ハット達成のアザール「レアル・マドリー? 今は…」2018.09.16 18:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が残留の決断に満足感を示した。イギリス『Tribal Football』が報じた。▽今夏のレアル・マドリー移籍から一転してチェルシーに残留したアザール。15日にホームで行われたプレミアリーグ第5節のカーディフ戦でハットトリックを記録するなど、マウリツィオ・サッリ新体制のチェルシーで出色のパフォーマンスを続けている。

▽そのアザールはカーディフ戦後、今夏を通じて自身を取り巻いたレアル・マドリー移籍の噂について問われると、次のようにコメントした。

「レアル・マドリー? 僕はフットボールができれば常にハッピーさ。ワールドカップ後に(レアル・マドリーと)話したけど、チェルシーに残った」

「今の僕は、このクラブのために全力を注ぐ。それだけだよ。チェルシーは僕に多くのことを与えてくれた。だから、僕もフィールド上で全てを尽くすまでだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ランプス・チェルシー、来日メンバー発表!

チェルシーは16日、来日メンバーを発表した。 今夏、ブルーズが誇る伝説的OBで元イングランド代表MFのフランク・ランパード監督が指揮官としてカムバックを果たしたチェルシー。同クラブにとって、初の日本ツアーとなる。そのチェルシーは来日後、プレシーズンマッチ2試合を予定。Jリーグ王者の川崎フロンターレ(19日/日産スタジアム‎)、バルセロナ(23日/埼玉スタジアム2002)と激突する。 注目の来日メンバーは26名。今夏のコパ・アメリカ2019を戦ったブラジル代表MFウィリアンのほか、イタリア代表DFアントニオ・リュディガーや、イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ、同代表MFルベン・ロフタス=チークら負傷者を除く選手が勢揃いしており、今夏加入のアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチもメンバー入りした。 ◆メンバーリスト GK ケパ・アリサバラガ ウィリー・カバジェロ ジェイミー・カミング DF マルコス・アロンソ ダビデ・ザッパコスタ アンドレアス・クリステンセン セサル・アスピリクエタ ダビド・ルイス エメルソン・パルミエリ イーサン・アンパドゥ クルト・ズマ フィカヨ・トモリ MF ジョルジーニョ ダニー・ドリンクウォーター エンゴロ・カンテ ロス・バークリー クリスチャン・プリシッチ マテオ・コバチッチ ティエムエ・バカヨコ メイソン・マウント ケイシー・パルマー FW ペドロ オリヴィエ・ジルー ミッチー・バチュアイ タミー・エイブラハム ケネディ 2019.07.16 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、逸材メイソン・マウントと新5年契約締結!

チェルシーは15日、イングランド代表MFメイソン・マウント(20)と新たに5年契約を締結したことを発表した。 マウントは6歳の頃からチェルシーのアカデミーで英才教育を受けていた逸材で、2017年のUEFA U-19欧州選手権では、イングランドを優勝に導き大会MVPにも選出された、イギリスで最も期待されている若手の一人。まだデビューはしていないものの、昨年にイングランド代表にも招集された。 2017-18シーズンはフィテッセでリーグ戦29試合で8ゴール9アシストを記録。昨シーズンはダービー・カウンティにレンタルし、今夏からチェルシーの指揮を執るフランク・ランパード監督の下で1年間プレーした。 現在行われているプレシーズンツアーではそのランパード監督の下、13日に行われたアイルランドのセント・パトリックス戦でトップチーム初ゴールを決めた。指揮官も称賛する20歳は今回の契約延長についてこう語る。 「僕や僕の家族にとってとてつもなく大きな誇りだ。6歳の頃にこのクラブに来たときからいつだって目標はファーストチームでプレーすることだった」 「今は新シーズンが待ち遠しいよ。一生懸命やってインパクトを残したい。もうここに来て長いけど、もっと長くとどまりたい」 2019.07.15 22:37 Mon
twitterfacebook
thumb

モラタ、アトレティコ移籍に歓喜「これまでの出来事の中で最高のもの」

アトレティコ・マドリーへの完全移籍が決定したスペイン代表FWアルバロ・モラタには、大きな喜びで満ち溢れているようだ。スペイン『マルカ』が同国『EFE』でのインタビューを引用して伝えている。 今年1月にチェルシーからアトレティコにレンタル移籍したモラタは、加入後、公式戦15試合6ゴールを記録。すると今夏、新シーズンこそ契約上、レンタル移籍という形だが、2019-20シーズンでのアトレティコへの完全移籍が決定した。本人も生活やプレースタイルの点で、イングランドよりも合っていると語っており、その希望が叶う形となった。 そのモラタは、アトレティコ加入に喜びを明かし、これまでの出来事の中で「最高のものだ」とコメントした。 「アトレティコ(への移籍)は、これまで僕に起こった出来事の中で最高のものだ」 「アトレティコでタイトルを獲得することは、僕が過去に勝ち取ってきたものよりもはるかに大きな意味がある。これまでとは違うよ」 2019.07.15 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

オドイにくびったけ! バイエルン、増額オファーを準備!

チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)に対するバイエルンの関心は本物のようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今冬の移籍市場で複数に及ぶアプローチが伝えられたバイエルン。だが再三にわたるオファーもチェルシーから門前払いされていた。 それでもオドイ獲得を諦めきれないバイエルンは、近々チェルシーに4500万ポンド(約61億円)のオファーを提示する模様。これは今冬に同クラブが最後に用意したものより1000万ポンド増額したオファーであるようだ。 しかし、何度も拒否しているようにチェルシーも将来有望な若手を放出する気はさらさらない様子。新たに就任したフランク・ランパード監督も絶賛する逸材で「将来チームの中心になる」とまで言わせた。 現在はケガの治療中でチームのプレシーズンツアーには帯同していないオドイ。クラブが選手登録禁止処分を受けていることも含めて、ウインガーを探すバイエルンにとってイングランド代表アタッカーの獲得は困難を極めそうだ。 2019.07.14 16:46 Sun
twitterfacebook
thumb

新生チェルシー初勝利! ランパード監督は満足感示す

チェルシーは13日、アイルランドのセント・パトリックスと対戦し、4-0で勝利した。 フランク・ランパード新監督のもと、ついに始動した新生チェルシー。初陣となった10日のボヘミアンズ戦は1-1で引き分けたが、この試合では14分にMFマテオ・コバチッチのパスから若手MFメイソン・マウントがゴールを決めて先制すると、31分にはDFエメルソン・パルミエリのミドルシュートが突き刺さり前半だけで2点のリードを得る。11人全員入れ替えて臨んだ後半戦には、FWオリヴィエ・ジルーが見事に2得点を挙げて、最終的に4-0で快勝。ランパード・チェルシーが初勝利を収めた。 試合後のランパード監督のコメントをチェルシーの日本語版公式サイトが伝えている。 「我々はもっとゴールを奪うべきだったが、素晴らしいパフォーマンスが見られたから満足はしているよ。特に前半は良かったね。中盤でのビルドアップとコンビネーション、相手陣地でのボックス付近での動きはファンタスティックだった」 「ゲームに勝ったことは大事だか、若手の選手たちにとってもまた重要なゲームになったに違いない。自分たちは着実にステップアップしている。プレシーズンは多くのプレーする機会があるが、その一方でフィジカル面にも気を使う必要がある」 また、この日はノーゴールに終わったFWタミー・エイブラハムとFWミッチー・バチュアイに関しては「タミーとミッチーは前線で自分が望んだ仕事を果たしてくれた」とコメント。ゴールを決めたマウントには「メイソンはロス(・バークリー)のそばで昨年所属していたダービー・カウンティでのプレーを披露していたね。だから多く素晴らしいパフォーマンスを目にすることができたんだ」と、自身が監督していたダービーの話を挙げて称賛した。 さらに、この試合でダイヤモンド型の[4-4-2]と[4-2-3-1]を使ったことに関して、クラブが選手登録禁止処分を受けていることも交えてこのように語った。 「私たちはもっと柔軟性を高めたいと思っている。試合ごとに何か変化させなければならない。このまま順調にトレーニングを続けて、選手たちには柔軟性を手に入れてもらいたいね。チェルシーが新しく選手を買うことができないのは心得ている。だから自分たちはプレシーズンでその打開策を見つけ、チームにとって厳しい環境の中で成功を収めたいんだ」 2019.07.14 15:59 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース