アルゼンチンの新星パラシオス、マドリー加入合意報道もリーベル会長が否定

2018.11.17 21:31 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーベル・プレートの会長を務めるロドルフォ・ドノフリオ氏が、アルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の移籍合意報道を否定した。スペイン『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。

▽先日、スペイン『マルカ』、『アス』など有力各紙が、マドリーがパラシオスの契約解除金2000万ユーロ(約26億円)を支払っての来年1月の5年半契約に合意したと報道。

▽しかし、ドノフリオ会長は以前、マドリーとの交渉を認めたもののそのやり口を「失礼」、「無礼」と批判。また、同会長はペルーのテレビ局『アメリカ・テレビシオン』で「レアル・マドリーからの関心はあるが、彼は移籍市場に出ていない」とも語り、パラシオスのマドリー移籍を明確に否定した。
▽また、パラシオスに関しては、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・シティなどのビッグクラブも関心を寄せていることが伝えられている。

▽アルゼンチン屈指の名門リーベル・プレートの下部組織で育ち、2015年に当時16歳でトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、パスセンスに優れたパサータイプのセントラルミッドフィルダー。昨シーズンまでは準主力に甘んじていたものの、今季はここまで中盤のレギュラーポジションを掴んでいる。また、9月の代表ウィークに行われたグアテマラ代表との国際親善試合でフル代表デビューも果たしている、アルゼンチン期待の新星だ。

関連ニュース
thumb

リーベル・プレートが元アルゼンチン代表のデミチェリス氏を新監督に招へい…2025年12月までの契約

リーベル・プレートは16日、新監督に元アルゼンチン代表DFのマルティン・デミチェリス氏(41)との契約を発表した。契約期間は2025年12月までとなる。 デミチェリス氏はバイエルンⅡを指揮していたが、14日にバイエルンが退任を発表。リーベルの指揮官に就任することを明かしていたが、正式に契約を結ぶこととなった。 現役時代の2000年にリーベルでプロデビューしたデミチェリス氏は、2003年のバイエルン移籍で欧州上陸。バイエルンでは4度のブンデスリーガ制覇に貢献し、その後はマラガやマンチェスター・シティ、エスパニョールなどを経て、2017年夏、再び加入していたマラガで現役を引退した。 引退後は、当時マラガを率いていたミチェル監督のアシスタントコーチに就任。2019年夏からはバイエルンのU-19の監督に任命され、2021年4月から現在に至るまでバイエルンⅡを指揮していた。 リーベルはマルセロ・ガジャルド監督が退任。2014年から指揮を執り、昨シーズンのリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)優勝に加え、2度のコパ・リベルタドーレス、3度のコパ・アルヘンティーナなど、合計14個ものタイトルをもたらした。 その英雄ガジャルドの後任を務めるデミチェリス氏は、愛する古巣の新たな黄金時代を築くことはできるのか。 2022.11.17 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

デミチェリスのリーベル・プレート新指揮官就任が決定! バイエルンが退任を発表

マルティン・デミチェリス氏(41)のリーベル・プレートの新指揮官就任が決定した。 バイエルンは14日、バイエルン・ミュンヘンⅡを率いるデミチェリス氏がリーベルの新指揮官就任のために退任することを明かした。 デミチェリス氏は、リザーブチームの指揮官退任に際して以下のようなコメントを残している。 「私はリーベルのプレーヤーとしてヨーロッパとバイエルンにやってきたが、今は監督として逆の形をとることになる」 「なんて信じられない話だ! バイエルンファミリーの一員に2度なれたことを誇りに思うし、私にチャンスを与えてくれた人、同行してくれたすべての人に感謝したい。心に感謝の気持ちを込めてこのクラブを去る。私の心に近いもうひとつのクラブでの大きな挑戦を楽しみにしている」 また、バイエルンでスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は、新たな挑戦に臨む現役時代の元同僚を快く送り出している。 「マルティンは、南米最大のクラブの1つで監督を引き継ぐというオファーを受けた。私たちは彼の一生に一度の機会を潰したくなく、契約を終了したいという彼の希望に同意した。それにもかかわらず、彼が去るのを見るのは悲しい。バイエルンでマルティンと一緒にプレーした。彼は正直な性格で、コーチとして望むフットボールのタイプについて明確な考えを持っている。マルティンはバイエルンで非常によくやってくれたし、彼がリーベル・プレートに戻って成功することを祈っている」 現役時代の2000年にリーベルでプロデビューしたデミチェリス氏は、2003年のバイエルン移籍で欧州上陸。バイエルンでは4度のブンデスリーガ制覇に貢献し、その後はマラガやマンチェスター・シティ、エスパニョールなどを経て、2017年夏、再び加入していたマラガで現役を引退した。 引退後は、当時マラガを率いていたミチェル監督のアシスタントコーチに就任。2019年夏からはバイエルンのU-19の監督に任命され、2021年4月から現在に至るまでバイエルンⅡを指揮していた。 一方、先日にマルセロ・ガジャルド監督の退任を発表したリーベル。同監督は2014年から指揮を執り、昨シーズンのリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)優勝に加え、2度のコパ・リベルタドーレス、3度のコパ・アルヘンティーナなど、合計14個ものタイトルをもたらした。 その英雄ガジャルドの後任を務めるデミチェリス氏は、愛する古巣の新たな黄金時代を築くことはできるのか。 2022.11.15 00:09 Tue
twitterfacebook
thumb

英雄ガジャルド退任のリーベル、デミチェリス氏を新監督に任命か

リーベル・プレートが、マルティン・デミチェリス氏(41)を新監督として招聘するようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が報じている。 先日、マルセロ・ガジャルド監督の退任を発表したリーベル。同監督は2014年から指揮を執り、昨シーズンのリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)優勝に加え、2度のコパ・リベルタドーレス、3度のコパ・アルヘンティーナなど、合計14個ものタイトルをもたらした。 そんな英雄ガジャルド監督の後任となれば、大きな重圧がのしかかるが、現時点で同クラブの出身であるデミチェリス氏が最有力候補となっているようだ。 現役時代の同氏は2000年にリーベルでプロデビューし、2003年のバイエルン移籍で欧州上陸。バイエルンでは4度のブンデスリーガ制覇に貢献し、その後はマラガやマンチェスター・シティ、エスパニョールなどを経て、2017年夏、再び加入していたマラガで現役を引退した。 引退後は、当時マラガを率いていたミチェル監督のアシスタントコーチに就任。2019年夏からはバイエルンのU-19の監督に任命され、2021年4月から現在に至るまでバイエルンのセカンドチームを指揮している。 『TyC Sports』によると、ここ数日の間にリーベルとデミチェリス氏の話し合いが進展。同メディアは41歳指揮官の古巣就任が迫っていると伝えている。 なお、デミチェリス氏は以前、リーベル就任の噂について「リーベルがバイエルンに並んで私のお気に入りのクラブであることは誰もが知っている。監督候補の一人として私の名前が挙がっていることを誇りに思う」とコメントしている。 2022.10.29 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

リーベルの神話…8年間で14タイトルをもたらしたガジャルド監督が最後のホームゲームを終える「心を寄せてくれてありがとう」

今季限りでのリーベル・プレート退任を発表していたマルセロ・ガジャルド監督(46)が、最後のホームゲームでサポーターに別れを告げた。 13日に行われた記者会見で辞任を発表したガジャルド監督。2014年からリーベルで指揮を執り、昨シーズンのリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)優勝に加え、2度のコパ・リベルタドーレス、3度のコパ・アルヘンティーナなど、これまで14個のタイトルを獲得してきた。 しかし、今シーズンは各カップ戦の敗戦に加え、辞任発表の時点で残り2節となったリーグ戦でも首位のボカ・ジュニアーズと4ポイント差の2位で無冠濃厚。そういった中、同監督はクラブとの契約延長を行うことなく、今年末の契約満了に伴いクラブを去る決断を下していた。 そして、16日に行われたロサリオ・セントラル戦が指揮官最後のホームゲームに。試合は1-2で敗れ、無冠が決定。試合後に行われたセレモニーでは、獲得した14個のトロフィーが並べられ、選手やサポーターを代表してフアン・キンテーロから手紙が読まれた。その後、ガジャルド監督は本拠地エル・モヌメンタルに集まった7万2000人のサポーターに向けて別れの言葉を残した。 「心を寄せてくれてありがとう。とても寂しい気持ちでいっぱいだ。私とリーベルの絆は1年契約や8年契約なんかじゃない。リーベルとの絆は一生ものだ。みなさん、愛しています。また会いましょう」 その小柄な体型から人形という意味の“エル・ムニェコ”の愛称で呼ばれるガジャルド監督。22日に予定されているラシン戦がラストマッチとなる。 2022.10.17 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

南米屈指の名将ガジャルドが今季限りでリーベル退任…今冬に欧州初挑戦か

リーベル・プレートのマルセロ・ガジャルド監督(46)が今シーズン限りでの退団を決断した。同監督が13日に行われた公式会見の場で明かした。 現役時代にアルゼンチン代表として44キャップを刻んだガジャルド監督は、リーベルやモナコ、パリ・サンジェルマン(PSG)などで活躍。2011年の引退と同時に、自身最後の所属クラブとなったウルグアイのナシオナルで監督業をスタートさせ、2014年からリーベルの指揮を執ってきた。 同クラブでは、昨シーズンのリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)優勝に加え、2度のコパ・リベルタドーレス、3度のコパ・アルヘンティーナなど、これまで14個のタイトルを獲得してきた。 しかし、今シーズンは各カップ戦の敗戦に加え、残り2節となったリーグ戦でも首位のボカ・ジュニアーズと4ポイント差の2位となり、無冠が濃厚となっている。そういった中、同監督はクラブとの契約延長を行うことなく、今年末の契約満了に伴いクラブを去る決断を下した。 なお、その卓越した手腕は南米のみならずヨーロッパでも評価されており、過去にはバルセロナや古巣PSG、ウルグアイ代表からオファーが届いているとの報道もあった。 そのため、今冬のタイミングでヨーロッパのクラブで指揮を執る可能性が有力視される。 2022.10.14 07:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly