バルサ戦負傷のゲデス、ポルトガル代表離脱…ベンフィカのラファ・シウバを追加招集《UEFAネーションズリーグ》2018.10.09 14:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は8日、バレンシアに所属するFWゴンサロ・ゲデスが負傷により、同国代表を辞退することを発表した。また、ベンフィカに所属するMFラファ・シウバを追加招集することも併せて伝えている。▽ゲデスは7日、リーガエスパニョーラ第8節のバルセロナ戦に先発出場。しかし、開始11分で負傷交代していた。バレンシアは8日に診断した結果、左足の内転筋を負傷したことを発表している。

▽ポルトガル代表は11日にUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3の2戦目でポーランド代表と対戦。14日にはスコットランド代表との国際親善試合を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーロに続く優勝を喜ぶC・ロナウド「とても重要なトロフィー」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、UEFAネーションズリーグ(UNL)優勝を喜んだ。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ポルトガル代表は9日、UNL決勝でオランダ代表と対戦。ゴンサロ・ゲデスのゴールを守り切り、1-0で勝利し、UNLの初代王者に輝いた。 5日に行われた準決勝のスイス代表戦ではハットトリックを記録したC・ロナウド。キャプテンとして今大会に臨むと、2016年のユーロに続いて大陸王者に輝くこととなった。 C・ロナウドは「僕はとても幸せだ」と試合後にコメント。チームにとって大事なトロフィーであり、この先への希望も語った。 「これはポルトガルと、ポルトガル代表にとって、とても重要なトロフィーだ」 「2016年以来、ポルトガルは歴史を変え、再びトロフィーを獲得した。この試合の目的は勝つこと。そしてうまくプレーすることだった」 「きっとこのチームはさらに良くなり、若い選手たちはもっとプレーするだろう」 2019.06.10 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ゲデス弾でオランダを下したポルトガルが初代王者に輝く! 連覇の懸かるユーロ2020の出場権も獲得!!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ決勝戦のポルトガル代表vsオランダ代表が9日に行われ、1-0でポルトガルが勝利。この結果、ポルトガルがUEFAネーションズリーグ初代王者に輝いた。 準決勝のスイス代表戦をクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックで完勝したポルトガルは、その試合から先発を3人変更。肩甲骨の負傷したペペや新星フェリックス、ネヴェスに代えてゴンサロ・ゲデス、ダニーロ、フォンテが先発。スイス戦の[4-4-2]の布陣から、3トップにゴンサロ・ゲデス、C・ロナウド、ベルナルド・シウバを並べた[4-3-3]にシステムを変更した。 一方、準決勝のイングランド代表戦を120分の激闘の末に勝利したオランダは、その試合と同じ先発メンバーを採用。3トップに右からベルフワイン、デパイ、バベルを並べた[4-3-3]のシステムで試合に臨んだ。 決勝戦らしく一進一退の攻防戦が展開される中、ポルトガル12分にショートコーナーの流れからボールを受けたブルーノ・フェルナンデスが左足を振り抜いたが、このシュートはGKシレッセンが正面でキャッチ。 ポルトガルは28分にも、右サイドで獲得したFKからフォンテがヘディングシュート。さらに31分にも、ショートコーナーを受けたラファエウ・ゲレイロの左クロスをC・ロナウドがヘディングシュートを放ったが、共にGKシレッセンのセーブに防がれた。 ハーフタイムにかけてもポルトガルがゴールに迫る流れが続いたが、ゴールネットは揺らせず。前半はゴールレスで終了した。 前半を枠内シュート0本で終えたオランダは、後半頭からバベルを下げてプロメスを投入。すると50分、相手のバックパスを中盤でカットしたデパイのスルーパスに抜け出したワイナルドゥムが決定機を迎えたが、これはオフサイドの判定となる。 対するポルトガルは、60分に決定機。ラファエウ・ゲレイロのパスをゲデスがスルーすると、裏で受けたベルナルド・シウバがボックス左か侵入。マイナスの折り返しをペナルティアーク内に走り込んだゲデスがが右足を一閃。低い弾道のシュートがゴール右隅を捉えると、GKシレッセンがうまく弾き切れず、ボールはゴールネットに吸い込まれた。 先制を許したオランダは65分、ファン・デ・ベークの右クロスをゴール前のデパイがヘディングシュート。しかし、これはGKパトリシオのファインセーブに阻まれた。さらに83分、左CKのクリアボールを再び拾ったブリントのクロスからL・デ・ヨングが頭で合わせたが、これは枠の右に外れた。 結局、試合はこのまま1-0で終了。ゴンサロ・ゲデス弾でオランダを下したポルトガルが、初代UEFAネーションズリーグ王者に輝いた。なお、優勝したポルトガルは、2020年6月に開催するユーロ2020の出場権を獲得した。 2019.06.10 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

これぞスター! C・ロナウドが一人の少年のために見せたサービスが素敵

クリスティアーノ・ロナウドのスター性はピッチの中だけに留まらない。 現在、ポルトガル代表としてUEFAネイションズリーグに臨んでいるC・ロナウドは、5日に行われた準決勝のスイス代表戦でハットトリックを決めて決勝進出に導いた。 9日に控えるオランダ代表との決勝に向けた練習を終え、ポルトガル代表一行はバスで練習場を後に。その際、いわゆる出待ちをしているファンの中に「クリスティアーノ、僕にハグして」と書かれた紙を持った少年が立っていた。 すると、バスを止めさせたC・ロナウドはその少年を中に招いて抱擁とともに写真をパシャリ。特別とも言えるファンサービスを進んで快くしたのだ。 イタリア『スカイ』によると、実はこの11歳の少年は1歳の頃から白血病を患っているようだ。もちろんC・ロナウドにそれを知る由もなく、純粋に親切な気持ちが一人の少年を幸せにしたのだ。 そして、そんな光景を見て、代表の選手たちはにこやかな表情を浮かべていたという。 2019.06.09 16:48 Sun
twitterfacebook
thumb

衰退微塵もなきCR7、その秘訣って?

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが衰え知らずの活躍を続ける秘訣を語った。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 今年2月に34歳の誕生日を迎えたC・ロナウド。一般的に衰えが目立ってくる年齢だが、それを微塵も感じさせないパフォーマンスで、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともにフットボール界のアイコンであり続けており、その存在感は今も絶対的だ。 そのC・ロナウドは5日、UEFAネーションズリーグ(UNL)準決勝のスイス代表戦(3-1でポルトガルが勝利)でキャリア通算53回目のハットトリックを記録。代表通算得点数を88ゴールに伸ばして、自身がトップに立つ欧州出身選手の代表歴代最多得点数をさらに更新した。 マシーンぶりが謙虚なC・ロナウドは、欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイト『UEFA.com』の独占インタビューのなかで、成功を続ける秘訣について問われると、次のようにコメントした。 「(秘訣は)準備だよ。僕の努力は論理的さ。もう34歳だけど、まだまだ良いフィーリングだ」 「なかでも、思考が最も大事になってくる。モチベーションとハッピーな気持ち、そして、いち選手として自分の道を突き進むことさ」 「なぜなら、僕にはまだまだすべきことがある。すごく良い気分だよ」 2019.06.09 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン&ポルトガルが2030年W杯開催国に立候補! 共催に向け連携を開始

スペインサッカー連盟(RFEF)とポルトガルサッカー連盟(FPF)は8日、2030年のFIFAワールドカップ(W杯)の共催に向けて公式な申請を行うプロセスを開始したことを発表した。 今後、両サッカー連盟はスペイン、ポルトガル政府とも連携しながら公式申請に向けて段階的に協議を進めていくことになる。 なお、スペインは1982年W杯を単独開催しているが、ポルトガルはユーロ2004を単独開催しているものの、W杯の開催国となったことは一度もない。 スペインとポルトガルの共催に先駆けてすでに申請が出されているのは、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、チリの南米4カ国による共催案。ルーマニア、ギリシャ、セルビア、ブルガリアのヨーロッパ4カ国による共催案。一時スペイン、ポルトガルとの共催の可能性も報じられていたモロッコによる単独開催案の3つだ。 また、公式な申請は行われていないものの、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドによるグレートブリテン共催案も出ているようだ。 2019.06.08 21:49 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース