スペイン戦2発スターリングにレアル・マドリー本腰か

2018.10.17 13:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『デイリー・メール』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)に対する関心を深めていると報じた。

▽2015年夏にリバプールからシティに加入したスターリング。その当時からスターリングに興味を抱くレアル・マドリーは、15日のスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げる活躍ぶりを受け、さらに獲得意欲を強めた模様だ。

▽その渦中にいるスターリングは、2020年に満了となる契約の延長交渉が続いているが、依然として合意に至っていない。この状況で年末を迎えれば、1億ポンド(約148億円)とされるスターリングの市場価値の下落が見込まれるという。

▽そうなれば、レアル・マドリーにとっても、スターリングはより手の出しやすい買い物に。シティとしても手放さざるを得なくなるのであれば、現金に還元できるタイミングで売却したいはずだが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

またしてもPK成功で勝利に導いたセルヒオ・ラモス「唯一考えていることは3ポイント」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦の結果を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 5日に敵地でビルバオと対峙したマドリー。試合は長らくこう着状態が続いたが、DFマルセロが獲得したPKのチャンスをS・ラモスがゴール右隅に決めてみせ、1-0で勝利した。 再開後、7戦5発とセンターバックながら二桁得点に到達したS・ラモス。試合後のインタビューに応じると、以下のように述べている。 「3ポイントは非常に重要だ。僕たちに残っているリーグ戦の試合で最も重要な試合の1つだとわかっていた。ビルバオはいつも物事を複雑にさせる敵だ」 「再開後、試合は11試合残っていた。試合ごとに3ポイントを獲得するために着実に進まなければいけなかった」 「僕たちはまた、チームとして準備をして、こういった対戦相手に対して素晴らしいフィジカルレベルを示した。幸いにもリーグ戦は自分たち次第だ。優勝したいと思っている。最初の1分から、試合に勝ちに行くという姿勢を見せたが、全試合を3-0で勝つことはできない。これは決勝戦だった」 今シーズン全PKを成功させているS・ラモスは「PKを蹴るときに唯一考えていることは3ポイントだ。不安と緊張が来た瞬間に心地よく感じる。僕が引き受けるのが正しいと思う。責任と結果がそこにはあるからだ。チームを助けるなら、何回でも喜んでやる」とPK時の心境を語った。 2020.07.06 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

再開後7連勝達成のジダン監督「守備力こそ我々の強さ」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、5日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ビルバオのホームに乗り込んだマドリーは苦戦を強いられるも、DFマルセロが72分にPKを獲得。これをDFセルヒオ・ラモスが冷静にゴール右隅へ決めてみせ、1-0の辛勝を収めた。 7連勝を達成したジダン監督は試合後、攻撃面での課題を口にした一方で、4試合連続でクリーンシートを達成したその守備力を絶賛した。 「それが我々の強さ。それが全てだ。我々が示しているのは、強さとバランスだ。ボールを失った時は全員で守っている。最近はとても上手くやれている」 「プレーに関して、我々は少し攻撃面でクオリティーを欠いているが、改善できる。それをやろうとしている。最も大事なのは、今日も再証明した守備力だ」 「我々がしなければいけないことは、我々がしていることについて考えることだ。リーグ優勝は最終的に決まるものだから、外野の話は聞かない。残っている試合に集中している」 「現時点では7戦で7勝しているから選手たちがやっていることを祝福する必要がある。だが、何も勝ち取っていない」 2020.07.06 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスが今季10点目のPK弾、レアルが5度目の無失点で再開後7連勝!《ラ・リーガ》

5日、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオvsレアル・マドリーが行われ、0-1でマドリーが勝利。7連勝を飾った。 2連勝で上位フィニッシュへ勝ち点を重ねる8位のビルバオ(勝ち点48)と、再開後6連勝で首位を走るマドリー(勝ち点74)の一戦。ビルバオは、1日のバレンシア戦(0-2で勝利)から中3日、マドリーは、2日のヘタフェ戦(1-0で勝利)から中2日で迎えたデーゲームとなった。 マドリーはヴァランやアザール、ハメス・ロドリゲスらがメンバー外に。ケガから復活したマルコ・アセンシオが今季初先発となった。 マドリーは3分に決定機。アセンシオが直接FKで狙うと、GKウナイ・シモンがセーブ。こぼれ球をカルバハルが折り返すと、フリーのベンゼマがヘディングで狙うも、ボールが高くうまくミートできない。 22分には左に大きく展開すると、アセンシオのクロスに走り込んだロドリゴがヘッド。しかし、これはわずかに枠を越えていく。 互いに前節からの期間が短い上にデーゲームということもあり、徐々にペースダウン。前半はゆったりとしたボール回しから、チャンスを生かそうとする。 マドリーは前半アディショナルタイム、ドリブルで持ち出したアセンシオのクロスにベンゼマが飛び込むが、わずかに当たりが薄くヘディングシュートは枠を外れていく。 ゴールレスで前半を終えた両者。交代を行わずに後半戦に臨む。マドリーは54分、CKの流れからマルセロが持ち出すと、最後はベンゼマのクロスをDFがブロック。そこからビルバオがカウンターを仕掛けると、アーリークロスにイニャキ・ウィリアムズが合わせようとするも、GKクルトワがその前に抑える。 互いに攻勢を強めていく中、71分にマドリーがPKを獲得。マルセロがドリブルでボックス内に侵入すると、ダニ・ガルシアがチャージ。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果PKの判定となる。このPKをセルヒオ・ラモスが左隅にしっかりと沈め、マドリーが先制。セルヒオ・ラモスはこのゴールでシーズン二桁ゴールとなった。 先制を許したビルバオは、サンセ、ビジャリブレを投入。攻勢を強めるも、マドリーがしっかりと守り無失点。終盤にかけてはカードが連発されたが、0-1で勝利し7連勝を達成した。 2020.07.05 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

過去にセレソンやマドリー率いたルシェンブルゴ監督がコロナ感染…無症状で健康状態に問題なし

パルメイラスを率いるヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督(68)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを明かした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 現在、ブラジルでは感染者150万人以上、死者数が6万人以上とコロナウイルスの被害が深刻化し、サッカー界でも多くの感染者が確認されている。 そういった中、過去にブラジル代表やレアル・マドリーに加え、ブラジル国内の多くの名門クラブの指揮官を歴任してきたルシェンブルゴ監督が、自身の公式『インスタグラム』を通じてコロナウイルス感染を明かした。 ただ、ルシェンブルゴ監督の説明によると、今回の感染は無症状での感染であり、健康状態に問題はないという。そして、現在は自宅での隔離生活を送っている。 なお、パルメイラスは6月23日にトレーニングを再開しているが、現時点で公式戦再開の目途は経っていない。 2020.07.05 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

難所サン・マメスで苦戦覚悟も、ジダンは現状に自信「正しい道のりを進んでいる」

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、アスレティック・ビルバオとのアウェイゲームに向けた意気込みを語っている。クラブ公式サイトが前日会見のコメントを伝えている。 前節、ヘタフェとの自治州ダービーに競り勝って3年ぶりの優勝に向けて突き進む首位のマドリー(勝ち点74)。同節で3位のアトレティコ・マドリーと引き分けた2位のバルセロナ(勝ち点70)との勝ち点差は「4」に広がり、悲願達成に更なる追い風が吹いている。 再開後6連勝と抜群の安定感を誇るフランス人指揮官率いるチームは5日、7連勝を目指し、難所サン・マメスで行われるラ・リーガ第34節で8位のビルバオと対峙する。 リーグ再開後のすべての試合を“決勝戦”と評するフランス人指揮官は、「もう一つの非常に難しい試合」と、アスレティック相手のアウェイゲームに向け、苦戦を覚悟している。 「もう一つの非常に難しい試合。サン・マメスは全てのチームにとって難しいピッチで、我々はそれをよく理解している。素晴らしい試合をしなければならないが、その準備はできている」 「残り試合は少なくなっていて、3日ごとに試合があり、疲労回復やフィジカル、トレーニングでやっていることなど、あらゆる部分で高い集中力が必要だ。そして、最終的に大事なのはディテールだ」 「我々の状態は良く、プレーヤーたちと個々の練習を楽しんでいる。難しい試合になることは覚悟しているし、全てのエネルギーは明日の試合のためのものだ」 「ラ・リーガは非常にハードで、最後までそうなる。我々は正しい道のりを進んでいるが、まだ何も終わっていない。我々の前には5試合があり、これまで通りのことを継続していくつもりだ」 また、この一戦に向けては前節に続きベルギー代表MFエデン・アザール、ヘタフェ戦で負傷交代したフランス代表DFラファエル・ヴァランと主力2選手が招集外となっている。だが、ジダン監督は両選手をメンバー外としてのは、あくまで予防的な措置であることを強調している。 「アザールはここ数日間、違和感を訴えている。我々はリスクを冒すことを望んでおらず、彼自身もそう考えている。それが深刻なものではなく、リーグ終了前に再び彼のプレー見られることを願っているよ。早く戻ってきて欲しい。強い打撲を負ったことは確かだが、それ以上のことは私にはわからない」 「ヴァランは予防策として今回はプレーしないが、状態はだいぶ良くなっている。私としては彼に関してもリスクも冒したくない。これまで多くの試合でプレーしており、ここで少し休むのは悪いことではない」 さらに、ヴァランの欠場を受けて、DFセルヒオ・ラモスの相棒を務めるブラジル代表DFエデル・ミリトンに関しては、クオリティ不足を指摘する声が多く挙がっているが、ジダン監督は本領発揮まで長い目で見る必要があると、同選手への信頼を口にしている。 「彼は今年来たばかりで、ラモスとヴァランのレベルにたどり着くためにや努力を続けている。しっかりとトレーニングをしており、良い仕事をしたいという気持ちもある。したがって、明日は彼がプレーする番だ。個人的には彼に満足している。彼は現在、そして未来のためのプレーヤーなのだからね」 2020.07.05 15:22 Sun
twitterfacebook