シティDFダニーロが負傷…最低1カ月の離脱か

2018.10.18 17:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロが負傷したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

▽10月の国際親善試合のためブラジル代表に招集されていたダニーロ。16日のアルゼンチン代表戦で先発出場したが、53分に足首を負傷し途中交代を余儀なくされていた。

▽正確なケガの具合は不明なものの、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は最低でも1カ月は回復に時間を要する可能性があると伝えている。現在シティは、MFファビアン・デルフとMFイルカイ・ギュンドアン、MFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中。

▽シティの今後の予定は、20日のプレミアリーグ第9節バーンリー戦(H)、23日のチャンピオンズリーググループステージ第3節シャフタール・ドネツク戦(A)、29日のプレミアリーグ第10節トッテナム戦(A)となっている。なお、ギュンドアンとデ・ブライネに関しては、バーンリー戦で復帰できる見込みだ。
コメント
関連ニュース
thumb

「ボックスに10人の選手がいるのは難しい」アウェイで3連敗のペップ、サウサンプトンの戦い方に屈する

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、サウサンプトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マンチェスター・シティは5日、プレミアリーグ第33節でサウサンプトンとアウェイで対戦。チェ・アダムスに先制されると、その後はサウサンプトンの牙城を崩せず1-0で敗戦。今シーズン9敗目を喫していた。 試合を振り返ったグアルディオラ監督は、「我々は上手く、誠実さ、個性、最後までチャレンジしたいという気持ちでプレーした」と選手たちの姿勢を評価。しかし、「ボックス内に10人のサウサンプトンの選手がいるのは難しい」と相手が守備を固めたことが難しくしたと語った。 アウェイゲームでの3連敗となったシティだが、グアルディオラ監督にとっては初の出来事。しかし、選手たちのプレーではなく、戦い方の選択がまずかったとした。 「私はとても誇りに思う。我々のプレーの仕方は好きだが、それだけでは不十分だ。選手への不満ではない。かけ離れた部分だ」 「この試合は今シーズンのいくつかの試合でもあったように、少し繰り返してしまった。1つのミスで彼らは我々を罰した」 「その後、たくさんのチャンスを作ったが、私が言ったように彼らはボールの後ろに10人の選手がいた」 今シーズンは9敗を喫し、取りこぼしが目立ったシティ。このような戦いを続けては、リーグ制覇は難しいともしている。 「我々はいくつかのチャンスを譲ったが、本当に良いパフォーマンスをした。それだけでは十分ではなく、今シーズンの多くの試合を失った。これではタイトル争いはできない」 2020.07.06 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

これも新型コロナの影響? ペップが監督として初のアウェイ3連敗を喫する

これも新型コロナウイルスの影響なのだろうか。ジョゼップ・グアルディオラ監督がキャリアを通じて初めての苦しみを味わっている。 マンチェスター・シティは5日、プレミアリーグ第33節でサウサンプトンとアウェイで対戦。チェ・アダムスに先制されると、その後はサウサンプトンの牙城を崩せず1-0で敗戦。今シーズン9敗目を喫していた。 <div id="cws_ad">◆シティ、過去のサウサンプトン戦のベストゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1YkNVZFkyRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> すでにリバプールのリーグ優勝が決まっており、シティも来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できる4位以内はほぼ手中に収めている状況だが、再開後はこれで2敗目となった。 この2敗はいずれもアウェイゲーム。6月25日に行われたチェルシー戦でも2-1で敗れていたが、中断前の最後の試合もアウェイゲームで敗れていた。 3月8日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”では2-0で完敗。これにより、アウェイゲーム3連敗となったシティだが、グアルディオラ監督にとっては監督キャリアをスタートさせてから初の出来事となった。 ホームではアーセナルに3-0、バーンリーに5-0、リバプールの4-0と再開後も圧倒的な強さを見せていたシティだが、アウェイには思わぬ影が。残り5試合ではブライトン&ホーヴ・アルビオン戦とワトフォード戦がアウェイゲームとなる。 2020.07.06 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ猛攻もセインツの牙城崩せず敗戦《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは5日、プレミアリーグ第33節でサウサンプトンと対戦し、1-0で敗れた。 リバプールに30年ぶりのリーグ優勝を許し、プレミア3連覇を逃したシティ。前節はそのリバプールと対戦し4-0で快勝。気の緩んだ相手をねじ伏せる結果となった。 来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権をより確実にしたいシティだったが、立ち上がりから強度を高く保つセインツに苦戦。なかなかシュートまで運べない時間が続く中迎えた16分、最終ラインからボールを繋いでいたところ、ピッチ中央でジンチェンコがアームストロングのプレッシャーに遭い、ボールをロスト。これをアダムスに拾われると、前に出ていたGKエデルソンの頭上を抜くロングシュートを決められ失点。試合はセインツが先制に成功する意外な展開となった。 珍しい失点となったシティは仕切り直して攻撃へ。30分手前にクロスのこぼれ球を拾ったフェルナンジーニョがボックス手前から狙ったシュートは左ポストを直撃。跳ね返りを右から折り返すと、今度はダビド・シルバのヘディングシュートがGKを強襲。だがこの波状攻撃はゴールに至らなかった。 後半立ち上がりに、シティはCKの流れからラポルテが絡んでジェズスがヘディングシュート。非常に惜しい場面だったが、GKマッカーシーがビッグセーブ。さらに54分には、ジンチェンコのパスをボックス左で受けたダビド・シルバがチャンスを迎えたが、ここでもマッカーシーが立ちはだかる。 その後もジェズスのバイシクルシュート、ベルナルド・シウバのミドルシュートを狙っていくが、ゴール前を固めるセインツ守備陣に跳ね返される。状況を打開しようと、60分手前に2枚替え。スターリングとマフレズを下げてフォーデンとデ・ブライネを投入した。 一方、70分にプレミア初ゴールを記録したアダムスを下げてロングを投入したセインツも、そのロングのドリブル突破からアームストロングがシュート。しかし、GKエデルソンに足一本でセーブされた。 後半は怒涛の攻撃を仕掛けるシティ。後半だけで15本以上のシュートを数えているものの、割り切った守備をするセインツを攻略できない。 そして、最後まで牙城を崩せず1-0で敗戦。セインツはコロナ明け4試合で3勝目となった。 2020.07.06 04:59 Mon
twitterfacebook
thumb

現代最高の司令塔デ・ブライネが体を倒しながらの技巧派ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆GKのタイミングを外すデ・ブライネの技ありボレー<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOR3hKOUNNciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヴォルフスブルクで評価を爆発的に高めたデ・ブライネは、2015年夏にシティに入団。初年度から公式戦41試合16ゴール14アシストの結果を残した。中でも見事だったのが、2015年10月3日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦でのゴールだ。 FWセルヒオ・アグエロのハットトリックで3-1としたシティは53分、パスをつなぐと、右サイドへと展開。敵陣右サイド深くでボールを受けたMFヘスス・ナバスへと渡ると、ゴール前の様子を伺いクロスを供給する。 オフザボールの動きで相手のマークを外し、ボックス内でフリーとなっていたデ・ブライネは、少し弾道が高かったクロスを、うまく体を倒しながら、右足でこすり上げるような形でボレーシュートを放つ。少しループ気味になったシュートには相手GKティム・クルルも成す術なく、ファーサイドのネットに吸い込まれていった。 この試合では、攻勢を緩めないシティがアグエロの5得点もあり、6-1で快勝。デ・ブライネも1ゴール2アシストと圧巻の活躍を見せた。 その後、ジョゼップ・グアルディオラ監督がシティ指揮官に就任した2016-17シーズンからはさらに爆発的な成長を果たしたデ・ブライネ。 今シーズンもチームの中心としての圧倒的な活躍を見せ、ここまでのプレミアリーグで30試合に出場し11得点17アシストという見事な数字を残しており、現代型司令塔の最高峰に君臨している。 2020.07.04 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア3連覇を逃したスターリング、今季三冠に意欲「FA杯とCLがまだ残っている」

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、FAカップとチャンピオンズリーグ(CL)制覇に意欲を燃やしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リーグ3連覇を目指しながらも、史上最強チームとも謳われるリバプールに大きく水を空けられる形で、初のプレミアリーグ優勝を許したシティ。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ペップの下で覚醒したスターリング<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWbWZnS3ZDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2日には第32節で新王者となったリバプールと対戦し4-0で快勝したが、スターリングは重要な試合ではなかったとコメント。名誉挽回のため、今は残るタイトル獲得に集中していることを明かした。 「リバプールにタイトルを奪われるのを見るのは辛いね。だけど、彼らは1年を通して素晴らしかったよ」 「リバプールとの試合はさほど影響のない試合だったが、高い順位でフィニッシュするチャンスだった。残りのプレミアリーグではすべての試合に勝利し、FAカップとCLでも最高の形で終わらせなければならないね」 「できればどちらも決勝まで進みたい。僕たちはプレミアリーグで優勝出来なかったけど、全ての大会でベストを尽くさなければならない。残されているのはFAカップとCLだけだ」 すでにEFLカップを制覇しているシティは、FAカップではベスト4進出、CLでは決勝トーナメント1回戦でレアル・マドリーに先勝している。昨季は史上初の国内三冠を達成したシティ。2年連続の三冠を目指す。 2020.07.04 16:45 Sat
twitterfacebook