UEFA、VARの前倒し実施を考慮か、スターリングのあのシーンが引き金に2018.11.08 23:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『BBC』によると、欧州サッカー連盟(UEFA)が来季から予定しているチャンピオンズリーグ(CL)におけるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用を、今季に早めることを検討しているという。▽UEFAは9月27日、来季のCLでVARを導入することを発表。VARはイングランドを除くヨーロッパの主要リーグではすでに使用されており、大会史上初めて導入されたロシア・ワールドカップでは多くの場面で効果を発揮した。

▽そのVARをUEFAは予定を早めて今シーズンから使うことを考慮しているという。理由は7日に行われたCL第4節、グループFのマンチェスター・シティvsシャフタール・ドネツクで、シティFWラヒーム・スターリングが24分に獲得したPKの場面にある。

▽ボックス左で縦に仕掛けた同選手はシュートを打とうとした際に地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れたのだが、主審はこれを全く接触がなかったシャフタールDFミコラ・マトビイェンコが後ろから倒したとしてPKの判定に。スターリングはノーファウルであることを申告することはなく、シティがPKを決めて得点。試合後、「あれは僕が悪かった」とPKではなかったことを認めたが、今更である。

▽VARはこのような試合の流れを変えてしまうような大誤審を無くすため開発されたものであり、事態を重く捉えたUEFAは次の会議で早期導入を検討する話し合いを行うと伝えられている。現在UEFAでは来季に向けて審判団へのトレーニングやワークショップを続けているが、すでに今季から導入できる準備はできているという。
コメント
関連ニュース
thumb

【プレミアプレビュー】CL激闘から中2日での再戦! 選手層でシティ優位も勢いはスパーズ《マンチェスター・シティvsトッテナム》

プレミアリーグ第35節、マンチェスター・シティvsトッテナムが日本時間20日20:30にエティハド・スタジアムでキックオフされる。3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でベスト4進出を懸けて壮絶な打ち合いを演じたリーグ暫定2位のシティ(勝ち点83)と、3位のトッテナム(勝ち点67)による3連戦を締めくくるビッグマッチだ。 シティは敵地での1stレグを0-1で落とした状況で臨んだ17日のCL準々決勝2ndレグでは開始10分過ぎまでに2点ずつを奪い合った中、後半序盤にエースFWアグエロの4点目で2戦合計スコアで初めて逆転。だが、その後セットプレーの失点によって再び逆転を許すと、試合終了間際にFWスターリングの劇的ゴールで奇跡の逆転突破が果たされたかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によって土壇場で判定が覆り、悲願のCL制覇、今季のクアドラプル(4冠)達成の夢が潰えることになった。 その衝撃的な敗退劇から中2日で臨む今回のホームゲームに向けてはメンタルの切り替えが非常に厳しい状況だが、暫定首位のリバプール(勝ち点85)との勝ち点差を考えれば、自力でのリーグ連覇に向けてひとつの取りこぼしも許されず、今節での勝利は必須だ。対戦相手のトッテナムとの選手層を考えれば、絶対優位との声もあるが、24日には宿敵マンチェスター・ユナイテッドとのダービーを控えており、相手同様にターンオーバーを強いられる見込みだ。 一方、新スタジアムでのCL初陣となった1stレグでの1-0の勝利が最終的に大きなアドバンテージとなり、2戦合計4-4もアウェイゴール数の差で優勝候補シティとの同国勢対決を制してクラブ史上初のCL4強進出を果たしたトッテナム。しかし、シティ同様に国内リーグにおいては来季CL出場権を懸けた熾烈なトップ4争いに身を置く。今後5位のチェルシー(勝ち点66)と、6位のユナイテッド(勝ち点64)の直接対決が控えていることもあり、今節を落としても自力での4位死守は可能だが、最低限勝ち点1は持ち帰りたいところだ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:エデルソン DF:ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、ベルナルド・シウバ FW:スターリング、ガブリエウ・ジェズス、ザネ 負傷者:GKブラーボ、MFジンチェンコ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはジンチェンコが部分練習に合流した以外に直近の対戦と変化はない。 スタメンに関しては前回対戦での激しい消耗と来週ミッドウィークにダービーを控えていることもあり、予想は困難だ。リーグ残り試合をひとつも落とせないこともあり、大幅なメンバー変更はない模様だが、前線に関してはアグエロとシルバの重鎮2人をベンチに置きガブリエウ・ジェズス、ザネの起用が見込まれる。 <div style="text-align:center;">◆トッテナム◆ 【3-4-1-2】</div> ▽トッテナム予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ロリス DF:アルデルヴァイレルト、ダビンソン・サンチェス、ヴェルトンゲン MF:ウォーカー=ピータース、ダイアー、ワニャマ、ベン・デイビス MF:エリクセン FW:ルーカス・モウラ、ソン・フンミン 負傷者:DFダイアー、オーリエ、MFウィンクス、ムサ・シソコ、ラメラ、FWケイン 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては前回対戦を欠場したメンバーに加えて、前回対戦で負傷交代したムサ・シソコとラメラが新たに負傷者リスト入りしている。その一方で、練習復帰のダイアーに関しては起用できる可能性があるようだ。 システムに関してはCLの2試合で[4-2-3-1]、[4-3-1-2]といずれも4バックを採用しており、今回の試合でも4バックを選ぶ可能性がある。その一方で、度重なる負傷者と消耗によって右サイドバックとセントラルMFの人材に問題を抱えており、より後方に重心を置いた[3-4-1-2(3-4-3)]への変更に踏み切る可能性もありそうだ。スタメン予想は難しいが、サイドバック(ウイングバック)を入れ替えてエリクセン、デレ・アリの2選手で90分間を戦うようなゲームプランの採用を予想する。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:MFレロイ・ザネ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>マンチェスター・シティの注目プレーヤーはCLでの2試合でほとんどチャンスを与えられなかったザネだ。CLラウンド16のシャルケ戦では古巣相手に2試合を通じて2ゴール3アシストの大暴れを見せるなど、好調を維持する韋駄天アタッカーは直近のリーグ戦でもカーディフ戦で1ゴール、クリスタル・パレス戦で1アシストときっちり結果を残している。しかし、敗退を強いられたトッテナムとのCL2戦ではいずれも試合終盤の80分以降に投入され、逃げ切りを狙って完全に引いた相手に対して大きなインパクトを残せぬまま、消化不良の形で今季CLの戦いを終えることになった。 そのため、個人としてはフラストレーションを溜めていることは想像に難くない。その中で先発か途中出場かは不明も出番が与えられる可能性が高い今回の一戦では持ち味の爆発的なスピードと左足の技術を武器に左サイドで躍動を見せたい。今季ここまで10アシストのザネは、ボーンマスMFフレイザー、チェルシーMFアザールと共に12アシストを記録しアシストランクトップに立つMFエリクセンを前にチームを勝利に導くチャンスメークを見せられるか。 ◆トッテナム:FWルーカス・モウラ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>トッテナムの注目プレーヤーは前節ハットトリックを記録しているルーカスだ。FWケイン、FWソン・フンミンに勝る活躍を見せた序盤戦からシーズンが進むにつれて存在感を失ってきたブラジル代表MFだが、ケインの負傷離脱、ソン・フンミンを温存した前節のハダースフィールド戦ではFWジョレンテと共に圧巻のパフォーマンスを披露。プロキャリア初のハットトリックを記録し、4-0の大勝に大きく貢献した。シティとの前回対戦では守勢に回って我慢の戦いを強いられた中、ソン・フンミンの2点目に繋がるボール奪取を見せるなどきっちり勝ち抜けに貢献している。 その激闘から中2日の過密日程で迎える今回の一戦では大きな消耗を強いられたソン・フンミン、デレ・アリ、エリクセンの3人に多くを求めるのは酷な状況となっており、抜群のアジリティ、ドリブルテクニックを持つルーカスがカウンターやオープンスペースでいかに存在感を示せるかがスパーズの勝利のカギを握ることになる。 2019.04.20 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、ダニーロ獲得へ! イタリア紙は4年契約で合意報道

インテルが、マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロ(27)の獲得に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 同メディアはイタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』と『スカイ・スポーツ』をもとに報道。それによると、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はすでにインテルとダニーロは年俸400万ユーロ(約5億円)の4年契約を結んだと伝えているようだ。 シティは2017年夏にレアル・マドリーから獲得する際に支払った3000万ユーロ(約37億7000万円)の移籍金を出来るだけ回収したいと考えているようで、今回の移籍金は2000万~2200万ユーロ(約25億~327億7000万円)程度になると見込まれている。 シティで2シーズン目を過ごすダニーロは、ケガの影響もあり公式戦出場はここまで20試合。契約は2022年まで残っている。 2019.04.20 04:29 Sat
twitterfacebook
thumb

ムサ・シソコ、シティ戦の劇的瞬間は1人ロッカールームに! その後「ケガを忘れて走った」

トッテナムのフランス代表MFムサ・シソコがマンチェスター・シティ戦での劇的ゴール取り消しの瞬間に1人ロッカールームに居たことを明かした。同選手がフランス『レキップ』が伝えている。 トッテナムは17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、シティ戦を3-4のスコアで終えた。しかし、2戦合計4-4もアウェイゴール数で上回った同クラブはクラブ史上初のベスト4進出を果たした。 開始10分余りで両チームが2ゴールずつを奪い合う壮絶な打ち合いとなった同試合では、試合最終盤のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による、シティ側のゴール取り消しの判定が最大のハイライトとなった。 アウェイゴール数で上回るトッテナムは優位な状況で後半アディショナルタイムに突入。しかし、93分には自陣で相手DFに囲まれたMFクリスティアン・エリクセンがバックパスを試みると、相手MFベルナルド・シウバの出した足に当たったボールがボックス右でフリーのFWセルヒオ・アグエロに渡り、アグエロが冷静に中央のFWラヒーム・スターリングに折り返す。ここでスターリングが冷静に切り返してシュートを放つと、GKウーゴ・ロリスが懸命に伸ばした足を弾いてボールがゴールネットを揺らす。 この劇的逆転ゴールにスタジアムにこの試合最大の歓喜が訪れるが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ベルナルド・シウバの引っかけたボールがアグエロに渡った時点でオフサイドと判断され、この土壇場でノーゴールの判定に覆った。 同試合で先発出場したものの、前半終盤にそ径部を痛めて負傷交代を強いられたシソコは、その後ベンチから戦況を見守っていたが、試合最終盤に訪れたこの劇的な瞬間を見逃していたことを明かした。 「僕はベンチで試合を見ていた。そして、5-3となった瞬間にそのままロッカールームに下がったんだ」 「ロッカールームでは僕1人で誰も付き添っていなかった。そこにはテレビのモニターもなかったし、僕はチームが敗退したと思っていたんだ」 「それから1人のスタッフが『信じられない! 俺たちはやったぞ!』って叫びながらロッカールームに入ってきたんだ。僕は『どうやったの?』って聞いたら、ゴールが取り消されたと教えてくれたんだ」 「それからすぐにTシャツを着てケガを忘れてピッチにいるみんなのところに走って向かったよ。こんな歴史的な瞬間を祝う場面を逃すわけにはいかなかったからね。それは信じがたいほどの感動的なショックだったよ」 ある意味トッテナムのプレーヤー、スタッフの中で最も劇的な感動を味わったシソコは、自身のケガの状態に関しても言及。今週末に行われるシティとのプレミアリーグでの再戦ではプレーできないことを認めたが、早期復帰の可能性を示唆した。 「筋肉が伸びてしまった。土曜日の試合までには時間がなく間に合わないと思う。だけど、来週には間に合うことを期待しているよ」 2019.04.19 00:32 Fri
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ、シティとの激闘を1枚の写真で振り返る「両チームはこの場ですべてを出し尽くした」

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが17日に行われたマンチェスター・シティとの激闘を1枚の写真で振り返っている。同選手が自身の公式『ツイッター』を更新した。 トッテナムは17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、シティ戦を3-4のスコアで終えた。2戦合計4-4もアウェイゴール数で上回った同クラブはクラブ史上初のベスト4進出を果たした。 開始10分余りで両チームが2ゴールずつを奪い合い、後半終盤にはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による2つの判定が試合結果に大きな影響を与えた壮絶な打ち合いを最終的に制したスパーズの若き主力MFは、試合翌日に1枚の写真を投稿。 この写真には試合終了直後にピッチ内で仰向けに倒れ込むデレ・アリの姿と共に、スパーズの元同僚でありイングランド代表のチームメートのDFカイル・ウォーカーがピッチにうずくまっている姿が写されていた。 そして、「この写真は千の言葉を語っている。両チームのプレーヤーたちはこの場に何も残さなかった。(すべてを出し尽くした) フットボールの最高の瞬間を写している」とコメント。多くのフットボールファンを熱狂させたスペクタクルな一戦を共に作り上げた対戦相手に敬意を払うと共に、フットボーラーとしての喜びを語った。 ◆写真は千の言葉を語る https://twitter.com/dele_official/status/1118880204879998977 2019.04.18 23:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ、疑惑の決勝ゴールに「手は体にくっついていたから反則ではない」

トッテナムに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテがチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の自身のゴールについて振り返っている。スペイン『アス』が伝えている。 1stレグを1-0で勝利したトッテナムは17日、CL準々決勝2ndレグでマンチェスター・シティと対戦。開始から約20分間で2-3と撃ち合う展開でシティにリードされると、59分にも追加点を奪われる。 それでも、73分にDFキーラン・トリッピアーの左CKからジョレンテがゴールネットを揺らし、合計スコアで勝ち越し。このゴールにはハンドの可能性があるとしてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証が行われたが、主審はそのままゴールの判定に。 後半アディショナルタイムにはシティにゴールネットを揺らされ、スパーズの誰もが敗退を覚悟したが、審判の笛で再びVARが発動されゴールが取り消しに。九死に一生を得たトッテナムは2戦合計スコア4-4、アウェイゴールの差で初のベスト4進出を決めた。 試合後、ベスト4進出に導く値千金のゴールを決めたジョレンテが自身のゴールを振り返った。 「これはクレイジーで終わりのないゲームだった。僕たちはとても努力してきたし、準決勝に勝ち進める可能性を信じていた。僕たちが達成できたのはラッキーだったね」 「僕はVARにポジティブだった。僕の手は体にくっついていたから反則ではないよ。彼らは僕の腕に当たっていると主張したが、僕には何が反則なのか分からなかったね」 「審判団が詳しく調査して確実なものにした。重要なのは入ったことだよ」 「レフェリーが確認しに行ったとき、ゴールを取り消されるのかと思ってびくびくしたよ」 「スターリングのVARは…僕たちは芝生の上で落ち込んでしまっていた。死にかけていたけど生き返ったよ。素晴らしかったね」 2019.04.18 16:18 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース