カゼミロのバロンドール推しはモドリッチでなく…? 2018.09.21 14:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、バロンドールに元チームメイトを推している。スペイン『マルカ』が伝えた。▽2008年から昨年までの10年間、バロンドールはユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが独占している。しかし、今年はロシア・ワールドカップ(W杯)で最優秀選手に輝いたマドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの受賞を求める声も大きい。

▽マドリーの同僚であるMFイスコやフレン・ロペテギ監督もモドリッチの選出を望むと公言している。だが、カゼミロは今夏にマドリーを退団してユベントスに移籍した元エースの名前を挙げた。

「バロンドールを(ルカ・)モドリッチに? 」

「今年はルカにとって素晴らしい年になったと思うよ。けど、僕はクリスティアーノ・ロナウドに与えたい」

▽また、カゼミロは19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第1節ローマ戦についてもコメント。3-0の勝利を喜んだ。

「僕らは非常に良いプレーをした。昨シーズン、セミ・ファイナルに進んだチームに対して、試合全体を通して支配したんだ」

「僕らは多くのチャンスを作った。あんなに守備が良いチームから30回も(決定機を)作るなんて、強烈な印象だよ」
コメント
関連ニュース
thumb

29歳のクロース「33歳は引退するのに良い年齢」

レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(29)が現役引退時期を語った。スペイン『マルカ』が報じた。 2014年夏にバイエルンから加入したクロース。パスマスターとして、リーガエスパニューラやチャンピオンズリーグなど数々のタイトルに貢献してきた。母国ドイツ『ビルト』のインタビューで将来のプランについて問われると、こう述べたという。 「33歳は引退するのに良い年齢だ。自分が何をしたいのかを選ぶ機会がそのときに巡ってくるだろうね」 クロースの現行契約は、2022-23シーズンまで。2023年1月に33歳の誕生日を迎えるため、今回の発言どおりなら、レアル・マドリーでキャリアに終止符を打つことになる。 現フットボール界を見ても、33歳という年齢はトップレベルでプレーする選手が多く、勿体ないようにも感じるが、果たして…。 2019.06.27 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

エイバル、レアル・マドリーBから若手DFテヘロを完全移籍で獲得

エイバルは26日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人DFアルバロ・テヘロ(22)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 2005年にマドリーの下部組織に入団したテヘロは、右サイドからの攻撃参加と精度の高いセンタリングが持ち味のサイドバック。今シーズンはセグンダ(スペイン2部)のアルバセテにレンタルで加入すると、公式戦41試合に出場。チームの昇格プレーオフ進出に貢献していた。 2019.06.27 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランがマドリー&アーセナルとビッグトレード? トレイラ、セバージョス巡り

ミランが獲得を狙っているアーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)とレアル・マドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡り、両チームに大型トレードを仕掛けているのではないかとイタリア『ガゼッタデッロスポルト』が報じた。 イギリスでの生活苦からイタリア復帰希望ですでに個人間合意をしているとも言われているトレイラと、マドリーでジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れ放出有力候補と噂されるセバージョス。ここに話を持ち掛けたのがミランだ。 トレードの第一候補として名前が挙がっているのがコートジボワール代表MFのフランク・ケシエ(22)で同選手の移籍を条件に含めることで金銭的な負担軽減を図りたい模様。 もう一人の放出候補はスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(26)で、ミランは同選手がアーセナルのウナイ・エメリ監督が好む選手と見ており、1500万ユーロの価値を持つR・ロドリゲスをトレード要因として差額の支払い交渉に持ち込みたい算段のようだ。 両チームの双方の選手共に成功すれば一大トレードになるがはたしてどういう結末を迎えるか。ビッグクラブ達の決断に注目が集まる。 2019.06.26 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、今季女子プリメーラに昇格したCDタコンの買収合意を発表

レアル・マドリーは25日、理事会でプリメーラ・ディビシオン・フェメニーナ(女子リーガ・エスパニョーラ1部)に所属するクラブ・デポルティーボ(CD)タコンの女子サッカー部門を2020年7月から吸収統合することで合意に至ったと発表した。 なお、次回のソシオ(クラブ会員)評議会で同意を得られれば、正式決定となる。 また、マドリーは両クラブのコラボレーションプロジェクトとして、CDタコンが2019-20シーズンの練習と試合をマドリーの練習場である“シウダー・レアル・マドリッド”で行うと併せて発表している。 プリメーラ・ディビシオン・フェミニーナでは、バルセロナやアトレチコ・マドリードといった強豪クラブが女子チームを保有。2チームの対戦では、6万739人が観戦に訪れ、女子サッカー史上最多の観客動員を記録するなどブームになりつつある。 2019.06.26 04:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、レアル・マドリーBから若手FWをレンタル! 3選手と契約更新

バジャドリーは25日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人FWホルヘ・デ・フルートス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2018年にラージョ・マハダオンダからカスティージャに加入したデ・フルートスは、スピードと両足のキック精度に長けたアタッカー。今シーズンは右ウイングを主戦場に左ウイング、センターフォワードでもプレーし、セグンダB(スペイン3部)で35試合に出場し7ゴール5アシストの数字を残していた。 また、バジャドリーは同日、スペイン人DFキコ・オリバス(30)とスペイン人MFミチェル(30)、スペイン人DFロベルト・コラル(21)の3選手との契約更新を発表した。 レギュラーセンターバックとしてリーグ戦35試合に出場したキコは2022年、同じく主力MFとしてリーグ戦35試合に出場したミチェルは2020年、リザーブチームの主力を担う若手左サイドバックのコラルは2022年までの契約にサインしている。 2019.06.26 03:31 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース