守備に脚光! G大阪MF今野泰幸、松本DF飯田真輝が月間MVPを初受賞《Mastercard月間MVP》2018.10.17 19:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽Jリーグは10月17日、9月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1からはガンバ大阪のMF今野泰幸、J2からは松本山雅FCのDF飯田真輝を選出した。両選手とも初受賞となる。▽今野は9月のリーグ戦全4試合に出場し全勝に貢献。その間、チームトップのタックル数、こぼれ球奪取数を記録し、残留に向けてクラブを押し上げた。今野のコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。

◆MF今野泰幸(ガンバ大阪)
「まさかまさかの受賞で非常に驚いています。こういった賞には縁のない選手だと思っていたので、涙が出そうなくらい本当に嬉しいです。
今回の受賞は、チームメイトやスタッフ、サポーターの皆様のおかげだと思います。まだまだチームは残留争いに巻き込まれているので、これからも一日一日を大切にして、またこういう賞をもらえるように、そしてチームが勝って、少しでも上位に行けるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いいたします」

◆Jリーグ選考委員会による総評
「9月1日の川崎F戦で戦線復帰して以降、9月度のリーグ戦は4戦全勝。一時は降格圏まで順位を落としながらも、今野の復帰を機にチームは上り調子に。相手の攻撃の芽を摘む素早い寄せと判断力でボールを奪い、味方のチャンスを増やしていくプレーで、攻守に安定感をもたらした。ゴールやアシストといったデータには表れないが、ベテランの確かな存在感とチームへの貢献に票が集まり、自身初のMVP受賞となった」

▽また、飯田は9月の全5試合にフル出場。最終ラインからチームを支えているだけでなく、9月30日のモンテディオ山形戦ではセットプレーから得点も記録した。飯田のコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。

◆DF飯田真輝(松本山雅FC)
「受賞を聞いてたぶん誰よりも自分が驚いています。選考理由を見ても1番はチーム状況からだと思います。その中でも自分のことを評価してもらえたのは光栄です。今回の受賞は今年のJ2の多くのチームに昇格のチャンスがある状況と似たものがあると思います。11月のMVPは昇格を決めた松本山雅のFWが受賞することを期待してこれからもチームのために闘っていきたいと思います」

◆Jリーグ選考委員会による総評
「最終ラインからチームを支え続けるベテランDFが月間MVPに初選出。累積での出場停止を除いて、開幕戦から全試合にフル出場し、そのリーダーシップと経験でチームを鼓舞した。9月はなかなか勝ちきれない試合が続き首位を明け渡しながらも、2勝3分けと負けなしでチームの上位キープに貢献。守備面だけでなく、攻撃においてもセットプレーで強さを発揮し、9月30日の山形戦でコーナーキックから得点を記録。優勝争いを続けているチームになくてはならない活躍に注目が集まり、今回の受賞に至った」
コメント
関連ニュース
thumb

遠藤保仁がJリーグ22年連続ゴールの大記録

ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁(39)がJリーグ歴代最長記録となる22年連続ゴールの大偉業を成し遂げた。 G大阪は20日、ホームで行われた明治安田生命J1リーグ第8節で大分トリニータと激突。開幕から全試合で先発出場を続ける遠藤は1点ビハインドの71分、バイタルエリア中央でクリアボールに反応して右足ダイレクトでシュートを放つと、DF鈴木義宜に当たったボールがGKの逆を突いてゴールマウスに決まった。 鹿児島実業高校出身の遠藤は、1998年の横浜フリューゲルス入団後、1999年の京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)移籍を経て、2001年からG大阪でプレー。G大阪がJ2リーグを戦った2013年以外は、全てJ1リーグでの得点となる。 なお、今年が30代ラストシーズンの遠藤は現在、フィールドプレーヤー最多のJ1リーグ通算610試合に出場。あと21試合に出場すれば、昨年限りで現役を引退した元日本代表GKの楢崎正剛氏が持つ最多出場記録(631試合)に並ぶ。 2019.04.20 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎FのFW知念慶が2月に入籍 現在J1で4試合連続ゴール中

川崎フロンターレは20日、FW知念慶が2月27日に入籍していたことを発表した。 知念は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではありますが、2月に入籍いたしました。より一層、サッカーにも責任感を持って取り組んでいきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 知念は2017年に愛知学院大学から川崎Fに入団。今シーズンは公式戦11試合に出場し、明治安田生命J1リーグでは現在、4試合連続ゴール中と絶好調だ。 2019.04.20 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

逆境にめげずのG大阪がヤット弾で連敗ストップ! 後半失速の大分は連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節が20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs大分トリニータは1-1のドローに終わった。 3連敗中のG大阪は3バックを初使用。先発メンバーにおいても、負傷欠場の藤春やファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬に代わり、菅沼や渡邉、田中、藤本淳吾を抜擢した。2連勝中の大分は、三平と星に代えて、高山とオナイウ阿道をスタメン起用した。 互いに立ち上がりから探り合いの様相を呈した試合は、大分がボールの主導権を握り、G大阪が守備に重きを置く構図に。そのなかで、21分、シーズン初先発だった渡邉が相手との交錯により、ファン・ウィジョとの負傷交代を余儀なくされてしまう。 そのわずか4分後、G大阪に不運が重なる。松本が右サイドからゴール前に上げたクロスをGK東口が弾き出すと、オナイウ阿道の左肩付近にディフレクトしたボールがゴールマウスへ。左腕に当たったようにも見えたが、G大阪陣営の猛抗議も実らず、大分が先制する。 ラッキーな形だが、オナイウ阿道の2試合連続ゴールで先制点を奪い取り、より勢いづく大分。その攻撃を凌ぎながら反撃に出たG大阪だったが、相手の勢いを削ぐようなボール回しにもリズムを狂わされ、アタッキングサードでシュートの形もままならない。 追うG大阪はハーフタイム明け、移籍後初先発だった田中を下げてアデミウソンを送り込み、布陣も従来の4バックに。前半と打って変わり、入りからアグレッシブな入りをみせると、59分に小野瀬も送り出して、より大分を守備に走らせる展開に持ち込む。 波状攻撃を転じるG大阪はファン・ウィジョのシュートが右ポストに嫌われる不運もあったが、71分にバイタルエリア中央でクリアボールに反応した遠藤が右足シュート。鈴木に当たったボールがGKの逆を突き、ゴールマウスに吸い込まれ、G大阪が遂に追いつく。 遠藤にシーズン初ゴールを許した大分は76分、オナイウ阿道を下げて後藤を投入。この交代策後、相手のプレッシャーが弱まったことでリズムを取り戻し始め、83分にボックス中央の後藤がヘディングシュートで勝ち越しゴールを狙うが、枠の上に外れてしまう。 その後、残る交代カードで三竿と小手川を送り出した大分が上位を追走すべく勝ち点3を目指したが、後半に意地をみせたG大阪が凌ぎ切り、連敗を「3」でストップ。大分は連勝が「2」で止まった。 2019.04.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

北川の3戦連発で清水が今季初の無失点で連勝飾る! C大阪は1点遠く連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が20日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。 連勝を目指す16位・清水(勝ち点5)は、2-1で勝利してリーグ戦初白星を手にした前節のジュビロ磐田との静岡ダービーからスタメンを1人変更。中村に代えて河井を起用した。 3試合ぶりの勝利を目指す13位・C大阪(勝ち点7)は、0-1で敗れた北海道コンサドーレ札幌戦から2名変更。片山、都倉に代わり山下、ブルーノ・メンデスが先発に名を連ねた。 試合はC大阪が先にチャンスを作る。14分、敵陣中央右寄りの位置で柿谷が倒されてFKを獲得。ソウザが右足を振り抜き狙ったが、わずかにゴール右に外れた。 さらに攻めるC大阪は19分、右CKの場面で丸橋のショートコーナーから柿谷がボールを受けると、バイタルエリア右のスペースへパス。走り込んできたソウザがワンタッチでボックス内に侵攻してシュートを放つ。DFに当たりディフレクトしたボールは縦回転で枠を捉えたが、GK六反に掻き出された。 ここまで守勢だった清水は39分に反撃。北川のスルーパスに反応した鄭大世がボックス左に抜け出してシュートを放つ。しかし、GKキム・ジンヒョンの好守に遭う。 後半、C大阪に決定機。52分、左CKを獲得すると、清武がインスイングのボールを送る。ボックス左でクリアボールを拾った柿谷のシュートがゴール前で混戦になり、こぼれ球を拾ったマテイ・ヨニッチがタイミングを外してゴールを狙ったが、GK六反にキャッチされた。 その後はこう着状態が続いた中、C大阪は82分に敵陣中央でFKを獲得する。これをソウザが強烈な右足で相手ゴールを強襲するも、GK六反がセーブ。こぼれ球に反応した柿谷がボックス右からクロスを送ったが、これもGK六反に防がれた。 この直後、清水が高速カウンターを炸裂させる。GK六反が前線にフィードを送ると、敵陣中央右サイドに走り込んでいたエウシーニョが、飛び出してきたGKキム・ジンヒョンの位置を見て、ロングシュートを放つ。このボールはボックス左に流れたが、角度のないところから北川がシュートを放ち、ポスト右に当たってゴールに吸い込まれた。 試合終盤に先制した清水がこのまま逃げ切り、1-0で試合終了。ホーム初白星を飾った清水が今シーズン初の連勝を飾った。敗れたC大阪は決め手を欠き連敗で3試合未勝利となった。 2019.04.20 17:34 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース