ユベントス、若手DFミレンコビッチ獲得に45億提示もプレミア勢と競合か

2018.10.17 20:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスが、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『CorSport』の情報をもとに『カルチョメルカート』が伝えた。

▽セルビアのパルチザン・ベオグラード下部組織出身のミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナに加入。今シーズンはここまでのセリエA全8試合でフル出場を果たしている。また、同選手は195cmの大型DFであり、クラブでは右サイドバック、代表ではセンターバックを務めるポリバレントな選手だ。

▽現在ユベントスのセンターバックはイタリア代表レオナルド・ボヌッチ(31)、元イタリア代表アンドレア・バルザーリ(37)、イタリア代表ジョルジョ・キエッリーニ(34)、モロッコ代表メディ・ベナティア(31)とベテランの域に達した選手が多く、若返りの必要性も指摘されている。

▽記事によると、ユベントスは21歳のミリンコビッチの獲得に興味を示している模様。既に同選手に対し、3500万ユーロ(約45億円)のオファーを提示しているという。

▽一方で、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムからの関心も報じられており、争奪戦になる可能性がありそうだ。




コメント
関連ニュース
thumb

日本代表が初めて感じた世界の壁、ストライカーが認める“9番”ガブリエル・バティストゥータ

遡る事22年前──1998年の6月は日本サッカーが初めて世界を知った1カ月だった。 “ジョホールバル”の歓喜で初めてワールドカップの出場権を獲得した日本代表。プロリーグがスタートしてから初めて実感した世界のサッカーは、次元の違うものだった。 当時から攻撃力に秀でていた南米の雄・アルゼンチン代表がワールドカップ初戦の相手。日本はディフェンシブな布陣で臨んだが、一瞬の隙を突かれてやられた。 前半28分、クリアミスを拾われるとパスを繋がれる。現在はアトレティコ・マドリーで指揮を執るディエゴ・シメオネからの縦パスが入ったところで当時の10番・名波浩がアリエル・オルテガのスルーしたボールに対応できないと、これが絶妙なパスとなってしまい、そのままゴールを許してしまった。 日本代表のワールドカップの歴史に最初に名を刻んだ男。それが、アルゼンチン代表のエース、ガブリエル・バティストゥータだった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆日本を沈めた“バティゴール” </div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Batistuta_20201028_3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> フィオレンティーナでキャリアの全盛期を過ごしていたバティストゥータは、エースとして日本戦に先発出場。FWクラウディオ・ロペス、FWアリエル・オルテガとともに日本ゴールを脅かしていた。 そして日本に少し疲れが見え始めた28分にゴールを奪う。 名波が対応をミスしたボールを受けたバティストゥータは、飛び出してきたGK川口能活の上を通す冷静沈着なチップキックでゴールを決めた。 ゴール前でのこの落ち着きは、今の日本にも必要な要素。意図しないこぼれ球であったが、しっかりと胸トラップでコントロールし、名波のプレッシャー、川口の飛び出しにも冷静に対処した。まさに、ストライカーらしいゴールだった。 <div id="cws_ad">◆日本を沈めた“バティゴール” も!バティストゥータのゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzTmlYUDBZeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ryan.onelink.me/C7cD/1fb76a70&c=sega_20201028_1">バティストゥータ、サネッティ、ベロンが<br />「サカつくRTW」に登場!</a><hr></div><div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆フィレンツェの英雄</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Batistuta_20201028_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 1988年に母国のニューウェルズ・オールドボーイズにてプロデビューを果たしたバティストゥータは、リーベル・プレートを経て加入したボカ・ジュニアーズで才能を一気に開花させる。 ここでの活躍からセリエAの強豪チームの1つであったフィオレンティーナへ加入。ロベルト・バッジョ氏の後釜としての加入だった彼に不信感を抱く者もいたが、デビュー戦となった1991年9月1日のユベントス戦でいきなりゴールを記録。その後も得点を量産し、フィオレンティーナの旗手としてチームを牽引し続けた。 1992-93シーズンにフィオレンティーナがまさかのセリエBに降格した際には、誰もがチームを離れる事を予想したが、バティストゥータはチームに残留。1年でのセリエA復帰に貢献するだけでなく、1994-95シーズンには26ゴールを挙げて得点王も獲得している。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆ローマで日本代表戦士と共に悲願のスクデット</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Batistuta_20201028_5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> しかし、フィオレンティーナでは本人の夢であるスクデット獲得には至らず、その夢を果たすため2000-01シーズンにローマへ電撃移籍。シーズン途中にケガでの離脱がありながら20得点を挙げる活躍を見せ、移籍1年目、そしてイタリア10年目にして祈願のスクデットを獲得した。 このシーズンは、前年の途中にペルージャから加入していた元日本代表MF中田英寿もローマに所属。フランチェスコ・トッティとのポジション争いもある中で、中田もスクデット獲得に貢献。1998年のフランスW杯で敵として黒星をつけた男と、2年後にはチームメイトになっていたのだから、中田の凄さも計り知れないところだ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">◆ストライカーから認められる “ストライカー”</div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Batistuta_20201028_4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> その後もローマでプレーしたバティストゥータだが、2002-03シーズン途中、ローマにて出場機会を失いつつあった彼はインテルへレンタル移籍。母国の後輩であり、ケガで離脱していたFWエルナン・クレスポの穴埋めと期待されたが、12試合で2ゴールと期待された結果を残せず。翌シーズンにはカタールのアル・アラビへと完全移籍。2005年3月に現役を退いた。 アルゼンチンに収まらず、1990年代最高のストライカーの1人であったバティストゥータだが、その姿は現代で活躍するストライカーたちの目にも焼き付いている。 ウルグアイが誇る現代屈指のストライカーであるFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)は、バティストゥータの同胞フアン・パブロ・ソリンとのインタビューでその強烈な憧れを明かしている。 「子供の頃からアイドルだったということを伝えたい。あなたは私が今まで見たサッカー選手の中で最も偉大な存在だった。子供の頃から真似してみたけど、だからこそ憧れてしまう。あなたは私にとってアイドルです」 さらには、ウルグアイ代表でスアレスの相棒であるFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)もバティストゥータに憧れを抱いた1人だ。 「昔から憧れているストライカーを1人選ばなければならないのなら、バティストゥータを選ぶよ。フィオレンティーナの9番を背負った彼は最強だった。9番は特別な数字で得点を挙げる人間を表す。よく似合っていた」 破壊的な右足とヘディングに高い決定力を備え、どこからでもゴールを貪欲に狙う姿勢。最もゴールにこだわり、ゴールを決めてきたバティストゥータこそ、"9番”の象徴であり、“ストライカー”の神髄と呼べる存在だった。 <div style="text-align:left;" id="cws_ad"><hr>日本代表を沈める“バティゴール”を決めた1990年代最高のストライカーの一人であるバティストゥータが、大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br /><br />さらに日本戦にもフル出場していたMFフアン・セバスティアン・ベロンとDFハビエル・サネッティも同時に登場している。『サカつくRTW』で“バティゴール”を観たい方は是非一度チェックしよう。</div><hr> 2020.10.28 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラギがフィオレンティーナと2024年まで契約延長

フィオレンティーナは27日、イタリア代表DFクリスティアーノ・ビラギ(28)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 左サイドバック兼左サイドハーフのビラギは、2017年夏にペスカーラからレンタルでフィオレンティーナに加入。翌年に完全移籍へと切り替わり、昨季はレンタルでインテルに移籍し、公式戦37試合に出場して3ゴール7アシストと準主力として活躍した。フィオレンティーナに復帰した今季は開幕からセリエA全5試合に先発し、1ゴール3アシストと活躍している。 フィオレンティーナと契約延長したビラギは「昨季が終わる前にフィオレンティーナから連絡があり、彼らの熱意を受けてフィレンツェに戻りたいと思った。今後4年間、クラブと共にうまくやっていきたいと思っている」とコメントしている。 2020.10.28 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

デビュー戦で一発退場のキエーザが1試合の出場停止処分

セリエAの懲戒委員会は20日、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに対し、1試合の出場停止処分を科した。 今夏にユベントスへ加入したキエーザは、17日に行われたセリエA第4節のクロトーネ戦でユベントスデビュー。21分にはモラタの同点ゴールをアシストするなど攻撃を牽引したが、60分にチガリーニに対してスパイクの裏を見せた危険なタックルを見舞い、一発退場を食らっていた。 今回の決定を受けて、キエーザは25日に行われるセリエA第5節のヴェローナ戦には出場することが出来なくなった。 長年フィオレンティーナのエースに君臨していたキエーザは、14日に買い取り義務付きの2年レンタルでユベントスに加入。キエーザの買い取りには、最大総額5000万ユーロ(約62億3000万円)の移籍金が設定されている。 2020.10.21 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのサッリ、新天地はフィオレンティーナ?

マウリツィオ・サッリ(61)氏の再就職先が固まったようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 昨夏にチェルシーを去り、2022年夏までの契約でユベントスの監督に就任したサッリはセリエA9連覇を達成。しかし、クラブがタイトルを切望するチャンピオンズリーグ(CL)制覇に導けず、リヨンに屈してベスト16で敗退すると、その翌日に解任された。 わずか1シーズンでユベントスから志半ば追い出され、フリーの状況が続くサッリ氏だが、新たにフィオレンティーナを率いる可能性があるという。 フィオレンティーナは昨年12月にジュゼッペ・イアキーニ監督を招へい。しかし、今季はここまでセリエA開幕から1勝1分け2敗の12位。開幕戦のトリノ戦こそ勝利したが、第2節のインテル戦を皮切りにここ3試合で白星から遠ざかっている。 2020.10.20 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表MFボナベントゥーラが息子誕生のため代表離脱

イタリアサッカー連盟(FIGC)は、フィオレンティーナのMFジャコモ・ボナベントゥーラがイタリア代表を離脱することを発表した。 11日にポーランドとのUEFAネーションズリーグ2020-21を控えているイタリア代表。そのチームからボナベントゥーラが離脱。理由は息子の誕生とのことだ。 FIGCによると、ボナベントゥーラの息子・エドアルドが誕生するため、イタリアへと戻ったとのこと。イタリア代表は「FIGC、そして代表チームのすべてのチームメイトとスタッフから、ボナベントゥーラファミリーを祝福します」と声明を発表した。 今シーズン、ミランからフィオレンティーナへと完全移籍したボナヴェントゥーラ。セリエAではここまで3試合に出場し1アシストを記録。イタリア代表としても、7日に行われたモルドバ代表との親善試合で67分間プレーしていた。 2020.10.11 22:43 Sun
twitterfacebook