ジャンが“僕らは女じゃない”発言を詫びる2018.09.22 09:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャンが女性軽視発言を詫びた。▽ユベントスは、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節でバレンシアと対戦。この試合に先発したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、コロンビア代表DFジェイソン・ムリージョの髪を引っ張る暴力行為の疑いがかけられ、レッドカードで一発退場を強いられた。

▽そうした中、試合後も判定に納得のいかないチームメイトのジャンはフラッシュインタビューで、主審を務めたドイツ人のフェリクス・ブリッヒ氏に対して苦言。…のはずだったが、「僕らは女じゃない。フットボールをしているんだ」と発言したことで、女性を軽視するものとして、周囲から多くの批判が集中している。

▽渦中のジャンは21日、自身のツイッター(@emrecan_)に謝罪文を掲載。
「誤解を解きたい。あのコメントは、女性や、女子サッカーを蔑視したり、男女平等を貶めるものじゃなく、チームメイトを襲った試合の行方に影響を及ぼしかねない間違った判定に対するものだった」と綴り、謝罪した。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ就任会見に臨んだサッリ監督「ロナウドは私を一つ上のステップに導いてくれる」

ユベントスの指揮官に就任したマウリツィオ・サッリ監督が20日、記者会見に臨んだ。 ナポリで結果を残し、チェルシーでヨーロッパリーグ優勝、プレミアリーグ3位に導くなど一定の結果を残した中、1年でのイタリア帰還となるサッリ監督はユベントスの指揮官就任について次のように語った。 「プレミアリーグは素晴らしい経験となったが、シーズン終盤にイタリアに戻る必要性を感じた。そんな中、ユベントスがその機会を与えてくれた。ユベントスからオファーをもらった時、難しい仕事になるとも思ったが、私のためにユベントスの幹部たちが熱心に誘ってくれたことで決意できた」 また、FWクリスティアーノ・ロナウドについては以下のように述べている。 「私はこれまで多くの素晴らしい選手たちを指導してきた。だが、世界最高の選手であるロナウドは私を一つ上のステップに導いてくれる存在になると思う。一方で私も彼の手助けになれるよう貢献できればと思っている。ゴール前の仕事は才能による所が大きい。ロナウドにはその才能がある。私はその才能を発揮させやすい環境を作らなければならないと思っている」 2019.06.21 02:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバの希望はレアル移籍よりユーベ復帰

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)がユベントス復帰を希望しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏、レアル・マドリーや、ユベントスの関心報道が取り巻くポグバ。16日の来日時に出席したイベント先で「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジすべき」との意向を明かしたことで、より退団の憶測が熱を帯びている。 そのポグバの望みは、以前から取り沙汰されてきたレアル・マドリー行きでなく、ユベントスへの帰還。ポグバの連れ戻しに熱心なユベントスはユナイテッドに接触する前に、選手の賃金要求をクリアする解決策を探っている状況だという。 ユナイテッドはポグバを手放すとなれば、移籍金として1億5000万ポンド(約204億7000万円)を要求する姿勢だが、現時点で放出の意思なし。ただ、ポグバに契約延長に応じる可能性は低く、放出に動くプランもある模様だ。 なお、ポグバの残る現行契約は、2年+1年の延長オプション。去就はいかに…。 2019.06.20 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ユーベからU-21イタリア代表FWオルソリーニの買い取りを発表

ボローニャは19日、ユベントスのU-21イタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば買い取り額は1500万ユーロ(約18億2000万円)とのことだ。 2017年1月にアスコリからユベントスに加入した右ウインガーのレフティーは昨夏、ボローニャに買い取りOP付きのレンタルで加入。そのボローニャでは今季、セリエAで35試合に出場し、8ゴール5アシストと活躍していた。 また、U-21イタリア代表では現在行われているU-21欧州選手権にも出場している。 2019.06.20 06:26 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、サッスオーロの21歳トルコ代表DFデミレルを約18億円で獲得へ

ユベントスはサッスオーロのトルコ代表DFメリヒ・デミラル(21)の獲得に迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 フェネルバフチェの下部組織出身で2017年にスポルティング・リスボンに完全移籍した192cmの長身センターバックであるデミラルは、アランヤスポルで頭角を現し、今年1月にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加入した。そのサッスオーロではレギュラーポジションを掴み、セリエAで14試合に出場し2ゴールを挙げ、評価を高めていた。 また、2018年11月にデビューしたトルコ代表ではこれまで6試合に出場している。 700万ユーロの移籍金でサッスオーロに加入したデミラルに対し、同メディアによるとユベントスは1500万ユーロ(約18憶2000万円)の移籍金を支払うとのことだ。 2019.06.20 04:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ラムジーに続きラビオもフリーで獲得へ!

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)との合意に至ったようだ。スペイン『El Chiringuito TV』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今夏の移籍が決定的となっているラビオ。当初はバルセロナ行きが濃厚と思われていたが、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の獲得もあり消滅した。 最近の報道では、ラビオ争奪戦はマンチェスター・ユナイテッドとユベントスの一騎打ちだと見られていた。そうした中で同選手は先日に、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」とイタリア王者との交渉を認めていた。 そして、今回伝えられるところによると、サラリー面では、年俸700万ユーロ(約8億4000万円)に1000万ユーロのサイン料(約12億1000万円)。さらに2024年までの5年契約で合意に至ったようだ。 なお、ユベントスは来シーズンに向けてアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の獲得に成功。フリーでの補強は2人目となる。 2019.06.18 22:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース