムラデン・クルスタイッチ監督(45)との契約を双方合意の下、解消したことを発表した。 現役時代にシャルケなどでセンターバックとして活躍したクルスタイッチ監督は2017年10月にスラヴォルユブ・ムスリン前監督の後を受けて、アシスタントコーチから暫定監督に昇格。2018年ロシア・ワールドカップではコスタリカ代表に勝利したものの、ブラジル代表とスイス代表に敗れ、グループステージ敗退に終わっていた。 その後のUEFAネーションズリーグ2018-19ではリーグC・グループ4で首位となり、リーグBへの昇格を決めたが、ユーロ2020予選では3試合を終えて1勝1分け1敗と躓いた。とりわけ今月7日に行われたウクライナ代表戦では0-5と惨敗していた。 2019.06.14 05:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ウクライナが5発圧勝で首位堅持! 惨敗セルビアは最下位に…《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループB第3節、ウクライナ代表vsセルビア代表が7日に行われ、5-0でウクライナが圧勝した。 1勝1分けスタートとしたウクライナと、引き分けスタートとなったセルビアの一戦。ウクライナはコノプリャンカやジンチェンコをスタメンで起用した。対するセルビアはヨビッチやタディッチをスタメンで起用した。 試合はホームチームのウクライナが立ち上がりから攻勢に出ると、25分にコノプリャンカのミドルシュートがGKを強襲。そして26分、ウクライナが順当に先制した。右サイドからのカラヴァイェフのグラウンダークロスをツィンガコフが合わせてネットを揺らした。 畳み掛けるウクライナはさらに28分、中盤でパスを受けたツィンガコフのミドルシュートが決まって2-0と突き放した。 ツィンガコフの2ゴールで2点をリードして迎えた後半開始1分、ウクライナが3点目を奪い切った。ボックス手前左でボールを受けたコノプリャンカがゴール右へコントロールシュートを流し込んだ。 勢いが止まらないウクライナは59分、ボックス右に侵入したカラヴァイェフの折り返しをヤレムチュクが決めて4-0。さらに75分にもコノプリャンカが3点目と同じような形からコントロールシュートを決めて5-0としたウクライナがセルビアに圧勝。首位を堅持している。 ◆7日開催グループBその他の試合結果 リトアニア 1-1 ルクセンブルク ◆グループB順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ウクライナ[7/3/6] 2.ルクセンブルク[4/3/0] 3.ポルトガル[2/2/0] 4.リトアニア[1/2/-1] 5.セルビア[1/2/-5] 2019.06.08 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド負傷の前回王者ポルトガル、ダニーロのゴラッソもセルビアに引き分けで2戦連続ドロースタート《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループB第2節、ポルトガル代表vsセルビア代表が25日に行われ、1-1で引き分けた。 大黒柱のC・ロナウドがロシア・ワールドカップ以来の復帰を果たしながらも、3日前に行われたウクライナ代表との予選初戦をゴールレスドローで終えたポルトガルは、そのウクライナ戦のスタメンから3選手を変更。アンドレ・シウバ、モウティーニョ、ネヴェスに代えてソウザ、ダニーロ、ラファを起用した。 一方、予選初戦となるセルビアは5日前に行われたドイツ代表との親善試合を1-1で引き分けた。その試合を欠場していたタディッチやミトロビッチがスタメンとなり、ヨビッチやミリンコビッチ=サビッチがベンチスタートとなった。 3トップに右からベルナルド・シウバ、ソウザ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにダニーロを配す[4-3-3]で臨んだポルトガルは開始4分にビッグチャンス。右クロスの流れから混戦となったところをW・カルバーリョがプッシュ。しかし、DFに当たったシュートはわずかに枠の左に外れた。 すると6分、セルビアがPKを獲得する。タディッチの浮き球パスでディフェンスライン裏に抜け出したガシノビッチがGKルイ・パトリシオと交錯。これがファウルとなった。そしてこのPKをタディッチが決めてセルビアが先制した。 直後、C・ロナウドのミドルシュートが枠を捉えたポルトガルだったが、GKドミトロビッチのビッグセーブに阻まれてしまう。さらに15分、ボックス右のラファエウ・ゲレイロが決定的なシュートを浴びせるも、ここもGKドミトロビッチのビッグセーブに阻止されてしまった。 その後も押し込むポルトガルは23分にゴール前のC・ロナウドがボレーで合わせるも、DFの身体を張った対応に阻まれる。そんな中29分、ポルトガルにアクシデント。スペースにランニングしたC・ロナウドが右足ハムストリングを負傷し、ピッツィとの交代を強いられてしまう。ここからポルトガルは攻めあぐね、チャンスを作れなくなってしまった。 それでも42分、ダニーロがゴラッソを決めてポルトガルが追いつく。中央を持ち上がったダニーロがボックス手前からミドルシュート。完璧にコントロールされたシュートがゴール右上に突き刺さり、1-1として前半を終えた。 迎えた後半、前半終盤に攻勢に出ていたセルビアが良い入りを見せる中、56分にはショートカウンターからリャイッチが決定的なシュートを浴びせた。 流れの悪いポルトガルは58分、ソウザに代えてアンドレ・シウバを投入。しかし、押し込む流れとしたものの、シュートシーンを生み出すことができない。70分にようやくアンドレ・シウバの右クロスからファーサイドのW・カルバーリョがボレーで合わせるもミートしきれなかった。 直後にもベルナルド・シウバの丁寧な落としからゴール前のアンドレ・シウバが押し込みにかかったが、DFの好ブロックに阻まれてしまう。さらに73分にはアンドレ・シウバのヘディングシュートがボックス内のルカビナの手に当たると、主審はPKスポットを指した。ところが、副審の助言もあって判定が覆り、PKは取り消されてしまった。 不可解な判定に泣かされたポルトガルが終盤にかけても攻め込む中、追加タイムにはラファエウ・ゲレイロの強烈なミドルシュートが襲ったが、わずかに枠を外れて1-1でタイムアップ。前回王者ポルトガルが2戦連続ドロースタートとなっている。 その他、グループB第2節ではウクライナ代表が追加タイムのオウンゴールでルクセンブルク代表に2-1と競り勝ち、1勝1分けスタートとしている。 2019.03.26 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

危険なファウルを受けて途中交代のザネ、無事を報告 レーブ監督「幸運にもケガをせず済んだが…」

セルビア代表との国際親善試合で危険なタックルを食らったドイツ代表FWレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)だが、無事だったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ドイツは20日、国際親善試合でセルビアと対戦。試合は1-1のドローで終了したものの、終了間際にはセルビアのミラン・パブコフがザネの足首に強烈なスパイクを見舞い一発退場となる場面があった。このラフプレーであわや大ケガを負ったかと思われたが、大事を取って交代した際には自らの足でベンチまで下がっていた。 しかし、試合後、ドイツを率いるヨアヒム・レーブ監督は同シーンについて「あれは危険なファウルだった。ザネは幸運にもケガをしないで済んだが、あれは骨折する可能性もあるものだった」とコメント。また、ザネ本人は「ファウルは悪質なものに見えたけど、僕の足首は全然大丈夫だよ」と無事を報告している。 2019.03.21 09:50 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース